【ENEOSでんきの評判の口コミ】切り替えする際のメリット・デメリット

新電力と呼ばれる電力小売事業者の業種は様々ですが、その中でエネルギー関連企業が参入するケースも多いです。そして、今あなたはENEOSが運営している、ENEOSでんきに乗り換えようかお悩みではないでしょうか?

ENEOSといえばガソリンスタンドでよく見かけますが、高圧の電力自由化に伴い電力小売事業に参入しており、実績があります。そして、低圧の電力自由化も行われたことで、一般向けにもサービスを提供しています。

ENEOSでんきは、大手石油会社が運営しているということもあり、新電力の候補として挙げるケースもある一方で、サービス内容やメリット・デメリットについて分からないことが多いことでしょう。

今、ENEOSでんきへ切り替えしようか悩んでいるあなたに向けて、口コミや評判をはじめ切り替えすることで得られるメリットやデメリットについてもご紹介します。

また、基本サービスや料金プランについても、ご説明しますから評判よりサービスで判断したい方にとっても参考になりますよ。

それでは、ENEOSでんきについてご紹介します。

ENEOSでんきの評判や口コミの傾向

ENEOSでんきに切り替えようか、悩んでいる方の中には切り替えた方達の評判や口コミを確認したいと考えることでしょう。

新電力によって評判の数や口コミ数は異なり、情報が少ないケースも珍しくありませんが、ENEOSでんきは大手企業ということもありまして、比較的評判が多い傾向です。

そこで、ENEOSでんきの評判や口コミ、そしてどのような傾向があるかご紹介していきます。

担当者の対応が親切丁寧

ENEOSでんきの評判の1つに、担当者の対応を中心に情報発信されているケースがあります。その内容の多くは、申込時や手続きを行う際、担当者の対応が親切丁寧でスムーズに切り替えられたという傾向です。

新電力と呼ばれる企業の多くは、それまで電力関係に携わったことのない別業種がほとんどです。また、その中には、別業種からの参入ではなく、新電力を柱として立ち上げた新興企業もあります。

そのため、人材不足や準備不足になっているケースもあり、結果的に顧客対応も不十分になり切り替えに後悔している方もいます。

一方、ENEOSでんきは、大手石油会社の株式会社JXTGエネルギーが立ち上げたサービスですからサービス面も安定しており、低圧電力自由化以前に参入していますから実績があります。

このような背景もあり、顧客対応においても良い評判に繋がっています。

大手企業のため信頼性が高く切り替えやすい

ENEOSでんきの評判や口コミの傾向として、切り替えやすいといった声も多いです。なぜならENEOSでんきは、大手石油会社のJXTGエネルギーが立ち上げたサービスですから大手企業のブランド力が信頼性に繋がっています。

また、ガソリンスタンドなど、サービスステーションを提供しているENEOSとしても有名ですから、これまでのブランド力とサービス実績が安心や信頼感を生みます。

利用者からしますと、新電力は電気料金が安くできる期待感と同時に、新興企業などが運営しているサービスなどによって、不安感もあります。ですから、切り替える必要性が出ても、なかなか踏み出せないという方もいるでしょう。

対してENEOSでんきは、大手企業のブランド力と知名度の高さ、ENEOSの実績もありますから、安心感のあるサービスとして評価されやすいです。

ガソリンや灯油の割引がありお得

ENEOSでんきに切り替えた方の評判には、電気料金が安くなったといった口コミだけでなく、ガソリンや灯油の割引サービスについて評価しているケースもあります。

多くの方は、直感的に理解できるでしょう。

まずENEOSでんきは、ENEOSカードと連携していますから、ENEOSカードで電気料金の支払いを行いますとガソリンや灯油、軽油代が割引される特典が付きます。

具体的には、1ヶ月につき1円/ℓの割引を受けられます。

他にも特典がありまして、Tポイントが貯まるサービスも実施しています。Tポイントをよく利用する方にとっても、嬉しいサービスといえます。

このような割引、特典サービスが充実していることから、良い評判に繋がっています。

全国対応ではないため契約できないケースもある

ENEOSでんきの評判も、良い評判ばかりではありません。当たり前ですが、どんなに質の高い新電力でも一部良くない評判や口コミも存在します。

その1つは、電力供給が全国対応していない点です。

ENEOSでんきは、関東地方のみに電力供給していますから、関東以外にお住みの方ですと契約できません。ですから、そもそも切り替えできないということです。

関東以外の方からしますと、限定された地域でサービス提供している点について、改善して欲しいと感じるでしょう。そのような意見が、評判や口コミに繋がっているといえます。

