ピタでんを経営しているF-Powerが会社更正…解約手続きの方法と解約金について

ピタでんを経営しているF-Powerが電気代高騰の影響で会社更正することになりました。

電気供給は継続されるようですが、いつ電気の供給をストップするかわからないまま契約しておくのも不安ですよね。

(万が一、会社が倒産したとしても電気供給自体が止まる=停電することはありませんのでご安心ください)

この記事では、ピタでんの解約方法と解約違約金について解説していきます。

また、乗り換えを検討している方向けにピタでんと同じ料金体制のおすすめ新電力もご紹介します。

ピタでんを解約すると解約金が2,200円(税込)かかる場合も

ピタでんを解約して大手電力会社や新電力への乗り換えを検討している場合、契約から1年未満であれば解約違約金が2,200円(税込)がかかります

1年経過していれば解約金は不要です。

ピタでんの解約方法

同じ住所で他の新電力・電力会社に乗り換える場合

同じ住所で他の新電力に乗り換える場合、ピタでんへの解約手続きは不要です。

新しく契約する予定の新電力・電力会社に、契約の申し込みをすると、新しい電力会社が代わりにピタでんの解約手続きを進めてくれます。

契約者がするべきことはないので、簡単に解約・乗り換えができます!

引っ越しのために解約する場合

引っ越し先でピタでんを使わない場合、解約手続きをする必要があります

ピタでんのでんきお客様ページのマイページにあるお問い合わせフォームより連絡をして、解約手続きをしましょう。

ピタでんの料金プランに似たおすすめの新電力

ピタでんの使った分だけプランは基本料金が0円で従量料金が一定の料金プランとなっています。

これと同じ料金設定をしているおすすめの新電力を2つご紹介します。

①Looopでんき

looopでんき概要

Looopでんきは、全国(一部エリアを除く)に電気を供給している新電力です。

再生可能エネルギーで発電した電気を使っており、環境にも配慮されているので安心して電気を使うことができます。

Looopでんきの特徴はガスや太陽光発電、蓄電池とセットで申し込みをするとさらに電気代が安くなること。

ピタでんはガスとのセット割はありませんでしたので、光熱費全体的に削減したいと思っていたご家庭にとってはLooopでんきのセット割は魅力的なのではないでしょうか。

Looopでんき公式サイトはコチラ!

②あしたでんき

あしたでんきの概要

あしたでんきは東京電力グループが経営している新電力会社で、長年電気事業に携わってきた実績・ノウハウを生かして安く電気をお届けしています。

供給エリアは、東北・東京・中部・関西・中国・九州エリアです。

あしたでんきには「標準プラン」と「たっぷりプラン」の2種類の料金プランがあり、ピタでんと同じ基本料金0円で従量料金が一定のプランは「標準プラン」となっています。

標準プランは毎月の電気使用量が300kWh〜699kWhのご家庭向けのプランで、従量料金は26円に設定されています。

あしたでんき公式サイトはこちら

まとめ

ピタでんの解約方法・解約金などについて解説しました。

ピタでんは、電気代高騰の影響で会社更正となってしまいましたが、その他の新電力でも今後このような事態になる可能性は十分にあります。

ピタでんから他の新電力への切り替えを検討している方は、料金プランはもちろんですが、会社の経営状況も一緒にチェックしておくことをおすすめします。