太陽光発電で元はとれるのか?圧倒的に得するためのポイントを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FIT制度自体の方向性があやふやになっている今、太陽光発電で元は取れるの?売電価格が下がってるのに元は取れるの?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと元は取れます

太陽光発電で元を取るとは、設置費用を電気代の差額(設置前の電気代−設置後の電気代)+売電収入の合計金額で打ち消すことを言います。

しかし、どれくらいの期間で元を取れるのかは、太陽光発電の設置費用や固定価格によって変わります。また、元は取れると言いましたが、しっかりと確認するべきところを曖昧なままにすると逆に損してしまう可能性があります。

そこで、今回は太陽光発電で元を取るためのポイントや設置費用・回収期間のシミュレーションを紹介します。

売電価格が下落しているのに元はとれるの?

スポンサーリンク

貯金箱

太陽光発電で発電した電気は、FIT制度(固定価格買取制度)を利用することで電力会社に売る(売電)ことができます。

住宅用太陽光発電(10kW未満の設備)の場合は、発電した電気をご家庭で使用し、余った電気(余剰電力)を10年間同じ価格で売電できます。
しかし、FIT制度は利用開始年度によって売電価格は異なり、FIT制度開始から現在まで、年々売電価格が下落し続けていることが不安要素となっている方が多いです。

それもそのはず、FIT制度の前身となる余剰電力買取制度が開始した2009年度の売電価格(10kW未満の設備)は48円/kWhでしたが、2019年度では半額の24円/kWhまで下落しています。売電価格の下落によって売電収入が減ると考えると、どうしてもネガティブに捉えてしまうのも仕方がありません。

とは言え、売電価格だけが下落している訳ではなく、太陽光発電の普及が進んでいることや技術発展により太陽光発電の設置費用も下落しています。そのため、設置費用は10年前と変わらず約9〜12年で回収できるので、FIT期間内で回収し元をとることは十分可能です。

また、太陽光パネルの寿命は20〜30年とされているため、設置費用の元を取った後も売電・買電でお得感を実感することができます。

太陽光発電で元をとる4つのポイント

太陽光発電は元をとることができると言いましたが、いくつかのポイントを抑えることで設置費用を抑えたり、さらに回収期間を短くしたりすることができます。

しかし、今から紹介するポイントを確認しておかないと逆に損してしまう可能性があるのでしっかり読んでおきましょう。

①複数の業者へ見積もりを依頼する

太陽光発電の設置を検討する際、見積もりを依頼することで具体的にどの部分にどれくらいお金がかかるのか確認することができます。1社ではなく複数の施工業者に見積もりを依頼することがポイントです。

複数の業者に見積もりを出してもらうことで比較できるので、どこの業者で契約すれば安いかがわかり、設置費用を抑えることができるのです。

1社だけで見積もりを済ませてしまうと、その見積もりが極端に高額な場合に気づかずに契約してしまう可能性があります。太陽光発電の発電量の割に設置費用が高いと回収期間が長くなってしまったり、最悪の場合費用を回収できなくなってしまうので、見積もりは必ず複数の業者に依頼しましょう

とはいえ、いちいち見積もりを出すのは面倒ですよね。一括お見積もりサイトのタイナビは一度に最大5社まで無料で見積もることができます。

\一括お見積もりはこちらから/
無料一括お見積もりサイトで設置費用を調べる

②発電効率と初期費用のバランスをとる

太陽光発電システムの中心となる太陽光パネルの素材には、いくつか種類があり、性能や特徴によって価格が異なります。

太陽光パネルの性能は発電効率で比較されます。発電効率とは、太陽光パネルに反射した光エネルギーをどれくらい電気エネルギーに変えることができるかを表したものです。

つまり、太陽光パネルの発電効率が高いほど、同じ面積でもより多く発電することができるのです。

となると、発電効率の高い太陽光パネルを設置したくなりますが、発電効率が高い分価格も高くなり、設置費用も高額になってしまいます。
実際に、発電効率世界1位の東芝と国内主要メーカーのシャープで比較してみました。

メーカー東芝シャープ
発電効率21.3%19.2%
出力265W250W
価格193,800円+税125,000円+税

どちらの太陽光パネルも単結晶シリコンを材料としています。太陽光パネルにはいくつかの種類があると言いましたが、発電効率が最も高いのが単結晶シリコンです。

東芝とシャープの太陽光パネルの発電効率を比べると2.1% 東芝が高いですが、価格で比べるとシャープが約6.8万円安いです。また、平均的な単結晶シリコンの発電効率は16%〜なので、シャープの太陽光パネルの発電効率が悪いというわけではありません。

しかし、設置費用を抑えることだけを考えて発電効率の低い太陽光パネルを選んでしまうと、発電量も低くなってしまいます。そして、売電が減って買電量が増えることにより、設置費用の元を取りづらくなってしまうのです。

予算に合わせつつ、発電効率のいい太陽光パネルを選ぶことが回収期間を短くするポイントです

また、元をとるには気候に合わせた太陽光パネル選びもポイントです。各メーカーでは様々な気候に対応した太陽光パネルを開発しているので、お住いの地域にあった太陽光パネルを選ぶことでより発電量を確保できます。

こちらの記事では、国内外の太陽光パネルメーカーのシェアランキングや太陽光パネルの種類を紹介しているので合わせてご覧ください。

絶対失敗しない太陽光発電メーカーの選び方とパネル比較ランキング【2020最新版】

 

