太陽光発電設備が設置・売電されている中古物件は得?損?

会社員として働いている方の中には、太陽光発電で収入を増やしたいと考えることがあるでしょう。太陽光発電システムの魅力は、売電収入が得られる点でしょう。また、野立て太陽光発電の場合は、住宅向けよりも設備規模だけでなく売電収入額も大きいです。

このような魅力から検討しているケースもありますが、導入をためらう部分があります。それは費用です。小規模施設といえる住宅用太陽光発電でも、100万円単位で費用捻出しなければいけません。

そこで最近では、太陽光発電設備の中古物件に注目が集まっています。文字通り1度使用された設備のことです。新設よりもリーズナブルな側面もあり、検討しやすいですが、一方で購入しても得するのか疑問点も多いでしょう。

今回は、太陽光発電設備が設置・売電されている中古物件は、購入・稼働しても得するのか、損する要素は何か解説していきます。

中古物件と聞くと、あまり良いイメージを抱かない方もいますが、客観的な視点で得するか損するか判断することが大切ですよ。

中古の太陽光発電設備の導入が得といえる点とは

太陽光発電設備の中古物件は、得する点もあれば損する場合もあります。ですから、両方の特徴を知った上で、購入を検討するのがおすすめです。

また、太陽光発電設備は、どれも同じと考えていると損する可能性が高まりますから、状況によって売電収入や費用が異なることを前提に考えましょう。

そこでまずは、太陽光発電設備の中古物件を購入・稼働させることで、どのような特に繋がるかご紹介していきます。

新たに建設して新品の設備を稼働させるケースとは、設備状況や太陽光発電に関係する制度が違いますから、別物と認識しながら参考にしてください。

購入価格を抑えやすいため融資や事業計画を立てやすい

太陽光発電設備の中古物件は、新規の設備よりも安い費用で済ませられるケースもありますから、資金面で悩んでいる方は注目です。

中古物件の状況を簡単に説明しますと、太陽光パネルやパワコン、配線から周辺機器、柵や防犯設備などあらゆる設備が設置されています。中古なので当たり前ですが、前オーナーが購入・稼働させたものですから、土地と設備を同時に購入できます。

そして中古物件の場合は、以下のような購入価格になるケースもあります。(複数の太陽光発電投資物件サイトを参考)

中古物件の物件価格の参考例

例(実際に存在している商品・価格ではありません)
・出力80kw
・年間発電量10万kwh
・年間売電収入約300万円
・売電単価32円
・故障無し
物件価格3000万円~3500万円台で、販売されているケースが見受けられます。初めて太陽光発電を購入する方にとっては、非常に高額だと感じる所です。しかし、出力80kwとなりますと、年間の売電収入が住宅用とは1桁違います。

その分融資の返済額も大きくなりますから、必ずしもお得な価格とはいえません。しかし、新規設置の場合は、施工費用などが上乗せされますから総合的に見てお得といえるのではないでしょうか。

新規設置に掛かる費用例

ちなみに、新規で土地を購入し、太陽光発電設備の施工・設置を発注しますと、以下のような費用が掛かります。

例(実際に存在している商品・価格ではありません)
・出力80kw
・設備と土地の費用
・施工費用(既に設置されていることが多く、設備費用に含まれやすい)
・諸経費
購入費用:3000万円台

中古物件と極端に価格差が生じるケースは少ないです。しかし、2019年に新規設備を購入しますと、売電単価が18円となりますから、相対的に費用負担が大きくなりやすいともいえます。

新規設備に魅力を感じるか、費用負担を最優先するかはオーナー次第です。

売電単価が高い時期の太陽光発電設備を購入できる

太陽光発電の中古物件で得する点といえば、売電単価が高い状態で稼働できることです。固定買取価格は、出力10kw以上・10kw未満どちらも下落傾向で決められています。

従って、近年では売電収入よりも自家消費型にシフトしつつあり、売電収入目的の方にとっては魅力を感じにくい状況です。

そこで中古物件に注目してみましょう。

太陽光発電の中古物件は、半月前や数年前など様々な時期に、新規設置・稼働された設備が販売されています。仮に3年前に新規設置・稼働されていて、2019年に中古物件として購入したとします。

