自然災害(台風や竜巻)でパネル等の破損の可能性はないの?

太陽光発電の設置を検討している場合は、自然災害リスクについても考えておきましょう。近年の日本では、ゲリラ豪雨や竜巻、台風や地震など様々な災害が頻発しています。ですから、太陽光発電についても、自然災害への対策や準備を行う必要性が高まっています。

しかし、太陽光発電を初めて設置する方は、特に何を対策すればいいのか、何が起きるのか分からないところです。また、既に太陽光発電を稼働させている方の中にも、自然災害に関する対策を意識していないケースがあります。

そこで今回は太陽光発電設備と自然災害の影響や、破損パターンや対策方法について説明していきます。業者とのトラブルの場合は、対策を立てやすいですが災害となると不測の事態で難しいです。

自然災害による破損事例等を確認して、災害対策に乗り出しましょう。

太陽光発電設備は自然災害で破損する可能性がある

前提条件として、太陽光発電設備は破損する場合があります。それは、自然災害に限らず経年劣化や突発的な事故など様々です。しかし、自然災害の場合は、災害自体の予測が難しく、普段意識しにくいリスクです。

ただ、太陽光発電設備となりますと、災害のパターンによっては近所の住宅や人に被害を発生させてしまう危険性もあります。ですから、出来る限りの災害対策は、自身を含めた人の安全を確保する意味でも非常に大切です。

まずは災害事例を確認していきましょう。

ゲリラ豪雨などによって土壌流失を起こして全損

近年の日本では、突然のゲリラ豪雨や雷雨が起こりやすく、どこでも発生するリスクがあります。また、豪雨となりますと、短時間でも床下浸水などの被害が及ぶ可能性もあり、とても危険です。

更に1日大雨が降ってしまうと、災害が発生する危険性が高く避難の必要もでてきます。そして太陽光発電設備にも影響があります。

この場合の被害は、住宅用太陽光発電や産業太陽光発電システムどちらでも、土壌流失に巻き込まれる可能性があります。土壌流失とは、大雨によって地盤が緩くなり次第に崩れていく現象です。

傾斜のある場所ですと、そのまま土砂災害となりますから非常に危険な災害です。

土壌流失によって太陽光発電設備が流されますと、基本的に全損となり復旧は非常に厳しいです。ですから、保険などで処分費用などをまかないましょう。

台風などによる暴風で太陽光パネルや架台などの破損

太陽光発電設備が、自然災害によって破損となるケースとして台風があります。台風は、大雨と暴風を伴いますから、住宅や車など、あらゆる物や人に被害を及ぼします。そして、太陽光発電設備も破損リスクがあります。

台風の場合は、太陽光発電設備が飛ばされるか、物が飛んできて直撃するリスクが考えられます。太陽光発電設備が飛ばされた場合は、勿論全損となるでしょう。

ただ、物が飛んできたことによる、パネルへの破損に留まっていればパネル交換で済むかもしれません。

津波や冠水によって太陽光発電設備がショート及び電源喪失

自然災害の中には、対策のしようがない浸水・冠水被害もあります。その1つが津波です。大地震に伴う津波は、数10mとなりますと街ごと全て飲み込まれます。このようなケースでは、もはや対策を施すレベルではありません。

もう1つは大雨による冠水です。冠水の場合も、街ごと水没させるほどの危険性もあり、対策を取ることはできません。

どちらも水没や水流によって基礎ごと流されるケースが考えられます。破損どころの事態ではありませんから、せめて保険加入をしておきましょう。

地震の揺れで断線や機器の故障

日本は地震大国と呼ばれるほど、地震が多いです。また、地震の規模も大きい事例が多々ありまして、津波を伴うケースも存在します。

そして、太陽光発電設備は、地震による破損も充分に考えられます。1つは、地震の揺れによって断線を引き起こしてショートするケースです。地震の揺れが大きいと、それだけ物の動きも大きくなりますから、機器同士を接続するケーブルにも負荷が掛かります。

断線しますと漏電及び感電事故の危険があるため、充分な対策ができない場合は触ってはいけません。

他にも地震によってシステムエラーや、機器の破損などが考えられます。太陽光発電システムは精密機器で構成されています。精密機器は揺れや衝撃に弱いため、あまりに強い揺れや物が飛んできたことによる破損もありえるでしょう。

