ZEHのメリットとデメリット!ZEH住宅は費用対効果も含めて損か?得か?

住宅を建てようと考えている方の中には、近年注目されているZEH住宅についても検討しているのではないでしょうか。最新の設備が搭載されているZEH住宅ですが、省エネのイメージは湧いても、費用対効果で得するか損するか分かりにくい側面もあります。

また、そもそもZEH住宅とは何か定義についても、知らない状態であることも珍しくありません。なぜなら、最近実用化された住宅システムで、一般に普及しきっていないからです。ですから、ZEH住宅について知らないのも、仕方がないといえます。

そこで今回はZEH住宅を建てることによって、従来の一般的なガス+電気や太陽光発電搭載のオール電化住宅との違いや費用対効果について、得か損か紹介していきます。また、ZEH住宅について知らない方へ向けて、意味についても簡単に説明します。

ZEH住宅は費用対効果を含めて得することが多い

ZEH住宅の費用対効果についてですが、結論から説明しますと得することが多いです。一見すると、オール電化住宅や太陽光発電システムを搭載した住宅と同じように感じるでしょう。

しかし、ZEH住宅とは、従来のエネルギーと根本的な考え方が違うため、経済的な側面と生活の側面、両方において得することがあります。それでは、何が得するか説明していきます。

ZEH住宅とは消費エネルギー0を目指した新しい住宅のこと

ZEH住宅とは、消費エネルギーを創るエネルギーや無駄を排除した、住宅システムで0を目指しています。

そして、ZEH住宅の費用対効果を含めて得する理由は、ここにあります。

オール電化住宅は、ガスをなくして太陽光発電を搭載することで、売電や自家消費によるエネルギーの効率化を目指しています。しかし、それでも消費エネルギー0を実現することは非常に難しいでしょう。

生活する上で、太陽光発電の発電を上回る消費エネルギーは発生しますし、各電気機器を100%効率良く動かすことはできないからです。

その点ZEHとは、エネルギーの自動制御や断熱材の効率的な組み込みなど、エネルギーの効率的な運用に重きをおいているため、従来の住宅システムよりも費用対効果で得しやすいです。

ZEH住宅とはHEMSシステムを搭載しているため自動制御してくれる

ZEH住宅がオール電化住宅よりも費用対効果で得といえる理由の1つが、HEMSシステムが搭載されているからです。

HEMSシステムとは
Home Energy Management Systemの略称で日本語読みではホームエネルギーマネジメントシステムと読みます。略称の読み方はヘムスです。

HEMSの役割は、家庭で使用する電気機器全てを一括管理するシステムで、自動制御によるエネルギー管理が大きな特徴です。住宅内にモニタが設置されており、現在の消費電力などを確認することができます。

また、エアコンの温度設定は室内の気温に合わせて自動で変更しますし、照明の明るさについても自動設定ですから全てにおいて無駄なく電気を使用可能になります。

ZEH住宅の費用対効果は断熱と省エネや創エネがポイント

ZEH住宅が費用対効果で得するといえる理由は、ZEHの考え方にあります。ZEH住宅の基本は、省エネと創エネ、断熱の3要素を実現することです。

最新の省エネ設備を導入することで光熱費を抑え、HEMSで効率よくエネルギーを使用します。

更に高機能な断熱材を組み込み暖房や冷房といった機器の使用頻度を下げ、創エネでエネルギーの生産と自家消費を行い、消費エネルギー0を目指します。

ZEHとは複合的な考え方で、費用対効果も含めたメリットを実現させます。

ZEH(ゼッチ)とは何かを簡単にわかりやすく解説

ZEH住宅を導入するメリット

ZEH住宅とは、消費エネルギー0を目指すということで、費用対効果を含め得する点が多いシステムです。

しかし、これだけでは具体的に何で得するのか分かりにくいため、メリットから改めて費用対効果について解説します。

災害時でも家電製品等を動かす電気を蓄電装置と太陽光発電装置で代替可能

ZEHを経済的メリットから生活におけるメリットで考えた場合、従来の住宅よりも得する点が多いことが分かります。

ZEH住宅とは、高機能な断熱を組み込んでいることや、気密性を高めるだけでなく風通しも良い設計を前提としています。従って、夏場は涼しく冬は熱を逃がさない、暖房や冷房をなるべく使用せずとも快適に過ごせる仕様になっています。

