ガスと電気はどっちが安い?光熱費の節約でお財布と環境にも優しい方を選ぶ方法

「光熱費を安く抑えたいけど、ガスと電気どちらがお得なのだろう」

と考えたことはありませんか?

ガスや電気は毎日利用するものだからこそ、少しでも安く抑えたいですよね。電力自由化やガス自由化によって消費者が利用したい会社を選べるようになった分、どの会社を選べば光熱費を安く抑えられるか、どんなプランが良いのか迷ってしまいます。

近年ではオール電化も登場し、ガスを使わずに電気だけで日常を過ごすことも珍しくありません。

オール電化を選ぶべきか、ガスも使えるようにするべきか悩む人も多いかと思います。

設置してしまえば気軽に変更できないからこそガスと電気の料金比較を含め、メリットとデメリットをしっかりと理解して判断する必要があります。

そこで、今回はガスと電気どちらを利用する方が安いのか、ガスと電気のまとめてセット割引の方がお得なのか、CO2排出量などの環境問題にも触れつつ紹介します。

ガスと電気どっちが安い?給湯設備などから比較

お風呂

ガス給湯器のエコジョーズ、電気給湯器のエコキュートで比較してみます。 

ガス給湯気のエコジョーズはお湯を使いたい時に必要な量だけお湯を作るので、余計なガスを使わずにお湯を供給できます

対して電気給湯器のエコキュートは深夜帯の電気料が安い時間帯にお湯を沸かして貯めて、そのお湯を使用するので電気料金を節約できます。

基本的な使い方を考えると電気給湯器の方が安く済むでしょう

しかし、それぞれのライフスタイルによって料金にも変化が出てきます。

エコキュートの場合、あらかじめタンクにお湯を作って貯めておくため来客や家族の人数が増えた場合にお湯の使用量が多くなり、足りなくなってしまう場合があります。その時はまたお湯を沸かすので問題ありませんが、深夜帯の電気料金ではない場合は電気代が高くなってしまいます。

家族によってお湯の使用量が違ったり、家族構成の変化があるかもしれない事を忘れず、対応できるようにお湯を貯めるタンク選びは慎重に行いましょう。

また、光熱費を節約したいけどガス給湯器を選びたいという人は、エコジョーズを使用している場合のお得なガス料金プランを提供しているガス会社もありますので、利用しているガス会社の料金プランをチェックしてみてはいかがでしょうか。

キッチンコンロ

利用している電気、ガスの料金プランによりますが、IHクッキングヒーターの場合は高熱を発生させるために使う電気の量が多いのでガスコンロを使うよりも光熱費は高くなってしまう傾向があります

光熱費を抑えるならガスコンロを検討する方が良いかもしれません。ですが、ご家庭の電気とガスの料金プランやライフスタイルに合った方を選ぶことも大切です。

IHとガスコンロのメリット・デメリットをまとめたので参考にしてみて下さい。

ガスコンロ

メリット

  • IHクッキングヒーターより光熱費を抑えられる
  • 鍋や手持ちのフライパンをそのまま使える
  • 火力を目で見て調整しやすい

デメリット

  • 火災やガス漏れの心配
  • 掃除の手間がかかる

IHクッキングヒーター

メリット

  • 見た目がすっきりしている
  • 五徳がなく掃除をしやすい
  • 火災やガス漏れの心配が無い

デメリット

  • ガスコンロよりも光熱費がかかりやすい
  • IHに対応していない鍋やフライパンは使えない

料金はガスコンロよりも光熱費がかかってしまう傾向があります。

しかし、火を使わないため火の扱いが心配なお子さんや年配の方がいるお家におすすめ。

また、ガスコンロは掃除の際に五徳を外す必要があり手間ですが、IHは掃除が簡単なところが嬉しいですね。

ガスを使うメリットとデメリット

メリット

日本に住んでいると地震などの自然災害を避ける事は難しいです。もし大地震などの被害に遭ってしまった場合、オール電化の場合は電気が通らなくなると全てのライフラインが使用できません。

しかしガスは例え電気が使えなくなっても使用できるので、災害などの非常時を考えると有益です。

デメリット

お住まいの地域がプロパンガスなら、電気を使うよりも料金が高くなってしまう傾向があります。

プロパンガスは配送コストなどもかかってしまい、どうしても都市ガスよりも割高になってしまうのです。住む場所によってプロパンガスか都市ガスかが決まってしまうので、事前にしっかり調べておくか、料金などの説明をきちんとしてくれるプロパンガスの会社を選びましょう。また、ガスコンロの場合火を使うので、火災やガス漏れなどのリスクも気を付けなければなりません。

電気を使うメリットとデメリット

メリット

ガス漏れや火を使用しての火事の心配がありません。小さなお子さんや年配の方がいる家庭で安心して使用できますね。また、電気を発生させる為に火力発電の場合はCO2が排出されてしまいますが、電気を使うこと自体ではCO2は発生しません。太陽光発電など家庭での自家発電で電気を発生し利用している場合は、環境に配慮した生活を送ることができます。

デメリット

オール電化など全ての生活を電気に頼っていると、電気の供給が止まった場合に調理など日常生活で問題が発生してしまうでしょう。災害発生時などで電気の供給が止まった場合、自家発電などの対策が必要となります。

環境にも配慮するなら電気とガスどちらがいい?

