家庭用太陽光発電と産業用(投資用)太陽光発電の違い

太陽光発電の導入を検討しようと調べた方は、家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電の2種類について見たことがあるでしょう。様々な販売業者や見積もり業者が、家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電を取り扱っており、どちらにしようか悩みます。

しかし、家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電では、機能や方式で違いが生じており、分かりにくい所が多いと感じやすいでしょう。また、購入方法や設置方法についても、家庭用と産業用では異なる部分があり、初めて購入する方には難しいです。

そこで、家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電は、どのような部分で違っているのか買取方式から設置方法まで解説していきます。

家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電は、発電方式は同じでもその他の部分で大きな違いがあります。ですから、それぞれの特徴を理解した上で、どちらを購入するか決めることがおすすめです。

家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電は出力や買取方式などが違う

家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電は、発電量や買取方法などが大きく違っています。そのため何となく選んでしまいますと、黒字化が難しくなる場合もあります。

独自のルールや出力・買取方式などが定められていますから、それらをよく理解した上で選ぶようにしましょう。

家庭用太陽光発電と産業用では出力10kw未満か以上で区切られている

家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電では、出力に大きな違いがあります。家庭用太陽光発電の場合は、出力10kw未満と国のルールで定められています。一方産業用太陽光発電は、出力10kw以上の設備を指しています。

勘違いしやすいポイントとして、家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電という商品に分かれていると考えてしまうことです。

名称だけを見ますと、屋根に取り付けるタイプが全て家庭用太陽光発電と思いますが、実際は出力の違いで区分されています。

ですから、住宅の屋根に出力10kw以上の太陽光パネルを設置した場合は、産業太陽光発電になります。

また、産業太陽光発電の場合は、出力50kw未満と50以上、1000kw以上によって定められている内容に違いが生じます。

余剰買取方式と全量買取方式に分かれている

家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電は、出力の違いによって区分されたら買取方式にも違いが生じます。太陽光発電の買取方式は、個人が自由に行えるものではなく、国によってルールが定められています。

家庭用太陽光発電では、余剰買取方式によって売電を行うようになります。余剰買取方式とは、太陽光発電システムで発電した電気のうち、自宅で消費した電気から余った分だけを電力会社に売ることができる制度です。

つまり発電して余った電気だけが売電できます。従って、太陽光発電で発電した全ての電気を売ることは難しい特徴があります。より多くの電気を売電するためには、家電製品の使用頻度を下げて、節電を行う必要があります。

対して産業用太陽光発電は、全量買取方式によって売電を行います。全量買取方式とは、太陽光発電で発電した電気全てを、電力会社に売電できます。従って、自家消費に関わらず発電した電気を効率よく売電できます。

また、産業用太陽光発電の場合は、全量買取方式が適用されていますが自家消費もできます。

固定買取価格が家庭用と産業用で違う

家庭用と産業用太陽光発電は、固定買取価格にも違いがあります。2019年の太陽光発電の価格を以下にご紹介します。

・家庭用太陽光発電(出力制御対応機器設置義務なし)26円/1kwh
・家庭用太陽光発電(出力制御対応機器設置義務あり)26円/1kwh
・家庭用太陽光発電のダブル発電(出力制御対応機器設置義務なし)25円/1kwh
・家庭用太陽光発電のダブル発電(出力制御対応機器設置義務あり)27円/1kwh
・産業用太陽光発電18円/1kwh
・産業用太陽光発電(2000kw以上)入札方式により個別案件で異なる

このように固定買取価格は、住宅用と産業用や2000kw以上の主に3種類で分かれています。また、家庭用太陽光発電の場合は、出力制御太陽機器設置義務の有無やダブル発電によって、若干の違いが発生します。

また、産業太陽光発電は全量買取のメリットがありますが、家庭用太陽光発電と比較して固定買取価格が8~9円の差があります。

ちなみに2000kw以上の太陽光発電とは、メガソーラーといわれる大規模発電所のことです。電力会社が設置・運営する規模ですので、入札方式は参考程度に覚えておくといいです。

固定買取期間が10年間と20年間で分かれている

家庭用太陽光発電は、固定買取期間が10年間と定められています。固定買取期間とは、固定価格買取制度によって定められた固定価格で、何年間売電できるかを表したものです。

例えば、2019年に家庭用太陽光発電システムを設置した場合は、2019年に定められた固定買取価格で10年間売電できるということです。

一方産業太陽光発電の場合は、固定買取期間20年間と家庭用よりも10年間伸びています。ですから、産業太陽光発電を導入した方が、より長く安定した売電を行えるといえます。

