【福岡県】電力自由化で安くなる電力会社ランキング

電気を使うと必ず発生する電気代。月々の支出からなくすことはできないけれど、できるだけ安くしたいと思いますよね。電気の使用量を減らせればいいのですが、「これ以上節電できないよ!」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実は、もっと簡単に電気代を安くする方法があります。電力会社の切替です。

2016年の電力小売自由化に伴い、電気の購入先を自由に選べるようになりました。新しい企業「新電力」がどんどん参入し、さまざまな料金プランも登場しています。

そのため自分の電気の使い方に合った新電力を選べば、電気代は無理なく安くなります!

今回は福岡にお住まいの方におすすめな新電力と、自分にぴったりな新電力の選び方を紹介していきます。福岡県民だけでなく、九州電力エリアにお住まいの方はぜひチェックしてみてください。

当サイトで
申し込み数の多い新電力TOP3!

電力会社 おすすめポイント
おうちでんき 1位 おうちでんき

・契約から2ヶ月の電気代が無料に!
・一人暮らしでも確実に電気代が安くなる
・ソフトバンクユーザーなら携帯料金も割引

公式サイト

エルピオでんき ロゴ 2位 エルピオでんき

・業界最安値の電気料金単価
・最大22,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
・都市ガス・LPガスとのセットで電気もガスもお得に

公式サイト

looopでんき ロゴ 3位 Looopでんき

・120kWh以上なら使う分だけお得に
・太陽光発電や蓄電池とのセットで電気料金が驚きの価格に
・オール電化でも電気代が安くなる!

公式サイト

福岡県民の世帯人数別の電気代相場はいくら?

自宅の電気代が高いのか安いのか、よく分からないという方も多いかもしれません。

総務省統計局の「家計調査」(2019年度)に基づき、福岡県民の電気代相場を、世帯人数別に紹介します。

電気代
平均 5,944円
世帯人数 1人 3,723円
2人 6,306円
3人 7,261円
4人 7,682円
5人 8,456円
6人 10,471円

オール電化住宅の家庭と、ガス器具を多く使っている家庭では当然電気料金が違ってきます。こちらの金額は、目安として参考にしてください。

九州電力の一般料金プラン

福岡県民の皆さんは、これまで電気の契約を変更したことがなければ、九州電力と電気の契約をしていると思います。

そこでまずは新電力の前に、九州電力の一般家庭向けの料金プランを紹介します。

従量電灯B

一般的な家庭向けの料金プランです。

基本料金 10A 297.00円
15A 445.50円
20A 594.00円
30A 891.00円
40A 1,188.00円
50A 1,485.00円
60A 1,782.00円
従量料金 ~120kWh 17.46円
121~300kWh 23.06円
301kWh~ 26.06円

電化でナイト・セレクト

オール電化住宅向けのプランです。従量料金単価が安くなる夜間の時間帯が「21時~翌7時」「22時~翌8時」「23時~翌9時」の中から好きな時を選べます。

基本料金 10kW以下 1,650.00円
10kW超 15kWまで 4,400.00円
15kW超過分1kWにつき 550.00円
従量料金 平日昼間 夏冬 26.84円
春秋 23.95円
休日昼間 夏冬 21.22円
春秋 17.82円
夜間 13.21円

※休日:土・日・祝日・1/2~3、4/30~5/2、12/30~31
※春秋:3/1~6/30および10/1~11/30

福岡県民必見!電気代が安くなるおすすめの新電力8選

電力の小売自由化に伴い、多くの企業が電気小売事業に参入しています。そんな新しい電力会社、「新電力」の中から、福岡県民へのおすすめをランキング形式で紹介します!

①Looopでんき

looopでんき ロゴ

 

「looop(ループ)でんき」は、株式会社Looopの電力小売事業です。シンプルで分かりやすい料金プランは、電力使用量の多寡にかかわらずおすすめできます。

おうちプラン

一般的な家庭向けのプランです。基本料金が0円で、従量料金が一律となっています。

契約容量が30A以上の家庭は、乗り換えると電気料金が下がるでしょう。契約容量が大きい家庭だと、よりお得になります。

基本料金 0円
従量料金 23.4円/kWh

スマートタイムプラン

オール電化向けの料金プランです。こちらも基本料金が0円です。

多くの新電力ではオール電化向けのプランを提供していないため、オール電化でも契約できるこちらのプランは魅力的です。

基本料金 0円
従量料金 スマートタイム 春・秋 昼間 10~16時 13.4円
ピークタイム 夏・冬 平日昼間 8~18時 33.4円
リビングタイム 春・秋 朝夕 6~10時・16~22時 23.4円
夏・冬 平日朝夕 6~8時・18~22時
夏・冬 休日昼間 6~22時
ナイトタイム 通年夜間 22~翌6時 15.4円

キャンペーン

Looopでんきは滅多にキャンペーンを行っていません。

頻繁に様々なキャンペーンを行う新電力各社ですが、安さに圧倒的な定評があるLooopでんきにはキャンペーンが必要ないのかもしれません。

電気代はもっと安くできる!

