法人向け高圧電力を見直すメリットとおすすめの新電力見積もり比較サイト

電気を使用しているのは個人だけではありません。事業として工場や事務所を所有している事業者もいますし、そのような施設を維持するためには電気が必須です。

法人向けには高圧電力と呼ばれる電力も供給されており、低圧向け電力とは契約内容や電気料金の仕組みも異なります。

2016年の電力自由化によって、電力会社や電気料金プランの見直しが行いやすくなりましたが、以前にもある電力自由化が行われていました。

いわゆる法人向けの高圧電力自由化です。

一般に認知されにくい情報ですが、2000年代前半に特別高圧電力と高圧電力の小売事業は、自由化されていました。

ですから法人は、高圧電力向け小売事業者の乗り換えも可能となっています。しかし全ての法人が、電力会社の乗り換えを把握している訳ではありません。

法人向け高圧電力を見直すか悩んでいる事業者に向けて、利用メリットやおすすめの見積もりサイトをご説明します。

また、高圧電力を見直す方法や注意点もご紹介します。

法人向け高圧電力を見直すメリット


事業者にとって電気は必須エネルギーであり、万が一止まってしまえば全ての事業をストップせざるを得ません。融資や売り上げ以前の問題です。

そして電気料金は毎月の固定費として必要支出ですが、一定の負担になります。仕方がない部分ですが、それでも可能な限り抑えたいものです。

そのような時こそ、法人向け高圧電力を見直す良い機会といえるでしょう。

電力の見直しという言葉自体、初めて聞いた事業者にとって軽く考えてしまいがちですが、いくつかのメリットを得られますから、しっかり検討しましょう。

電気料金を安くできるケースもある

法人向け高圧電力を見直すメリットは、現状の電気料金が適正な相場か確認できますし、何より電気料金を安くできる良い機会です。

電気料金などインフラ系の支出は、固定費として深く考えないケースが多い一方、他の支出についてはシビアに管理しやすいです。

仕入れや作業効率を突き詰めて考えることは非常に大切ですし、売り上げを向上させるために必要な行動です。

そこに電気料金の見直しも含めてはいかがでしょうか。

2000年代前半から高圧電力は自由化していまして、高圧電力の小売事業者も多数あります。ですから、各事業者の電気使用状況に合ったプランを見つけられる可能性もあるといえます。

複数の事業所や工場がある事業者は事務処理を1本化できる

法人向け高圧電力を見直すメリットは、電気料金だけではありません。事業者の中には、本社以外に複数の事業所や店舗、工場を所有しています。

そして、全国各地や遠方に支社や工場を置いている場合は、電気料金の請求書が各電力会社から届きます。

新電力の中には、電力会社の乗り換えを行うことで、請求書など支払先を1本化できるケースあります。ですから、事務処理負担を軽減できるメリットがあります。

全国展開している事業者や、これから他県に工場や事務所を置く予定の事業者は、法人向け高圧電力を見直してみてはいかがでしょうか。

生産活動及び売り上げの向上に間接的な効果が見込める

事業者によっては、電気料金をわざわざ見直すよりも生産活動に力を入れる方が大切と、考えるケースも多いです。

確かに売り上げを上げることが、企業の目的の1つですし固定費である電気料金を見直すことが、売り上げに直結する話ではありません。

しかし、現在契約している電気料金プランを安くできれば、その分支出を抑えられるだけでなく、生産活動で電気を更に使用しても負担軽減できます。

また、法事向け電気料金契約の中には、電気使用量のピーク時を基準に料金設定する方式がありますから、想定以上の支出に繋がっている可能性があります。ですから、この機会に法人向け高圧電力を見直してみましょう。

法人向け高圧電力を見直す方法


出力50kw未満の低圧電力とは、一般住宅向けの電力のことでして見直す方法は簡単です。

現在契約している電力会社が提供している、いくつかの電気料金プランの中から変更するか、新電力に契約切り替えを行うかの2つになります。

しかし、法人向けの高圧電力となりますと、一般向けではないため情報を得る機会が少なく見直す方法が分からない方もいます。

法人向け高圧電力を見直す方法については、近年サポートサービスも増えていますから利用しながら検討してみましょう。

新電力の中から比較検討する

法人向け高圧電力を見直す方法の1つは、いわゆる新電力の中から自社に合った電気料金プランやサービスを選びます。

最近では、高圧電力小売事業者を一括比較・見積もりできるサイトがあり、短時間で手軽に現在の契約プランと比較できます。ですから、忙しい事業者でも、効率よく電気料金プランの見直しが可能でしょう。

現在契約している電力会社で電気料金プランを変更する

法人向け高圧電力を見直す方法は、新電力など電力会社の乗り換えだけではありません。

その方法は、現在契約している電力会社の中で、電気料金プランやアンペア数を変更します。既存の電力会社も、複数の電気料金プランを提供していますし、アンペア数についても幅がありますから、これらを見直すだけでも効果が期待できます。