ただ、新電力の中には、サービス立ち上げ後に全国対応へと対応地域を拡大しているケースもありますから、ENEOSでんきも今後の動向に注目です。

ENEOSでんきの基本サービスや料金プラン

ENEOSUでんきに切り替えようか悩んでいる場合、評判や口コミだけでなくサービス概要や料金プランについても確認したいところです。

しかし、新電力によって料金プランは異なりますし、電気料金プランは普段から確認している内容ではないため、分かりにくく比較しにくいイメージがあります。

ENEOSでんきは、他の新電力と異なり、既存の大手電力会社と同様に基本料金と従量料金を組み合わせたプランになっています。ですから、他の新電力と比較しにくいと感じるかもしれませんが、プランの内容自体は特別難しい訳ではありません。

ENEOSでんきのサービス概要と電気料金プラン、電源構成を中心にご紹介します。

基本料金と従量料金を組み合わせた一般的なプラン構成

ENEOSでんきの料金プランは、新電力の多くが採用している従量料金のみのプランとは異なり、大手電力会社と同じ構成になっています。

以下に料金プランの基本構成をご紹介します。

ENEOSでんきVプラン

ENEOSでんきVプランとは、一般家庭向けの電気料金プランのことでして、電気使用量の多い家庭ですと料金を安くしやすいです。

そして料金プランの基本構成は、以下ように基本料金と従量料金を組み合わせた、大手電量会社と同様になっています。

・基本料金
・従量料金
・燃料費調整額
・再生可能エネルギー発電促進賦課金

燃料費調整額とは、火力発電に用いる燃料の価格変動を電気料金に反映させるための、調整項目です。また、再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、電気事業者が再生可能エネルギーを買取るための費用でして、法令によって定められています。

アンペア数や単価

ENEOSでんきが提供している電気料金プランは、基本料金も含まれており、基本料金の単価はアンペア数に応じて変動しています。

アンペア数の契約単位
・10A
・15A
・20A
・30A
・40A
・50A
・60A
・6kVA以上49kVAまで

そして、10Aが1契約単位で280.80円となっており、アンペア数が上がるごとに単価も上がります。ちなみに60Aの場合は、1契約単位で1,684.80円です。

また、6kVA以上49kVAまでについては、1kVA単位で280.80円と契約単位に違いがあります。

従量料金

従量料金については、3弾単価方式で設定しており、こちらも大手電力会社と同様のプラン構成となっています。

3段単価方式とは、3種類の料金設定がありまして、以下のように設定されています。

電気使用量
・1段目120kWhまで、19.72円
・2段目120kWhを超えて300kWhまで、24.09円
・3段目300kWhを超える、25.75円

このように、電気使用量に応じて従量料金の単価も変わります。そして、電気使用量が多い程、大手電力会社よりも安くなりやすいです。

ENOSでんきの電源構成

ENEOSでんきの電源構成は、火力発電を主電源にしています。また、石油火力とLNG火力による自社発電を基本としており、安定した電源供給を実現しているのも大きな特徴です。

また、他社からの電源補給も行いつつ、再生可能エネルギーにも力を入れている点は、新興企業とは一線を画す事業規模といえるでしょう。

ENEOSでんきのメリットとデメリット

ENEOSでんきに切り替える前に、切り替えることによって得られるメリットとデメリットを把握する必要があります。

ENEOSでんきに限らず、新電力のサービスや電気料金プランは、電気使用状況や生活環境によってメリットになったりデメリットになったりします。つまり、人によって電気料金が安くなるケースもあれば、逆に割高になることがあるということです。

