【決定版】産業用太陽光発電について〜仕組みからシミュレーションまで〜

スポンサーリンク

産業用の太陽光発電が気になり始めた方で、「産業用って投資として成功するのかな… どのくらい費用がかかるんだろう…」とわからない事だらけな方もいるのでは?

初期投資費用と、どのくらいで回収できるのかは、利益を得るために絶対に知りたい情報ですよね。今回の記事では産業用太陽光発電投資にかかる費用と、回収期間、運用シュミレーションをいくつか例をあげてご紹介します。

具体的な数字も登場するので、ぜひ気になった方は簡単に自分に当てはめて計算してみてください!

産業用太陽光発電とは?

産業用太陽光発電設備のしくみを解説

出典:JPEA太陽光発電協会

太陽光発電とは文字通り、「太陽の光を使って電気を作り出す発電システム」のことです。

皆さんご存じのあの黒いパネルに太陽光が当たることで直流の電気が作り出され、それをパワーコンディショナーという変換器を使って交流に変換します。交流への変換は、家庭でも使える電流の形にするためです。

パワーコンディショナーによって変換された電流は、自社及び自身で所有している設備で消費するか、蓄電もしくは売電するとになります

容量が10kW以下の太陽光発電を住宅用太陽光発電と呼ぶのに対して、10kW以上の比較的容量の大きな太陽光発電設備のことを産業用太陽光発電と呼びます。

産業用太陽光発電の場合、屋根には10kW以上の設備が全ては乗り切らない場合が多いので空き地に直接架台を立て、そこにパネルを設置することが多いです。これを一般的に野立て太陽光発電と呼びます。

FIT制度(固定価格買取制度)について

FIT制度(固定買取制度)とは国が電力会社に対して太陽光で発電した電気を一定期間、決められた金額で買い取ることを義務付けた制度です。

FIT制度は産業用の場合は20年間住宅用の場合は10年間、固定価格での買取を国が保証しています

2019年にFIT制度への登録をした事業者には、産業用の規模であれば14円+税/kWhでの買取が保証されていました。2020年度のFIT価格は未だ決定していませんが、10〜12円+税程度になることが見込まれます

期間売電価格
2014年32円+税
2015年27円+税
2016年24円+税
2017年21円+税
2018年18円+税
2019年14円+税
2020年10〜12円+税(予想)

産業用太陽光発電と住宅用太陽光発電の違い

太陽光発電システムの規模

産業用太陽光発電:10kW以上

住宅用太陽光発電:10kW未満

住宅用産業用
低圧高圧特別高圧
10kW未満10~49.9kW50kW~2,000kW~

産業用の場合はパワコンの台数が多かったり、自宅から離れていれば監視システムなどが必要な場合もあります。必要な設備の規模が住宅用と産業用では大きく異なっています。

売電方法

産業用太陽光発電:全量売電もしくは余剰売電選択可

住宅用太陽光発電:余剰売電

発電した電気のうち、自宅などで自家消費した後に余っている電力を売電する余剰売電と、発電した電気の全てを売電できる全量売電の違いがあります。

全量売電は現金利益が大きく、比較的投資向きと言えます。余剰売電は電気代の節約にはなりますが、蓄電池がない場合は電気代の比較的安い昼間にのみ電気を消費するので全量売電を選択する人が多いです。

手続き

太陽光発電はその規模で3区分に分けられます。

低圧連系(0〜50kW未満)、高圧連系(50〜200kW未満)、特別高圧連系(200kW以上)の3つです。

高圧連系以上になってしまうと、手続きが長く、ステップが増えます。しかし、10〜50kWの産業用太陽光発電を設置される方には長い手続きは必要ありません。

補助金

現在では国からの補助金は住宅用にも産業用にもありません

しかし、住宅用太陽光発電には自治体ごとに出している場合があり、例えば福岡県嘉麻市では住宅用太陽光発電の設置に対して、1kWあたり20,000円/上限80,000円までの補助金制度を行っています。他にも多くの自治体で補助金制度が施行されています。ご自身の住んでいる地域にある制度について調べてみるとよいでしょう。

対して産業用太陽光発電に補助金を出している自治体はかなり少なくなっています。ほぼないと言っても過言ではありません。

法人として登録してある中小企業であれば、中小企業経営強化税制が適用される場合もあります。取得価額全額を経費に計上できる即時償却または、税額控除(取得価額の7%もしくは10%)を受けることができます。

太陽光発電に関する税金周りが詳しく解説されています。気になる方はぜひチェックしてみてください!