▷Looopでんき
公式サイトはこちら

Looopでんきの評判を確認したい方向けの記事はこちら

Looopでんきの評判|悪評の真実からキャンペーン情報まで大公開

 

②イデックスでんき

イデックスでんき ロゴ

「イデックスでんき」は、福岡に本社がある「株式会社 新出光」の電力小売事業です。福岡県民にはなじみがある企業で、信頼感があります。 

イデックスでんきファミリープラン

九州電力の「従量電灯B」に相当する、一般的なプランです。

基本料金・従量料金ともに安くなるので、誰でも電気料金が下がります。契約容量が大きく、電気の使用量が多いほどお得です。

契約容量 基本料金 電力量料金
~120kWh 121kWh~300kWh 301kWh~
30A 882.09円 17.27円 22.07円 23.39円
40A 1,176.12円 17.05円 23.90円
50A 1,455.30円
60A 1,782.00円 16.87円

イデックスでんき夜トクプラン

オール電化向けのプランです。夜間時間帯に従量料金が安くなります。

基本料金・従量料金ともに安くなるので、簡単に電気代が下がるでしょう

基本料金 10kW以下 1,600.50円
10kW超 15kWまで 4268.00円
15kW超過分(1kWにつき) 533.50円
従量料金 平日昼間

(8~22時)

夏冬 26.03円
春秋 23.22円
休日昼間

(8~22時)

夏冬 20.57円
春秋 17.28円
夜間(22~8時) 12.80円

※夏:7~9月、冬:12~2月、春:3~6月、秋:10~11月
※休日:土日祝日、1/2~3、4/30~5/2、12/30~31

キャンペーン

イデックスでんきは現在キャンペーンを行っていません。

電気代が高くなる夏場や冬場にキャンペーンをするのが特徴の電力会社なので、キャンペーン情報が更新され次第こちらにも追記します。

九州限定!電気代が確実に安くなる!

▷イデックスでんき
公式サイトはこちら

③エルピオでんき

エルピオでんき ロゴ

「エルピオでんき」は「株式会社エルピオ」の電力小売り事業です。元はガス会社で、東京電力管内ではガス供給も行っていますが、九州電力管内では電気の供給のみ行っています。

使った分だけ Sプラン

基本料金0円、従量料金が一律の、シンプルで分かりやすいプランです。Looopでんきの「おうちプラン」と同じ形態ですが、従量料金がより安くなっています。電気の使用量が少ない家庭にもおすすめです。

基本料金 0円
従量料金 22.91円

キャンペーン

エルピオでんき キャンペーン 2021年7月最新版

2021年7月1日~9月30日「エルピオでんきサマーキャンペーン」を行っています。

期間内に新規契約した方は、契約容量に応じて、3,500円~22,000円が11ヶ月目の電気料金から割り引かれます

適用条件など、詳しくはHPを確認してください。

お得なキャンペーンは今だけ!

▷エルピオでんき
公式サイトはこちら

④ソフトバンクでんき

ソフトバンク くらしでんき ロゴ

 

「ソフトバンクでんき」は、「ソフトバンク株式会社」の100%子会社である「SBパワー株式会社」の電力小売事業です。

くらしでんき

一般的な家庭向けの料金プランです。従量料金が安くなることで、電気料金が下がります。基本料金は九州電力と同じです。

基本料金 30A 891.00円
40A 1,188.00円
50A 1,485.00円
60A 1,782.00円
従量料金 ~120kWh 15.71円
121~300kWh 20.33円
301kWh~ 22.50円

