不動産投資とは?ローンを借りられる人・借りられない人の特徴ともっと稼げる投資方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産投資は、安定して長期収入を見込むことができるため、多くの投資家が注目しています。

しかし、安定しているとはいえ、投資の1種なのでメリットだけではなく当然リスクやデメリットがあります。

この記事では、不動産投資のリスクや、初期費用をローンで賄うことができる人・できない人の特徴、不動産投資よりもおすすめな投資方法について解説していきます。

不動産投資とは?

スポンサーリンク

不動産投資とは、マンションやアパート、オフィスビルを投資家が購入し、所有している不動産を借り手に貸すことで家賃収入を得るという投資方法です。

不動産投資は初期費用がなくてもローンで賄える

不動産投資にかかる初期費用が準備できない場合、住宅ローンを利用することができます

初期費用は購入する物件次第なので、『具体的にいくら』と決めるのは難しいですが、

ローンを借りる際の頭金は物件価格の10%程度です。

つまり、500万円の物件を購入するには50万円の頭金が必要となります。

基本的に頭金がなかったり、年収が低い、自営業の場合は、ローンを借りるのが難しいケースが多いので、まずは初期費用を貯めて格安のアパートやマンションを購入し、ある程度の信頼を築いた上で、2部屋目からローンを組むことをおすすめします。

年収が1,000万円以上ある場合は、頭金がなくてもローンを組むことができます

つまり、不動産投資は収入が低い人にとっては、最初の難関をクリアするにはハードルが高いです。

年収が低い方で、「資金を増やしたい」「老後の年金の代わりになるお金を作りたい」という方にとっては不動産投資は壁が高く、あまりおすすめできません

このような方は、不動産投資とよく比較される太陽光発電投資をおすすめします

太陽光発電投資なら、年収400万円以上あれば頭金0円で年収の約4〜5倍の融資を受けることができる上に、不動産投資と比較してリスクが少なく、安定した投資が可能です。

太陽光発電について詳しく知りたい方はこちらの関連記事をチェックしてみてください。
太陽光発電を2019年から始めるのは得なのか?非公開: 太陽光発電メリットとデメリット!2020年以降の設置は“得”になる?太陽光発電投資は失敗するリスクが低い!安定して稼げる仕組みとより利益を増やす裏技太陽光発電投資は失敗するリスクが低い!安定して稼げる仕組みとより利益を増やす裏技

投資費用をローンで工面する場合の金利は?

不動産投資用の費用をローンで用意する場合、金利は金融機関や申し込み経路によって異なります。

■メガバンク(みずほ銀行、三井住友銀行など)の場合

店頭申し込み:年率2.4%程度

Web申し込み:年率0.5%程度

■地方銀行

店頭申し込み:年率2.4%程度

Web申し込み:年率0.5%程度

■信用金庫・信用組合

店頭申し込み:年率2.0〜3.0%程度

基本的には、メガバンクや地方銀行のWeb申し込みをすると、より低金利でローンを組むことができます

審査基準や申し込み条件などは金融機関によって異なるため、事前問い合わせまたは公式サイトから確認するようにしましょう。

低い金利でお金を借りるために、不動産会社が提携している金融機関でローンを組むのもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不動産投資にまつわるリスク

不動産投資は、安定して長期収入が見込める投資だと言われています。

とはいっても投資なので、リスクがまったくないわけではありません

不動産投資の主なリスクは、空室と滞納、メンテナンス費用がかかることが挙げられます

不動産投資の収入源は家賃なので、住んでくれる人がいなければ一切お金は入ってきません。

そのため、空室リスクを防ぐために住みたくなるような部屋を用意する必要があるので、ある程度のリフォームやメンテナンス費用がかかります。

住んでもらうためにお金を使って、住んでもらって収入を得る、というバランスを上手く保たなければなりません

また、家賃を滞納されても収入がゼロになる可能性があります。

不動産投資にまつわるリスクと回避方法に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。
不動産投資に潜むリスク不動産投資に潜む恐くて高いリスク…本当に他の投資と比べるとおすすめできるの?

