【ENEOSでんき評判】デメリットから見る本当に得する家庭&最新キャンペーン情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

電力自由化によって、新しく電力会社を探している方も多いかと思います。電力の小売が完全自由化され、これまで電気業を行ってこなかった多くの企業も電気業に参入し始めていますが、その中でも今回はENEOSでんきをご紹介。

ENEOSでんきはその名の通りENEOSが始めた電力会社で、電気使用量が多いご家庭ENEOSカードを持っている方にお得となるプランを提供しています。電気料金が安くなるだけでなく、ガソリン代の割引やTポイントが貯まるなど特典も盛りだくさんなENEOS電気ですが、実際の評判はどうなのでしょうか?

リアルな評判とENEOSでんきのメリット・デメリットを徹底解説していきます!

ENEOSでんき公式サイトはこちら

ENEOSでんきの基本情報

スポンサーリンク

運営会社JXTGエネルギー
供給エリア東北・関東・中部・北陸・関西・四国・九州

ENEOSでんきは、ENEOSを運営しているJXTGエネルギーが展開する電力会社です。全国で発電設備を運営し、2003年から始めた電気事業のノウハウを活かして2016年より家庭用の電力販売にも参入しました。

ENEOSというバッググラウンドを最大限に活かし、電気代だけでなくガソリン代も安くなるプランを展開するなど、自動車をお持ちの方からも人気の電力会社となっています。

ENEOSでんきは本当におすすめなの?

ENEOSでんきに変更して電気代が安くなった!」「ENEOSカードを持っているなら断然ENEOSでんきがお得!」といった声が多く聞かれるENEOSでんきですが、本当にENEOSでんきに変えることでお得になるのでしょうか?

今回は、実際にENEOSでんきに乗り換えた方のリアルな評判を表にまとめたのでぜひ参考にしてみてください。

悪い評判
電気使用量が少ないと割高になった

供給エリアが全国対応ではないので申し込みができなかった

2年契約では違約金が発生してしまった

良い評判
電気代が安くなって1万円以上節約できた!

Tポイントやポイントカードが貯められるのでお得

ガソリン代が安くなるのでとてもありがたい

無料の駆けつけサービスがあって安心

対応も親切で好印象

大手だから電力供給も安心できる

電気の見える化で使いすぎを未然に防げた

違約金もかからないのでお試し感覚で契約ができた

このように、ENEOSでんきには良い評判が多い一方で悪い評判もあります。次の章ではこれら良い評判・悪い評判を詳しく見ていきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ENEOSでんきの評判 【デメリット編】

電気使用量が少ないと節約できなかった

実は、電気使用量が少ないと電気代が節約できない可能性があります。まずはこちらの従量料金を比較した画像をみてください。

1番左の段差に着目してください。東京電力と120kwhまでは電気代が変わらないとう結果です。つまり、毎月の電気使用量が120kwh以下のご家庭ではENEOSでんきに変えても電気代を節約できないということ

一人暮らし電気使用量が少ないご家庭であればENEOSでんきに変えても電気代がお得にならない可能性もあるので要注意です。

供給エリアが全国対応ではないので申し込みができなかった

ENEOSでんきの供給エリアが、東北関東中部北陸関西・四国・九州の7エリアに展開しています。これまでは東北・関東・中部・関西の4つのエリアのみだったので、供給エリアは拡大したもの、全国対応ではありません。

一方で楽天でんきは全国に供給エリアが対応しています。対象外のエリアにお住まいの方は楽天でんきの検討もおすすめです。

楽天でんき【楽天でんきの評判】楽天ユーザーは本当にお得なのか?メリット・デメリット大公開

2年契約では違約金が発生してしまった

ENEOSでんきでは、違約金が発生する可能性があるため注意が必要。

ENEOSでんきの電気量金が安くなる「2ねんとく割」でお申し込みをされると、解約する際に違約金が発生します。この2ねんとくは2年以上の契約を条件に電気代を割引するサービスです。

そのため、2年未満で解約をする場合は、解約の理由が引っ越しであっても1,100円(税込)の解約手数料が発生してしまいます。

ただし、契約の更新月である適用開始から23ヶ月目24ヶ月目に解約された場合は違約金はかかりません。2ねんとくで契約される場合は23ヶ月目までは違約金がかかるので注意してくださいね

ENEOSでんきの評判【メリット編】

電気代が安くなって1万円以上節約できた!