キャンペーン

2021年9月現在、ソフトバンクのくらしでんきではキャンペーンは行われていません。

ソフトバンクの電力サービスは頻繁にキャンペーンを実施するので、情報が更新され次第こちらのページでも追記します。

少しでも電気代を安くしたい方におすすめ

▷くらしでんき
公式サイトはこちら

⑤シン・エナジー

シンエナジー ロゴ

「シン・エナジー」は「株式会社シン・エナジー」の電力小売事業です。ライフスタイルに合った料金プランを選べます。

きほんプラン

一般的な家庭向けの料金プランです。基本料金・従量料金ともに安くなります。電気を使用する時間帯に偏りがない家庭におすすめです。

基本料金 30A 882.09円
40A 1,152.36円
50A 1,410.75円
60A 1,603.80円
従量料金 ~120kWh 17.26円
121~300kWh 21.39円
301kWh~ 23.43円

【昼】生活フィットプラン

在宅勤務の方や、小さなお子さんがいるなど、昼間に電気を多く使う家庭におすすめのプランです。平日昼間の従量料金単価が安くなっています。

基本料金 30A 886.55円
40A 1,164.24円
50A 1,440.45円
60A 1,692.90円
従量料金 デイタイム 15.50円
ライフタイム 22.51円
ナイトタイム 19.80円

※デイタイム:平日9時~18時
※ライフタイム:平日8時~9時および18時~22時、休日扱い日の8時~22時
※ナイトタイム:毎日22時~翌日8時

【夜】生活フィットプラン

昼間は会社や学校であまり在宅しないなどで、夕方から夜間に電気を多く使う家庭におすすめのプランです。夜間の従量料金単価が安くなっています。

基本料金 30A 886.55円
40A 1,164.24円
50A 1,440.45円
60A 1,692.90円
従量料金 デイタイム 26.46円
ライフタイム 22.51円
ナイトタイム 18.70円

キャンペーン

9月10日現在、シン・エナジーではキャンペーンは実施されていません。

キャンペーン情報が更新され次第こちらのページに追記します。

どこよりも電気代を安くしたいあなたへ

▷シン・エナジー
公式サイトはこちら

シン・エナジーの評判を確認したい方向けの記事はこちら

【シン・エナジーのリアルな評判・口コミ】一人暮らしでも料金が安くなる!

⑥ENEOSでんき

ENEOSでんき ロゴ

「ENEOSでんき」は、「ENEOS株式会社」の電気小売事業です。従量料金単価の割引とオプションプランで、電気料金がお得になります。

九州Bプラン

一般的な家庭向けの料金プランです。従量料金が安くなっています。基本料金は九州電力と同じです。

基本料金 10A 297.00円
15A 445.50円
20A 594.00円
30A 891.00円
40A 1,188.00円
50A 1,485.00円
60A 1,782.00円
従量料金 ~120kWh 17.28円
121~300kWh 22.25円
301kWh~ 23.97円

オプションメニュー

「にねんとく2割」を選ぶと、2年以上の契約を条件に、従量料金単価が最初の2年間は1kWhあたり0.20円割引、3年後以降は0.30円割引となります。

更新月(契約後23・24ヶ月目)以外で解約すると、解約手数料がかかる点には注意が必要です

キャンペーン

9月10日現在、ENEOSでんきではキャンペーンを行っていません。

ENEOSでんきも夏冬にキャンペーンを実施するのが特徴なので、また情報が入り次第更新します。

電気もガソリンもまとめてお得に!

▷ENEOSでんき
公式サイトはこちら

⑦あしたでんき

あしたでんき ロゴ

「あしたでんき」は、「東京電力ベンチャーズ株式会社」「出光興産株式会社」「伊藤忠商事株式会社」を主要株主とする、「TRENDE株式会社」の電気小売事業です。

標準プラン

ひとり暮らしや、2~4人家族向けのプランです。電力使用量の目安は、300kWh/月以上です

基本料金 0円
電力量料金 26.00円

たっぷりプラン

月々の電力使用量が700kWh以上の家庭向けプランです。使用量が多いほどお得になります。

基本料金 3,000円
電力量料金 21.50円

キャンペーン

2021年9月現在、あしたでんきではキャンペーンは行われていません。

あしたでんきは他の新電力会社に比べてキャンペーンを実施しにくい電力会社なので契約する時期を選ぶ必要はなさそうです。

電気代はもっと安くできる!