ENEOSでんきも同様に、各ご家庭・人によって電気料金が安くなることがありますし、お得に感じない場合もあります。

ですから、各メリットとデメリットについて確認しましょう。

ENEOSでんきに切り替えるメリット

まずはENEOSでんきに切り替えるメリットを、以下に紹介します。特に電気使用量と電気料金の関係性は重要ですから、押さえておきましょう。

電気使用量の多い家庭や人は電気料金を安くできる

ENEOSでんきの電気料金プランは、電気使用量の多いご家庭や1人暮らしの方に向けて作られています。

具体的には120kWhを超える電気使用量になった際に切り替わる、2段目の従量料金から大手電力会社よりも割安に設定しています。ですから、毎月の電気使用量が多いために、割高になっている方は、ENEOSでんきへ切り替えるメリットがあります。

また、2年以上の契約プランを選びますと、1kWhごとの割引金額が0.2から0.3円に増額してもらえます。

ENEOS利用者はお得になりやすい

ENEOSでんきのメリットは、お得なキャンペーンや割引も含まれています。

ENEOSでんきは、Tポイントの付与やガソリンや灯油、軽油の割引など、ENEOS利用者にとってお得なサービスも提供しているといえます。

普段からENEOSのガソリンスタンドを利用している方や、Tポイントカードを利用している方などは、電気料金に加えて各割引特典を受取れるメリットがあります。

ENEOSでんきに切り替えるデメリット

ENEOSでんきに切り替えるデメリットは、主に電気料金に関する項目でしょう。顧客対応や契約プランそのものは、おおむね評判がよく大きな問題も起きていません。また、契約プランも複雑ではありませんから、初めて切り替える方にとっても負担が少ないです。

これから切り替える方は、電気料金を中心に確認してみましょう。

電気使用量が少ない方にとっては割高になる

ENEOSでんきのデメリットといえる部分は、電気使用量が少ないご家庭・1人暮らしですと大手電力会社から切り替えた際に割高になってしまう点です。

電気料金プランは、120kWhを超えない場合ですと大手電力会社の電気料金プランと同等もしくは割高になる可能性があり、切り替えメリットを得にくいです。

ただ、東京電力従量電灯B相当ですから、その場合は120kWhを超えない場合ですと同額になります。安くなりませんが、損はしない計算です。

1年や毎月の電気使用量を事前に確認しておきましょう。

新電力への乗り換えのメリットデメリットについて詳しくはこちら
関連記事
新電力に乗り換える?乗り換えない?新電力のメリット・デメリット

電力供給が全国対応ではない

ENEOSでんきのデメリットには、地域差も含まれます。

電力供給エリアが、全国ではなく地域に限定されているため切り替えたいと申し込んでも、対象外の場合は契約できません。

電力供給エリア
・茨城県
・栃木県
・群馬県
・埼玉県
・千葉県
・東京都
・神奈川県
・山梨県
・静岡県の一部(富士川以東)

ENEOSでんきは電気使用量が多い方におすすめ

ENEOSでんきは、120kWhを超える電気使用量になっていて、更に電気使用量を維持しつつ料金を安くしたい方におすすめです。

120kWhを超えた2段階目の従量料金から、大手電力会社よりも割安な料金設定になっているためです。

また、ENEOSカードを利用していますと、Tポイントが付与されたりガソリンや灯油、軽油といった石油関係の割引が適用されたりと、お得なサービスもあります。

これからENEOSでんきに切り替えるか検討している場合は、電力供給エリアの確認と電気使用量と電気料金の比較は必ず行っておきましょう。

その上で、利用メリットが得られると考えられる場合は、切り替えをご検討してみるのがおすすめですよ。

他の電力会社について詳しくはこちら
関連記事
Looopでんきの評判と契約前に知りたいメリット・デメリット
関連記事
【ソフトバンク自然でんきの評判の口コミ】切り替えする際のメリット・デメリット