ENEOSでんきの評判として多く寄せられているのが、ENEOSでんきに変えたおかげで電気代を節約することができたという点

実際にどれほど安くなるのか4人構成の以下の表の家族でシミュレーションをしてみます。

家族構成4人
電力使用量(月)541kwh
電力会社東京電力
プラン従量電灯B(40アンペア)
年間実質お得額10,145円

このご家庭ではなんと年間で10,145円もお得になりました!

このように電気代を大幅に値下げできたのには2つの理由があります。それは、ENEOSでんきの従量料金にねんとくというサービスです。

⑴従量料金

この従量料金とは1kwhあたりにかかる電気量金のことで、電気の使用量に応じて発生する料金です。この従量料金は階層性をとっていて、使う電気の量が増えれば増えるほど1kwhあたりの料金が高くなるという仕組みです

ENEOSでんきシミュレーション

そして、この従量料金の価格設定にENEOSでんきで電気代が節約できる秘密があるのです。上の画像は、東京電力とENEOSでんきの従量料金を比較したものです。

この画像で注目すべきは2段目と3段目の価格設定です。ENEOSでんきでは、この2段目と3段目の従量料金が東京電力と比べてかなり安く設定されています!そのため電気代を節約することができるのです。

⑵にねんとく

このにねんとくとは、2年以上の契約を条件に電気代を安くするというサービス

このサービスに申し込むと、1〜2年目の1kwhあたりの電気料金が0.2円割引されます!ただでさえ安く設定された電気量金からさらに値引きを行ってもらえるのは嬉しいですよね。上の表のご家庭では年間で約940円も節約できてしまいます。

さらに、2年目以降はこの割引が0.3円にUP!さらに電気代を節約することができてしまいます。

この従量料金にねんとくによって、ENEOSでんきでは電気代を大幅に節約することができるのです。ただし、先ほども説明しましたが、この割引は2年の契約を条件としています。契約期間を過ぎる前に解約をすると違約金が発生するので注意してください。

ENEOSでんき公式サイトはこちら

Tポイントやポイントカードを貯めれるのでお得

ENEOSでんきのメリットとして大きいのがさまざまなカードでポイントを貯められるという点。

ENEOSでんきでは電気料金のお支払いでTポイントを貯めることができます
200円で1ポイントを貯めることができるので、Tポイントを使用する方にとってはうれしいですよね。

また、Tポイント以外にもさまざまなカードと提携しており、ポイントやマイルと交換することができます。以下が提携カードです。

これだけ多くの提携カードがあることはENEOSでんきならではのメリットと言えます。

提携カードを利用すると、各クレジットカードの会社で実施しているキャンペーンを利用できる他、電気の支払いをすることで通常よりもポイント還元率がアップします

「今持っているクレジットカードで支払いできるから興味がない」と思っている方も、せっかく新電力に乗り換えて電気代を安くするなら、合わせてポイントをたくさんGETした方がさらに節約することもできるので、クレジットカードの見直しも行うことをおすすめします。

ENEOSでんきの申し込み方法はこちら
ENEOSでんきとdカードENEOSでんきの支払いはdカード・dカードゴールドがお得!【年会費無料】

ガソリン代が安くなるのがとてもありがたい

車をお持ちのご家庭に評判なのが、ガソリン代が安くなるというサービス

こちらは、ENEOSでんきの料金をENEOSカードでお支払いすると、さらにガゾリン代が1円/ℓ 値引きされます!通常のENEOSカードの特典に加えて1円引きなので、かなりお得にガソリンを入れることができますよ

しかし、ガソリン代が安くなるという点では昭和シェル電気もおすすめ。こちらは、電気代はそこまで安くならないのですが、ガソリン1リットルにつき2円引きとガソリンの面ではとってもお得。気になる方はそちらもチェックしてみてください。

昭和シェル電気について詳しく知りたい方はコチラ
昭和シェルロゴ【昭和シェル電気の評判・口コミ】自動車を持っている人がお得なのはホント?

