エポスカードはショッピングだけじゃない!ENEOSでんきの支払いでかなりお得に♪

スポンサーリンク

エポスカードは、お買い物好きの方なら一度は入会を考えたことがあるクレジットカードかもしれませんね。

実は、エポスカードはマルイでの買い物以外でもポイントが貯まりやすかったり、海外旅行保険が自動付帯していたりとメリットを実感しやすいです。

さらに最近メジャーになった新電力のENEOSでんきと提携して、よりお得にポイントを貯められたり、エポスカードで電気代を支払うことで電気の基本料金が一定期間無料になるキャンペーンも実施しています!

この記事では、エポスカードの年会費やENEOSでんきのキャンペーンや、お得にポイントを貯める方法についてご紹介していきます!

エポスカードとは

エポスカード

エポスカードは、丸井グループが発行しているクレジットカードです。

マルイの店舗にも申し込みブースがあるので、知っている方も多いのではないでしょうか。

エポスカードは、申し込みから最短で即日発行できるクレジットカードで、

「マルコとマルオの7日間」というショッピング優待期間中の利用で代金が10%オフになるというお得なカードなのです。

エポスカードの年会費と優待の違い

年会費

エポスカードの年会費は、一般カード・ゴールドカード・プラチナカードによって異なります。

年会費
一般カード無料
ゴールドカード5,000円
(年間50万円以上の使用で翌年無料)
プラチナカード30,000円
(年間100万円以上の使用で翌年20,000円)

※インビテーションの場合、ゴールドカードであれば年会費永久無料、プラチナカードであれば2万円となります。

一般カードであれば、年会費が無料なので気軽に入会しやすいです。しかし、エポスカードでの支払いが年間50万円を超えるのであれば、優待特典がつくのでゴールドカードにランクをあげるのがおすすめです。

カードの種類による優待

一般カード・特になし
ゴールドカード・年間50万円以上のご利用でボーナスポイント
・選べるポイントアップショップで特定店舗のポイント3倍
・空港ラウンジ、レストラン等のご優待
プラチナカード・年間50万円以上のご利用でボーナスポイント
・選べるポイントアップショップで特定店舗のポイント3倍
・空港ラウンジ、レストラン等のご優待
・プラチナグルメクーポン(コース料理が1人分無料)
・「プライオリティ・パス」無料登録で、世界の空港VIPラウンジが利用可能

エポスカード公式サイトはこちら

スポンサーリンク

ENEOSでんきとエポスカード

近年、多くの方が乗り換えしている新電力。

ガソリンで有名なENEOSも、2016年から電力事業に参入しENEOSでんきを展開しています。

ENEOSでんきは、4人家族の場合、年間10,000円も電気代が安くなるだけでなく、ガソリン代が割引きされたりと、電気代節約以外にも嬉しいメリットがたくさんある新電力です。

違約金がかからないため、初めて新電力に切り替えるご家庭でもお試し感覚ではじめられると高く評価されています。

今ならENEOSでんきに新規登録または他社から乗り換えし、支払い方法にエポスカードを登録すると、エポスポイント1,000円分がプレゼントされるんです!

さらに、毎月のENEOSでんきの支払いをエポスカードですればエポスポイントが2倍に。

ゴールドカード・プラチナカードの場合、選べるポイントアップショップにENEOSを登録するとエポスポイントが最大4倍付与されます。

このキャンペーンは2020年9月30日までとなっています。

なお、このキャンペーンはすでにエポスカードをお持ちの方でも、これからカードの申し込みをする方でも適応されます。

ただし、先にカードの申し込みをしてからENEOSでんきに申し込みするようにしましょう

詳細の確認はエポスカード公式サイトでどうぞ。

ENEOSでんきの評判や特徴などは以下の記事で詳しく説明しています。

【ENEOSでんき評判】デメリットから見る本当に得する家庭&最新キャンペーン情報

エポスカードのとっておきの使い方

ポイントをどんどん貯める

①ショッピングで使う

マルイ以外でも、コンビニやスーパー、Visa加盟店での買い物代金の支払いで使用することができます。

200円につき1ポイント貯まるので、日常生活で使えばポイントもあっという間に貯まりそうですね。

②たまるマーケットで使う

楽天市場やamazon、Yahooショッピングでの利用では、ポインが通常の2〜30倍貯まるので、普段からこれらの通販サイトを利用している方はより簡単にポイントをゲットできます。

③公共料金や携帯代金の支払いに使う

公共料金(東京ガス・東京電力)や携帯代(docomo、au、softbank)を毎月エスポカードで支払うように手続きをしておけば、これらの支払い料金に応じてポイントが付与されます。

④プライベートで使う

カラオケや飲食店での支払いをエポスカードですれば、最大5倍のポイントがもらえます

エポスカードの提携店でショッピングすればボーナスポイントがもらえることも!

貯めたポイントの有効活用

ショッピングは支払いで貯めたポイントは、プリペイドカードにチャージして使用することができます。その場合、利用額の0.5%がキャッシュバックされるので、ポイントもよりお得に使用することができます。

また、suicaやEdyにチャージすることもできるので、使い方によってはキャッシュレス・消費者還元で割引されたりポイントがつくケースもあり、かなり有効的に使えます。

また、ポイントは商品券やクオカードに交換したり、ANAマイルやスターバックスカードに移行することもできますよ。

エポスカード公式サイトはこちら

エポスカードへの申し込み方法と審査にかかる期間

スマホやパソコンを使って、Webからエポスカードに申し込みが可能です。

もちろん、店頭での申し込みもできます。店頭での申し込みの場合、本人確認ができる運転免許証や健康保険証などが必要となります。

銀行口座引き落としの手続きをする場合は、キャッシュカードや通帳も準備しておいた方がいいでしょう。

審査の結果は、最短当日もしくは翌営業日までにメールで確認することができます

クレジットカードは、マルイの店舗で直接受け取るのであれば当日、郵送であれば1週間程度で手元に届きます

エポスカード公式サイトはこちら

エポスカードを持って安心!海外旅行保険付帯の保険

エポスカードは年会費無料の一般カードでも、海外旅行保険が自動付帯している珍しいカードです

出発前の手続きも不要で、エポスカードを持っていくだけ!

旅行先での怪我や病気における治療費を最大270万円、携帯品(携帯電話やカメラなど)の故障における修理に最大20万円(うち3,000円は免責負担金)の保険金を受け取ることができます。

一般的に海外旅行保険が自動付帯するのは、年会費がかかるカードやゴールドカードが多い中、年会費無料のエポスカードは、海外旅行や海外出張が多い方にもおすすめのカードです。

まとめ

エポスカードはショッピングの印象が強いですが、電気代の支払いでお得になったり、年会費無料の一般カードでも海外旅行保険が自動付帯していていたりと、日常生活で使いやすいカードです。

ENEOSでんきへの乗り換えを考えていて、なおかつ買い物する機会が多い方は、エポスカードでの支払いがおすすめ!

申し込みは公式サイトからどうぞ!

エポスカード公式サイトはこちら

ちなみに、ドコモユーザーでdポイントを貯めている方はdカードゴールド・dカードでさらにお得に♪

こちらの記事もぜひチェックしてみてください!⬇︎

ENEOSでんきの支払いはdカード・dカードゴールドがお得!【年会費無料】

スポンサーリンク