参考 ☀太陽光発電投資の便利な税金対策・補助金・税制優遇についてsolsell

FIT制度上の違い

産業用太陽光発電:20年間14円+税

住宅用太陽光発電:10年間24円(出力制御対応機器設置義務なし)もしくは26円(出力制御対応機器設置義務あり)※出力制御とは、電力過多による停電や電気設備の不調を防ぐために、電力会社が送られてくる電力を停止または抑制することです。

設置環境

住宅用は文字通り、住宅の屋根に設置するのに対して、産業用太陽光発電は土地に架台を立ててソーラーパネルを設置するものです。産業用太陽光発電は、農地転用すれば農地にも立てることができますし、状況によっては農業と太陽光発電を同時に行うということもできます

農地転用に関して詳しいことはこの記事で解説しています。

農地転用で太陽光発電をする太陽光発電の農地転用は農地の種類によって手続きの難易度が変わる!?

そして、太陽光発電の設置環境は積雪や塩害、火山灰など過酷な環境になる場合があり、それぞれに異なった対策方法があります。そのため、設置場所を決める際にはその土地の天候についても考慮するとなお良い太陽光発電投資が行えるでしょう。

スポンサーリンク

産業用太陽光発電にかかる設置費用とメンテナンス費用

産業用太陽光発電にかかる設置費用はいくら?

ズバリ、50kw程度の設備を設置する場合は合計で1500万円から2000万円程度かかります

もちろん産業用太陽光発電投資といっても規模は発電所ごとに異なるので初期費用にも差はありますが、住宅用のように数百万円というわけではありません。それだけ規模も大きく、発電できる電気量にも差があるということです。

産業用太陽光発電における初期投資の内訳は主に以下のようになります。

・太陽光パネル

・パワーコンディショナー

・ケーブル

・その他周辺機器や設備

・設置工事費

・契約にかかる諸費用

初期投資に関して、kw単価の計算をすることが非常に重要になります。

例えば、150kwで4500万円の設置費用と、200kwで5800万円の設置費用のとき、200kwのほうが初期費用はもちろん高くなっていますが、kw単価として考えると

1kw=30万円と、1kw=29万円となり、200kwの方が低い計算になります

ただ、大きければ大きいというわけではなく、発電効率や土地の広さなどを考慮して最適な規模にすることが望ましいでしょう。

産業用太陽光発電にかかるメンテナンス費用・税金はいくら?

産業用太陽光発電を稼働開始してから、

・監視システム通信費(1〜3万円/年)

・パワコン電気代(1〜3万円/年)

・メンテナンス/土地管理費用(1〜3万円/年)

・パワコン交換費用(30〜40万円/10〜15年 最終的に30万円と考えると、1.5万円〜2万円/年となります。)

・保険料(1〜2万円/年)

・土地/設備への税金(10〜20万円/年)

がかかります。

初期投資回収期間はどのくらい?

