ガス料金が圧倒的にお得に!おすすすめのガス会社ランキング【関東圏編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ガス自由化が2017年より始まり、電気と同じようにガス会社の乗り換えが自由にできるようになりました。

この記事では、関東圏でおすすめのガス会社をランキング形式でご紹介しています。各ガス会社を比較し、ライフスタイルに合わせて乗り換えを検討しませんか?

ガス自由化とは?

スポンサーリンク

相談 解決

ガス自由化とは、2017年に始まったガスの小売販売のことです。これまで大手ガス会社しかできなかったガスの販売が、新たにガス業界に参入してきた企業もできるようになりました。

各ガス会社が差別化を図るために、様々な料金プランやサービスを展開しています。

そのため、ライフスタイルにあったガス会社や料金プランを選ぶことで、ガス代の節約や特典を受けられたりといったユーザーのメリットが大きくなりました。
ガス自由化とは何か・仕組みやデメリットを解説しますガス自由化とは何かを簡潔に解説!本当に“自由”になる?仕組みと隠れたデメリット

乗り換え時の注意点・もっと得する方法

ガス自由化の対象となっているのは、配管を通してガス会社からガスが供給されている都市ガスのみです。

現在都市ガスを契約している方は、乗り換えでガス代を節約できるというメリットがありますが、プロパンガス(LPガス)などから都市ガスに切り替えようと思っている方は、都市ガスが使えるようにガス機器を交換する必要があるので、かえって出費が多くなる可能性があります

事前にどのくらいの費用がかかるのかを確認しておきましょう。

ガス会社によってはLPガス向けのプランを提供している会社もあるので、あえて都市ガスに乗り換えずに、LPガスのまま料金プランを切り替えるという選択肢もあります。

また、都市ガスを使用している方は、ガスだけではなく電気も合わせて乗り換えた方がより安くなるケースもあります。

ガスと電気のセット割を展開している企業もあるので、合わせて検討することをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

乗り換え前におさらい『ガス料金の計算方法』

ガス料金の内訳は、以下のようになります。

ガス料金=基本料金+従量料金(従量料金単価 × ガス使用量)

<東京ガスの場合>

(単位m3基本料金従量料金単価
0〜20759円145.31円
21〜801,056円130.46円
81〜2001,232円128.26円
201〜5001,892円124.96円
501〜8006,292円116.16円
801〜12,452円108.46円

例えば、ガス使用量が18m3の場合のガス料金は、

759円+18×145.31=3,374円(1円未満切り捨て)

となります。

関東圏でおすすめのガス会社ランキング

第1位 looopでんき

おすすめポイント

供給エリア:東京ガス供給エリア(日立市は除く)

工事・切り替え費用:0円

解約金:0円

切り替えまでの期間:1ヶ月程度

looopでんきは、電力自由化により電気事業に参入してきた会社ですが、電気とガスのセット割がお得だと口コミが広まり、特にファミリー層から人気を集めています。

looopでんきはガスだけの料金プランはありませんが、セットで申し込みをすれば、電気もガスもお得になります。

電気だけの申し込みの場合、料金プランは下記のようになります。

<電気>
・基本料金:0円
・電力量料金:一律26.4円

しかし、電気とガスを合わせて申し込みをすると、

<電気>
・基本料金:0円
・電力量料金:一律26円(2%オフ!)
<ガス>
・基本料金:一律1,000円
・従量料金:一律128円/m3

さらに電気代が安くなります。

電気は基本料金が無料になりますが、ガスは基本料金がかかる分、従量料金がどの段階でも安いです

しかし、普段の電気・ガスの使用量が少ないご家庭では、looopでんき+ガスに乗り換えるとかえって月々の料金が割高になってしまうケースもあるので、事前にシミュレーションをして、どのくらい安くなるのかを把握しておきましょう。

looopでんき公式サイトはこちら

第2位 レモンガス 

おすすめポイント

供給エリア:東京・神奈川・埼玉

工事・切り替え費用:0円

解約金:0円

切り替えまでの期間:1〜2ヶ月

レモンガスは、ウォーターサーバーで有名なアクアクララが展開しているガス事業です。

現在東京ガスの一般契約プランを契約しているご家庭は、レモンガスに乗り換えればガス使用量に関わらず、東京ガスよりも約5%料金が安くなります

また、電気とのセットプランやアクアクララとのセットプランもあるので、ライフスタイルに合わせてプランの選択ができるのも魅力です。

申し込みをすれば、切り替え手続きはレモンガスが行ってくれるので、特に必要な手続きはありません。

レモンガス公式サイトはこちら

第3位 CDエナジーダイレクト

おすすめポイント

供給エリア:東京ガス供給エリア

工事・切り替え費用:0円

解約金:0円

切り替えまでの期間:1ヶ月程度

CDエナジーダイレクトは電気代が安くなると話題の企業ですが、実はガスの料金も安く設定されています。

ベーシックガスというプランでは、基本料金から従量料金まで東京ガスよりもすべて安い価格で提供されています。つまり、乗り換えることで確実にガス料金を安くすることができるのです

ベーシックプラン以外にも、床暖房があるご家庭向けの「ゆたぽかガス」やエネファームがあるご家庭向けの「はつでんガス」というようにプランが豊富な点も特徴的。また、電気とセットで申し込むことでガスと電気の料金が0.5%割引される特典付きです!

CDエナジーダイレクトで電気の乗り換えを検討中の方は、一緒にガスの乗り換えもするのがおすすめです。光熱費を大幅に節約することができますよ。

CDエナジーダイレクトはガス料金も安い!電気とガスをセットで契約するメリット

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

第4位 ニチガス

ニチガス

おすすめポイント

供給エリア:東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県、山梨県

工事・切り替え費用:

解約金:なし

切り替えまでにかかる期間:申し込みの翌月または翌々月の検針日の翌日

ガス自由化の対象となったのは都市ガスのみですが、ニチガスは都市ガスだけではなくLPガスも今より安くできるガス会社です

東京ガス・大阪ガスに次いで国内3位の実績を持ち、ニチガスを利用しているユーザーは増えています。

ニチガスのガス料金プランでは、従量料金が5%オフ!どんなご家庭でもガス代をお得にすることができます。

さらに、ニチガスは、月の電気使用量が200kWを超えている場合、ガスと電気のセット割に申し込みした方がお得になるケースがあります。

公式サイトでシミュレーションができるので、どのくらい安くなるかチェックしてみましょう。

lニチガス公式サイトはこちら

まとめ

女性向けマネーセミナーはおすすめできる?

ガス自由化は電気に比べて対象が限られているため、まだまだ普及の段階です。

しかし、都市ガスを使用しているご家庭であれば、乗り換えによってガス代が安くなることは確かです。

光熱費は、最低限節約をすれば減らすことはできますが、限界があります。もっと減らして、家計を浮かせたいのであれば、ガスや電力会社を乗り換えることを検討してみてください。

ライフスタイルに合うガス・電力会社を選べば確実に安くすることができますよ。

光熱費がゼロ円に?!電力・ガスの乗り換えよりも太陽光がお得
太陽光発電を2019年から始めるのは得なのか?非公開: 太陽光発電メリットとデメリット!2020年以降の設置は“得”になる?太陽光発電で家庭の電気代は本当に0円になるのか徹底的に調べてみた太陽光発電で家庭の電気代は本当に0円になるのか徹底的に調べてみた新電力【2020最新版】確実に電気代が安くなる選び方とおすすめ新電力ランキング8選
スポンサーリンク
スポンサーリンク