【2020年7月】Looopでんきの評判|悪評の真実からキャンペーン情報まで大公開

スポンサーリンク

様々な評判が寄せられるLooopでんき。良い評判の反面、Looopでんきに乗り換えた方の中には不満の声も多数…。Looopでんきへに乗り換えに不安を感じる方もいるかもしれません。

そこで今回は、「あしたでんきの方が安かった」「電気代がむしろ割高になった」など、リアルな評判ご紹介。様々な電力会社を見てきた私が、公平な立場からLooopでんきを紹介していきます。

この記事を参考に、Looopでんきへの乗り換えを比較検討してみてください。

Looopでんき公式サイトはコチラ!

Looopでんきとは

Looopでんきは東日本大震災の際に誕生した電力小売事業者。自然エネルギーの普及に力を入れている会社で環境問題にも積極的に取り組んでいます。

そんなLooopでんきは、乗り換えることで電気代が安くなると今とっても話題!その特徴は以下の3点、

①基本料金0円
②ガスとのセット割りで
光熱費がお得に!
③トラブル時の駆けつけサービスが無料

ここからはこの3つの特徴を詳しく見ていきましょう!

①基本料金0円

Looopでんきの最大の特徴は基本料金が0円という点。

しかし、「この基本料金が0円ってそんなに大きな特徴なの?」と疑問に思う方も多いかもしれません。ですが、この基本料金0円がとても重要!

これまでの電気料金は基本料金という固定費に加えて、電気の使用量に応じて変動する電力量料金、燃料費調整額、再エネ賦課金といった料金が全て加算されて決定されていました。

つまり、これまでは基本料金がかかることが当たり前だったのです。そして、この基本料金には毎月1,000円前後の費用がかかっていたのです…。

しかし、Looopでんきではこの1,000円前後かかる基本料金が0円!年間で換算すると、12,000円ほども電気代を節約できるということです!

この基本料金が0円という料金プランによってLooopでんきの電気代がとても安くなっているのです。

②ガスとのセット割りで光熱費がお得に!

2つ目の特徴としてあげられるのが、ガスとのセット割りで電気代だけでなく、ガス料金までお得にできてしまう点

冬の寒さも本格化し、エアコンや暖房器具の使用がどうしても増えてしまうこの時期。電気代だけでなく、ガス料金もかさんでしまいますよね。

しかし、Looopでんきなら電気とガスのセット割で両方の料金を節約できてしまいます!具体的にガス料金と電気料金について見ていきましょう。

【ガス料金】

Looopガス東京ガス
(ずっともガス)
基本料金1,000円(固定)1,056円
従量料金128円
(固定)
130.46円

*4人世帯 月間使用量:13㎥

今回は一般的な4人世帯のご家庭で料金を算出しています。この表を見てもわかる通り、基本料金、従量料金(使用量に応じて変動する料金)どちらにおいてもLooopガスの方が安いという結果に

4人世帯の月間平均使用量である13㎥で計算すると、

Looopガス:2,664円
東京ガス:2,751円

およそ、毎月100円ほどLooopガスでは節約できるという結果になりました。年間だと1,200円ほどの節約になるのでかなり大きいですよね。

さらに、Looopガスでは基本料金や従量料金は常に一定。東京ガスでは、ガスの使用量が増えると基本料金が上がってしまいますが、そのような心配はありません!つまり、使えば使うだけお得になるのがLooopガスなのです

続いて電気代を見ていきたいと思います。

【電気代】
・基本料金

東京電力(従量電灯B)Looopでんき
1,144円0円

・電力量料金

東京電力(従量電灯B)Looopでんき
〜120kwh19.88円26.4円
26円
121〜300kwh26.46円
301kwh〜30.57円

*4人世帯 40A 月間平均使用量460kwh スタンダードSプラン

この表をみてお分かりの通り、Looopでんきは基本料金が0円なので毎月1,144円も節約できてしまいます。一方で電力量料金をみると、「東京電力の120kwh未満の方が安いじゃない!」と思うかもしれません。

しかし、4人世帯の毎月の電気の平均使用量は460kwhほど。つまり、多くのご家庭では30.57円の電力量料金が適用されるのです。そのため、電力量料金においてもLooopでんきの方が安いのです。

さらに、ガスとセットで申し込むことで26.4円だった電力量料金は26円にダウン!セット割でさらに電気代を節約することが可能です。

基本料金に加え、電力量料金においても東京ガスよりも安いので、電気代をかなり大幅に節約することができます。ご自分のご家庭の電気代がどれほど節約できるか気になる方は、公式サイトから簡単にいシミュレーションをすることもできるので、一度試してみるのがおすすめです。

電気代が1万円以上お得に!