地震によって地盤が割れて土台ごと破損

地震による太陽光発電設備の破損には、地盤ごと割れて破損するケースも考えられます。震源や地盤の状態・地震の強さによっては、太陽光発電を設置している場所が地割れを引き起こす可能性があります。

地割れが起きますと、土台ごと破損する可能性があり、それによって太陽光パネルが割れたり断線したりする危険性も伴います。

地割れといった被害は、対策のしようがありませんが設置前に地盤チェックなどをお願いすることも大切です。

自然災害による破損対策や保険の加入をしておく

太陽光発電設備は、様々な自然災害によって破損する可能性のあるものです。そのことを前提として、対策や設置を考える必要があります。そこで、ここでは太陽光発電の設置検討をしている方へ向けて、出来る限りの災害対策や経済的リスクの抑え方をご紹介していきます。

破損・故障した太陽光発電設備の解体や廃棄には、費用が掛かります。また、補修や修繕工事にも同様に費用負担が必要なため、事前の準備が不可欠です。

廃棄についての詳しい記事はこちら
太陽光パネルの廃棄費用と有害物質に関する問題点

メーカー保証では自然災害に対する補償適用外なので気を付けること

太陽光発電を設置しますと、太陽光発電メーカーから保証の加入ができます。しかし、補償の適用には、工事後の不良による破損や雨漏り、製造過程の不良などとなっています。

メーカーによっては、自然災害補償を追加しているケースもありますが、なかった場合は自身で準備する必要があります。

太陽光発電設備が自然災害で破損した場合の補償は、保険会社の住宅火災保険や住宅総合保険で適用されます。火災保険は、火災のみに保険金を受け取れるイメージがありますが、実際は風災や水害などによる物の破損にも保険適用されます。

また、住宅総合保険も同様の保険内容となっておりますが、火災保険よりも補償対象が増えています。

まずはメーカー保証に自然災害補償が含まれているか確認し、無かった場合は保険会社の加入を検討しましょう。

太陽光発電設置前に周辺環境を確認しておくこと

太陽光発電の破損や故障の対策とは別に、設置場所や周辺の環境を確認しておくことが大切です。冠水被害や土砂災害になりやすい地域と確認できても、故障対策は難しいでしょう。

しかし、確認することによって、どのような被害が起きるか事前に想定できます。例えば破損や故障が起きることを前提として、周辺の施設や人に二次被害を及ぼさないよう被害軽減に努めることが可能となります。

また、被害が起きることが分かれば、加入しておくべき保険も検討できます。自然災害は想定外となることが多いですが、出来る限りの情報収集はしておきましょう。

破損した場合は慌てず廃棄処理等の手続きを行う

太陽光発電設備が冠水や土壌流失によって、復旧困難な状態となりますと解体・廃棄処分の必要性がでてきます。廃棄処理については、各自治体のホームページ等で解体業者の情報を掲載していますし、手続きの流れも解説しています。

太陽光発電設備は、故障して廃棄処理となりますと産業廃棄物扱いになります。従って、産業廃棄物処理業者に頼むこととなります。

廃棄に掛かる費用は、設備の解体や撤去費用と廃棄処理費用の、2種類に分かれます。ですから、2つの費用が掛かると考えて予め費用を捻出しましょう。撤去費用は約20万円程度と考え、廃棄処理費用は各業者や自治体によって変わります。

まずは各自治体に産業廃棄物の処理費について、相談してみることから始めます。

太陽光発電設備も破損することを前提として準備することが大切

太陽光発電設備は、故障しにくいともいわれていますが通常使用時の話です。台風や豪雨、地震や津波など自然災害が起きた際は、設備にも被害が及ぶ可能性が高いです。

従って、自然災害による破損を前提として、周辺環境の確認から災害対策までしておくことが大切になります。また、メーカー保証に自然災害補償があるかどうかも、確認しておきます。

もしなければ、保険会社にて火災保険などの加入をします。補修や修繕、解体費用などの際に保険金でカバーできます。

また、修理が困難なほど破損するケースもあります。そのような時は廃棄処分となりますから、自治体に相談してみましょう。自治体によって手続きに違いがありますから、自身が住んでいる地域のルールに従って行います。

自然災害は想定外の連続です。しかし、想定外だからといって対策せず放置するのは、危険が多いです。やるべきことがありますから、廃棄処理手続きから保険など様々な対応ができるよう準備するべきです。