新電力への乗り換えを検討しつつ、現在の契約プランについても見直す同時進行もおすすめです。

法人向け高圧電力を乗り換える際の注意点


事業者の中で、法人向け高圧電力を見直すことを決めた場合は、いきなり契約を切り替えたりアンペア数を変更したりするのではなく、事前に注意点を押さえる必要があります。

メリットも多い見直しですが、高圧電力特有の注意点もあります。

乗り換えた後あとに後悔しないためにも、最低限ここで紹介するポイントを覚えておきましょう。

必ずしも電気料金が安くなる訳ではない

新電力へ乗り換えたからといって、必ず電気料金が安くなる訳ではありません。

見積もりサイトなどで、事前にシミュレーションを行えば、電気料金が安くならないといったケースを抑えやすいですが、あまり変わらない可能性もあります。

また、電気料金プランは複雑化している側面があり、見落としていたなどにより割高になるケースもありますから、事前の準備や計算は大切ということが分かります。

500kwを境目に基本料金の仕組みが変わる

法人向け高圧電力と低圧電力を、同じ電気料金設定として考えてはいけません。

高圧電力の電気料金設定は、以下のように定められています。
・500kw未満:実量制による電気料金設定。
・500kw以上:電力会社と交渉の上、電気料金を設定。

実量制とは、法人向け高圧電力の500kw未満で適用される制度で、過去1年間の電気使用量のうち、最も使用量が高いところを基準として料金を設定します。

ですから、法人の中で500kw未満の契約を行っている場合は、実量制の仕組みを知らずに乗り換えますと、予想外に割高な電気料金になる可能性があります。

事前のシミュレーションでピーク時の電気使用量を、多めに見積もるか実量制以外のプランを探して見直すなどの工夫が必要です。

主に3種類の契約方法から構成されている

高圧電力には、特別高圧電力と高圧大口、高圧小口の3種類に分かれています。

具体的には、以下の区分基準があります。

特別高圧契約電力が2000kW以上
高圧大口契約電力が500kw以上2000kW未満
高圧小口契約電力が50kw以上500kw未満

新電力への乗り換え前に、実量制が適用される高圧小口で契約しているかどうかを確認しましょう。

おすすめの新電力見直し比較サイトはタイナビスイッチビズ


法人向け高圧電力の見直しを行う場合は、電力会社の比較・見積もりサイトを利用するのがおすすめです。

そして見直し比較サイトの1つが、タイナビスイッチビズです。タイナビスイッチビズは、法人向け高圧電力専用の見積もり比較サイトですから、これから見直しを予定している方は利用してみてはいかがでしょうか。

まずはサービス概要や使い方について覚えておきましょう。

タイナビスイッチビズはタイナビスイッチ内のサービス

タイナビスイッチビズは、株式会社グッドフェローズが運営ししている法人向け高圧電力の、比較・見積もりサービスです。

タイナビスイッチビズのサービス内容
  • 電力会社の一括見積もり
  • 電気料金プランの切り替えに関する相談窓口の申し込み
  • 法人向けコンテンツ
高圧電力の見直しを初めて行う事業者にとって、電力会社を探すところから難しい作業です。一般向け電力会社は、宣伝も多く知る機会が多いですが、高圧分野は分からない点が多いでしょう。

タイナビスイッチビズは、ウェブや電話で申し込みしますと担当者が見積もりを取ってくれますから、スムーズに見直し作業ができます。

タイナビスイッチビズの担当者が新電力と交渉してくれる

タイナビスイッチビズの一括見積もりは、最大5社まで一括見積もりができますから相見積もりをしたい方にもおすすめです。

各電力会社との交渉や見積もり手続きは、タイナビスイッチビズの担当者が全て進めてくれるため、利用者が直接動く必要がありません。

また、実績もありますからトップページにて、高圧電力見直し事例を確認できます。

スピード診断できるため忙しい事業者も使いやすい

事業者の多くは忙しい方が多いです。そのような方でも今すぐ利用できるのが、タイナビスイッチビズの強みといえます。

電気料金プランの見直しを行うために、スピード診断というウェブ上で見積もり依頼できる機能がありますし、電話による相談が可能です。

法人向け高圧電力見直しは支出削減や売上にもメリットがある

法人向け高圧電力の見直しは、財務状況を更に良くするためにも大切な施策ですし、単純に支出削減に繋がります。

また、見直しを行う場合は、タイナビスイッチビズの利用がおすすめです。タイナビスイッチビズは、太陽光発電やガス会社の見積もりを行っている株式会社グッドフェローズが運営しているサービスです。

実績がありますし、相見積もりも可能ですから忙しい事業者でも、高圧電力の契約プラン切り替えがスピーディに行うことができます。

法人向け高圧電力の見直しや契約切り替えを検討している方は、タイナビスイッチビズのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。