③トラブル時の駆けつけサービスが無料

最後に、緊急なトラブル時の駆けつけサービスが無料という点もLooopでんきの魅力と言えます。

急な停電や、コンセントが焦げ臭いなどトラブルが起きた時、通常では1万円以上の料金がかかってしまいます。しかし、Looopでんきではこの緊急時のトラブル対応を無料で行なってくれます!

通常の料金も安いのに、無料でトラブル時の対応をしてくれるというサポート面の充実も人気の秘密となっています。

Looopでんきは悪評が多い?口コミから見えた評判とは

料金が安く、安心のサポートもついて人気の高いLooopでんき。しかし、一部の口コミでは悪い評判もちらほら…。そこで今回は実際にLooopでんきに乗り換えた方のリアルな声をご紹介。

口コミから見えた、本当の評判を隠すことなくお伝えしていきます。

デメリット編

「ポイントサービスがない」

Looopでんきに乗り換えた方からの声で多かったのが、ポイントサービスといった特典が少ないという点。

例えばCDエナジーダイレクトでは、電気料金100円ごとにポイントが1ポイントが貯まるなど、ポイントサービスが充実しています。一方でLooopでんきにはそのようなサービスは一切ありません。

電気代の支払いと一緒にポイントを貯めたいと考えている方にとっては、Looopでんきはあまりおすすめできないと言えます。

ポイントがサクサク貯まるCDエナジーはコチラ
CDエナジーダイレクトの評判や口コミCDエナジーダイレクトの評判|電気代1万円を節約するために知るべき全情報

「支払いがクレジットカード限定&明細がWEBのみ」

支払い方法がクレジットカードのみという点に不便さを感じている方も多くいるようです。クレジットカードを頻繁に使う方にとっては大きな問題ではないでしょうが、普段から使わない方にとっては少し抵抗を感じるかもしれません。

また、お支払いの明細がWEBのみという点にも多くの方が不便さを感じています。やはり、紙の明細の方が見やすかったり、管理がしやすいという方も多く、デジタルの明細に困惑しているようです。

しかし、この支払いがクレジットカード払い限定・明細がWEBのみという点は、他の多くの新電力でも見られる特徴となります。電気代を安くするには多少の不便さは仕方のないことなのかもしれません。

「一人暮らしだと電気代が割高になった…」

電気代が節約できると評判のLooopでんきですが、実は一人暮らしだとむしろ電気代が高くなってしまう可能性があります。先ほどと同様に、電力量料金の表を見ながら解説をしていきます。

・電力量料金

東京電力(従量電灯B)Looopでんき
〜120kwh19.88円26.4円

26円

121〜300kwh26.46円
301kwh〜30.57円

この表をみると、電力使用量が120kwh未満の場合は、電力量料金が東京電力の方がかなり安く設定されているということがお分かりいただけると思います。

つまり、一人暮らしのように、電力使用量が少ないご家庭ではLooopでんきに乗り換えることで、かえって電気代が割高になってしまうかもしれないので

そのため、一人暮らしの方や電力使用量が少ないご家庭にはLooopでんきはあまりおすすめとは言えません。

「あしたでんきの方が電気代が安くなった」

実は、「あしたでんきの方が電気代が安くなった!」という声も多く寄せられてます。実際にどちらの電力会社の方がお得なのか、料金表を見ながら比較していきたいと思います。

Looop
でんき
あしたでんき
(標準)
基本料金0円0円
電力量料金26.4円26円

基本料金はどちらも0円ですが、電力量料金があしたでんきの方が安く設定されています。つまり、あしたでんきの方が電気代を安くすることができるということです。

また、あしたでんきには月に700kwh以上の電気を消費するご家庭向けに「たっぷりプラン」という料金プランも用意しています。こちらのプランでは基本料金が3,000円かかるのですが、電力量料金がなんと21.5円という破格の安さ

