太陽光発電にはもう意味がない!?どうする10年後!

スポンサーリンク

「FIT制度のおかげで住宅用太陽光発電を始めれば、電気代が節約になる上に売電利益も挙げられることは分かっているけど、10年後にFIT期間が終了してしまったら利益がマイナスになるのでは……?」こんな不安がありませんか?

これから太陽光発電を設置しようという方も、既に持っているという方も、FIT期間の終了する10年後がかなり不安なはず。ちょうど今年、2019年問題として太陽光発電業界でもかなり話題になりましたよね。

ですが、10年後にも売電や自家消費をして太陽光発電を有益に運用することができます!

設備によっては停電時にも電気が使えたりと、生活がグレードアップすること間違いありません!

売電?蓄電池?自家消費?結局10年後にどうすれば太陽光発電をお得なまま稼働できるのか分からず、不安な方に向けてどうするべきか教えます!

太陽光発電が今狙い目な理由

太陽光発電は今が狙い目だと言われています。

なぜなら、政府が東日本大震災による脱・原発や、地球温暖化でのCO2削減目標達成のため、再生可能エネルギーの導入を促進しており、FIT(固定価格買取制度)という制度をスタートさせたからです。

さらに、技術の発達によって太陽光発電の設置費用や、設備投資費用も年々下がってきています!2012年の制度開始直後は42円だったのに対して、2019年には26円と大幅に下がっているので、費用が安い今こそ狙い目なのです。

また、FIT制度がまだあることも、太陽光発電を今おすすめする理由の一つになります。

FITとは、電力会社が固定された価格で住宅用なら10年、産業用なら20年間という決まった期間、電気を買い取ってくれるという制度のことです。

住宅用は自家消費で余った電気を売る「余剰売電」となり、産業用は発電した電気全て売れる「全量売電」か余剰売電どちらかを選択できます。

この制度のおかげで太陽光発電の初期投資は通常、10年前後で回収できるので、実質初期費用は0円で利益を生み出すことができるのです。

 

こちらの記事で具体的にシミュレーションをしています
太陽光発電は何年で元がとれるのか?損なのか?得なのか?

2019年問題とは

2019年問題とは、住宅用太陽光発電を2009年から設置している人が、FIT制度を利用してちょうど10年を迎えるのが2019年の11月なので、「FIT期間が終了してから発電した電気をどうすればいいの……」や「利率が大幅に下がってしまうのでは?」という様々な懸念から生まれた、今話題になっている問題です。

2019年問題について騒がれていますが、この問題は “今から” 太陽光発電を設置しようという方には影響はありません。ただ、10年後を見据えるために、今から導入する人も2019年問題についてしっかり把握しておくことは、大切です。

売電価格が下がっていてもまだ狙い目なのか

FIT制度を調べると、太陽光発電の売電価格の値下がりが大きく目につくと思います。

確かに、売電価格は電力会社が固定価格で買い取るようになった2009年の48円と比較すると2019年には24円~26円と、ほぼ半額になっています。

ですが、心配する必要はありません!

この10年間で太陽光発電の設置価格も半額近くまで下がり、設備の性能も上がったので、太陽光発電の利回りはほぼ変化しないまま、いまでも10年前後での初期費用回収は可能です。

再生可能エネルギーの割合を大きくして、原子力発電や火力発電の割合を少なくすることを国も望んでいるので、なるべく多くの企業や家庭が太陽光発電を促進することを目的にFIT価格での買取が行われています。

売電価格も設置費用やパネル費用の減少に合わせて「確実に利益が出るよう」に設定されているんです!

FIT期間が終了した10年後はどうすればいいの?

「電力会社と国が固定価格で買い取ってくれるうちは安心だけど、買い取ってくれなくなったらどうすればいいの?」と思いますよね。

FIT期間終了後にできることは大きく分けて2つあります。

引き続き余剰売電

太陽光発電のFIT期間が終わったからといって、もう売電できないということはありません。発電した電気は電力会社に売電を続けることができますが、売電価格は落ちてしまいます。

ここで大事なのは、電力会社の選択です。これまで売電していた電力会社に売電を続けることもできますし、別の電力会社に売電を開始することもできます。

それぞれの電力会社が異なるプランや売電価格を提示していて、例えば、「みんな電力」では余剰電力をみんな電力に定額(東京電力エリア:8.5円/関西電力エリア:8円など地域別)で売電する、もしくは自分の応援する特定の企業にみんな電力を通じて売電し、供給電気量に応じた御礼品やクーポン券を受け取るという2つから売電方法を選択できます。

応援できる企業にはマルイグループ、三菱モーターズ、TBSなどがあり、自分が発電した電気が誰に使われているのか知ることができるのは面白いですよね。

応援できる企業に特に思い入れのある方などはこのサービスを利用してみてはいかがですか!

多種多様なプランがあるので、自分に合ったプランと会社を選ぶことが大切です。

新電力会社含め多くの会社が電力買取を行っており、買取価格は平均して8〜10円になっています。下の表には旧一般電力会社の売電価格を簡単にご紹介します!

