【中部エリア】おすすめ新電力をランキング形式でご紹介!プランや特典も徹底比較 

「新電力に乗り換えると電気料金が安くなると聞いたものの、数ある電力会社の中からどれを選んだら良いか分からない」と困っている方も多いはず。

この記事では中部電力エリア(愛知県・三重県・岐阜県・静岡県・長野県)に暮らす方向けに、電気代が確実に安くなるおすすめの電力会社をランキング形式で紹介しています。夏の暑さが本格化し、料金が高くなる前に電力会社を乗り換えて、月々の電気代を抑えましょう。

50社以上もの電力会社の料金プランを解説した当サイトが、中部電力エリアで本当に安い電力会社をご紹介!実際、電力会社を乗り換えるだけで、1万円~2万円以上も電気代を安くできます!

電気料金が安くなるのはもちろんのこと、電力会社ごとに様々な特典が用意されているので、総合的に考えて一番お得になる電力会社を見つけて見てください。

この記事を読めば、必ずこの夏の電気代を節約できる電力会社が見つかります。それでは早速1位から見ていきましょう!

当サイトで申し込み数の多い
新電力BEST3!

第1位 looopでんき
電気使用量が多ければ多いほどお得

第2位 エルピオでんき
↑とにかく安く!

第3位    シン・エナジー
↑プランが豊富

【中部エリア】おすすめ新電力ランキングTOP7!

ここからは中部エリア(愛知県・三重県・岐阜県・静岡県・長野県)の新電力をランキング形式で紹介していきます。

まずは世帯人数ごとのランキングを確認しましょう。

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
1位

あしたでんき
(-3,021円)

▷詳細

シン・エナジー
(-12,561円)

▷詳細

シン・エナジー
(-20,976円)

▷詳細

2位 シン・エナジー
-2,962円
▷詳細
エルピオでんき
-9,459円
▷詳細
エルピオでんき
(-16,946円)
▷詳細
3位 HTBエナジー
(-2,961円)
▷詳細
HTBエナジー
(9,292円)
▷詳細
あしたでんき
(13,520円)
▷詳細

それでは総合的なランキングを見ていきましょう!

1位 シンエナジー

シン・エナジー ロゴ

■年間割引額

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
-2,962円 -12,561円 -20,976円

■特徴

①昼間の電気代が安くなる!
②初期費用・解約金0円!
③マイルが貯まる!

中部地方の方に一番おすすめの電力会社はシン・エナジーです。

このシン・エナジーの最大の特徴は、昼間の電気代が安くなるプランを展開している点です。通常、多くの電力会社では深夜の電気代が安くなるプランを展開していました。

しかし、深夜の電気代が安くなる代わりに、昼間の電気代が割高に設定されているので、昼間家にいることが多いご家庭ではメリットがありませんでした。

一方で、シン・エナジーでは業界で初めて昼間の電気代が安くなるプランを提供!昼間に電気代を圧倒的に安くできるので、3人以上の家族であれば1万円~2万円程も節約することができます!

さらに、電気料金200円ごとにJALのマイルが1ポイント貯まります。電気代を安くしつつ、マイルも貯められるのでとってもお得です。

シン・エナジーでは乗り換えの際の初期費用や、解約手数料も0円なので、どんな方でも気軽にお試し感覚で始めることができるのもおすすめポイントです。

シン・エナジー公式サイトはこちら

シン・エナジーについて詳しく知りたい方はこちら

▷【シン・エナジーのリアルな評判・口コミ】一人暮らしでも料金が安くなる!

2位 HTBエナジー

HTBエナジー ロゴ

■年間割引額

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
-2,961円 -9,292 -11,999

■特徴

①電力使用量が少なくてもお得に
②料金プランが豊富
③HISに関連した特典も豊富

次におすすめなのが、HISが運営するHTBエナジー

HTBエナジーの最大の特徴は、電力使用量が少ない方から多い方まで幅広く電気代が安くなる点です。契約アンペア数の少ない方の料金単価が安くなる「ウルトラシリーズ」から、電力使用量が多い方向けの「プライムシリーズ」が展開されるなど電力使用量に関わらず電気代を安くすることができます。