実際に700kwhのご家庭で計算してみると、
基本料金3000円+(電力量料金21.5円×700kwh)=18,050円となります。

一方で、Looopでんきで計算してみると、

基本料金0円+(電力量料金26,4×700kwh)=18,480円となり、
あしたでんきの方が
400円以上もお得という結果に。このように、電力量が多い場合でもあしたでんきの方が安くなるため、電気代のみを節約したいのであればあしたでんきの方がお得と言えます

ただし、あしたでんきにはガスとのセット割が存在しません。また、Looopでんきでガスとのセット割で申し込んだ場合は電力量料金は26円にダウンします。つまり、ガスとのセット割で申し込めば、あしたでんきと同じ電気料金で契約することが可能です。

さらに、ガス代も節約できるので、電気代だけでなくガス代を含めた光熱費を安くしたいのであればLooopでんきの方がお得と言えます。

そのため、電気代だけを純粋の節約したい場合はあしたでんき、光熱費全体を節約したい場合はLooopでんきを選択することがおすすめです

電気代を純粋に節約できるあしたでんきはコチラ
あしたんでんき【2020年7月】あしたでんき評判は?口コミから見えたメリット・デメリットとは

メリット編

「アプリで使用状況を管理できるのが便利」

Looopでんきでは一時間ごと電力使用量をチェックできるアプリを配信しています。

このアプリは細かく使用料をチェックできるだけでなく、節約額まで確認することが可能。グラフによって使用量や節約額をチェックすることができるので、電気の使いすぎを未然に防ぐことができたり、電気代節約に役立つといった声が多く寄せられています。

「解約金がかからないので気軽に乗り換えることができた」

Looopでんきでは解約に伴う料金は0円でかかりません!そのため、お試し感覚で乗り換えを行うことができたという声も多く届いています。

少しでもLooopでんきに変えようか悩んでいる方はお試し感覚で乗り換えてみるのもおすすめです。

「総合的に考えるとやっぱり安い!」

先ほど、あしたでんきの方が電気代を節約できた!という評判をお伝えしましたが、「総合的に考えるとLooopでんきはかなりお得!」という評判も寄せられています。

基本料金0円なのでかなり電気代を節約することは可能ですし、電力量料金もあしたでんきとほぼ変わらないなど業界でもトップクラスの安さです。

さらに、ガスとのセット割で申し込めばあしたでんきと変わらない電気料金で契約できる上、ガスの料金まで節約することができてしまいます。さらに、トラブル時の対応も無料なので1万円ほど節約にも。

このように、電気代だけではなく、総合的に考えるとLooopでんきに乗り換えることでかなりのお金を浮かすことができる点が多くの方から評価されているようです

電気代が1万円以上お得に!
スポンサーリンク

料金プラン・シミュレーション

ここでは、各地域ごとの料金表をご紹介。比較として楽天でんきの料金表も記載しているので参考にしてみてください。

基本料金Looopでんき
電力量料金
楽天でんき
電力量料金
北海道エリア

0円

29.5円 / kWh30.0円/kWh
東北エリア26.4円 / kWh26.5円/kWh
関東エリア26.4円 / kWh26.5円/kWh
中部エリア26.4円 / kWh26.5円/kWh
北陸エリア21.3円 / kW22.0円/kWh
関西エリア22.4円 / kWh22.5円/kWh
中国エリア24.4円 / kWh24.5円/kWh
四国エリア24.4円 / kWh24.5円/kWh
九州エリア23.4円 / kWh23.5円/kWh
沖縄エリア27.0円 / kWh27.0円 / kWh

上の料金表を見て分かる通り、Looopでんきは、同じ料金体制をとっている楽天でんきよりも、電力量料金が安く設定されています

そのため、少しでも電気代を節約したいならLooopでんきの方がお得と言えるでしょう。しかし、楽天でんきでは電気料金に応じて楽天ポイントが貯まる特典付き!電力量料金の値段の差は微々たるものなので、楽天ユーザーであればポイントをサクサク貯めることができる楽天でんきの方がお得と言えます