投資といえば確実に利益はでるのか、どのくらいでマイナスがプラスになるのか、非常に気になるところ。

1500万円も投資するからこそなるべく早く確実に利益を生み出したいですよね。

産業用太陽光発電投資の場合、おおよそ9〜11年で初期費用は回収できるとされています

土地面積や、設備メーカー、発電効率などによって異なりますが、10年前後を目安に考えておくとよいでしょう。産業用太陽光発電の場合、固定買取期間の20年間は保証されているので残りの10年弱は安定した売電収入が保証されています

しかし、産業用の場合は初期費用の大きさから大体の方は融資を受けることになると予想されます。その場合、返済のことを考えると回収期間は変わってくることがあるので注意が必要です。

費用に関して、さらに詳しくはこちらの記事でも解説しています。
産業用太陽光発電の費用に関して産業用太陽光発電の初期費用とメンテナンス費用を詳しく解説

【発電規模別】産業用太陽光発電運用シュミレーション

ここからは実際に運用した時、売電収入はどうなるのか、運用シュミレーションを発電規模別にご紹介します。ご自身の所有する土地面積などと比較しながら実際のイメージの参考にしてみてください!

ちなみに、2019年の10kW以上の産業用売電価格は14円になります。

設備価格の1kWあたりの単価

設置規模設備費用(平均)
10〜50kW約28.7万円/1kW
50〜500kW約25.5万円/1kW

1kWあたりの運転維持費用

設置規模運転維持費用(平均)
10〜50kW5万7000円/kW/年
50〜500kW4万4000円/kW/年

運用シュミレーション

【野立て】20kW設置した場合

年間売電収入330,204円
表面/利回り5.5%
設置条件
  • 設置場所:群馬県前橋市
  • 設置枚数:144枚(ソーラーフロンティア145W)
  • 方角勾配:南面・20度
  • 年間予想発電量:23,586kWh

 

【野立て】30kW設置した場合

設置容量34.56kW
年間売電収入546,574円
表面/利回り6.07%
設置条件
  • 設置場所:千葉県柏市
  • 設置枚数:216枚(ソーラーフロンティア160W)
  • 方角勾配:南面・20度
  • 年間予想発電量:39,041kWh

 

【野立て】50kW設置した場合

設置容量46.24kW
年間売電収入716,548円
表面/利回り4.776%
設置条件
  • 設置場所:栃木県佐野市
  • 設置枚数:272枚(ソーラーフロンティア170W)
  • 方角勾配:南面・20度
  • 年間予想発電量:51,182kWh

産業用太陽光発電の今後

住宅用太陽光発電を導入している場合のFIT適用期間は10年で、2019年11月から初めて “FIT卒業者” が生まれました。

各電力会社が住宅用太陽光発電に向けて、新しく売電価格を保証したり自家消費を勧めたりと、プランを打ち出しましたが、産業用太陽光発電に対するものではないので、

どのような動きがとられるかは未決定な部分が非常に多くなっています。ここでは、FIT終了後の住宅用太陽光発電の動きから産業用太陽光発電の動きを予想していきたいと思います。

おすすめは中古太陽光発電

FITが終了してからも、20年のFIT期間が経過していなくても中古太陽光発電として売り出されている物件が多くあります。売電価格が30円台のときにFIT認定を受けた物件もあり、太陽光発電がお手頃で始められるので非常におすすめです。時代は中古太陽光発電だと言っても過言ではありません!

既に稼働を開始しているので、実績もあり、これから太陽光発電を新設するのに比べて利回りや発電量の予想がつけやすく安心できます。購入後すぐに稼働を開始することができるので、準備期間も短く始めることができます。

中古太陽光物件についてメリット・デメリットを解説しています。

太陽光発電の中古物件のメリットとデメリットこれからの太陽光発電は中古物件がお得?メリット・デメリットを大公開!

FIT期間終了後も売電できる

住宅用太陽光発電はFIT終了後も売電を続けることは可能でした。なので、産業用太陽光発電も住宅用と同様に売電できなくなるということはないでしょう。

産業用ももちろん売電は可能ですが、かなり低い金額になることが予想されます。政府の打ち出した第5次エネルギー基本計画では以下のように述べられています。

将来的に大型電源として活用を進めるため、FIT制度における中長期的な価格目標(事業用太陽光発電の発電コストの水準が、2030年に7円/kWhとなることを目指す等)の実現を目指し、さらなるコスト低減を進めていくことが 必要である。

出典:第5次エネルギー基本計画

メンテナンス費用などを考えて、ある程度の利益が出る額でなければ太陽光発電を続けるメリットがなくなってしまうので、ギリギリ利益が出るような額になるのではないかという見方が多く、5〜10円と予想されることが多いです。

FIT終了後にどうするべきか解説している記事がこちらです。住宅用向けの記事にはなりますが、産業用太陽光発電でも十分参考になる情報があるので目を通しておくと安心です!
太陽光発電にはもう意味がない!?どうする10年後!