その場合は、中古物件を購入した年ではなく、新規設置した3年前の売電単価で引き続き売電できるルールとなっています。従って、現状では中古物件の方が、高く売電できるということです。

例えば2013年に新規設置された太陽光発電設備の売電単価は、36円で定められています。2019年と比較して、2倍の単価ですからお得といえるのではないでしょうか。

実際は、購入・点検費用などを考慮しますが、それでも売電単価メリットは魅力的です。

売電実績があるため事業計画の見通しを立てやすい

太陽光発電の中古物件と新規設備の違いは、売電実績を確認できるかどうかです。

今回紹介しているタイプは、出力10kw以上の太陽光発電設備です。安くても1000万円台ですから、住宅用太陽光発電とは購入リスクが大きく異なります。また、多くの方は、1000万円や3000万円の費用を、自己資金で捻出することは難しいでしょう。

そうなりますと融資を受けますが、売電収入が予定通り上手くいくか分からない状態で、契約するのは不安になりますよね。

中古物件でしたら、前オーナーが残した売電実績に関する書類を引き継いで、あらかじめ年間の売電収入やランニングコストを把握できます。

また、人気のある物件でも利回りが低い場合や、買い手が見つからなかった物件の売電収入が高いなど、基本情報だけでは分からない部分が見つかります。

反対に売電実績のない中古物件は、購入を一旦控えた方がいいです。過去の管理方法に問題がある可能性が考えられますし、実績を確認できないからです。また、

施工時の想定外な追加費用や施工リスクを負わずに済む

中古物件の太陽光発電設備は、当たり前ですが既に設備が設置されていますし、稼働可能な状態で販売されています。

当たり前の仕様ですが、これも得するポイントです。

なぜなら、新規設置・施工の場合は、思わぬ追加費用を負担するリスクがあるからです。よくあるケースではありませんが、太陽光発電施工業者側が、追加で配線や機器の設置が必要と後から気付くこともあり、その場合は費用が上乗せされます。

また、野立て太陽光発電は、一定規模以上の土地が必要でして坪単価の安い山間部に、設置することもあります。その場合、山を一部整地しますから、地盤の関係などからトラブルが発生する可能性も考慮しなくてはいけません。

一方、太陽光発電の中古物件は、土地の整地も完了していますし設備も稼働可能な状態で、販売されています。また、稼働実績もありますから、施工に関するリスクを除いて購入できる大きなメリットを得られます。

施工リスクを優先的に抑えたい方は、中古物件を選ぶといいでしょう。

施工期間がないため契約から設備の稼働まで早い

中古物件の場合は、土地付きで尚且つ設備も稼働可能な状態です。従って、施工に関する契約手続きや、施工期間を必要としません。

そのため、新規設置よりも早く稼働を始められます。この点も中古物件ならではの、得するポイントでしょう。

整地など基礎から施工する場合は、早くて3ヶ月掛かりますし一般的に半年は必要とします。従って、購入契約からしばらく待機しなくてはいけません。

中古物件の場合は、施工期間を省くことができますから、名義変更手続きなどでトラブルがなければ比較的早い段階で稼働を始められます。

中古の太陽光発電設備の導入が損といえる点とは

中古の太陽光発電設備を購入する際に、損する可能性のあるポイントをご紹介していきます。中古物件は、施工期間を待たずスピーディに始められますし、売電実績を確認できます。