楽天ユーザーにおすすめな楽天でんきはコチラ
楽天でんき【楽天でんきの評判】楽天ユーザーは本当にお得なのか?メリット・デメリット大公開

ここからは、地域別でどれだけ電気代を節約することができるのか一か月単位でシミュレーションをしていきます。ご自身の地域を選択して確認してみてください。

<シミュレーション条件>
■1~2人 月間電力使用量150kWh(4月)、30A
■3人   月間電力使用量350kWh(4月)、40A
■4人   月間電力使用量450kWh(4月)、50A
■5人~   月間電力使用量600kWh(4月)、60A
*小数点以下四捨五入、再生可能エネルギー発電促進賦課金 、燃料費調整額は含まない

北海道エリアの方はコチラ
東北エリアの方はコチラ
関東エリアの方はコチラ
中部エリアの方はコチラ
北陸エリアの方はコチラ
関西エリアの方はコチラ
中国エリアの方はコチラ
四国エリアの方はコチラ
九州エリアの方はコチラ
沖縄エリアの方はコチラ

北海道エリア(従量電灯B)

1~2人3人4人5人~
北海道電力65,507円158,129円208,855円282,929円
Looopでんき60,708円141,743円182,218円242,959円
割引率-4,799円-16,386円-26,637円‐39,970円

北海道エリアの方ですと、どのようなご家庭でも電気代が節約できるという結果に。1~2人のご家庭の方でも年間で約4,000円の節約に、5人以上の方ですと約4万円近くもも節約できてしまいます!

北海道エリアで電力使用量の多いご家庭にはとてもおすすめです。

東北エリア(従量電灯B)

1~2人3人4人5人
東北電力54,284円132,584円176,718円240,964円
Looopでんき54,326円126,849円163,070円217,426円
割引率+42円-5,735円-13,648円-23,538円

東北エリアでは、電力使用量の少ないご家庭ではむしろ割高となる可能性があるので注意が必要。しかし、3人以上のご家庭では、年間で約5,000から2万円以上も節約することも可能なので、電力使用量が多い方にとってはメリットが大きいと言えます。

関東エリア(従量電灯B)

1~2人3人4人5人
東京電力55,283円136,383円181,757円248,134円
Looopでんき54,326円126,849円163,070円217,426円
割引率-957円-9,534円-18,687円-30,708円

関東エリアでは電力使用量の多い方が電気代を大幅に節約することが可能。3人家族では年間で約1万円の節約にも!さらに、電力使用量の多いご家庭では、2万円~3万円以上も節約することが可能です。

もちろん電力使用量が少ないご家庭でも、電気代を着実に安くすることが可能なのでおすすめです。

中部エリア(従量電灯B)

1~2人3人4人5人
中部電力56,416円133,560円176,080円238,173円
Looopでんき54,326円126,849円163,070円217,426円
割引率-2,090円-6,711円-13,010円-20,747円

中部エリアでは、どのような世帯の方でも電気代が安くなるという結果に。

4人家族では年間で1万3千円、5人家族では約2万円ほども節約することができるので乗り換えるメリットは大きいと言えます。

北陸エリア(従量電灯B)

1~2人3人4人5人
北陸電力47,847円112,529円147,607円198,795円
Looopでんき43,829円102,341円131,566円175,422円
割引率-4,018円-10,188円-16,041円-23,373円

北陸エリアではどのご家庭で大幅に電気代を節約することが可能。比較的電力使用量の少ない単身世帯でも年間で約4,000円ほどの節約ができる上、家族が多いご家庭では約1万円~2万3千円ほども節約することができます。

北陸エリアの方ですと、どのようなご家庭の方にもLooopでんきはおすすめです。

関西エリア(従量電灯A)

1~2人3人4人5人
関西電力45,636円120,711円160,898円221,205円
Looopでんき46,094円107,626円138,362円184,482円
割引率+458円-13,085円-22,536円-36,723円

関西エリアでは、単身世帯では電気代が割高になる可能性があるので要注意。しかし、3人以上のご家庭であれば、年間で約1万円~最大で約3万円ほどの節約も!

