「電気料金が安くなる」という営業電話は詐欺!断り方と安全な新電力を紹介

2016年に電力小売自由化の制度が開始され、自分のライフスタイル合った電力会社やそのプランを選択することで、電気料金を低く抑えることができるようになりました。

しかしそれに伴って、「こちらの電力会社に乗り換えを行うと電気料金がお得になりますよ」という営業の電話も非常に増えてきています

「結構です」「興味ありません」といってすぐに電話を切ることができればよいのですが、気が弱い方やその話に興味を持ってしまった方の中には、営業電話の内容を事細かに聞いてしまい、断ることができなくなってしまって最終的に契約してしまう方もいらっしゃいます。

電力会社の営業電話の中には、契約変更を執拗に進めたり何度も電話を掛けてきたりする悪質なものもあり、このような営業電話はしっかりと断る勇気を持つ必要があります。

確かに電力会社とプランを変更するだけで、電気料金をお得にすることはできます。

しかし、そのためにはいくつもある電力会社の中の各プランを徹底的に比較して自分に合った物を選択して初めて可能になるため、営業電話一本で電力会社を乗り換えてしまうのは非常に危ないことだといえます。

ここでは、電気料金が安くなるという営業電話をしっかりと断る方法について解説していきます。

当サイトで
申し込み数の多い新電力TOP3!

電力会社 おすすめポイント
おうちでんき 1位 おうちでんき

・契約から2ヶ月の電気代が無料に!
・一人暮らしでも確実に電気代が安くなる
・ソフトバンクユーザーなら携帯料金も割引

エルピオでんき ロゴ 2位 エルピオでんき

・業界最安値の電気料金単価
・最大22,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
・都市ガス・LPガスとのセットで電気もガスもお得に

looopでんき ロゴ 3位 Looopでんき

・120kWh以上なら使う分だけお得に
・太陽光発電や蓄電池とのセットで電気料金が驚きの価格に
・オール電化でも電気代が安くなる!

「電気料金が安くなる」この営業電話・訪問販売は怪しい?

近年では、電力自由化詐欺というものの被害も出てくるようになりました。

電力自由化詐欺とは、「電力の自由化に伴い、お宅の電気料金がお得になります」「この装置を付けることによってお宅の電気料金を節約できます」などと事実を異なることを消費者に伝え、高額な料金を請求するというものです。

「電気料金が安くなる」という営業の電話や訪問販売の場合、そのほとんどが怪しいものだと思ったほうが良いででしょう

営業の電話や訪問販売は電力自由化の詳細な内容は一般の方々にはまだ十分に周知されてない点に付け込んで良い部分だけを強調し、契約を取ろうとします。

もし現在利用している電力会社から他の電力会社へ乗り換えを行う場合には、自分が居住するエリアで利用できる電力会社をピックアップし、そのプランを詳細に調べて自分のライフスタイルに合ったものを選んで電気料金を低く抑える方法を取る必要があります

そのためには、電話勧誘や訪問販売などで勧められるプランの中から選ぶのではなく、自分で情報を集めて乗り換える電力会社を選ぶようにしましょう。

詐欺まがいの電力会社の営業電話・訪問販売の5つの特徴

詐欺まがいの電力会社の営業電話・訪問販売の特徴

営業電話や訪問販売を行う電力会社のほとんどは怪しい業者であることは前述しましたが、ではどのようにして詐欺まがいの電力会社の営業電話や訪問販売であるかを見分けれ良いのでしょうか。

ここでは、詐欺まがいの行為を行う営業電話と訪問販売の特徴について解説していきます。

①大手電力会社だと嘘をついて営業をする

「大手電力会社の者です」「大手電力会社の方から来ました」「大手電力会社に委託されています」このように大手電力会社の名前を騙って営業を行うケースがありますが、実際は大手電力会社と全く関係がないことがほとんどです。

この方法では、消費者の方も大手電力会社からの電気料金を安くするための「提案」だと信じ込み、騙されてしまいがちです

しかし大手電力会社では電話や直接自宅に赴くという方法で、電力契約の見直しを行うための契約メニューの提案や、現在の電力使用量を聞くなどといったことは絶対に行いません