しかし、一方で中古の太陽光発電設備ならではの、デメリットやリスクもあります。損する可能性のあるポイントも把握したうえで、購入するか検討してみましょう。

設備の劣化や故障状態で購入してしまう可能性

太陽光発電設備の中古物件を購入して、損する可能性のあるポイントとは設備の経年劣化や思わぬ故障リスクです。

新規に太陽光発電設備を設置する場合は、全て新品の部品や機器・太陽光パネルを使用しますから、経年劣化はありませんし故障リスクは不良品のみでしょう。

対して中古物件の場合は、数ヶ月や数年など稼働年数にばらつきはあるものの、少なくとも経年劣化による各機器や部品の故障リスクは新設よりもあります。

また、前のオーナーが稼働している際に、何らかの故障が発生して不具合が生じやすい状態になっている可能性もあります。

それだけでなく、前オーナーが点検を怠っている場合は、配線の傷や太陽光パネルの汚れなど放置状態となり、購入者が再度総点検の発注を行う必要が出てきます。

単純な経年劣化だけでなく、上記のような状態で引き継いでしまうリスクもあり、収支バランスが難しいといえます。

見積もり段階で、設備状況について担当者に問い合わせてみたり、現地調査の際に担当者と調べてみたりするなど対策が必要です。

固定買取期間が短い状況で稼働しなくてはならない

数年前に稼働していた設備ですから、売電単価が高い状態で稼働できるメリットの反面、固定買取期間の短さが損になります。

例えば、5年前に新規設置及び稼働が始まり、5年間発電していた太陽光発電を購入したとします。その場合は、稼働期間の5年間を省いた15年間が、これから固定買取できる期間になります。

従って、投資費用回収期間や収支計画について、厳しい状況になる可能性がありリスクといえるでしょう。

太陽光発電ごとに設備状況のばらつきがある

太陽光発電設備ごとに、稼働年数や設備状況は異なります。従って、表面利回りの良い中古物件でも、購入後にトラブルが発覚して太陽光パネルの交換や修理、周辺機器の交換などのリスクを考えなくてはいけません。

また、稼働頻度が高く、太陽電池が劣化しているケースですと、発電効率が悪い状態で稼働開始することとなります。

これらの状態を判断するには、物件情報のサイト内だけでは確認できませんから、見積もりを取った段階や現地で下見した際に、担当者と共に確認しましょう。

初めての場合は名義変更で手間取る可能性

中古の太陽光発電設備を購入する時は、契約手続きだけでなく名義変更手続きが必要となります。直接損する内容ではありませんし、必要な手続きです。

しかし、名義変更手続きには、必要書類が比較的多いだけでなく、売買契約やメーカー保証手続き・パワコンの保証など様々な手続きが必要となります。

従って、初めて中古物件を購入する方にとっては、手間が掛かる作業となりますから、簡単に稼働開始できない点を意識しましょう。

中古の太陽光発電設備で得するために覚えておくべきポイント

中古の太陽光発電設備には、得する点と損する点それぞれ存在します。それらを理解した上で、購入を検討している方は、メリットを伸ばす方法も覚えておきましょう。

減価償却は通常の方法であれば可能となっている

中古の太陽光発電設備について、よくデメリットといわれるのが税制面で優遇されない点です。確かに新規購入した場合にのみ、税制面で優遇される制度はあります。しかし、通常の減価償却については、中古物件でも可能ですから一概にデメリットとはいえません。

減価償却とは、設備の耐用年数に応じて少しずつ計上できるもので、節税対策に繋がりますから、覚えておきましょう。

中古の太陽光発電を購入した場合は、あらかじめ定められている17年の法定耐用年数から、以前の稼働年数を差し引いた年数で計算・償却していきます。

減価償却は、太陽光発電の確定申告時に、負担を少しでも軽減できる重要な節税方法です。

売電収入だけでなく設備状況を下見すること

中古の太陽光発電設備を購入する前は、売電収入や利回りが気になるかと思いますが、現地視察を忘れてはいけません。

下見を行うことで、設備がどのような管理をされていたか、傷や汚れなどから判断出来ます。また、思わぬ破損などを発見しても、購入前に修理などの予定を立てられますから、メリットが多いです。

面倒だと感じる方もいますが、これからあなたが管理・運営していく設備になりうるものですから、下見の段階で責任を持った行動を心がけることが大切です。

太陽光発電設備の中古物件購入は得な場合もあるが事前の対策が必要

太陽光発電設備の中古物件を購入することは、得することも多いです。しかし、一方でリスクも受け入れなければいけません。

得する点は、売電単価の高さや売電実績の確認ができることです。特に売電実績の確認は、初めて太陽光発電投資を行う方にとって、不安を取り除く意味でもメリットといえます。

また、税制面については、通常の減価償却で対応できますから節税対策は可能です。

リスクは主に設備の経年劣化などですが、点検費用を含めた予算計画を立てたり点検実績から確認したりと対処できます。

損する点もありますが、カバー可能な内容もあるため、総合的に考えますと得するといえるのではないでしょうか。