エコな生活とは

エコとは「地球環境に優しい」「公害を出さない」といった意味があります。リサイクルやビニール袋などのプラスチック使用削減など、環境に配慮した生活は以前から注目され、求められています。

日常の生活の中でできるエコな生活は、プラスチックの削減やリサイクルの他に、CO2排出量の削減があり取り組みやすくなっていますね。

地球温暖化が叫ばれる現在、温暖化の原因であるCO2排出量を抑える活動も地球環境にとって大切でエコな生活のひとつです。

電気とガスのCO2排出量で比較する

令和2年度の世帯あたりのCO2排出量を円グラフで比較します。

エネルギー種別 CO2排出量 

(参照:家庭部門のCO2排出実態統計調査(2021年4月〜2022年3月

ガスと電気では、ガスの方がCO2の排出量が多いイメージを持つ人も多いかもしれません。

しかし実際の家庭でのCO2の排出量を考えると、電気の使用によるCO2の排出量の割合が約半分以上を占めています

ガスの使用によるCO2の排出量の割合は全体の約1/4程度。

なぜ電気の方がCO2の排出量が多いかというと、発電方法が原因です。現在約7割の電気が火力によって発電されていて、大量に石炭や石油を使う結果CO2の排出量が多くなっています。

CO2の排出量を比べると、ガスを選んだ方が環境に配慮しているといえるでしょう

太陽光発電など火力発電以外の発電方法が主流になれば、電気が占めるCO2排出量は一気に減ると予想されます。

ガス代と電気代それぞれの料金を安くするならセット割にするべき?

ガスと電気のまとめてセット割がお得?メリット・デメリットは?

2016年の「電力自由化」と2017年の「ガス自由化」によって、消費者は電力会社とガス会社を選べるようになりました。自由に契約できるようになったので、ガスと電気をまとめて契約する事で、従来よりガスと電気をお得に利用できるセット割も誕生しました。実際にまとめてセット割はどれほど安くなるのか、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

  • 光熱費を抑えれる
  • まとめて支払い、家計簿管理が簡単に
  • 連絡先が1つの会社で済む

なによりまとめてセット割最大のメリットとして、割引によって光熱費を従来料金より安く抑えられる点です。電気とガスのまとめ割を利用または検討している目的として、料金の割引が大きいのではないでしょうか。

また、電力やガス会社をまとめることによって、支払い料金の管理がしやすく、トラブルや問い合わせ先が1つで済むのでとても便利です。

デメリット

  • まとめてセット割でも安くならない場合も
  • まとめてセット割が適用されない

電気とガスを同じ会社でまとめたのに、結局料金が安くならなかった人もいるかもしれません。

会社によってまとめ割が適用できるエリアが決まっているので、お住まいのエリアで利用できる会社があるか確認してみてくださいね。

今回はガスと電気をセットで契約できる会社3選を紹介します。

ガスと電気をセットで契約できる電力会社3選

①Looopでんき

looopでんき ロゴ

嬉しい基本料ず~っと0円!

Looopでんきはどれだけ使っても基本料金が0円です。基本料金がかからないので、電気を使ったぶんだけ料金が発生するシンプルな仕組みです。従量料金はエリアによって変わります。

<エリアごとの電気料金表>

エリア基本料金従量料金(税込み)/kWh
北海道電力0円29.5円
東北電力0円26.4円
東京電力0円26.4円
中部電力0円26.4円
北陸電力0円21.3円
関西電力0円22.4円
中国電力0円24.4円
四国電力0円24.4円
九州電力0円23.4円
沖縄電力0円27.0円

(参照:Looopでんき公式サイト) 

電気とガスのセット申し込みで2%お得に

Loopのでんき+ガスセットを利用することによって電気の従量料金が約2%安くなります。東京電力の場合従来料金の26.4円より0.4円安く26円で使用することができます。

東京電力(月300kWh)と東京ガス(都市ガス)を個別で使っている場合とLooopのでんき+ガスセットを利用した場合の料金では年間で約7,660円お得になる計算です。

とにかく安いLoopでんき

また、東京ガスの電気とガスのセット割引よりもLooopのセット割引の方が年間約4,140円お得になるなどLoopでんきはとにかく安く、光熱費の節約におおいに貢献してくれます。

<料金比較>

月額年額
Loopでんき+ガスセット13,280円159,360円
東京ガスセット価格13,625円163,500円
東京電力/ガス個別契約13,918円167,016円

※東京電力エナジーパートナー・東京ガス(一般料金)の個別契約との比較
※電気使用量300kWh/月(東京電力従量電灯B・40A)、都市ガス使用量35㎡/月を想定

電気買取サービスで環境にもやさしい

また、Loopでんきは自宅の太陽光発電による電気買取サービスを行っています。発電した電気のうち、使わずに余剰した分を買い取ってくれるので無駄なく家計にも環境にも配慮した嬉しい買取サービスです。

電気とガスはもっと安くできる!

▷Looopでんき
公式サイトはこちら

②エルピオでんき

エルピオでんき ロゴ

業界トップクラスの安さ

ポイント制度や特典制度などを削り、価格の安さに重点を置いた新電力です。

ガス電気セットの安さ比較

エルピオ電気も「エルピオガス・でんきセット」のお得なプランが用意されています。ど れくらいお得なのか、戸建の4人家族を想定して東京電力の料金と比較してみましょう。

<料金比較>

ガス電気ガス+電気セット
エルピオ電気130,896円/年185,352円/年316,248円/年
東京電力(関東平均)147,456円/年212,556円/年360,012円/年

(ガス:戸建、配管設備無し 月間 20㎥、年間 240㎥/でんき:従量電灯B 60A 毎月 600kWh 年間 7,200kWhの場合)

上の表をみてみると、年間で東京電力を利用するよりもエルピオでんきを利用するとガスでは年間で16,560円電気は27,204円ガス+電気セットは43,764円もお得になることが分かります。

特にガス+電気セットで浮いた約4万円もあれば他においしいお寿司屋さんで食べたりちょっとした旅行に当てられますね。「エルピオガス・でんきセット」光熱費を節約したい家庭にはとてもおすすめです。

24時間365日対応

料金が安いと保証など大切な部分が削られて安い料金設定なのかと不安に思うかもしれません。エルピオ電気がお得な理由は、エルピオ社のガス充填工場とエルピオ独自の流通網によって大幅にコストをカットしているからです。ガスも電気も24時間365日の体制で対応しており、保証の部分はカットせず手厚くなっています。また、任意で月500円(税別)の負担で約10年間のガス器具の修理を無料で受けることができるので、エルピオ電気利用者の約97%が満足しているという回答を得ています。

【今だけ!】最大3.2万円のキャッシュバック!

▷エルピオでんき
公式サイトはこちら

③東京ガス

東京ガス

新規申し込みで3ヵ月間基本料金無料

東京ガスも「基本プラン+ずっとも電気3」の電気とガスの同時利用プランを提供しています。東京ガスを契約中で、電気の新規申し込みをすると1年目の電力基本料金が3か月間無料で、電力量料金も従来より安く利用できるのです。

<「基本プラン+ずっとも電気3」戸建て3人世帯(年間4700kWh利用)の場合>

基本料金セット割額電力量料金セット割額
東京ガス約13,700円/年約-3,400円/年約92,900円/年約-6200円/年
東京電力約13,700円/年約99,100円/年

表の割引額からさらにガス・電気セット割として毎月基本料金と電力料金から0.5%乗じた額が割引され、東京電力よりも年間で合計約10,200円お得に電気を使用できます

ポイントがたまる&交換できる!

1000円あたりの電気料金を支払うごとに、東京ガスのポイント(パッチョポイント)が15ポイント付与されます。このポイント、なんと「TーPOINT」や「ナナコポイント」など他にも全国に流通しているポイントと交換できるのです。電気は毎日使って料金が発生するものなので、必然的にポイントがたまっていくのも嬉しいですね。大手の東京ガスだからこそのポイント制度なのかもしれません。

面倒な手続きは原則不要

他社から東京ガスの電気に切り替える際、面倒な手続きは必要ありません。切替工事、他社への解約連絡、電気機器の交換、申し込み費用、これら全て不要です。煩わしい手続きで時間を割く必要はありません。ガスと電気の検針票をお持ちならスマホで5分で切り換えの手続きが完了します。検診票が手元に無くても供給地点番号とお客様番号が分かればインターネットで申し込みができるので、忙しい人にはぴったりです。

今1番選ばれている電気とガス

▷東京ガスの電気
公式サイトはこちら

まとめ

ガスと電気、どちらを選ぶとお得になるか紹介しました。

  • 家族構成やライフスタイル
  • ガスと電気それぞれのメリットとデメリット
  • お住まいの地域で利用できるガス会社、電力会社か
  • まとめてセット割引で本当に安くなるのか

これらのポイントを抑えつつガスか電気か、もしくはどこのガス会社か電力会社かを選ぶべきか、光熱費節約の参考にしてみて下さい。

ご家庭に適した電力・ガス会社が見つかる!

▷エネチェンジの
無料見積もりはこちら