Looopでんきの評判と契約前に知りたいメリット・デメリット

誰しもが今よりも光熱費を抑えられる方法があれば、そちらに切り替えたいと考えることでしょう。また、電気代に関しては、既存の大手電力会社で値上げが行われているため、特に電気料金プランの見直しをしたいと考える方もいます。

そこで、新電力の電力会社である、Looopでんきも乗り換え候補に入れてみてはいかがでしょうか。Looopでんきは、東日本大震災後の無償活動から始まった会社でして、一般的な会社とは異なる経緯で始まったところです。

そのような背景もあり、再生可能エネルギーに対しても力を入れており、電力事業について興味・関心がある方にとっても注目すべき電力会社です。また、勿論電気料金プランの見直しについて悩んでいる方も、知っておくべき会社の1つです。

そこで今回は、新電力の電力会社Looopでんきについて、評判やメリットとデメリットについて解説していきます。また、利用方法や主な特徴について解説していきますから、利用検討している方も参考にしてみてください。

Looopでんきの評判は様々でどの意見も参考になる

Looopでんきは、新電力の1つでして利用者の数も一定数存在します。ですから、評判についても多数発信されていまして、参考になる情報が多いです。一般的に評判を確認する時は、良い評判を探すかと思います。

しかし、利用してみて良くなかった意見についても、目を向けることが大切です。新電力は、必ず電気料金を安くしてくれる訳ではありません。各利用者自身が、生活スタイルに合った電気料金プランかどうかを確認してみることが、お得に利用するポイントになります。

Looopでんきを利用して電気料金が安くなったという評判もある

Looopでんきを利用した人の評判として、目立つ意見の1つが乗り換えたことで電気料金を安くできたという内容です。電力会社を乗り換えて、電気料金を安くすることが目的ですから、当たり前と感じる方も多いことでしょう。

しかし、新電力と呼ばれる全ての電力会社が、利用者にとってメリットといえる電気料金を提供しているかどうかは、分からない部分が多いです。また、場合によっては、既存の大手電力会社から乗り換えて、割高になってしまったケースもあります。

そんな中で、電気料金が安くなったという評判が、比較的多い点もLooopでんきが優れていると判断できるポイントではないでしょうか。

解約金がなくプランが分かりやすい

Looopでんきを利用した方の評判には、解約金が無く電気料金プランがが分かりやすいといった、使いやすさに関する意見も目立っています。

まず解約金についてですが、電力会社の中には契約期間を定めて、その期間を過ぎていない状態で解約すると、違約金や解約金という形で費用負担するケースもあります。その点、Looopでんきの場合は、解約金0円なだけでなく契約期間の定めもありません。

ですから、乗り換えやすい契約サービスを提供しています。

また、電気料金プランについても。3段階や2段階を設けないだけでなく、基本料金0円の電力料金1段階のみでシンプルなプラン構成も評判が良いです。

対応に関して不十分な評判もいくつか見受けられる

Looopでんきの評判の中には、良くない評判もあります。当たり前ですが、どんなサービスでも良い・悪い双方の評判がありますから、これだけで不安に感じないことが大切です。

Looopでんきを利用した方の意見として、申し込みや問い合わせを行った際に、担当差の対応が曖昧で丁寧な対応してもらえなかったという内容があります。全てのケースではありませんが、いくつか辛口の評判も存在しています。

こちらも参考にしつつ検討してみましょう。

契約前に知っておくべきLooopでんきのメリットについて

Looopでんきへ乗り換えることを検討している方は、契約前に改めてメリットについて確認してみることが大切です。また、いくつかのメリットについて知らない状態で、契約準備をしている場合は、特に確認が必要です。

それでは、Looopでんきのメリットについて、2点ご紹介していきます。

電気料金プランが分かりやすい

Looopでんきのメリットとして、電気料金プランが分かりやすい点が挙げられます。電気料金は、一般的に基本料金と電力量料金の2種類を足したプランで構成されています。また、電力量料金は、2段階や3段階に単価が変化していきます。