事業者買取価格(円/kWh)
北海道電力8円
東北電力9円
東京電力8.5円
中部電力7〜12円
北陸電力8円(毎月)

15,000円〜30,000円(毎月定額)

関西電力8円
四国電力7円
中国電力7.15円
九州電力7円
沖縄電力7.5円

10年後に電力会社と契約し直さなければ、それまで契約していた電力会社が無償で引き取るという形になってしまうので、10年が近づいてきたら、できるだけ早く新しい売電先を検討しておく必要があります。

自家消費

発電した電力を自家消費して家庭の電気代をお得にすることもできます

自家消費と言ってもたくさんの使い道があり、例えば、電気給湯器のエコキュートを使ってお湯を沸かす、発電している昼間にエアコンや洗濯・掃除などを行えば月々の電気代がお得になります。

他にも、昼間にお家にいない方や、発電した電力を使い切れない方は、蓄電池を導入したり、電気自動車を蓄電池のように使うこともできます。蓄電池一体型のパワーコンディショナーもあるので、もしパワコンが故障してしまったという場合は、先を見据えて蓄電池一体型のハイブリッドパワコンを購入するのもよいでしょう。蓄電池はおよそ75〜140万円、ハイブリッドパワコンはおよそ200万円ほどかかります。

蓄電池設置の3つのメリット

蓄電池は100万円以上の初期費用が必要になってしまうので、設置したほうがお得か、お得でないかは生活スタイルや発電量によって異なりますが、蓄電池の設置にはメリットが多くあります。

1.災害時にとても便利

災害大国日本では、地震や台風など災害で停電してしまう可能性が常にあります。最近でも千葉の停電が記憶に新しいです。

冷蔵庫や電子レンジ、携帯の電池など電気がないとかなり厳しい生活になることが想像できますよね。そんなときでも蓄電池があれば、電気が使えたり、暖かいご飯が食べれるなど常に普段の生活に近い生活が送れます。

2.入力はコンセントからも

蓄電池への入力は太陽光発電だけではありません。コンセントから安い深夜電力で充電しておいて、昼間や電気を最も使う時間帯に蓄電池の電力を使用することで電気料金を安く抑えることができます

3.補助金が適用出来る場合がある

蓄電池の購入には100万円以上の費用がかかってしまうと上で述べましたが、実は蓄電池にも補助金がきく場合があります。

国や自治体で設置している補助金なので、各自治体に相談やお問い合わせをしてみてください。ただし、補助金にも予算が決まっていて、先着順での受付になるので、既に終了している場合があります。

例えば、愛知県では市町村補助額×4分の1または、25,000円のどちらか低い方の額補助を受けることができるなど、他にも多くの自治体が補助金制度を設定しています。

このように天候によって発電量が左右され、自家消費は昼間しかできなかった不安定な太陽光発電も蓄電池や電気自動車の利用でいつでも電気を溜めて、引き出して利用できるとても安定したエネルギー源になるのです

蓄電池をおすすめする理由はこちらの記事でも解説しています。
太陽光発電と蓄電池は一緒に設置するのがおすすめ太陽光発電保有者に蓄電池をすすめる理由とメリット【2019年問題解決策】
スポンサーリンク

自家消費が一番お得!?

売電によって得た収入は、日々電気代を支払っている国民から「再エネ賦課金」という形で電気代の一部として徴収されたものです。

そのため、再生可能エネルギーの普及が進むにつれて、再エネ賦課金の金額も年々増額しています。

2019年の再生可能エネルギー促進賦課金は2.95円/kWhとなっていて、月に300kW消費する二人暮らしでは、月885円・年10,620円もの再エネ賦課金を通常の電気代にプラスして支払っているということになります。使用電力に応じて賦課金を支払わなければいけないので、使用電力を抑えれば抑えるほど電気代だけでなく賦課金も支払い額が低くなります。

さらに、電気料金が現在おおよそ26円/kWhほどなことを考えると、8〜10円/kWhで売電するよりも自家消費をして家庭の電気代をお得にする方が利益が大きくなることがわかるかと思います。

家庭の電気代を無料にするにはどうするのか解説した記事はこちら
太陽光発電で光熱費削減は実現できるの?太陽光発電で家庭の電気代は本当に0円になるのか徹底的に調べてみた

 

それでも、売電がお得なのか、蓄電池や電気自動車か、その他の自家消費か色々な選択肢が考えられる中で一概にこれがお得!と言い切ることはできません。

それぞれの家庭で状況が異なってくるので自分に合った道を探すことが一番大切です。

初期費用回収に10年以上かかったらどうする?

初期費用の回収には10年前後と言われているので、もちろん12年ほどかかってしまうケースもあります。

それでも心配する必要はありません。太陽光発電の初期投資がFIT期間中の10年で回収できなかったとしても、ソーラーパネルの耐久年数は30年とも言われ、パワコンにおいても15年ほど稼働してくれることがほとんどです。

FIT終了後も放っておいて無償引き取りではないかぎり、確実に発電された電気は利益を生み出してくれるので初期費用の回収は確実にできます

10年後も実は安心

住宅用太陽光発電のFIT期間が終了した後、売電できないこともありませんし、賢く使えば太陽光発電は利益を生み出し続けてくれます。

今後、電気料金が上がり続ける可能性を考えると、電気を自宅で作り出せるということはかなりお得かもしれません。

10年後が心配でなかなか設置に踏み切れなかったという方もこの機会に10年後を見据えた太陽光発電ライフを始めてみては?

住宅用太陽光発電の一括見積もりなら信頼のタイナビがおすすめ!
100万人の利用実績と驚異の顧客満足度98%で安心!

スポンサーリンク