無料の駆けつけサービスがあって安心

無料の駆けつけサービスもENEOSでんきならではのサービス。

これは、電気がつかないといったトラブルや、「電球の交換がしたい」「コンセントが使えない…」といったお悩みに無料で対応してくれるサービスとなっています。

通常、このような駆けつけサービスには1万円以上かかりますが、ENEOSでんきではなんと無料!しかも、365日24時間電話対応してくれるので電気のトラブルが起きても安心できますね。

対応も親切で好印象

また、上の駆けつけサービスに関連して、サービス担当の方の対応も親切で好印象だったという声も多く聞かれます。さらに、これらのサービスだけでなく申込時や手続きを行う際、担当者の対応が親切丁寧でスムーズに切り替えられたという声も寄せられています

新電力と呼ばれる企業の多くは、それまで電力関係に携わったことのない別業種がほとんどです。また、その中には、別業種からの参入ではなく、新電力を柱として立ち上げた新興企業もあります。

そのため、人材不足や準備不足になっているケースもあり、結果的に顧客対応も不十分になり切り替えに後悔している方もいます。

一方、ENEOSでんきは、大手石油会社の株式会社JXTGエネルギーが立ち上げたサービスですからサービス面も安定しており、低圧電力自由化以前に参入しているので実績があります

このような背景もあり、顧客対応においても良い評判に繋がっているのです。

大手だから電力供給も安心できる

ENEOSでんきの評判や口コミの傾向として、切り替えやすいといった声も多いです。なぜならENEOSでんきは、大手石油会社のJXTGエネルギーが立ち上げたサービスなので大手企業のブランド力が信頼性に繋がっています

また、ガソリンスタンドなど、サービスステーションを提供しているENEOSとしても有名なので、これまでのブランド力とサービス実績が安心や信頼感を生みます

利用者からすると、新電力は電気料金が安くできる期待感と同時に、新興企業などが運営しているサービスなどによっては不安感もありますよね。そのため、切り替える必要性が出てもなかなか踏み出せないという方もいるでしょう。

一方でENEOSでんきは、大手企業のブランド力と知名度の高さ、ENEOSの実績もあり、安心して電力供給を任せることができます

電気の見える化で使いすぎを未然に防げた

ENEOSでんきでは、電気の見える化サービスを提供していて、このサービスにより毎日の電気使用量をわかりやすいグラフでこまめにチェックすることができます

30分ごとの電気使用量から、月別の電気使用量などさまざまでデータをグラフで見ることができるので前日や前年度との使用量を簡単に比較することが可能。

そのためデータを比較して未然に電気の使いすぎを防ぐことができてしまいま

違約金もかからないのでお試し感覚で契約ができた

ENEOSでんきでは、通常プランでご契約の場合は違約金が発生しません!

そのため、契約してから最低1年間は電力会社を変えられないといった縛りもないので、お試し感覚で始めることができるのもENEOSでんきのメリットと言えます

ENEOSでんき公式サイトはこちら

ENEOSでんき料金プラン・料金シミュレーション

ENEOSでんきのメリットとデメリットが分かったところで、ここでは地域別の料金プランを紹介していきます。メリットもデメリットも踏まえた上で、ご自身の地域ではどれほど電気代を節約することができるのか参考にしてみてください。

東北エリアはコチラ
関東エリアはコチラ
中部エリアはコチラ
北陸エリアはコチラ
関西エリアはコチラ
四国エリアはコチラ
九州エリアはコチラ

<シミュレーション条件>
1~2人家族 30A 150kWh
3人家族 30A 350kWh
4人家族 40A 450kWh

東北エリア

東北電力ENEOSでんき割引率
~120kWh18.58円18.38円-0.2円
121~300kWh25.33円24.43円-0.9円
301kWh~29.28円27.23円-2.1円

・年間割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-508円-2,126円-3,336円

関東エリア

東京電力ENEOSでんき割引率
~120kWh19.88円19.88円0円
121~300kWh26.48円24.54円-1.9円
301kWh~30.57円26.22円-4.4円

・年間割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-393円-4,078円-7,051円

中部エリア

中部電力ENEOSでんき割引率
~120kWh21.07円20.85円-0.2円
121~300kWh25.54円24.77円-0.8円
301kWh~28.49円26.49円-2.円

・年間割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-530円-2,023円-3,162円

北陸エリア

北陸電力ENEOSでんき割引率
~120kWh17.85円17.67円-0.2円
121~300kWh21.74円20.96円-0.8円
301kWh~23.45円21.69円-1.8円

・年間割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-456円-1,783円-2757円

北陸エリアでは5月31日まで、新規契約で基本料金が3か月無料になるキャンペーンを行っています!
そのため、この期間に乗り換えれば、

1~2人家族 -456円→-2,634円
3人家族 -1,783円→3,961円
4人家族 -2,757円→5,661円

こんなに電気代を節約することが可能です。このキャンペーンの時期をお見逃しなく!