▷あしたでんき
公式サイトはこちら

あしたでんきの評判を確信したい方向けの記事はこちら

あしたでんき評判|口コミから見えたメリット・デメリットとは?【最新版】

⑧ミツウロコでんき

「ミツウロコでんき」は、「ミツウロコグループ」の会社である「株式会社ミツウロコヴェッセル」の電力小売事業です。

従量電灯B

一般的な家庭向けの料金プランです。121kWh以上の従量料金単価が安くなります。電気の使用量が多い家庭におすすめです。基本料金は九州電力と同じです。

基本料金 10A 297.00円
15A 445.50円
20A 594.00円
30A 891.00円
40A 1,188.00円
50A 1,485.00円
60A 1,782.00円
従量料金 ~120kWh 19.48円
121~300kWh 19.61円
301kWh~ 23.33円

シングル応援プラン従量電灯B

上記の料金プランに比べて、120kWhまでの従量料金単価が安くなっています。電気の使用量が少ない家庭でも、メリットがでる料金プランです。

基本料金 10A 297.00円
15A 445.50円
20A 594.00円
30A 891.00円
40A 1,188.00円
50A 1,485.00円
60A 1,782.00円
従量料金 ~120kWh 17.45円
121~300kWh 22.70円
301kWh~ 24.64円

キャンペーン

2021年9月30日までに「エネチェンジ」というサイトから新規申し込みすると、最大10,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンが行われています。

ご家庭に適した電力会社が見つかる!

▷エネチェンジの
無料見積もりはこちら

ミツウロコでんきの評判を確認したい方向けの記事はこちら

【ミツウロコでんきとは】エコでお得な電力会社の電気料金から口コミ・評判まで大公開

福岡エリアでお得な新電力の選び方

ライフスタイルに合った料金プランがある新電力を選べば、電気料金はもっとお得になります!ぴったりの新電力を選ぶために、チェックするポイントを紹介していきます。

①電気使用量で選ぶ

電気使用量が少ない世帯

ひとり暮らしや少人数家族の場合、電気の使用量は少なく、契約容量は小さい傾向にあります。従量料金単価の割引だけでは、あまり電気料金が下がりません。基本料金が安くなる料金プランを選びましょう

単純に削減額を比較したとき、一人暮らしにおすすめの電力会社はシン・エナジーです。

電気使用量が多い世帯

大人数家族や電化製品が多い家庭の場合、電気の使用量が多く、契約容量が大きいでしょう。基本料金があまり割り引かれなくても、従量料金単価が安いプランだと、電気料金が下がります。基本料金が0円の料金プランも、契約容量が大きい家庭におすすめです。

電気使用量が多い家庭はエルピオでんきに乗り換えると最も電気代が安くなります。

②電気を使用する時間帯で選ぶ

電気の使用時間に偏りがない世帯

一般的な家庭向けの「従量電灯B」と同じ形態の料金プランか、基本料金0円の料金プランを選びましょう。

電気を多く使う時間帯がある世帯

シン・エナジーの「【昼】生活フィットプラン」や「【夜】生活フィットプラン」のように、時間帯別の従量料金単価が設定されているプランがおすすめです。

夜間蓄熱式機器がある世帯

電気温水器やエコキュートなど、夜間電力を使用する機器を使用している家庭の場合、必ずオール電化住宅向けプランを選びましょう。

一般的な家庭向けの料金プランに変えてしまうと、電気料金が大幅に高くなってしまう可能性があります。

③ガスなどのセット割で選ぶ(供給エリアは限定される)

新電力の中には、ガスなどの契約をセットにすると、さらに割引が適用されるところもあります。光熱費の管理をまとめてできるメリットもあります。

ただし、ガスの場合、九州電力管内が供給エリアになっている新電力は、現在(2021年9月)のところないようです。

④サービス・特典内容で選ぶ

ポイントが貯まる

「ENEOSでんき」と「ソフトバンクでんき」ではTポイントを、「イデックスでんき」ではdポイントかWAONポイントを、電気料金に応じて貯められます。ポイ活をしている方におすすめです。

その他サービスの割引

「ENEOSでんき」では、ENEOSカードで電気料金を支払うと、ガソリン代が1円/リットル引きになります。ENEOSのサービスステーションをよく利用する方には嬉しい特典です。

⑤キャンペーンで選ぶ

新電力は、新規契約者向けにお得なキャンペーンを頻繁に行っています。上記に紹介した以外にも随時発表されますので、気になる新電力があればぜひチェックしてみてください。

まとめ

ここまで、福岡県民におすすめの新電力と、その選び方について解説しました。

新電力への契約切り替えはWeb上で簡単に行えるところがほとんどで、切替手数料も原則かかりません。たくさんの新電力の中から契約先を選ぶのは大変かもしれませんが、一度契約を切り替えれば、楽に電気料金が安くなりますよ。

ぜひこの記事を参考にして、電力会社の切替を検討してみてくださいね。