【あしたでんきの評判の口コミ】切り替えする際のメリット・デメリット

電気使用量が300kWh以上になる、もしくは従量料金の2段階目になる月が多いため結果的に電気料金負担が大きくなっている方もいるのではないでしょうか?

大手電力会社の電気料金プランは、電気使用量に関係なく固定料金で設定されている基本料金と、電気使用量に応じて最大3段階まで変動する従量料金の2つが組み合わさっています。

またそれだけでなく、燃料調整額や再生可能エネルギー発電促進賦課金単価も、加わっていますから結果的に電気料金の負担は軽いものではありません。

しかし、電気使用量は簡単に抑えられるものではなく、かといってそのままでは家計が厳しいままです。また、逆に電気使用量が少ない割に、割高な料金と感じる方もいます。

そこで新電力への切り替えを検討している方もいますが、新興企業に対する不安もあることでしょう。

その場合はあしたでんきを、ご検討してみてはいかがでしょうか。東京電力グループが立ち上げた会社・サービスですが、新電力に区分されています。

プランが多く電気料金が安くなるケースもあります。

あしたでんきが気になるあなたに向けて、評判や口コミの傾向をはじめサービス概要や料金プラン、切り替えメリット・デメリットをご説明していきます。

あしたでんきの評判や口コミの傾向

新電力は文字通り多数の企業が参入しており、日々競争が激化している業界でもあります。一方で、利用者側からしますと、急激にサービスが増える現状に対して、一種の不安を感じるケースもあります。

理由は様々ですが、1つは参入障壁が低くなったことで、質の低い新電力もあるのではないかといった、デメリットを感じてしまう部分です。

今、あしたでんきにも同じ感覚を抱いている場合は、解決策でもある評判や口コミの傾向を掴むことをおすすめします。

新電力の中には、利用者が少なく評判も少ないケースもありますが、あしたでんきは最近立ち上げられたサービスにしては、評判や口コミが1定数存在します。

ですから、このような意見も参考にしつつ安心材料も探してみましょう。

種類が多く生活環境に合ったプランを選べる

あしたでんきの評判や口コミで見かける内容といえば、プランの豊富さに関することです。大手電力会社東京電力グループの子会社ということもあり、サービス内容が充実しています。また、各家庭の電気使用状況に合わせてプランを選ぶことができます。

新電力に切り替えたことのない方は、どの新電力も大手電力会社と同様に様々なプランが用意されていると考えることでしょう。

しかし実際は、様々なケースがあり場合によっては不便に感じます。

新電力の中には、基本料金0円・従量料金1段階というシンプルなプランと分かりやすい内容の一方で、夜間プランなどがないサービスもあります。

ですから、あしたでんきのプランは、大きな特徴ともいえます。

違約金や解約金がないため気軽に切り替えやすく信頼性が高い

あしたでんきは、東京電力グループの会社であり、子会社ともいえますからブランド力という点で信頼感を感じる方が多いです。

また、信頼感を感じる理由は、それだけではありません。例えば、あしたでんきに契約後、他の新電力や大手電力会社に切り替えても、違約金や解約金は発生しません。ですから、違約金を気にせず切り替えることができますし、万が一割安にならなかった場合も解約金不要で契約解除可能です。

あまり注目しない項目ですが、契約及び解約に掛かるコストを抑えるために大切な部分といえますから、他の新電力も検討している際も確認しましょう。

申し込みしやすく初めてでもスムーズに切り替えられた

あしたでんきの評判や口コミで、見かける内容の1つが分かりやすいサービス内容と、手続きの流れなどです。

初めて新電力に切り替える場合、あらゆる点で分からないために検討していたけれど、諦めてしまうケースがあります。また、新電力の中には、担当者の対応が悪く結局別の電力会社に変えたといった話もありますから、分かりやすさや手軽さは重要です。

その点、あしたでんきは東京電力グループが立ち上げた会社でもありますから、ノウハウも蓄積していますし何が利用者に必要か押さえていることでしょう。

ですから、対応についておおむね評判が良いといえます。

あしたでんきの基本サービスや料金プラン

新電力に切り替える際に、特に気になる点といえばプランの種類と電気料金プランの内容です。

プラン内容や種類は新電力によって異なりますから、少なくとも1度は確認しないと現在の電気使用状況に合っていないまま契約してしまう可能性があります。

ですから、あしたでんきを検討もしくは候補に入れている方は、この機会にサービス概要や電気料金プランと種類について確認してみましょう。

他の新電力と異なりプランが多い点が大きな特徴です。

電力供給エリアは6エリア

あしたでんきが電力供給しているエリアは、6エリアとなっています。ですから、全国対応となっていないため該当しない地域の方で、切り替え検討している方は注意が必要です。

以下に電力供給エリアをご紹介します。
・東北電力エリア
・東京電力エリア
・中部電力エリア
・関西電力エリア
・中国電力エリア
・九州電力エリア

ですから、北海道電力や沖縄電力、四国電力や北陸電力エリアは契約できないため、今後のエリア拡大を待つ必要があります。

料金プランは大きく分けて2種類に分かれています

あしたでんきのサービスは、電気料金プランが大きく分けて2種類となっている点に注目です。

以下に電気料金プランをご紹介します。

各電気料金プラン

・標準プラン
・たっぷりプラン

標準プランは、主に電力使用量300kWh前後で推移しているご家庭、1人暮らし向けのプランです。つまり電気使用量が比較的抑えられている場合に、おすすめといえます。

基本料金は0円でして、従量料金は1段階、燃料費調整単価と再生可能エネルギー発電促進賦課金単価が含まれます。

たっぷりプランは、主に電力使用量300kWhを超える月が多いご家庭や、1人暮らし向けのプランです。電気使用量が多い場合にオススメのプランといえます。

基本料金3000円の固定価格で従量料金は1段階、燃料費調整単価と再生可能エネルギー発電促進賦課金単価が含まれます。

料金単価

標準プランは、基本料金0円でして従量料金は25.50円の固定単価で、設定されていますから分かりやすいプラン内容ながら、電気使用量の少ない方にも目を向けています。

また、たっぷりプランは、基本料金3000円の固定価格で、従量料金は21円と大手電力会社の従量料金2段階よりも安い単価となっています。主に5人以上で700kWh以上使用しているご家庭に合っています。

支払い方法はクレジットカード限定

あしたでんきの契約方法は、公式HP内で進めることができます。申し込みは、大きく分けて6ステップで完了します。

1.現在の電気料金プランや利用状況を入力
2.あしたでんきのプランを選択
3.アカウントの登録手続き
4.検針票情報の入力
5.支払い情報の入力
6.申し込み完了

1点気を付けるところがありまして、支払い方法はクレジットカードのみとなっています。現金で考えている場合は、クレジットカードを用意しておきましょう。

あしたでんきのメリットとデメリット

あしたでんきの切り替えを検討している際は、サービス概要だけでなくメリットとデメリットについても確認が必要です。

あしたでんきは、他の新電力と異なり電気使用量が比較的抑えられているご家庭、1人暮らしの方も利用しやすいプランが用意されています。

ただし、一方でデメリットと感じる部分もありますから、両面から確認したのちに切り替えましょう。

あしたでんきに切り替えるメリット

あしたでんきに切り替えるメリットは、使いやすさやプランの分かりやすさなどが中心ですから、初めて切り替える方にもおすすめといえます。

それでは、以下にあしたでんきに切り替えるメリットをご紹介します。

電気使用量が30A付近と少ない方も安くなるケースがある

新電力の多くは、電気使用量が多かったりアンペア数が多かったりといった、ご家庭向けや1人暮らし向けのプランとなっています。

つまり、電気使用量が多い場合に電気料金が安くなる単価です。

一方、あしたでんきは、標準プランとして電気使用量300kWh前後のご家庭や1人暮らし向けのプランも用意しており、利用メリットのある方が多いでしょう。

電気使用量が多いご家庭や1人暮らしにとってもお得

あしたでんきには、たっぷりプランと呼ばれる電気使用量700kWh前後の方向けに、電気料金プランを用意しています。

ですから、他の新電力同様に電気使用量が多い方も、電気料金が安くできるメリットがあります。

あしたでんきに切り替えるデメリット

あしたでんきは、電気料金プランを使用量ごとに分けているメリットがある一方、いくつかのデメリットもあります。

切り替える前に電気料金シミュレーションも行いつつ、デメリットをクリアできるか検討することをおすすめします。

電力供給が全国対応していない

あしたでんきのデメリットは、電力供給が全国対応していない点です。大手電力会社東京電力の子会社であるため、全国対応のイメージもありますが、実際は10エリア中6エリアに限定されています。

具体的には、北海道電力、沖縄電力、北陸電力、四国電力エリアは、電力供給エリア対象外です。

オール電化や夜間向けプランは用意されていない

電気使用量ごとにプランを用意している点は、大きな切り替えメリットですが、その他のプランについては、2019年1月時点で用意していません。

例えば、深夜帯に電気使用量が増える方向けのプランや、オール電化住宅向けの特殊なプランは、必要なプランといえます。

また、セット割などキャンペーンや特典もないため、お得な切り替えを検討している方は利用メリットを感じにくい可能性があります。

あしたでんきは電気使用量が抑えめの方にもおすすめ

あしたでんきは、電気使用量が多い場合に電気料金が安くなるプランもありつつ、電気使用量300kWh前後の比較的少ない方向けのプランもあります。

ですから、多くの方が電気使用量を安くできる可能性のある、新電力会社といえるでしょう。また、それぞれの電気料金プランは、慣れていない方でも理解しやすい簡単な仕組みとなっています。

標準プランは、基本料金0円で従量料金が1段階、たっぷりぷらんは、基本料金3000円固定単価で従量料金が1段階と、どちらもシンプルな構成です。

ただし、セット割や夜間向けプランなど、一部デメリットといえる部分もありますから、シンプルな電気料金に切り替えたい方におすすめでしょう。

新電力会社比較ランキング2019年はこちら
関連記事
新電力会社比較ランキング 【2019年(令和元年)最新版】