メガソーラーとは、出力が1000kw以上の太陽光発電設備のことを言います。住宅用の10KW以下の太陽光発電施設との違いは一目瞭然ですが、中規模の産業用発電施設とメガソーラー発電所との違いはどこにあるのでしょうか。また、設置するメリットやデメリットについても調べてみました。

メガソーラー発電のメリットについて

向こう20年間固定された値段で全量買い取ってもらえる

住宅用の10KW以下の太陽光発電と比較して一番のメリットだといえる点は発電した電気の全量を20年間固定した値段で買い取ってもらえるところです。20年間、しかも全量買い取ってもらえるので、さまざまな異業種からメガソーラー発電への事業参入が加速しています。

トラブルが少なく安定して運営できる

メガソーラー発電の場合は、他の火力発電や原子力発電などと比べて構造がとてもシンプルなので故障が起きにくいというメリットがあります。また、火力発電の場合では石油の相場によって収益が大きく変動しますが、メガソーラー発電の場合は、太陽がエネルギー源なのでそれがありません。

メンテナンスがあまり必要ない

メガソーラー発電所の場合は構造がシンプルなので、メンテナンスなどがほとんど要りません。また、保守管理などもほとんど必要ないので人件費が抑えられます。この点は事業を運営する側としてはメリットですが、地域社会にとっては雇用が生まれないのでデメリットとなります。

僻地や郊外にある安い土地が活用できる

メガソーラー発電を設置するためには、広大な敷地が必要です。また、作った電気は電線を通して送電するので、交通の便なども関係ありません。休耕地や大きな工場の跡地などが利用できるので、土地にかかるコストが抑えられます。これまで使い道がなくて困っていたような土地も有効利用できるわけです。

二酸化炭素を発生させない

メガソーラー発電は太陽光線だけで発電するので、火力発電所のように大量の二酸化炭素を発生させません。地球の温暖化が深刻な問題となっている昨今、メガソーラー発電は今後最も期待されている発電方法です。インドの砂漠地帯やサハラ砂漠などで大規模なメガソーラー発電所が計画されています。サハラ砂漠のごく一部だけで地球上で消費されるすべての電力がまかなえると試算されています。

KW単価でみると設置にかかる費用が格安である

メガソーラー発電の場合では、設置にかかるKW単価が20万円ほどとなっており、規模が大きくなるほど、設置コストが安くなる傾向がみられます。また、研究開発によって性能が向上しており、コストの面でも安くなる傾向です。

メガソーラー発電のデメリットについて

高圧連係の契約

出力が1000kw以上の出力を持つメガソーラー発電所や、1施設当たりの発電容量が50kWを超えるソーラー発電所の場合では、所属する電力会社と高圧連係という契約を結ばなくてはなりません。

高圧連係の契約にはキュービクル(高圧受電設備)という設備も必要になるので、この設置費用として発電容量100kWあたり100万円~150万円のコストがかかります。

また、電気主任技術者を置いて定期的に保守点検を行うことが義務付けられているので、年間50万円から100万円ほどのコストが必要です。

さらに、高圧連係の契約にも20万円ほどの設置協議費や手数料などといったコストが必要になってきます。

台風などの被害に備える

ソーラーパネルを大量に並べるため、巨大台風や巨大地震には構造的に弱いという欠点があります。設置工事には信頼のおける実績のある業者を選定することが大切です。

地域社会への経済的な貢献がほとんどない

雇用が生まれないという事は、事業を運営する立場からするとメリットなのですが、メガソーラー発電所のある地域の住民や地方自治体への経済的な貢献はほとんどありません。

火力発電所や原子力発電所であれば、人員が必要なため膨大な雇用が生まれますが、メガソーラー発電所の場合では雇用がほとんど生じません。その理由として、メンテナンスや管理がほとんど必要ないという点が挙げられます

電力会社との高圧連係の兼ね合い

九州電力が完成したばかりのメガソーラー発電所の電気を購入しない(電力の買い取りを抑制する)というニュースが話題になりました。メガソーラー発電所の場合は、このような事態に陥らないために、電力会社との連係が大変重要になってきます。

特にメガソーラー発電所の場合は、昼間だけの発電になってしまうので、火力発電所や原子力発電所などのように24時間発電して送電し続けることは不可能です。多くの電力会社で24時間連続して発電し続ける発電所の電気を優先的に購入する方針になっているので、電気が余ってしまうとメガソーラー発電所に抑制という形でしわよせがきてしまいます。

メガソーラー発電所を設置する場合は、電力会社との高圧連係を行うことはもちろんのこと、電気が余ってしまうような状況が起こらないのか。しっかり将来を展望した計画が必要になってきます。