また、節電のための機器の販売なども行いません。

さらに電力会社の乗り換えが主な目的ではなく、個人情報を探る目的で営業電話や訪問販売を行うこともあるため、この点にも注意しておきましょう。

②料金プランや会社の特徴を聞いてもきちんと教えてくれない

電力会社には勧誘を行う際に、プランや料金の計算方法についてしっかりとした説明を行う義務があります

またきちんとした会社であれば自分の会社の特徴に関しても十分な説明を行ってくれるはずです。

しかし詐欺または詐欺まがいの電力会社の場合には、このような情報をあいまいにし、こちらから料金プランや会社の特徴について質問しても、明確な返答を得ることができないケースが多くなります。

料金プランなどについて詳しく説明してもらうことができない場合には、その電力会社は怪しい会社であると思って良いでしょう。

③シミュレーションが過剰

電話勧誘の場合には、ざっくりと「当社に電力を乗り換えていただければ〇割は電気料金が安くなりますよ」と言われたり、あるいは訪問販売の場合にタブレットなどでその電力会社に乗り換えた場合の電気料金のシミュレーションを見せられたりすることがあります。

しかし詐欺または詐欺まがいの電力業者の場合、このようなシミュレーションは過剰なものがほとんどで、現実的な金額ではないことがほとんどです

このような口頭での「〇割安くなる」といった言葉や、訪問販売の際に提示されるシミュレーションなどは過剰なものであることが多いため、鵜呑みにして契約してしまわないように注意しましょう。

④キャンペーンや特典を過度に推してくる

正規の認可を受けた電力会社でも、ポイント付与やキャッシュバックなどのキャンペーンを行っている電力事業者は多くあります。

しかしそれが過剰なものである場合には、詐欺の可能性が高いので注意が必要です。

あまりにも良い条件のキャンペーンを提示されたら、まずは疑ってかかるようにしましょう

⑤スマートメーターや工事費用が有料だと言われる

電気メーター(電力量計)をスマートメーターに交換する工事を有料で行うという詐欺の手口も存在します。

スマートメーターとは、電力をデジタルで計測することが可能で、なおかつ通信機能を持つ電気メーターです。

今までの電気メーターは、電力会社の職員が各家々を回って電力メーターを目視で確認する必要がありましたが、スマートメーターを設置することにより使用した電力量のデータを遠隔で取得できるようになりました。

旧型の目視での検針が必要な電気メーターを、電力会社を乗り換える際にスマートメーターに交換する必要がある場合には基本的に工事は無料で行ってくれ、またスマートメーター本体に関しても料金を請求されることはありません

しかし、悪徳業者はこのスマートメーターへの付け替えの際に不当な料金を請求したり、スマートメーター設置のためという名目で個人情報を聞かれたり、スマートメーターの交換と同時に電気温水器など他の機器を販売されたりという被害が多発しています。

このような詐欺の被害から身を守るためには、スマートメーターに関する正しい知識を持つことが大切です。

スマートメーターへの交換は基本的に工事費用などは必要なく、交換の際には事前に電力会社から連絡が来ます

そして重要なのは、スマートメーターの交換を行う業者が営業活動を行うことはありえないという点です。

営業電話や訪問販売の際に「スマートメーターへの交換」の営業をされた場合には、詐欺だと思って絶対に契約しないようにしましょう。

営業電話・訪問販売の3つの断り方

営業電話・訪問販売の断り方

詐欺の可能性が高い営業電話や訪問販売ですが、どのように断れば相手が引き下がってくれるのでしょうか。

ここでは、営業電話や訪問販売の断り方について解説していきます。

①家族と相談すると言ってその場で契約しない

営業電話をはっきりと断って切ることができなかったり、訪問販売で押しが強い営業マン相手にきっぱりと断ることができなかったりする場合があると思います。

そのような場合に一番簡単な方法は、「自分だけでは決められないので、家族と相談してみます」といって、相手に電話を切ってもらったり帰ってもらったりする方法です。

営業電話や訪問販売のセールスマンなどは、相手が女性であれば特に食い下がる傾向があるため、女性の場合は独身であっても「夫に相談してみます」と相手に伝えることで、一旦電話を切ってもらったり、帰ってもらうことができる確率が高くなります。

このような方法を使って、強引な勧誘に負けてその場で契約しないようにしましょう。

②折り返しますといって名刺をもらう

訪問販売の販売員がしつこい勧誘をしてきてなかなか帰ってくれない場合、「こちらから折り返しご連絡させていただきますので、お名刺を頂けますか?」と言って相手の名刺を手に入れることで、帰ってもらうこともできます。