また、小さいお子さんがいる家庭向けの「ママトクプラン」や電気代の一部がNPO法人に寄付される「MUSUBIプロジェクト」、深夜の電気代が安くなる「ぜんぶでんきシリーズ」とプランも豊富にあるため、自分のライフスタイルに合わせた最適なプランを選択することが可能です。

また、HISが運営する電力会社なので、HISのツアーが割引される特典がつくなど旅好きの方にもおすすめです

どのような世帯の方にもおすすめなので、様々なプランの中から料金を選びたいとお考えの方にとってもおすすめです

HTBエナジー公式サイトはこちら

3位 エルピオでんき

■年間割引額

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
-1,037円 -9,459円 -16,946円

■特徴

①電気料金が純粋に安くなる
②トラブルが起きても安心!無料駆けつけサービス有り

エルピオでんきも中部地方の方にぜひおすすめしたい電力会社の一つです。

エルピオでんきの最大の特徴は、電気料金だけを純粋に安くすることができる点です。エルピオでんきでは、ポイントサービスなどの特典は行っていませんが、その分電気代を安くすることに特化しています。

電力消費量の少ないご家庭ではメリットが少なくなりますが、3人家族の場合は約1万円の節約と業界TOPレベルの割引額です

解約金もかからないので、まずはお試し感覚でエルピオでんきに乗り換えるのがとってもおすすめですよ!

エルピオでんき公式サイトはこちら

4位 あしたでんき

あしたでんき ロゴ

■年間割引額

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
-3,021円 -7,305円 13,520円

■特徴

①基本料金0円
②料金プランが2つだけなのでシンプル
③使用状況をいつでもWEBでチェック

あしたでんきの特徴は、基本料金が0円という点。

通常、電気代は基本料金と電力の使用分だけ加算される従量料金が加算されて算出されます。しかし、あしたでんきではこの基本料金が0円に設定されています。ひと月に基本料金は1,000円ほどかかるので、この基本料金が0円というだけでも電気代をかなり安くすることができます

また、電力使用量が多い方向けの「たっぷりプラン」では基本料金で3,000円がかかるものの、従量料金が格安に設定されているので1万円以上も電気代を節約することができてしまいます。

さらに、電気の使用状況をWEBで細かく確認できるのも人気の秘密です。

5位 楽天でんき

楽天でんき ロゴ

 

■年間割引額

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
-1,911円 -5,771円 -11,705円

*初年度の2,000ポイントは除く

■特徴

①基本料金0円
②楽天ポイントが貯まる&使える
③新規契約で2,000ポイントゲット

次にご紹介するのは、楽天ユーザーに圧倒的におすすめな楽天でんきです。

最大の特徴は、通常1,000円ほどかかる基本料金が0円に設定されている料金体制にあります。基本料金が0円の分電気代を節約することが可能で、4人家族では1万円以上の節約ができます。

また、電気料金200円ごとに楽天ポイントを貯めることが可能。貯めた楽天ポイントは楽天市場などで使えるほか、電気代としても使用することができるので余すことなく使うことができます。

電気料金を楽天カードで支払うことで、電気料金200円ごとのポイントと、カード支払時の100円で1ポイントも加算されるので楽天ユーザーであればさくさくポイントが貯まります。

今なら楽天でんきと楽天ガスを一緒に申し込みすると新規契約で楽天ポイント3,000円分のポイントプレゼントキャンペーンを行っているので、楽天ユーザーの方はこの機会に楽天でんきのお乗り換えを!

楽天でんき公式サイトはこちら

6位 Looopでんき

Looopでんき ロゴ

■年間割引額

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
-2,028円 -6,565円 -12,825円

■特徴

①基本料金0円
②ソーラーパネルがあるとさらに割安に
③初期費用・解約金0円

Looopでんきも基本料金が0円の料金体制をとっています。

そのため、電気代を大幅に節約することが可能。4人家族では1万3千円ほども節約できます。

また、Looopでんきでは再生可能エネルギーの普及にも力を入れています。そのため、家にソーラーパネルがあると電気代がさらに割安になるのでとってもお得。他にも電気自動車をお持ちのご家庭も電気代が安くなるなど、クリーンなエネルギーの普及活動を積極的に行っています。

もちろん初期費用や解約手数料は0円です。

少しでもクリーンなエネルギーを使いたいとお考えの方や、ソーラーパネルを設置しているご家庭の方にはとってもおすすめの電力会社です。

Looopでんき公式サイトはこちら

Looopでんきについて詳しく知りたい方はこちら

Looopでんきの評判|悪評の真実からキャンペーン情報まで大公開

7位 親指でんき

親指でんき ロゴ

■年間割引額

1~2人
30A/150kWh(4月)        
3人
40A/350kWh(4月)
4人
50A/450kWh(4月)
-2,038円 -6,519円 -12,700円

■特徴

①料金プランが豊富
②初期費用・解約手数料0円

最後にご紹介する電力会社は親指でんきです。

親指でんきでの一番の特徴は、豊富な料金プランです。電力使用量が少ない方から多いか向けの方のプランはもちろんのこと、夜間の電気代が安くなる「日曜から夜更かしプラン」やペットを飼育している方向けの「わんにゃんプラン+」というプランまで展開しています。

そのため、どのような方でもご自分のライフスタイルにぴったりの料金プランを選択することができます

初期費用や解約手数料も0円で、気軽に乗り換えができる点もおすすめポイントです

親指でんき公式サイトはこちら

電力切り替えQ&A

ここまで中部エリアでのおすすめ電力会社をランキング形式でご紹介していきました。しかし、これらの電力会社に乗り換える上で、電力供給の安定性や停電が気になる方も多いでしょう。

ここでは、そんな気になるQ&Aにお答えしていきます。

電力は安定して供給されるの?停電は大丈夫?

一番気になるのは、「電力会社を切り替えてもこれまで通り電力が安定的に供給されるのか」という点でしょう。

結論からいうと、どのような電力会社に乗り換えても安定的に電力が供給されるので心配いりません

なぜなら、電気を供給する送配電部門は、どの電力会社でも同じだからです。つまり、どのような電力会社であろうとも同じ電線を流れて電気が供給されるということです

そのため、電力会社が異なるからといって電気が供給されるルートは同じなので、停電といった事態が増えることもありません。

電力会社が倒産したらどうなる?

ルートが変わらないといっても、「電力を供給している電力会社が倒産したらどうなるの?」と不安に感じる方もいるでしょうが、こちらも心配いりませ

仮に、契約先の電力会社が倒産したり、トラブルによって電気を送れない状況になっても、送配電線部門から電力の供給が行われるようになっています

そのため、電力会社が倒産したからといって急に電気が使えなくなるということはありません。次の電力会社を見つけるまで電力の供給は行われるので安心です。

まとめ

中部エリアでおすすめの電力会社をご紹介しました。最後に、割引額の大きい順に表でまとめていきたいと思います。

1~2人 3人 4人
1位 あしたでんき

-3,021円

シン・エナジー

-12,561円

シン・エナジー

-20,976円

2位 シン・エナジー

-2,962円

エルピオでんき

-9,459円

エルピオでんき

-16,946円

3位 HTBエナジー

-2,961円

HTBエナジー

-9,292円

あしたでんき

-13,520円

4位 親指でんき

-2,038円

あしたでんき

-7,305円

Looopでんき

-12,825円

5位 Looopでんき

-2,028円

Looopでんき

-6,565円

親指でんき

-12,760円

6位 楽天でんき

-1,911円

親指でんき

-6,519円

HTBエナジー
-11,999円
7位 エルピオでんき

-1,037円

楽天でんき

-5,771円

楽天でんき

-11,705円

世帯別によっても電気代が安くなる電力会社は異なるので、ライフスタイルだけではなく世帯人数も含めて電力会社を選ぶのがとにかく安くするためのポイントです。

また割引額だけでなく、電力会社によっては個性的なプランや特典が用意されています。それらの情報も踏まえながら、自分が一番得する電力会社を選んでみてくださいね。

どうしても電力会社を決めきれない場合は、無料で電力会社の比較が行えるエネチェンジというサイトを活用することもできます。無料でおすすめの電力会社を紹介してもらえるので、電力会社選びに迷った場合にとてもおすすめです。

エネチェンジ 公式サイトはこちら