従って、今まで電気料金について興味がなかった方や、初めて電力会社に乗り換えるかたにとって、分かりにくいプランといえました。

その点Looopでんきの場合は、基本料金0円で電力料金に段階制を排除しています。つまり、電力量料金が電気使用量で変化せず、基本料金について考える必要がない分かりやすい内容になっています。

初めて、電気料金プランを見直す方にとって、メリットといえるでしょう。

電気使用量の多い世帯では電気料金を安くできる

Looopでんきのメリットであり特徴ともいえるのが、電気料金プランの傾向として電気使用量の多い世帯でお得になる内容です。

Looopでんきの電気料金プランは、おうちプランの場合21円から29円/kWhの1段階で設定されています。そして既存の大手電力会社は、電力量料金を3段階にしており尚且つ1段階目についてはLooopでんきよりも安いプランです。

例えば、東北電力の従量電灯制Bは、以下の段階で単価が変わります。
・18円/kWh:120/kWhまで
・24円/kWh:120から300/kWhまで
・28円/kWh:300/kWhを超える

300kWhを超える電力使用量の世帯は、Looopでんきを利用した方が電気料金を安くできます。

つまり電気使用量の多い世帯は、利用メリットがあるといえるでしょう。

契約前に知っておくべきLooopでんきのデメリットについて

Looopでんきの契約を検討している方や、電力会社の乗り換えについて気になっている方は、いきなり乗り換えるのではなくデメリットも把握しておきましょう。

新電力の1つとして、注目されていますし評判もおおむね良好なLooopでんきですが、人によっては乗り換えてもお得にならない可能性があります。

それでは、Looopでんきのデメリットについてご紹介します。

電気使用量の少ない世帯では乗り換えても電気料金が安くなりにくい

Looopでんきの電気料金プランは、基本料金0円で電力量料金が1段階とシンプル且つ、お得な契約内容といえるでしょう。しかし、全ての方にとって、お得になるプランという事ではありません。

例えば、東北電力の従量電灯制Bは、以下の段階で単価が変わります。
・18円/kWh:120/kWhまで
・24円/kWh:120から300/kWhまで
・28円/kWh:300/kWhを超える

対して、Looopでんきは、電力量料金が地域によって、21円から29円/kWhの間で設定されています。

仮に、1ヶ月の電力使用量が120kWh以内の世帯は、Looopでんきに乗り越えることで電気料金が高くなってしまう可能性があります。

1人暮らし世帯や、毎月の電気使用量が少ない世帯の場合は、デメリットとなりうるでしょう。

セット割引やキャンペーンなどは行っていない

新電力として参入している電力会社の多くは、各企業が別に行っている事業も追加されたセット割引やキャンペーン特典があります。

しかし、Looopでんきの場合は、電力会社として事業を立ち上げた経緯もありますから、他事業とのセット割引は存在しません。

従って、セット割引も視野に入れた乗り換えを検討している方にとっては、Looopでんきを利用することがデメリットになるでしょう。

電気使用量が多くシンプルなプランに変更したい場合はLooopでんきがおすすめ

電力自由化によって、多種多様な電気料金プランやサービスが提供されるようになり、利用者側にとってメリットも多いです。しかし、どの電力会社にもメリット・デメリットがありまして、生活スタイルによりメリットとなる電力会社が変わります。

Looopでんきも同様で、シンプルなプランである基本料金0円・電力量料金1段階のシンプルなプランは、世帯によっては非常にメリットとなるでしょう。

具体的には、電力量料金の多い世帯のことで、既存の大手電力会社が提供しているプランの3段階目まで適用されている場合に関して、電気料金を安くできます。

ただし、毎月の電気使用量が120kWh以下である場合や、既に電気使用量が少ない方向けの電力会社に乗り換えている場合は、Looopでんきへ乗り換えるメリットが少ないです。

Looopでんきに乗り換える時は、電力使用量が多くシンプルなプランに変えたいと、感じている場合に検討するといいでしょう。

新電力会社比較ランキング2019年はこちら
新電力会社比較ランキング 【2019年6月最新版】