とにかくその場で契約しないことが大切なので、もしその電力会社にしてもいいという気持ちがあっても、絶対にすぐに契約せずに一旦帰ってもらい、インターネットの口コミサイトなどでその会社の評判を調べてみましょう。

③情報になりそうなことを喋らない

営業電話や訪問販売の相手には、絶対に自宅の情報を喋ってはいけません。

その家に何人で暮らしているか、昼間に人は家にいるのかといった情報はもとより、最も喋ってはいけないのは、検針票の情報や電気料金の明細に関する事柄です。

電力会社の営業電話や訪問販売相手には、とにかく情報になりそうなことを喋らないという点に注意しましょう。

電気代を安くしたいなら一括見積もりサイトの利用が安全

電気代を安くしたいなら一括見積もりサイトの利用が安全

電力自由化に伴い、一般家庭でも多くの電力会社の中から家族の人数や生活サイクルなどのライフスタイルに合った電力業者を選択できるようになりました。

しかし、選択できる電力会社の数が多すぎるため自分に合った電力会社が分からないといったお悩みを持たれる方もいらっしゃると思います。

そのような場合には、一括見積サイトを利用することで信頼がおける、そしてライフスタイルに合ったプランで電力の供給を行ってくれる電力会社を見つけることができます。

ここでは、法人電力契約や一般家庭向けの電気料金の比較サイトであるエネチェンジについて解説していきます。

ご家庭に適した電力会社が見つかる!

▷エネチェンジの
無料見積もりはこちら

全国対応!無料見積もりサイト「エネチェンジ」

エネチェンジとは、日本の電気料金比較サイトのパイオニア的存在で、電力自由化の先進国であるイギリスのビジネスモデルを日本に持ち込みました。

日本の一括見積サイトの中でも古参のサイトなので、他の電気料金比較サイトと比べてアクセス数が非常に多くなっている点が特徴です。

エネチェンジは、5つの質問に応えるだけで簡単に自宅に合った電力会社を見つけることができます

また、法人向けの電気料金一括見積サービスでも高評価を得ています。

エネチェンジが他の一括見積サイトと大きく異なるのは、市場に早く参入したため多くの実績があり、安心して利用できるという点です。

ご家庭に適した電力会社が見つかる!

▷エネチェンジの
無料見積もりはこちら

当サイトで申し込みが多い怪しくないおすすめ新電力

当サイトで申し込みが多い怪しくないおすすめ新電力

一括見積サイトを利用することで、短時間に複数の新電力の業者を比較することができます。

ここでは、当サイトで申込みが多くかつ怪しくないおすすめの新電力を3社紹介してい行きます。

①Looopでんき

万が一契約してしまっても大丈夫!クーリングオフで契約解除できる

Looopでんきとは、東日本大震災の被災地に太陽光発電システムを設置するというボランティア活動から生まれた電力会社です。

低圧と高圧どちらも日本全国に展開している電力小売業者のひとつですが、事業を開始した2015年以来、契約件数を着実に増やしてきています。

2020年2月に実施した電力会社についてのアンケートでは、価格満足度とサービス満足度で第1位に、経済産業省が公表している電力需要実績では独立系新電力の会社の中で第1位になっています。

Looopでんきの特徴は基本料金が0円なので、使用した電力量に応じて電気料金を支払うシステムとなっていることです。

事業所、飲食店、商店などの企業向けだけではなく、ファミリー向けなど家庭向けのプランも用意されています。

Looopでんきに乗り換えた場合に停電が増えたり、電力の供給が不安定になる心配はありません。

電力会社の送電網を利用して送電を行うため、電気の品質や信頼性は大手電力会社と変わることはありません。

最も特徴的なのは、再生可能エネルギーの普及を目指しているという点です。

Looopでんきは再生可能エネルギーを利用者にもっと身近に感じてもらいたいという思いから、再生可能エネルギー100%のプランやCO2排出係数が小さいプランも用意されています。

このように風力発電や太陽光発電などの燃料費は必要ない再生可能エネルギーをさらに普及させることで、日本の電力をさらに安価にできるとLooopでんきは考えています。

電気代はもっと安くできる!

