太陽光発電所は途中で売却できるの?

太陽光発電所の購入を検討している方や、既に稼働させているオーナーの中には設備の売却について、疑問に感じるところがあるのではないでしょうか。太陽光発電所及び貸与工発電システムは、稼働中に売却できるのか知られていない部分でもあります。

それだけでなく、産業用太陽光発電の場合と住宅用太陽光発電で、売却時に違いがあるのか曖昧になっている方も多いでしょう。業者から太陽光発電の購入や稼働について説明はあっても、稼働途中の発電所を売却するケースは説明されません。

そこで、太陽光発電所は固定買取期間の間でも売却はできるのか、売却できるとしたら何を覚えておけばよいのか、産業用と住宅用に分けて説明していきます。太陽光発電システムを運用する上で、意外と気づきにくい売却について今回の記事を参考に、予め準備しておくといいでしょう。

太陽光発電所は稼働途中でも売却できる

結論から説明しますと、太陽光発電所は稼働途中でも売却できます。しかし、売却手続きには決められた項目があり、税金も掛かります。ですから、太陽光発電所を売却する前に、売却手続きの流れと必要な書類、どのような税金が掛かるか覚えておくことが大切です。

それでは太陽光発電設備の売却の手続きや、流れについて紹介していきます。

太陽光発電を売却するためには数種類の方法がある

太陽光発電所は、稼働途中でも固定買取期間終了後でも売却で、個人法人問わず事業として稼働させていても問題ありません。

売却の流れについてですが、まず以下の3点でまとめておくと分かりやすいです。
1.業者に査定依頼を行う
2.提示された査定額に納得したら契約を結ぶ
3.業者から売却金を受け取る

そして太陽光発電所の売却方法には、買い手に対して直接販売する方法と、仲介業者や販売代理を利用する方法があります。

一般的に売却しやすい手続きは、業者を利用する方法です。トラブルも少なく売却契約の手間が少なくおすすめです。利用する際は業者に利用手数料を支払い、買い手オーナーと売買契約の間を取り持ってくれます。

太陽光発電所の仲介業者と買取業者の意味は違う

太陽光発電所の売却手続きは、基本的に業者を利用しますが2種類の契約方法についても知っておくことが大切です。

売却手続きには、仲介業者と買取業者の2種類があり、それぞれ契約内容が違います。

仲介業者とは買い手と売り手の仲介役を担う業者

仲介業者は、太陽光発電を購入したい人と売却したい人を、仲介する業者のことです。

仲介業者に頼みますと、業者が太陽光発電を購入してくれる買い手を探してくれます。そして、買い手が見つかりますと売買契約に関して、適切な価格で売却をサポートしてくれます。

仲介業者を利用するメリットは、太陽光発電を適正価格で売却できる点です。太陽光発電の仲介業者は、専門業者ですから設備の適正価格を見極めてもらえます。また、買取業者と違い、中立的な視点で売買契約の仲介を行いますから、売りて・買い手双方が納得できる結果を得やすいでしょう。

対してデメリットは、売却までに時間が掛かる点です。仲介業者が買い取りする訳ではありませんから、条件に合う買い手を見つけるまで待つ必要があります。

買取業者は太陽光発電を業者が買い取る

太陽光発電の買取業者とは、業者が太陽光発電を購入する方式を指します。太陽光発電の仲介業者と違い、買い手は業者ですから購入者を探す手間がありません。

買取業者を利用するメリットは、仲介による売却と比較してスピーディに契約を勧められる点です。つまり、売却から現金化まで時間短縮できます。

一方デメリットは、適正価格よりも安い金額で買い取りが行われる可能性があることです。仲介業者と違い、業者が設備を購入するため、資金力のなければ適正価格で買い取りしてもらえません。