③補助金制度を利用して初期費用を抑える

家 お金

国が2013年まで実施していた太陽光発電に関する補助金制度は終了しましたが、独自の補助金制度を実施している地方自治体はあります。

今回は東京都葛飾区の「かつしかエコ助成金(個人用)」を参考に紹介します。

かつしかエコ助成金は、1kW以上10kW未満の太陽光発電システムを設置する際に利用することができ、1kWあたり8万円、最大40万円が支給されます。太陽光発電の設置費用は安くても100〜200万円ですが、葛飾区の制度を利用すること60万円〜160万円で設置することができるのです。

では、補助金制度を利用することでどれくらい回収期間は短くなるのでしょうか?
例えば、補助金制度を利用しなかった場合の設置費用は200万円、回収期間は10年間だとします。1年間にすると、20万円ほど回収することができます。

補助金制度を利用して、設置費用が160万円になった場合、
160万円÷20万円=8年間
と、2年間も早く回収することができるのです。

補助金制度を利用する場合、申請期間の締め切り、対象者・適応条件の確認が必要です
また、手続き完了まで1〜3ヶ月かかることがあるので早めに確認・申請しましょう。

他の地方自治体でも補助金制度を実施しているところはたくさんあるので、エネルギー情報センターの新電力ネットでお住いの都道府県を検索してみてください。

④自家消費で買電量を減らす

太陽光発電の発電量では電気をまかなえない場合、電力会社から買電しなければなりません。しかし、買電量が多いとその分電気代が高くなり、元を取る期間も長くなってしまします。

買電量を減らす対策として、蓄電池を設置することをおすすめします。

太陽光発電と蓄電池を併用することで、発電したけれど使用できなかった電気をためておくことができます。

日中家を空けることが多い方は夜間に家事をすることが多いでしょう。そこで蓄電池に貯めておいた電気を使って家事をすることで、発電ができない夜間の買電量を抑えることがができるのです。

蓄電池の設置費用は蓄電容量1kWhあたりの価格は15〜28万円なので、さらに初期費用がかさむことから手を出しづらいと考えるかもしれません。しかし、蓄電池は補助金制度が充実していることや、蓄電池は非常用電源としても活躍することを考えると設置をすることによるデメリットはないに等しいと言えます。

また、蓄電池を設置すると元を取れなくなるのではないかと考える方がいるかもしれませんが、太陽光発電自体の回収期間にプラス3〜4年の期間で元を取ることができます

東日本大震災以降は、太陽光発電と蓄電池を一緒に設置する方が増えているので設置を検討してみてください。

太陽光発電と蓄電池を一緒に設置するメリットと問題点【2020年度の補助金制度は?】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

太陽光発電の初期費用シミュレーション

では、実際に太陽光発電を設置するにはどれくらいの費用がかかるのかみていきましょう。

東京都に設置する場合のシミュレーション

家族構成40代夫婦(妻:専業主婦)、未就学児童2人の4人家族
生活状況未就学児童がいることと、専業主婦のため昼間にたくさん電気を使うご家庭
設置前電気代15,000円/月
設置条件15,000円/月
設置前電気代4.41kW/設置する屋根の状況は南西15度4寸勾配。
設置費用約180万円
補助金約32万円(葛飾区の場合)
合計設置金額約148万円
設置後の電気代8,500円/月(-6,500円/月)
設置後の売電収入9,500円/月

このシミュレーションでは、設置後の月々の電気代は設置前と比べて6,500円安くなったことに加え、売電収入が9,500円/月となりました。

太陽光発電を設置することで、月々16,000円 ”お得” になります。1年間でみると19.2万円お得になります。

1,480,000円(合計設置金額)÷192,000円=7.7年

つまり、約8年で元が取れ、10年間のFIT期間で初期費用を回収することが可能です。

また、補助金を利用しなかった場合でも、約9年間で元を取ることができます。

太陽光発電の回収期間は9〜11年間といわれ、11年目以降は全てが収入になります。

このシミュレーションは一例なので、設置を検討している方は業者にシミュレーションを依頼しましょう

元をとるにはメンテナンス費用の確認は必須!

設置費用とは別にメンテナンス費用がかかることを知っておきましょう。
太陽光発電で元を取れることはシミュレーションでわかりましたが、シミュレーション通りの安定した発電を行うためにはメンテナンスが必要です。

しかし、設置費用の中にメンテナンス費用は含まれていません。
経済産業省の調査によると、メンテナンス費用は2万円/回となっています。また、メンテナンスの頻度は4年に一度を推奨しています。20年間で考えた場合、メンテナンス費用は10万円ほどです。

費用がかさむからといってメンテナンスを怠ると、故障や発電量の低下の原因になるので、メンテナンスは定期的に業者へ依頼しましょう。

\一括お見積もりはこちらから/
無料一括お見積もりサイトで設置費用を調べる

まとめ

太陽光発電

売電価格は下落傾向にありますが、見積もりや設置後のメンテナンスを行うことで、十分元を取ることができることがわかりました。

世界的な電力不足がある中で、今後、太陽光発電や水力発電などの再生可能エネルギーの需要がなくなることは考えにくいです。

太陽光発電は売電による ”お得” と自家消費による ”お得” を実感することができ、ライフスタイルに合わせた活用ができるのが魅力です。

また、工夫や比較をすることで初期費用を削減でき、回収期間も短くすることができるので、よりいっそうお得感が増します。
まずはしっかりと見積もりを比較してみてください。

\一括お見積もりはこちらから/
無料一括お見積もりサイトで設置費用を調べる

スポンサーリンク
スポンサーリンク