蓄電池を導入して自家消費に移行

蓄電池を利用することで昼間に発電した電気を貯めて、日がない夜間でも自家消費することができます。通常、発電した電気をその時に消費しなければ保っておくことはできません

電気を多く必要とする朝や夕方、夜間は発電量が少ないのに対して、電気料金が高くなっているので、その時間帯に蓄電池で貯めた電気を利用すれば電気料金をかなりおさえることができます。

4人家族の場合、20kWの太陽光発電設備があれば、季節によりますが、電気代を0円にすることも十分可能です。

太陽光発電設備の容量にもよりますが、産業用太陽光発電の場合は自宅で消費する電力の全てをまかなえば電気料金がかからないこともあります。電気料金はおおよそ26円/kWhとなっているので売電するよりも自家消費のほうが利益として上がる場合もあります。中小企業の場合も、全て賄うことはできなくても節電になるので間接的に利益をあげることができます。

太陽光発電でどのくらい家庭の電気代が変化するのか調べた記事はこちら
太陽光発電で光熱費削減は実現できるの?太陽光発電で家庭の電気代は本当に0円になるのか徹底的に調べてみた

発電所を中古太陽光発電所として売却

20年間FIT制度を利用した後に太陽光発電設備を稼働させたくないという場合、中古太陽光発電所として売却することができます。

しかし、FIT制度の期間が終了した発電所は利回りが低くなることが予想されます。そのため、利回りの低い物件を中古として購入するメリットがかなり少なくなってしまうでしょう。

また、パワコンの寿命はおよそ10〜15年、ソーラーパネルの寿命は30年程度だと考えられているので、20年使用した中古設備は寿命が近いこともあり、価値が低くなることが予想されます。

ちなみに、一度FIT制度を利用した設備ではたとえ所有者が変わったとしても再度FIT認定をもらうことはできません、FIT期間の終了した太陽光発電設備は、新たに電力会社と電力の買い取りのために契約する必要があるので注意してください。

太陽光発電所の処分

使用済みの太陽光発電設備は処分することもできます。

ただし、ソーラーパネルによっては鉛などの有害物質が使用されている場合もあり、処分の際にはきちんと処理を行わなければいけません。

未だ、産業用太陽光発電を撤去したという例はそこまで多くないので、具体的な費用は分かりませんが、50万円ほどかかると予想しておけばよいでしょう

太陽光発電の処分を見込んで、利益の5%を積み立てておくと、20年・30年後に焦らずに済みます!

産業用太陽光発電を始めるメリット

売電収入の大きさ

余剰売電のみの住宅用太陽光発電に対して、全量売電のできる産業用太陽光発電では、現金収入の大きさが特徴です。

さらに、規模が大きいほどソーラーパネルの1kWあたりの費用は安くなるので、費用から見た利益率でも産業用のほうが良いと言えます。

ソーラーパネルは頑丈!