実際、不動産投資の利回りは高い?低い?本当に儲かる?

一般的に不動産投資の利回りは、都心部で4〜5%、地方都市で10%程度です。

株式投資の利回りの相場も4〜5%程度、太陽光発電の利回りは6〜10%程度なので、不動産投資の利回りがずば抜けて良いというわけではありませんね。

不動産投資の4つのメリット

メリット①節税効果が見込めるケースもある

■所得税・住民税が減るケース

仮に、サラリーマンが不動産投資をして赤字になった場合、確定申告をすることで赤字になった金額を、サラリーマンとしての給与から納税した所得税を還付してもらえる「損益通算」ができるケースがあります

また、この場合所得が減るので住民税も軽減されます

■法人化して税率を下げるケース

一般的に、所得が多い場合、個人事業主よりも法人化した方が税率が下がります。

マンションやアパートを一棟所有している場合や、複数の部屋を所有し、不動産投資による収益が多ければ法人化して税率を下げるのもおすすめです。

■相続税が安くなるケース

現金での相続よりも不動産物件を相続した方が相続税を抑えることができます

当然、相続する金額が多ければ多いほど相続税かかるので、生前に相続を決めている場合はどちらが良いか税理士に相談してみることをおすすめします。

メリット②安定・長期収入が見込める

不動産投資には空室リスクがありますが、空室にならないようにメンテナンスやリフォームをしたり、そもそも人気の地域の物件を購入することで空室リスクを避けて、長期間に渡り安定した収入を見込むことができます。

メリット③年金の代わりになる

「老後に2,000万円必要」「年金がもらえるかわからない」

近年、このような話題が度々あがっていますよね。

これにより、老後の生活を心配した多くの人が老後のための資金運用を始めています。

不動産投資の場合、ローンさえ返済してしまえば、全額利益となるので、生活費にまわすことができます。

仮に、一部屋10万円で貸し出ししていれば、年金にプラスして月に10万円の収入が見込めます。

老後2,000万円問題は、夫婦2人が定年退職後に30年間暮らすと、生活費用が毎月約5万円足りなくなるという話からきていますが、不動産投資で毎月の収入見込みが5万円を上回っていれば2,000万円問題は解決できます

メリット④生命保険として利用できる

不動産投資をはじめる際には、団体信用生命保険への加入が必須となります。

団体信用生命保険に加入すると、ローンを返済中に所有者が死亡・高度障害になった場合にローンの残債が免除されます。不動産はそのまま所有しておくことができるので、売却して生命保険の代わりにしたり、これまで通りに貸し出せば家賃収入を得ることも可能です。

まとめ:不動産投資はおすすめできる?

不動産投資は、長期運用ができる投資として不動の人気を誇っています。

初期費用やリスクの部分さえ払拭できれば、資金を増やす方法として有効活用することができます。

しかし、初期費用の高さやローンの組みづらさを考慮すると、年収が少ないサラリーマンや自営業の方にとってはハードルが高いかもしれません。

だからといって、このような方は投資ができないとうわけではありません。他の投資方法を検討した方が、かえって資金を増やせる可能性が高くなります。

例えば、年収が少なくても、会社員でなくても頭金0円のフルローンで融資を受けることができて、安定した収入を得ることができる太陽光発電投資や、ソーシャルレンディングもおすすめです。

実際に、不動産投資をしている方でも、太陽光発電投資のリスクなさやメンテナンスの楽さに魅了され、乗り換える方が増えています。

とはいえ、不動産投資は生命保険代わりに使えたり、年金と資金運用することもできたりといった太陽光発電投資にはないメリットがあります。

投資を始める際は、何を目的にするのか、自分にとっての一番影響のあるメリットが何かをよく考えるようにしてくださいね。

参加しても無駄じゃない太陽光発電投資セミナーの見極め方【オンラインセミナーも!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク