CDエナジーダイレクトの評判|電気代1万円を節約するために知るべき全情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気温も少しずつ高くなり、エアコンが不可欠な時期になりました。そこで心配になるのがエアコン代。今年はテレワークや自宅で過ごす時間も増えたので、例年以上に電気代が高くなるでしょう。

しかし、教育費や家のローンがある方は少しでも電気代を安くしたいもの。また、一人暮らしの方も少しでも電気代を節約して自由に使えるお金を増やしたいものですよね。

そんな方に是非知ってい頂きたいのが、今回ご紹介する「CDエナジーダイレクト」という電力会社。唐沢寿明さんのCMでご存じの方も多いかもしれませんが、このCDエナジーダイレクトに乗り換えることで電気代を大幅に節約できたという評判が多く寄せられています。

そこで今回はCDエナジーダイレクトの概要から特徴を徹底解説。どれほど電気代を節約できるのかといった内容や、実際に乗り換えることで見えてきたCDエナジーのメリット・デメリットな評判まで余すことなくご紹介します。

この記事を読めば、自分はCDエナジーに乗り換えるべきか、乗り換えないべきかがわかります!ぜひ最後までチェックしてみてください。

cdエナジーダイレクトの概要

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

CDエナジーダイレクトとは?会社概要

スポンサーリンク

出展:CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトとは、中部電力と大阪ガスの共同出資によって誕生した総合エネルギー会社で、東京電力エリアに電力を供給しています。電気とガスの会社が合わさってできたので、どちらの強みも兼ね備えたプランを提供しています。

そんなCDエナジーダイレクトの特徴は以下の3点です。

①東京電力・東京ガスより電気代が確実に安く!
②ポイントがさくさくたまる!還元率1%
③選べるプランは8種類!ユニークなプランが豊富

次の章からはこれら3つの特徴を詳しくみていきます!

①東京電力・東京ガスより電気代が確実に安く!

CDエナジー最大の特徴は、電気ガスの料金が東京電力・東京ガスより確実に安くなるということ

つまり、東京電力や東京ガスの契約をしているいる方であれば、CDエナジーに乗り換えることで電気代やガス代を100%節約できます!

プランによって料金体制が異なるので割引率はまちまちですが、1,000円〜最大15,000円ほども節約することが可能です。

東京電力・東京ガスに契約中の方であれば断然乗り換えることをおすすめします!

どれだけ安くなるか確認したい方は、こちらから料金表へジャンプ!

②ポイントがさくさくたまる!還元率1%

CDエナジーののもうひとつの特徴が、電気代のお支払いでポイントがサクサクたまるという点。CDエナジーの会員サイトであるカテエネに登録することでポイントを貯めることが可能で、電気料金100円につき1ポイントを貯めることができます。

さらに、二親等以内のご家族様が中部電力をご利用の場合は、年間1,200ポイントがそれぞれのご家庭に配られます。

また、ショッピングをする際にこのカテエネを経由することでさらにポイントを獲得することも可能。カテエネ経由で、提携先のネットショップの商品を購入すると、ネットショッピングのポイントとは別にカテエネポイントをゲットできます

さらに、クレジットカードでお支払いすれば、支払い分のポイントも貯まるので、通常の3倍ポイントを獲得できます。

ポイント還元ができるのショッピングサイトの提携先は楽天やじゃらんなど様々。還元率も1%のものから5%と非常に高いものもあるので気になる方は公式サイトでチェックしてみてくださいね。

https://tokutoku-park.katene.jp/point

このように様々な方法でポイントを貯めることができるCDエナジーですが、これらのポイントは貯めて終わりではなく他のポイントへ交換して使用することができます。

カテエネポイントは、Tポイントdポイントnanacoなどのポイントに交換して使用することができます。電気代だけでなく、ポイントがさくさく貯まる点も人気の秘密と言えます。

③選べるプランは8種類!ユニークなプランが豊富

CDエナジーにはユニークなプランが盛りだくさん!

通常のベーシックプランから電力使用量が多い方・少ない方向けのプラン、さらにはお笑い好きの方のための「よしもとでんき」というプランまで全8種類を展開。

ここまでユニークなプランを展開しているのはCDエナジーならではの特徴と言えるでしょう。

このように様々なプランを展開しているので、各ご家庭のニーズに合わせたプランを選択することができます!ここからはそんなCDエナジーの料金プランを1つずつご紹介していきます。

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

それぞれの料金プランを比較!

①ベーシックでんき(通常プラン)

こちらは通常の料金プランになっていて、東京電力の従量電灯Bをお使いの3~4人世帯の方におすすめ。特徴としては、電気代の基本料金と電力量料金が東京電力より安く設定されています

・基本料金

CDエナジー東京電力

従量電灯B

割引率
10A267.66円286.00円-18.34
15A401.49円429.00円-27.51
20A535.32円572.00円-36.68
30A802.98円858.00円-55.02
40A1,070.64円1,144.00円-73.36
50A1,338.30円1,430.00円-91.70
60A1,605.96円1,716.00円-110.04

・電力量料金

CDエナジー東京電力

従量電灯B

割引率
~120kWh19.78円19.88円-0.10
121~

300kWh

25.47円26.48円-1.01
301kWh〜26.38円30.57円-4.19

こちらの表をみてわかる通り、全ての場所で東京電力よりも安い値段に設定されています。また、電気の使用量が多くなればなるだけ割引率が大きくなるので、電気使用量が多い方ほど節約をすることが可能です

一例として、それぞれの世帯ごとでシミュレーションをしてみます。

・4人世帯
(4月電力使用量:450kwh 契約アンペア数:50A)

・3人世帯
(4月電力使用量:350kwh 契約アンペア数:40A)

・1~2人世帯
(4月間電力使用量:150kwh 契約アンペア数:30A)

CDエナジー東京電力
従量電灯B
割引率(年間)
4人世帯171,943円  187,237円  -15,294
3人世帯132,533円140,674円-8,141
1~2人世帯55,868円  57,291円   -1,423

*小数点以下四捨五入、再生可能エネルギー発電促進賦課金 、燃料費調整額は含まない

シミュレーションの結果、電気代が安くなるという結果に。中でも、4人世帯のご家庭では年間で15,294円も節約できてしまいます!電力会社を乗り換えるだけで年間1万円以上も節約できるのでとってもお得です。

世帯の人数が少なく、電力使用量が少ないご家庭では割引額が少なくなる傾向がありますが、十分節約することが可能です。

また、今回は1~2人世帯の電力使用量は昼間もある程度電気を使うご家庭を想定してます。仮に、昼間は仕事で外出しており電気をほとんど使用しない生活スタイルの場合は、こちらのベーシックでんきよりもシングルでんき」がお得。

こちらのプランでは、どんなに電力使用量が少なくても、電気代が毎月100円引きされます。つまり、年間で1200円の節約です。電力をほとんど使わない単身のご家庭で、ここまで電気代を節約できるのはCDエナジーの「シングルでんき」というプランを除いてありません!

単身世帯や電力をほとんど使用しない方は、こちらからシングルでんきをチェックしてみてください

②スマートでんき(オール電化向け)

こちらはオール電化のご家庭向けのプランとなっています。電力量料金の午前1時〜午前6時までの夜間の電気代が割安になっていることが特徴。

しかし、実はこちらのプランは東京電力が提供するオール電化プラン「スマートライフS」と基本料金も電力量料金も全く変わりません

・基本料金

CDエナジー東京電力
スマートライフS
10A
につき
286.00円286.00円

・電力量料金

CD
エナジー
東京電力
スマートライフS
午前6時〜
翌午前1時
25.80円25.80円
午前1時〜
午前6時
17.78円17.78円

このように、全く料金体制は変わりませんが、電気料金100円ごとに1ポイント貯まるという点から考えるとCDエナジーの方がおすすめ。

電気代自体は変わりありませんが、総合的に考えると東京電力よりもおすすめです。

③ファミリーでんき(電力使用量が多い方向け)

こちらは電力使用量の多いご家庭向けのプラン。4人以上の大家族のご家庭や、ペットを飼っていて毎月の電力使用量400kwhを超える家庭はこちらのプランにすることで電気代を大幅に節約することが可能です。

・基本料金

CDエナジー東京電力

従量電灯B

割引率
10A267.66円286.00円-18.34
15A401.49円429.00円-27.51
20A535.32円572.00円-36.68
30A802.98円858.00円-55.02
40A1,070.64円1,144.00円-73.36
50A1,338.30円1,430.00円-91.70
60A1,605.96円1,716.00円-110.04

・電力量料金

CDエナジー東京電力

従量電灯B

割引率
~120kWh7,049.16円
(定額)
19.88円-99.24
121~

300kWh

26.48円
301kWh〜25.47円30.57円-5.1

こちらのプランでは、基本料金が「ベーシックでんき」と同じ体制をとっており、契約アンペア数が大きいご家庭ほどお得になります。

また、電力使用量は300kwhまでは定額となっています。そして、301kwhからの電力料金が東京電力と比較すると大幅に安く設定されています。そのため、電力使用量が多いご家庭ほど電気代が安くなるのです。

一例として、電力使用量の多いご家庭と、一般的なご家庭でシミュレーションをしていきます。

・5人世帯
(月間電力使用量:500kwh 契約アンペア数:60A)

・3人世帯
(月間電力使用量:320kwh 契約アンペア数:40A)

CDエナジー東京電力

従量電灯B

割引率(月間)
5人世帯13749円    14858円  -1,109
3人世帯8626円8824円+2

*小数点以下四捨五入、再生可能エネルギー発電促進賦課金 、燃料費調整額は含まない

3人→年間24円割高に
5人→年間13,308円割安に

シミュレーションの結果、毎月1,109円も節約できるという結果に!年間で換算すると、13,308円も電気代を節約できてしまいます。

しかしながら、3人世帯の方でシミュレーションをしてみると逆に少しだけ電気代が高くなってしまうという結果に。こちらのプランでは、300kwhまでは少し高めに設定されているため、300kwhほどの電力使用量ではあまり割引されない上、最悪の場合むしろ割高になる可能性もあるので注意が必要です。

電力使用量が400kwh以上であれば、こちらのプランを選択することで電気代を1万円以上と大幅に節約することができるので、この使用量を目安に検討してみてください。

④シングルでんき(電力使用量が少ない方向け)

こちらは一人暮らしの方や、電力使用量の少ないご家庭向けのプランとなっています。このように、電力使用量が少ない方向けのプランを展開している企業は多くないので、特に、一人暮らしの方や電力使用量が月に150kwh以下のご家庭の方は検討がおすすめ。

・基本料金

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
10Aにつき286.00円286.00円

・電力量料金

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
~120kWh19.88円19.88円
121~
300kWh
26.48円26.48円
301kWh〜30.57円30.57円

こちらのプランでは、基本料金や電力量料金は東京電力と変わりありません。

しかし、CDエナジーの「シングルでんき」ではこちらの料金から毎月100円引きの特典付き!そのため、年間で1,200円電気代を節約することができます。

割引の方法もシンプルな上、確実に電気代を節約することができるので一人暮らしの方にはとてもおすすめ。電力会社の中でも、業界トップクラスの割引率と言えます。

ただし、契約アンペア数が30〜60Aの方でなければ契約をすることができないので注意が必要です。

⑤ポイントでんき(ドコモ・楽天ユーザー向け)

こちらのプランは電気代そのものは割引されないものの、毎月の電気料金でdポイント楽天ポイントがサクサクたまるプランとなっています。

料金体制は東京電力の従量電灯Bと変わりません。ただし、電気料金の金額に応じてdポイントか楽天ポイントが還元される仕組みとなっています。

CDエナジーダイレクトの料金プラン

還元率は上の画像の通りです。電気代が高くなればなるほど還元率は大きくなり、最大で6%まで還元されます。

仮に、月の電気代が15,000円だった場合は、dポイントか楽天ポイントが900ポイント溜まります。つまり、年間10,800ポイントも貯まるということ!

ドコモや楽天ユーザーの方にとってはかなりお得なプランとなっています。

⑥よしもとでんき(お笑い好きの方向け)

こちらはお笑い好きな方向けのユニークなプラン。

特典として、年会費4,980円かかる大阪チャンネルが付いてきます。大阪チャンネルとはよしもとの劇場公演や、関西などで放送された人気の番組をみることができるサービスです。

また、毎年1,000名様に、抽選で吉本興業が運営する劇場公演が見放題になる「ゴールデンフリーパス」が当たる特典付き。大阪出身の方やお笑い好きの方には嬉しい特典と言えそうです。

さらに、電力料金も東京電力よりも安く設定されており、電気代そのものを節約することも可能。

・基本料金

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
割引率
10A675.99円286.00円+390
15A809.82円429.00円+381
20A943.65円572.00円+372
30A1,211.31円858.00円+353
40A1,478.97円1,144.00円+335
50A1,746.63円1,430.00円+317
60A2,014.29円1,716.00円+298

・電力量料金

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
割引率
~120kWh19.78円19.88円-0.1
121~
300kWh
25.79円26.48円-0.7
301〜
400kWh

30.57円

-4.8
400kWh〜30.57円30.57円-0

基本料金は東京電力よりも多少高めにに設定されていますが、電力量料金は400kwh〜以外で安く設定されています。

そのため、電力使用量が少ない方では電気代のみで考えると少し割高になってしまう可能性もありますが、400kwhほどの使用量のご家庭では電気代もしっかりと節約することが可能。

仮に、毎月の電力使用量が400kwhのご家庭でシミュレーションしてみたいと思います。

・4人世帯
(月間電力使用量:400kwh 契約アンペア数:40A)

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
割引率
(月間)
4人10,806円  11,269円-463

*小数点以下四捨五入、再生可能エネルギー発電促進賦課金 、燃料費調整額は含まない

シミュレーションをすると、毎月463円電気代を節約できるという結果に。年間で換算すると5,556円電気代を節約することが可能です。

これに加えて、年間4,980円かかる大阪チャンネルが付いてくるので、実質1万円以上もお得に利用することができます。

⑦エンタメでんき(Amazonプライム付き)

こちらは年会費4,900円かかるAmazonプライムがセットになったプラン。

料金体制は先ほどの「よしもとでんき」と変わりません。そのため、毎月400kwhほどの電気を使用する方であればトータルで1万円ほど節約できます。

映画をよく見るご家庭や、すでにAmazonプライム会員の方はこちらのプランに乗り換えることでお得になりますよ。

⑧KODOMO新聞でんき(KODOMO新聞付き)

こちらは年間購読料6,600円かかるKODOMO新聞がセットになったプラン。

KODOMO新聞とは、読売新聞社とCDエナジーが共同で手がける小学生向けの新聞です。ニュースなどがわかりやすく図解されている他、受験シーズンには実際に使用された問題を使用した解説を掲載するなど、お子様の成長を後押しする教材となっています。

そのため小学生のお子様がいるご家庭ではこちらのプランを検討するのもおすすめ。また、KODOMO新聞が付いてくるだけではなく、電気代もしっかりと節約できます。

・基本料金

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
割引率
10A667.66円286.00円+382
15A801.49円429.00円+372
20A935.32円572.00円+363
30A1,202.98円858.00円+345
40A1,470.64円1,144.00円+327
50A1,738.30円1,430.00円+308
60A2,005.96円1,716.00円+290

・電力量料金

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
割引率
~120kWh19.78円19.88円-0.1
121~
300kWh
25.47円26.48円-1
301kWh~26.38円30.57円-4.2

こちらのプランでも、基本料金そのものは多少高くなってしまうのですが、電力量料金が東京電力よりも安く設定されています。

一般的なご家庭でシミュレーションをしてみると以下の結果に。

・4人世帯
(月間電力使用量:400kwh 契約アンペア数:40A)

CD
エナジー
東京電力
従量電灯B
割引率(月間)
4人11,066円  11,269円-203

*小数点以下四捨五入、再生可能エネルギー発電促進賦課金 、燃料費調整額は含まない

月額では203円節約で、年間に換算すると2,436円節約することが可能です。さらに、こちらの料金に加え、年間購読料6,600円のKODOMO新聞がセットとなっているので、おおよそ9,000円ほどお得になります。

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

CDエナジーダイレクトはガスとのセット割がお得!

ここまで、様々なプランをご紹介していきましたが、CDエナジーではどのプランでも東京電力よりも電気代を安くすることが可能です。

それに加え実は、CDエナジーでは電気と一緒にガスを申し込むとさらに節約することが可能!ガスと電気を一緒に申し込んだ場合、電気代の0.5%相当が割引されます。

また、ガス単体の料金も東京ガスよりも確実に安い料金に設定されています。電気代がさらに安くなる上、ガスそのものの料金も安くすることができるので、光熱費を大幅に安くすることができます。

仮に、平均的な4人家族で計算すると、ガスと電気代を合わせて約18,000円の節約に!光熱費を2万円近くも節約できるので、電気とガス両方乗り換えるのがとってもお得。

支払いも一本にまとめることで、家計の管理もしやすくなるなどメリットも盛りだくさんです。この機会にガスと電気をまとめて申し込むのおすすめですよ。

ガスの料金プランについてはコチラの記事で詳しく解説しています。具体的にいくら節約できるのか、特徴など詳しくまとめているので気になる形はチェックしてみてください。

CDエナジーダイレクトはガス料金も安い!電気とガスをセットで契約するメリット

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

CDエナジーダイレクトの評判【デメリット編】

CDエナジーダイレクトでは、電気代が安くなるなどのメリットがある一方でデメリットも存在します。乗り換えてからの後悔がないように寄せられたデメリットをご紹介していきます。

契約アンペア数によって契約できないプランがある

悪い評判としてまずあげれれるのが、契約アンペア数によっては契約のできないプランがある点。

そのプランとは一人暮らしの方向けのプランである「シングルでんき」。こちらのプランでは、契約アンペア数が30〜60Aの方限定となってます。一人暮らしの方の中には、20Aやそれ以下のアンペア数で契約されている方も多くいるので、そのような方からは不満の声が寄せられています。

いつ電話しても繋がらない…」

電話がなかなかつながらないという評判もちらほら見受けられます。CDエナジーは大々的なCMなども行っているので、電話での質問が殺到していることが予想されます。しかしながら、電話がなかなか繋がらない点はマイナスポイントと言えるでしょう。

この口コミは3月の終わりと、引っ越しシーズンとも被っているため電話が特に集中していたことも考えられるため、現在だと繋がりやすくなっている可能性があります。しかし、確実に電話を繋ぎたい場合は、なるべく午前中に電話をすることをおすすめします。

一点補足ですが、申し込みそのものはWEB上で行うことができ、影響はないので安心してください。

解約金がかかる場合もある

CDエナジーのプランでは基本的に、いつ契約をやめても解約金や違約金は発生しません!

ただし、「エンタメでんき」「よしもとでんき」は1年未満で解約した場合料金が発生するので注意が必要

・エンタメでんきの場合
(契約の残り期間×1ヶ月あたり400円)
+手数料495円

・よしもとでんきの場合
(契約の残り期間×1ヶ月あたり415円)
+手数料495円

こちらの解約金が発生します。これらのプランを検討中の方は要注意です。

CDエナジーダイレクトの評判【メリット編】

デメリットもいくつかありますが、メリットも多く存在します。ここからはCDエナジーダイレクトのメリットをご紹介していきます。

CDエナジーが一番合っていたし、JCBカードの特典も嬉しい!

CDエナジーがご家庭のライフスタイルにぴったりだったという評判が多く届いています。

電力会社を乗り換える際に一番注意しなければならないのは、電力会社のプランがご家庭のライフプランに適したものかという点。この点が適していないと、せっかく電力会社を乗り換えたのにむしろ電気代が割高になるという最悪のケースになる可能性すらあります。

その点、CDエナジーは料金プランを豊富に展開。電力使用量が多い方から少ない方まで、幅広く対応しているため、ご家庭のライフスタイルに合わないといったミスマッチが起きにくいと言えます。ご家庭のライフスタイルに合わせて最適な選択ができる点で、CDエナジ-は評判を集めています

また、JCBギフト券のキャンペーンは現在は行われていませんが、変わりに現金1万円分のキャッシュバックキャンペーンを行っています!このような入会特典がある点も人気の秘密です。

申し込みがWEBで簡単だった

お申し込みがWEBで簡単だったという声が寄せられています。CDエナジーではではWEBと電話の2種類の申し込み方法がありますが、その中でもWEBの申し込みが好評のようです。

手順は簡単で、現在ご契約中の電力会社の検針票を写真に撮って必要事項を入力するだけ。最短5分申し込みが完了するのでとっても簡単と評判です。

一人暮らしならCDエナジーが1番お得だった!

一人暮らしであれば、CDエナジーが一番お得だったという声も届いています。

実際、多くの新電力が割安な料金プランを展開していますがそのほとんどが電力使用量の多い方向けのプランです。そのため、一人暮らしの方や電力使用量の少ない方は乗り換えてもメリットがありませんでした

しかし、CDエナジーでは電力使用量が少ない方向けに、使用量に関わらず毎月電気代が100円引きされる「シングルでんき」プランを提供。 こちらのプランでは、年間でマイナス1,200円と一人暮らしの方でも確実に電気代を節約できるます。

一人暮らしの方で、ここまで電気代が安くできるのはCDエナジーだけといっても過言ではありません!

CDエナジーキャンペーン情報

9月30日までにCDエナジーダイレクトに新規契約すると、現金最大1万円がキャッシュバックされます!

・電気 or ガスのどちらかだけ契約→1,000円
・電気+ガスで契約→2,000円

期間中であれば、上の2つのうちどちらの値段は必ずキャッシュバックされるのでとってもお得。さらに、アンケートに答えると、10人に1人が8,000円キャッシュバックされます!つまり、

(1,000円 or 2,000円)+8,000円、最大10,000円分のキャッシュバックを受け取れる可能性があります!かなりお得なキャンペーンですので、CDエナジーを検討中の方は期間内での契約がおすすめ。ただし、クリアしなければ行けない条件もあります。

・WEBでの申し込み
・CDエナジーと1年以上契約
・12月31日までにカテエネに登録

以上の3つがキャンペーン参加の条件ですが、どれも難しいものはありません。しかし、一点注意なのが、WEBでの申し込み限定という点。電話などで申込みされるとキャンペーンが適用されないので、必ず公式サイトからも申し込みをしてください。

下のボタンから公式サイトにアクセスできるので、CDエナジーへの乗り換えを検討中の方はお早めにチェックしてみてください!

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

まとめ

cdエナジーダイレクトの概要

今期はCMでも話題のCDエナジーをご紹介していきました。CDエナジーは電気代が確実に安くなる上、料金プランも豊富。きっとあなたのご家庭にぴったりの料金プランも見つかるはずです。

キャンペーンも期間限定で行なっているので、ご検討中の方はこの機会をお見逃しなく!

合わせて読みたいおすすめ記事
【2020年10月】新電力おすすめランキング10選!割引額から特典まで徹底比較looop電気の評判【2020年10月】Looopでんきの評判|悪評の真実からキャンペーン情報まで大公開エルピオでんきの評判や口コミエルピオでんきはとにかく安いと評判!【10月の最新キャンペーン情報!】楽天でんき【楽天でんきの評判】楽天ユーザーは本当にお得なのか?メリット・デメリット大公開
スポンサーリンク
スポンサーリンク