ソーラーパネルは約30年もつと言われており、それ以上もつ可能性も多いにあり得ます。30年以上稼働している例も実際にあるので、それだけ長く利益を生み出し続けてくれるということがわかります。

 

〈佐倉ソーラーセンター〉

出典:https://www.kyocera.co.jp/solar/es/features/long-term/index.html

稼働開始:1984年8月(35年経過)※2019年時点

メーカー:京セラ

出力:43kw

劣化率:13%前後

場所:千葉県佐倉市

研究開発と啓発を目的に設立されました。

国内初となる大規模太陽光発電システムです。

太陽光パネルの寿命に関してこの記事で解説しています。

参考 投資にも影響!?太陽光パネルの寿命、経年劣化のお話しsolsell

環境に優しい

二酸化炭素を発しない太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーは石炭などを利用する火力発電に比べて地球環境にとても優しい発電方法です。

企業が太陽光発電を稼働すれば、CSR活動(企業が利益だけでなく、法人として社会的影響に責任を持って良い影響を及ぼす活動)として社会に良いイメージを植え付けるアピールになりますし、個人であっても、エコ活動の一環として太陽光発電を導入してみるのも良いですよね。

節税対策としても活用できる

償却資産である太陽光発電設備は、減価償却を適用できます。

減価償却とは、経年劣化する資産を取得した際、取得した費用を減価償却費として法定耐用年数に分けて経費に処理することを指します。

減価償却をすることで利益を圧縮して所得税の税負担を減らすことができます。

産業用太陽光発電を始めるデメリット

初期費用がかさむ

規模の大きい産業用太陽光発電ではどうしても初期費用が大きくなってしまいます。

必要な設備や手続きが多く、1,000万円以上かかるのでなかなか手の出しづらい額になってしまいます

しかし、その初期費用の大きさから、基本的には融資を受けて始めることが多くなっています。融資先も銀行から信販のソーラーローンまで様々な融資先があるので、自分の予算や条件に合わせて融資を受けることができます。

融資についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
太陽光発電の融資の通し方太陽光発電で融資はアリ?現金よりも融資の方がお得な理由と審査に通るための必勝法

 

設備が故障してしまう可能性!?

台風・土砂崩れといった災害で設備が故障してしまうことがあります。また、豪雪地域では積もった雪の重みから架台が故障してしまうというようなこともあるので、雨・雪の多い地域では土地柄の天候に応じた設備が必要なります。

万が一設備が故障してしまった場合に備えて、保険に加入しておくという対策をとることができます。パネル自体に保証がついていることが大半ですが、保証だけでは足りないことが多く、特に、豪雪地域などでは保険への加入が欠かせません。

保険に関してこちらの記事の保険の選び方という見出しでも紹介しています。
太陽光発電はビジネスとして成り立つのか?

 

土地を持っていない場合は始められない?

太陽光発電投資を始めるにあたって、たとえ適した土地を持っていなかったとしても始めることはできます。しかし、土地を新規に購入する場合はその分の費用がさらに上乗せでかかってしまうので、持っていたほうが利回り的には良いです。

多額の運転維持費用や税金がかかる

設備の管理や点検、故障した機器の修理・買い替えなどの始めてからかかってくる費用や、固定資産税などの税金はある程度の額が課せられます。

必要な設備が多いだけにそれだけメンテナンス費用がかさむのは仕方がないことかもしれません。

税金やメンテナンスを考慮しても、10年前後で初期費用の回収ができ、かつ利益を出すことは十分可能なので心配することでもないかもしれません。

太陽光発電で気になる質問にたくさん答えています。ぜひ参考にしてください!
【土地付き太陽光発電のメリット・デメリット】よく聞かれる質問にお答えします!

 

産業用太陽光発電は今からでも導入する価値あり!

産業用太陽光発電に関する知っておくべき情報をたくさんご紹介しました!

産業用太陽光発電投資には堅実なキャッシュフローが望め、損をする確立は低いと言えるでしょう。

「ハイリスク・ハイリターンで一攫千金!」と考えている方ではなく「堅実で将来のための貯蓄をしたい……!」という方には最適な投資方法です。20年と、どうしても長期戦にはなりますが、それよりも太陽光発電の魅力は大きく勝ると言えますね!

産業用の太陽光発電は儲かるのかについて詳しくはこちら
ずばり産業用太陽光発電投資は儲かるの?儲からないの?

太陽光発電投資初心者の成功の秘訣はセミナーへの参加ってホント?

スポンサーリンク