▷Looopでんき
公式サイトはこちら

Looopでんきの料金プランや評判はここから確認

Looopでんきの評判|悪評の真実からキャンペーン情報まで大公開

②おうちでんき

おうちでんき

電力自由化が始まったタイミングでいち早くこの事業に参入した業者のひとつが、Softbankです。

Softbankは、この施策が始まってすぐに自社ブランドの電力プランを立ち上げました。

もともとSoftbankは、SBパワー株式会社とSBエナジー株式会社という電力会社の子会社を持っており、法人向けに電力の小売業を展開していたので、そのノウハウを生かして家庭向けの電力プランを展開しています。

おうちでんきは、東京エリアを例にとると基本料金は同じですが、電気の利用料金は段階性料金となっており、1kWhごとの料金は東京電力よりもお得になっています

おうちでんきの一番大きなメリットは、Softbankの携帯電話またはインターネットのどちらかをおうちでんきとセットで利用することで、おうち割でんきセットが適用され、さらにお得に電力を使用できるという点です。

電気料金は毎月の電気代から1%割引され、携帯電話とインターネットは1回線につき毎月の料金から110円を2年間割引してもらうことができます。

また、付帯サービスとしておうちレスキューがついてくるため、水漏れや鍵の紛失などの電気と関係ないトラブルが発生した場合でも、30分以内の作業であれば出張料や作業料無料で対応してもらえます。

電気代が2ヶ月無料!破格のキャンペーンは今だけ!

▷おうちでんき
公式サイトはこちら

③エルピオでんき

エルピオでんき ロゴ

株式会社エルピオは千葉県市川市に本社があり、もともとはLPガスの販売を行う会社でした。

1965年に設立され、埼玉県、千葉県、栃木県、茨木県を拠点として16の営業所を構え、約7万世帯にガスを供給しています。

電力自由化施策の施行後に「エルピオでんき」のブランド名で市場に参入し、50年に渡るLPガス販売の経験とノウハウを活かしながら、電力市場でも急成長を成し遂げました。

供給エリアは東北、東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州電力エリアで、多くの料金プランを提供しているため、自分に合ったプランを見つけることができます。

エルピオでんきの一番の売りは、その電力使用料金の安さです。

乗り換えを行うだけで電気料金が安くなるというケースも多いため、非常に高い人気を誇っています。

業界最安値をシュミレーションで確認!

▷エルピオでんき
公式サイトはこちら

万が一契約してしまっても大丈夫!クーリングオフで契約解除できる

万が一契約してしまっても大丈夫!クーリングオフで契約解除できる

営業電話や訪問販売で契約してしまっても、クーリングオフという制度を利用すれば契約を解除することができます。

クーリングオフとは、一定の条件を満たせば消費者側からの一方的な意思表示のみによって、契約の解除や撤回を行うことを認める制度のことを言います。

クーリングオフの対象となるのは、特定商取引法に定められている類型の販売方法により商品を購入した場合で、その中に営業電話や訪問販売も含まれています。

クーリングオフを行うためには、はがきなどの書面で契約の解除や破棄を業者側に申し入れる必要があります。

はがきを利用する場合には、表と裏の両面をコピーして手元に保管しておきましょう。

はがきを送付する際には特定記録郵便や簡易書留など、相手にクーリングオフの誘致が届いたことが確実に証明できる郵送方法を用いる必要があります。

クーリングオフの期間中に書面で通知することでクーリングオフが有効になるので、クーリングオフの期間内に業者に届かなくてもクーリングオフは成立します。

クレジット契約をしている場合には、クレジット会社と信販会社へも同時に通知を行わなければなりません。

クーリングオフの有効期間は訪問販売や電話営業により契約を行った場合には、8日間以内となっています。

まとめ

まとめ

ここまで営業電話や訪問販売で電力の乗り換え契約を勧める業者は怪しいということと、そのような場合の断り方、もし契約してしまった場合にはクーリングオフを利用すると契約を消費者の側から一方的に解除できるということについて解説してきました。

営業電話や訪問販売の場合、相手に何も自分の情報を与えずきっぱりとことわることが一番重要であることがお分かりいただけたと思います。

もし電力会社の乗り換えを検討している場合には、電力会社の一括見積サイトを利用していくつかの電力会社を比較・検討し、自分のライフプランに合った電力会社を選ぶようにしましょう。

ご家庭に適した電力会社が見つかる!

▷エネチェンジの
無料見積もりはこちら

関連記事