関西エリア

関西電力ENEOSでんき割引率
~120kWh20.32円20.31円-0.01円
121~300kWh25.80円23.99円-1.8円
301kWh~29.29円26.80円-2.5円

・年間割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-995円-4,043円-5,982円

四国エリア

四国電力ENEOSでんき割引率
~120kWh20.37円20.36円-0.01円
121~300kWh26.99円25.92円-1.1円
301kWh~30.50円27.91円-2.6円

・年間割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-281円-2,214円-3,708円

九州エリア

九州電力ENEOSでんき割引率
~120kWh17.46円17.28円-0.2円
121~300kWh23.06円22.25円-0.8円
301kWh~26.06円23.97円-2.1円

・年間割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-507円-2,144円-3402円

九州エリアでも5月31日まで、新規契約で基本料金が3か月無料になるキャンペーンを行っています!
そのため、この期間に乗り換えれば、

1~2人家族 -507円→-3,180円
3人家族 -2,144円→4,817円
4人家族 -3,402円→6,075

こんなに電気代を節約することが可能です。このキャンペーンの時期をお見逃しなく!

ENEOSでんきキャンペーン情報

ENEOSでんきでは現在、8月31日までの期間限定で基本料金が無料になるキャンペーンを実施中!

期間内にENEOSでんきに乗り換えることで、電気代に含まれる基本料金が無料になります。具体的には、プランによって無料の期間が異なります。

・基本料金3か月無料
→北海道Bプラン、北海道Cプラン、東北Bプラン、東北Cプラン、東京Vプラン、中部Bプラン、中部Cプラン、北陸Bプラン、北陸Cプラン、関西Bプラン、中国Bプラン、四国Bプラン、九州Bプラン、九州Cプラン

・基本料金1年間無料
→関西Aプラン、中国Aプラン、四国Aプラン

それぞれのプランで基本料金が無料になる期間は異なりますが、期間内に乗り換えたすべての方がキャンペーン対象なのが嬉しいところ。

ENEOSでんきでキャンペーンを行なっている珍しいチャンスなので、この機会にご検討してみるのがおすすめです!

8/31まで基本料金無料
キャンペーン実施中!

申し込み方法

ENEOSでんきへの申し込み方法は簡単3ステップ

まずは、お手元に現在契約中の電力会社の検針票or請求書預金通帳orクレジットカード印鑑を用意します。

WEBで基本情報の登録

②ご契約プランの選択

③お手続き完了のメールを受け取る→ご利用開始

全てWEB上で手続きができる手軽さも嬉しいポイントですね。

ENEOSでんきの申し込み方法はこちら
ENEOSでんきENEOSでんきの申し込みはこれで完璧!申し込み方法をイチから解説

まとめ

ENEOS電気のリアルな評判をご紹介しました。良い評判が多い一方で、供給エリアが全国に対応していないことや、一人暮らしではあまりお得にならないなど、ご家庭によってはENEOSでんきに変えるメリットがないケースもあるようです。

しかし、ENEOSでんきにして得をしているご家庭も多くあります!

ENEOSでんきに変えることがお得なご家庭の特徴は…

電気使用量が多い

・車をよく使う(ENEOSユーザー)

この2つの特徴に当てはまるのであればENEOSでんきに変えることで年間1万円以上節約できるチャンスかも!これを機会に一度公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

他の電力会社について詳しくはこちら
【2020年9月】新電力おすすめランキング10選!割引額から特典まで徹底比較楽天でんき【楽天でんきの評判】楽天ユーザーは本当にお得なのか?メリット・デメリット大公開ENEOSでんきとdカードENEOSでんきの支払いはdカード・dカードゴールドがお得!【年会費無料】CDエナジーダイレクトの評判や口コミCDエナジーダイレクトの評判|電気代1万円を節約するために知るべき全情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク