新電力は停電の心配も不要?停電時の問い合わせ方法も合わせてご紹介

スポンサーリンク

2016年4月から電力自由化が行われ、これまで電気業を行なってこなかった多くの企業が電気の小売業に乗り出しました。それに伴い、電気料金の低下や料金プランの多様化などさまざなメリットがもたらされることになったのです。

しかしながら、この電力自由化はこれまで電気業に関わって来なかった多くの新電力と呼ばれる企業の参入を促しました。つまり、電気業に関しては初心者の企業が多く誕生したのです。
そのため、「電力自由化による停電は大丈夫…?」と不安な方も多いかと思います。

今回は、電力自由化による停電に関して不安を抱いている方必見!

「電力自由化によって本当に停電は起きやすくなるのか?」というみなさんの疑問を徹底的に解説していきます。

新電力に乗り換えても停電は増えない!

タイトル通り、新電力に乗り換えても停電が増えるということはありません!このことは経済産業省のホームページでも説明されています。

そのため、これまで停電や電力の供給が不安定になるのでは?と心配されていた方も安心して新電力への乗り換えを行ってください。

しかし、これだけでは納得できない方も多いはず。ここからはなぜ新電力に乗り換えても停電にならないのか、その秘密に迫ります。

新電力無料見積もり公式サイトはこちら
/いまなら30,000円キャッシュバック!\

そもそも電力自由化とは?

その秘密を紐解くために、まずは電力自由化についておさらいしましょう。

電力自由化が行われる前までは、電気の発電や売電は東京電力や関西電力といった大手電力会社が電気事業法という法律に基づき独占的に行っていました。しかし、このような独占的な体制はやめて、多くの企業の参入をうながそうと行われたのが電力自由化です。独占体制を払拭することで企業間での価格競争を促し、電力料金を低下させることが目的です

この電力自由化によって解禁されたことは以下の2点。

・電気をつくる発電

・電気を売る小売

この電気の発電と小売が解禁され、多くの企業がこの電気業へと参入することとなりました。多くの企業がこの電気業に参入することによって、価格競争が活性化されて電気料金の低下、様々な電気料金プランの誕生などが期待されています。

スポンサーリンク

停電しない理由は送配電事業にあった!

電力自由化によって、発電と小売が解禁され多くの企業が参入しました。

しかしながら、電気業とは発電と小売だけでは成り立っていません。発電と小売の間には、電気を発電所から各ご家庭に送る送配電事業というものが存在します。簡単に考えると、電気業とは発電・送電・小売という3つの柱から成り立っています。

しかし、この電力自由化で解禁されたのは発電と小売。送配電事業は自由化されていないので、これまで通りの送配電事業者が電気を送る体制に代わりは無いのです。

つまり、新電力に乗り換えたからといって電気が送られてくるルートが変わるというわけではないので、新電力だからといって停電が起きやすくなるという心配はありません。

新電力無料見積もり公式サイトはこちら
/いまなら30,000円キャッシュバック!\

新電力が倒産したら停電しないの?

「いくら停電が起きないと言っても、倒産してしまったら停電が起きるのでは…?」

このように不安に思う方も多くいます。実際、電力自由化によってこれまで10社だった電力会社は現在では500社を越えるまでに。しかし、これほどまでに増えてしまうと企業間の競争は激化し、すでに倒産へと追い込まれた新電力すら存在します。

ここで覚えておいてほしいことは、仮に新電力が倒産したとしても停電するというわけではないということです!

2020年の3月までは、仮に新電力が倒産して電力の供給ができなくなった場合、お住まいの地域の大手電力会社がその分を補って電気の供給を行います

また、2020年4月以降は先ほどお話した電気を送る送配電業者が変わりに電力を供給することになっています。

このように、新電力が倒産した場合でも停電が起きないように代わりの電気供給ルートが形成されています。そのため倒産後すぐに停電!ということはないので安心してください。

災害時の復旧が遅くなることはない?

新電力だからといって停電が起きやすくなるワケではないことはわかっていただけたと思いますが、停電が必ずしも起きないというわけではありません

「新電力だから」という理由ではなく、災害などで電力供給が滞ることも十分に考えられます

そのような時に、「新電力よりも大手電力会社の方が復旧が早いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、そのようなこともありません。

その理由としては、新電力から電気を買ってもこれまでと同じルートから電気が供給されるからです。つまり、どの電力会社から電気を買っても同じルートから電気が流れてくるということ。

災害によって停電が引き起こされる場合にはこの電気を送るルートである送配電網がトラブルを起こしています。そのためこのルートを修復すれば電気供給は普及することになるのですが、電気は電力会社に関係なくこの普及したルートを通って届けられます。

つまり、大手だから早い!ということではなく、送配電網が復旧すれば大手も新電力も関係なく電力供給が普及するのです。

新電力無料見積もり公式サイトはこちら
/いまなら30,000円キャッシュバック!\

新電力が停電した際の問い合わせは?

最後に新電力が停電した際の問い合わせについてご紹介します。

基本的に、停電が起きた場合はご契約している新電力に問い合わせるようにしてください。特に、周りのご家庭では停電が起きていないで、ご自分の家でだけ停電が起きている場合は家の電気設備に不具合が生じている可能性があります。ご契約している新電力に電話で確認をしましょう。

一方で、周りのご家庭も停電している場合は、ご自宅の電気設備の不具合ではなく、送配電網の不具合の可能性が高いです。このような場合は送配電事業者に電話で問い合わせるようにしてください。この送配電事業者とは、お住まいの地域の大手電力会社が担っています。そのため、大手電力会社に電話しましょう。

まとめ

新電力に乗り換えることで停電が起きるのかどうなのか、みなさんが不安に感じている内容に関して解説していきました。

結論を言うと、新電力だからといって停電が起きやすいということはありません!新電力も大手電力会社も電気は同じルートを通ってくきます。そのため仮に災害などで停電した際も復旧が遅れるということもないので安心してください。

新電力と大手電力会社に大きな差はありません。停電のリスクを考慮して新電力の契約に踏み切れなかった方はこの機会に新電力の検討をしてみるのもおすすめですよ。

新電力無料見積もり公式サイトはこちら
/いまなら30,000円キャッシュバック!\

【2020年2月】新電力おすすめランキングTOP8!冬の電気代を節約しよう新電力に乗り換えるメリット新電力のメリット・デメリットとは?新電力から新電力への乗り換え方法もご紹介電力会社を新電力に乗り換えるだけで電気料金はいくらやすくなる?新電力が安いカラクリも紹介新電力会社の切り替え手順と手続きに必要な書類!乗り換えにかかる費用も紹介
スポンサーリンク