電力使用量が多いご家庭であれば圧倒的に電気代を節約できるため関西エリアの方には特におすすめです。

中国エリア(従量電灯A)

1~2人3人4人5人
中国電力47,215円125,229円165,827円226,753円
Looopでんき50,210円117,237円150,716円200,954円
割引率(年間)+2,995円-7,992円-15,111円-25,799円

中国エリアも単身世帯では電気代が高くなる可能性があるのでおすすめできません。

しかし、3人以上のご家庭であれば比較的に電気代を節約することが可能。3人世帯だと、年間で約8,000ほど、4~5人世帯ですと約1万5千円~2万5千円ほども節約できます。

四国エリア(従量電灯A)

1~2人3人4人5人
四国電力48,255円126,625円168,470円231,269円
Looopでんき50,210円117,237円150,716円200,954円
割引率(年間)+1,955円-9,388円-17,754円-30,315円

四国エリアでは、単身世帯にLooopでんきをおすすめできません。しかし、3人以上のご家庭では電気代をお幅に節約できる可能性があります。

4人家族だと年間で約1万7千円、それ以上のご家庭では最大で約3ほども節約できるのでとてもお得です。

九州エリア(従量電灯B)

1~2人3人4人5人
九州電力50,079円120,604円159,923円217,145円
Looopでんき48,152円112,431円144,539円192,718円
割引率(年間)-1,927円-8,173円-15,384円-24,427円

九州エリアでは、比較的電力使用量の多いが家庭で年間1万円~2万5千円ほども電気代を節約することが可能!

ただし、電力使用量が少ない割引率は大きくないので注意してください。

沖縄エリア

1~2人3人4人5人~
沖縄電力52,724円133,373円175,177円237,915円
Looopでんき55,566円129,735円166,779円222,372円
割引率(年間)+2,842円-3,638円-8,398円-15,543円

沖縄エリアでは、1~2人と電力使用量の少ないご家庭では電気代がむしろ割高になる可能性があるので注意が必要。一方で、電力使用量が多いご家庭であれあ確実に電気代を安くすることができるのでおすすめです。

4~5人家族であれば、年間で1万円から最大3万円以上も電気代を節約することができてしまいます!ただし、一部の地域では、1~2人世帯のご家庭で電気代が割り増しになってしまう可能性もあるので注意が必要です。このように、Looopでんきに乗り換えることで、電気代を節約することが可能。特に、電力使用量が多くなればなるほど電気代が節約できる傾向にあります

電気代が1万円以上お得に!

Looopでんきキャンペーン情報!

 

現在Looopでんきでは、キャンペーンは行われていません。

しかし、Looopでんきでは定期的に新規契約キャンペーンを行っているので、今後キャンペーンが実施されることも考えられます。最新情報が入り次第、内容を更新していきます。

最短5分で完了!お申し込み方法

Looopでんきへ乗り換えを決めた方は公式サイトから申し込み作業を行います。申し込み作業が複雑ではと心配な方もいるかもしれませんがその必要はありません!
最短
5分で完了のお申し込み作業について見ていきましょう。

まず、公式サイトを開く前に、

①現在契約中の電力会社の検針票
②クレジットカード

この2点を準備しましょう。準備が完了したら公式サイトのお申し込み画面へGO!

公式サイトでは簡単4ステップでお申し込み完了です。

①現在のご契約内容の入力

現在の電力会社でのお客様番号や、電力プランを入力します。全て検針票に記載されている内容なので、検針票を見ながらミスのないように入力します。

②お申し込み者の情報入力

ここでは名前や住所などのお申し込み者自身の個人情報を入力します。

③お支払い情報の入力

お支払い先のクレジットカード情報を入力します。

④内容の確認→完了!

最後に入力内容の確認をしたらお申し込みは完了です!現在契約中の電力会社にはLooopでんきが解約の手続きを行なってくれるのでお任せでOK。

お申し込み完了後から約1ヶ月ほどで電力供給が開始されます。

電気代が1万円以上お得に!

まとめ

Looopでんきの特徴から実際の評判までご紹介してきました。

悪い評判もいくつかありますが、
総合的に、お金を節約したいのであれば、基本料金無料のLooopでんきはとてもおすすめの電力会社と言えます

この機会にLooopでんきへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか?解約金もかからないので気軽な気持ちで乗り換えることもおすすめです。

Looopでんき公式サイトはコチラ!

新電力おすすめランキングはコチラ
【2020年7月】新電力おすすめランキング10選!割引額から特典まで徹底比較
スポンサーリンク