ですから、複数の買い取り業者から相見積もりを頼みましょう。

個人法人問わず売却益には税金が掛かる

太陽光発電所の売却は、不動産と同様に建物を売却することと同じです。すなわち、売却益が発生しますし、所得に含まれます。

つまり、太陽光発電所を売却した場合は、個人法人問わず確定申告の義務がありますから、所得税の納税義務を果たしましょう。

個人が太陽光発電所を売却した場合は、累進課税が適用されます。累進課税とは、所得が増える程税率も大きくなる制度です。また、譲渡所得として区分されます。

太陽光発電所を高く売るために押さえておくべきポイント

太陽光発電所を売却する場合は、高く売りたいものです。そこで、ここでは高く売却するために必要なポイントを、いくつかご紹介します。

また、太陽光発電所を即現金化させたい場合は、買取業者に頼むのがおすすめです。高く売却することは難しいですが、売却手続きがスムーズに進みます。

売電実績やメーカー保証などが良好であること

太陽光発電所を高く売却するには、買い手オーナーに対して書類を提示できる状態にしておくことです。売り手側は、これまでの売電実績や設備状況を理解していますが、買い手側は何も知りません。

この状況で高く売ろうとしても、不信感を持たれるだけですし信頼性に乏しいです。ですから、書類及び数値で明確な実績を提示することが大切なのです。

売却前に以下の項目を整理しておきましょう。
・なぜ売却するのか理由をまとめておく
・売電実績を用意
・過去のメンテナンス実績を用意

買い手側としては、売却理由を曖昧にされた場合、何か問題があって設備を手放したのではないかと不安になる可能性があります。売却理由に関して担当者を通じて、伝えておきましょう。

そして売電実績と点検実績の書類も用意しておきましょう。いくら、黒字化できたと説明されても、証拠がなければ信用してもらえません。過去の売電実績とメンテナンス実績を提示することは、提示した価格が適正価格と認めてもらうための材料になります。

補修作業を行ってから売却手続きを始める

太陽光発電設備に損傷や劣化による不良があった場合は、売却前に補修・修理しておくことが大切です。仲介業者が査定した際に、設備の価値を下げる要因としてチェックされますから、事前に補修・修理を行い良好な状態で管理します。

また、補修や修理を行うことで、発電能力が向上し査定にプラスとなりますから、定期点検と補修は常に行っておくといいでしょう。

太陽光発電システムが設置された住宅も売却できる

産業用太陽光発電だけでなく、住宅の屋根に設置したタイプの太陽光発電も売却できます。また、住宅を売却する際に、太陽光発電設備を設置したままま売ることができますので、住宅用太陽光発電設備の手続きについても覚えておくといいでしょう。

住宅用太陽光発電の売却には手続きが必要

住宅用太陽光発電設備の売却は、住宅の売却とは別に手続きが必要となります。主な流れは、住宅の売却を行う前に、経済産業省へ軽微変更届を使用して所有者の変更を行います。次に電力会社へ問い合わせをし、電力契約の変更と口座変更手続きをお願いします。

また、太陽光発電の設置に関して、補助金を活用していた場合はJ-PECからの承認手続きを受ける必要があります。

更に、法定耐用年数17年のうちに、処分もしくは手放す場合は補助金の返還義務も課せられています。つまり、手続きだけでなく補助金を受け取った金額だけ、国に対して返還しなくてはいけないということです。

補助金を受け取って設置した場合は、なるべく法定耐用年数まで管理・稼働させておくのがおすすめでしょう。

太陽光発電所は稼働途中でも売却できるので高く売れるように工夫すること

太陽光発電所は固定買取期間を過ぎなくとも、売却手続きを進めることができます。ですから、ある事情で現金化させなくてはいけない、といった場合は迷わず売却した方がいいでしょう。

高く売却したい場合は、仲介業者を利用しましょう。買取業者の方が売却手続きも早いですが、業者の言い値で売却しなくてはいけないケースがあります。仲介業者は、あくまで買い手と売り手の仲介役です。

ですから、太陽光発電設備の適正価格を算出して、買い手との交渉や契約手続きのサポートまでしてくれます。

太陽光発電設備を売却しなくてはいけない時は、メンテナンスや補修も済ませておきましょう。査定の際に、不良がありますと価値が下がってしまいます。

それだけでなく、買い手側から安心してもらうためにも、適切な管理や運用をしていた実績を示すために必要な行動です。

太陽光発電設備の売却は可能ですので、高く売るための準備に力を入れることが大切です。