ちなみに固定買取期間が終了した後の売電については、家庭用・産業用共に明確なルールが定められていません。一部の電力会社や小売事業者は、売電を引き続き行う趣旨を発表していますが、国としての方針は検討中となっています。

固定価格買取制度は以下の記事で詳しく解説しています
関連記事
固定価格買取制度とは?問題点と解決策をわかりやすく紹介

今回は省略しますが、この問題がZEHや自家消費型へと繋がっていきます。

ZEHについては以下の記事で解説しています。
関連記事
ZEH(ゼッチ)とは何かを簡単にわかりやすく解説!

太陽光パネルや周辺機器の設置方法や方式にも違いがある

家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電の違いには、制度上の違い以外にも設置方法や購入方法に違いや特徴があります。

また、購入金額についても大きな違いがありますから、両者の特徴をしっかり理解しましょう。

住宅の屋根に設置するタイプと野立てタイプが存在する

一般的に、家庭用太陽光発電は住宅の屋根に設置しまして、産業太陽光発電は一定規模の土地に野立て太陽光発電システムを設置します。

野立て太陽光発電とは、建物の屋根に太陽光パネルを設置せず、地面に架台とよばれる土台を設置して、その上に太陽光パネルや周辺機器も載せます。

また、野立て太陽光発電の場合は、広い土地を確保できるため結果的に出力10kw以上のシステムを設置できるため、産業太陽光発電となります。

住宅の屋根に、10kw以上の出力になる程の太陽光パネルを敷き詰めた場合は、産業太陽光発電となります。ですから、無理やり屋根に敷き詰めるケースもありますが、保証対象外となるリスクが高まります。

10kw以上の出力を持つ太陽光発電システムを設置したい場合は、広い土地を確保した上で野立て太陽光発電を設置するのが基本です。

太陽光パネルの設置枚数は産業用の方が多い

出力によって家庭用と産業用で区分されますから、太陽光パネルの枚数が直接的な要因になります。従って、産業太陽光発電の方が、家庭用太陽光発電よりも太陽光パネルの枚数が多いです。

家庭用太陽光発電は、住宅や屋根の形状によって異なりますが、一般的に20枚~30枚が平均的です。対して産業太陽光発電の場合は、出力10kwですと約40枚以上は必要になります。

関連記事
【太陽光パネルを設置できる屋根の形や広さ】最適な屋根の向き

ちなみにですが、太陽光発電の出力が大きくなるほど、パワーコンディショナのkw数も合わせて設置します。10kw以上の産業用太陽光発電では、パワーコンディショナ10kwになります。

家庭用と産業用では購入方法が異なる場合もある

家庭用太陽光発電の場合は、10kw未満の太陽光発電システムを販売しているメーカーから購入し、設置工事をしてもらいます。

産業用太陽光発電では、予め保有している土地に太陽光発電システムを設置するか、土地付き太陽光発電の物件を購入するか、数種類の方法があります。

土地を取得してから設置するか、土地ごと購入するか、土地と設備がセットになっている商品を購入するか選ぶことができます。

一般的には、土地付き太陽光発電を購入するのが、土地取得を別途行う必要なく便利です。

また、家庭用太陽光発電は100万円台ですが、産業太陽光発電は1500万円前後の初期費用が掛かります。

関連記事
太陽光発電の設置にかかる初期費用の相場はいくら?
関連記事
産業用太陽光発電の初期費用と回収年数の目安とシュミレーションイメージ

太陽光発電を導入する前に家庭用と産業用どちらにするか決めておくこと

太陽光発電システムを設置すると決めたら、そのまま購入へ動くのではなく家庭用と産業用どちらにするか慎重に検討しましょう。

家庭用太陽光発電の場合は、初期費用コストが100万円台で済みますし、屋根に設置するため土地取得が不要です。しかし、余剰電力買取という特徴があります。

産業用太陽光発電の場合は、初期費用コストが1500万円前後と、住宅購入と同等の負担がかかります。しかし、出力が大きく全量買取が可能なため、売電収入は年間100万円前後得られるメリットがあります。

どちらもメリットとデメリットがありますから、目的に合った太陽光発電を選ぶことが大切です。

また、家庭用太陽光発電と産業用太陽光発電では、見積もり会社及び部門が違いますから、事前に確認してから問い合わせしましょう。