ZEHのメリットとデメリット!ZEH住宅は費用対効果も含めて損か?得か?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

住宅を建てようと考えている方の中には、近年注目されているZEH住宅の導入を検討している方もいるのではないでしょうか。最新の設備が搭載されているZEH住宅ですが、省エネのイメージは湧いても、費用対効果で得するのか損するのかが分かりづらい側面もあります。

そもそもZEH住宅とは何なのかを知らない方も珍しくありません。なぜなら、最近実用化された住宅システムなので、まだまだ普及していないからです。ですから、ZEH住宅について知らないのも仕方がありません。

そこで今回は、ZEH住宅を建てるのは得なのか損なのかをメリットやデメリットを踏まえて説明します。

ZEH化住宅の費用対効果も含めるとお得になる?

スポンサーリンク

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスのことで、本来の住宅よりも省エネ基準を20%アップさせ、さらに太陽光発電やエコキュートや太陽光発電を利用してエネルギーを生み出す創エネを重視した住宅です。

HEMS(ヘムス)システム

HEMSシステムとは、Home Energy Management Systemの略称で日本語読みではホームエネルギーマネジメントシステムと読みます。略称の読み方はヘムスです。

ZEH住宅がオール電化住宅よりも費用対効果で得といえる理由の1つが、HEMSシステムが搭載されているからです。

HEMSは住宅のエネルギーを消費者が把握し管理するシステムで、いままで消費者があまり着目していなかった消費エネルギーのことに触れることができるのでとても画期的だと言われています。

HEMSを利用すれば、消費エネルギーを『見える化』できるので、省エネ意識やエネルギー管理をすることができます

さらに、HEMSの特徴として自動制御によるエネルギー管理ができる点が挙げられます。例えば、エアコンの温度設定は室内の気温に合わせて自動で変更したり、照明を最適な明るさに設定したりできるので、全てにおいて無駄なく電気が使えるようになるのです。

ZEH住宅の費用対効果は断熱と省エネ・創エネがポイント!

ZEH住宅が費用対効果で得する理由は、ZEHの考え方にあります。

ZEH住宅の基本は、省エネと創エネ、断熱の3要素を実現することです。

ZEH住宅では、最新の省エネ設備を導入することで光熱費を抑え、HEMSで効率よくエネルギーを使用します。

さらに、高機能な断熱材を組み込み暖房や冷房などの一次エネルギーを消費する機器の使用頻度を下げつつ、創エネでエネルギーの生産と自家消費を行うので、消費エネルギー0を目指すことが可能なのです。

ZEHとは複合的な考え方で、費用対効果も含めたメリットが実現できます。

ZEH化住宅にするメリット

①停電時でも電気やお湯が使える

ZEH住宅は省エネだけではなく、太陽光発電やエコファームを使用してエネルギーを作り出すことができます

そのため、災害による停電時でも普段の生活と同じように電気やお湯を使うことができます

2019年の台風15号では、千葉県を中心に大規模停電が起こり、復旧までかなりを時間を要しました。

多くの人たちが、電気のない生活で不安や不自由を感じていたはずです。

ZEH住宅は、電力会社から電気を供給してもらうこともありますが、自家発電した電気はそのまま自宅で使用することができるので、ご自宅の周りの地域が停電したとしても問題なく電気を使うことができます

②補助金制度を使用すれば初期費用が抑えられる

ZEH住宅とは、政府が推奨している政策のため、補助金制度を設けて積極的な普及促進に繋げようとしています

2019年の補助金制度はいくつかの条件を満たす必要がありますが、申請が通れば約70〜250万円の補助金をもらえましたが、補助金制度は抽選制だったため、申請した人すべてがもらえるわけではないというのがネックでした。

2020年の補助金制度については、まだ発表されていませんが、よりZEH住宅を推奨するために多くの人が補助を利用することができるようになるのではないかと考えています

詳しくは、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)の公式ホームページでご確認ください。

ZEH住宅は、最新の機器を導入しているため初期費用が高くなってしまうというデメリットがありますが、補助金をもらうことで少しでも負担を減らすことができます。

③HEMSシステムでエネルギーの使用が確認できる

ZEH住宅には、従来の住宅システムにはなかったエネルギーの一括管理と自動制御システムがあります。

HEMSシステムは住宅のあらゆる電気機器と接続すれば、システムによる一括自動制御を実現します。

「電気の無駄遣いをやめよう!」と意識しても、人の手だと電気機器の消費に無駄が生じてしまいますが、HEMSは瞬時に効率が良くなる使用方法へ設定を自動変更してくれます

そのため、確実に電気代を節約することができるので、経済的メリットがとても大きいです。

④無理せず省エネできる

「節約しないと…!」と意識しすぎると、

暑い日でもエアコンをつけなかったり、寒くても暖房器具をつけるのを我慢したりと無理をしすぎてストレスがたまってしまいます。

こうなってしまうと、「節約=辛い=やりたくない」という気持ちになってしまい、うまくいきません。

とはいえ、家計のために少しでも電気代を抑えたいですよね。

ZEH住宅は断熱性能が従来の住宅よりも非常に高いので、外気を部屋の中に取り込みづらく、部屋の空気を外に逃しづらいです。

その断熱効果は、「今までは24度のエアコンでないと部屋が涼しくならなかったのに、26度でも十分涼しく快適になった!」という声も多く聞かれているほど!

無理なく節約できるのにより快適に過ごせるのがZEH住宅の特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ZEH化住宅のデメリット

ZEH住宅にする場合、通常の住宅よりも250〜300万円ほど費用を上乗せしなければなりません。

初期費用が高くなるので負担は大きくなりますが、長い目で見れば毎月の光熱費が安くなることに加え、余った電気を売電することで利益を得られるので、総利益は黒字になる可能性も十分です!

メリットの章でも触れましたが、ZEH住宅を導入する場合、補助金の申請をすることができます。

コストが高いとは言え、補助金を利用できたり、光熱費の節約や売電収入を得られることを考えると、あまり負担に感じすぎる必要はないのかもしれませんね

まとめ

ZEH住宅を導入することが、得か損かを考えるポイントは長期的な運用によって得られるメリットがあなたにとって適しているかどうかだと思います。

太陽光発電やエコファームによる創エネで電力会社からの買電を減らせたり、蓄電池も合わせて設置すれば夜間や悪天候時でも発電した電気が使えます。

消費電力という点では、高機能の断熱材やHEMSシステム、最新の省エネ設備などを導入することで、快適で住みやすい環境を作り上げることができます。

設置することで、家計が助かったり、快適な生活が送れたりすることが「嬉しい」「とてもいい!」と思えるのであれば、ZEH住宅を導入するのはお得だと言えます。

ZEH住宅は、住宅メーカーによってZEH住宅に搭載する機器の種類や特徴、コンセプトが違います。

希望に沿ったZEH住宅を設計・建築・購入するためには、見積もり会社などを利用し、家族や自分に合ったメーカーを選ぶことが費用対効果を最大限引き伸ばすポイントです。

ZEH対応のおすすめハウスメーカーの詳細はこちら
ZEH(ゼッチ)対応のハウスメーカーZEH(ゼッチ)対応のおすすめハウスメーカー10社を徹底比較!
スポンサーリンク
スポンサーリンク