更に、太陽光発電と蓄電装置も搭載しているので、災害時に電気を使えますし、前述の仕様からエネルギーを節約しながら快適に過ごすことができます。

長期的に見ると災害リスクは常にありますから、ZEHとは経済的メリットだけでなく、住んでいる人の生活におけるメリットも確保しています。

補助金制度があるため補助金を受取ることができる

ZEH住宅とは、政府が推し進めている政策のため、補助金制度を設けて積極的な普及促進に繋げようとしています。

ZEHの補助金制度には条件がありますが、満たすことができれば70万円をもらうことができますし、蓄電装置も新たに導入すると更に30万円の補助金が下ります。

ZEH住宅は、最新の機器を導入しているためコストが高い側面があり、補助金で少しでも負担軽減に繋げられるのも得する点の1つといえるでしょう。

補助金についての詳しい記事はこちら
ZEH(ゼッチ)の補助金申請ができる条件と金額や流れのまとめ2019

HEMSシステムのおかげでエネルギーバランスを自動で調整してくれる

ZEH住宅のメリットは、従来の住宅システムにはなかった、エネルギーの一括管理と自動制御システムの存在があります。

HEMSシステムは、住宅のあらゆる電気機器と接続して、システムによる一括自動制御を実現します。人の手では気を付けていても、電気機器の消費に無駄が生じますが、HEMSは瞬時に効率が良くなる使用方法へ設定を自動変更してくれます。

経済的メリットの大きなポイントといえるでしょう。

ムリせず省エネな生活ができる

ZEH住宅とは、システムによるエネルギーの管理だけでなく、住宅自体を快適に過ごせるよう設計しているため、ムリなく省エネ生活ができます。

暖房機器は消費電力が大きいため、我慢しているケースもありますが体調面を考えると良くありません。また、お風呂上がりの温度差から、ヒートショックによる重大事故も近年注意喚起されていますが、ZEH住宅の場合はヒートショックのリスクを抑えています。

なぜなら、ZEH住宅は常に温度変化を減らし、快適な住宅環境をHEMSと断熱材や気密性等によって実現しているからです。

ただ節約するのではなく、快適でストレスの少ない生活環境で行う省エネは、生活する方にとって特に重要なポイントではないでしょうか。

ZEH住宅を導入することによるデメリット

ここからは、ZEH住宅を導入することによる、費用対効果に関するデメリットを紹介します。メリットだけでなくデメリットも把握することで、今導入しても収支バランスを維持できるか見極めができるようになります。

ZEH型の住宅を建てるためのコストが高い

ZEH住宅の場合、近年生まれた新しい住宅システムです。最新の省エネ機器や太陽光発電装置など、建築費用が高くなってしまいます。

坪単価35万円を想定した場合、ZEH住宅の建築費用は2000万円から2500万円と、一般的な住宅と比較すると約500万円は高くなる計算です。勿論、地域ごとの土地価格やどのメーカーへ頼むかによって、費用は変わります。

しかし、建築後の生活を長期的に考えてみると、光熱費を抑えられますし快適な住環境を確保できます。また、太陽光発電による余剰電力の売電収入にも期待できるため、高コストにデメリットを感じ過ぎない方がいいでしょう。

ZEHおすすめのメーカーについて詳しくはこちら
ZEH(ゼッチ)対応の大手住宅メーカーリストとおすすめハウスメーカー

ZEH住宅とは経済と生活面で得することが多くHEMSによる自動制御も魅力

ZEH住宅を導入することが、得か損かを考えるポイントは長期的な運用によって、得られるメリットではないでしょうか。

太陽光発電による創エネによって、買電量を減らすことができますし蓄電装置も活用すれば夜や発電しにくい曇りの日などに回すことも可能です。

また、消費電力という観点では、住宅に高機能の断熱材やHEMSシステム、最新の省エネ設備など、いたれりつくせりの環境を確保できるため、得することが多いといえるでしょう。

最後に、ZEH住宅を検討している方は、住宅メーカーによってZEH住宅に搭載する機器の種類や特徴、コンセプトが違います。

ですから、見積もり会社などを利用して、家族や自分に合ったメーカーを選ぶことが、費用対効果を最大限引き伸ばすポイントです。