愛知県に太陽光発電投資は適しているのか?利回り・売電収入をシュミレーション

太陽光発電に注目が集まる今、太陽光発電投資に関心を持たれている方も多いのでは?

「愛知県の物件を見かけたけど、愛知の気候は太陽発電に適してるのかな?」と思っている方や、「産業用太陽光発電をできれば家からアクセスの良いところに設置したい」と思っている方にとっては実際の発電効率を知っておきたいですよね。

この記事では、「愛知県が太陽光発電に向いているのか?」ということを、日射量から発電量と売電収入をシュミレーションします。愛知県で太陽光発電投資を行おうとしている方は必見です!

愛知県における太陽光発電

太陽光発電の設置件数が日本で一番多いのは愛知県なのはご存知でしたか?

普及率や設置容量では他の県に負けていますが、住宅用太陽光発電を行っている人が多いということがわかります。

愛知県ではエネルギーに対しての取り組みも行っていることから、住宅用太陽光発電に手を出しやすい県なのです。

住宅用太陽光発電が多く存在する理由は、愛知県に太陽光発電を手掛ける会社が多いことや、会社が実績や経験を積んでいる場合が多いからです

安心して任せることのできる土台が出来上がっているということですね。

愛知県の気候

愛知県はいくつかの地域に分けることができます。今回はこの4つの地域に分けて説明していきます。

・尾張
・西三河
・奥三河
・東三河

愛知県は県内でも地域によって日射量が変わります。特に、奥三河や一部の西三河では山地が多いせいか、比較的日射量が低くなってしまいます。それに対して東三河、特に渥美半島では高く観測されています

太平洋に接している愛知県は太平洋側気候の県になり、特徴として夏は高温多湿、冬は乾燥した晴天が多いので、太陽光発電に向いている気候なのです

太陽光発電パネルは高温に弱く、25度以上の気温では発電効率が大きく下がります10〜20%落ちてしまうと言われていることもあり、高温は太陽光発電においては大敵です。

夏のうちに雨が多く、温度の低い冬には晴天の日が多いという条件は太陽光発電において有利に働きます。

以下の表は政府統計による2016年の天候に関する情報を表にまとめたものです。

これを見ても、愛知県は全国の中で見ても全体的に優れており、太陽光発電に比較的適していることがわかります。

愛知県数値全国順位
年間雪日数12日23位
年間降水日数114日24位
年間快晴日数32日8位
年間日照時間2,168時間2位

愛知県で太陽光発電投資シュミレーション

それでは、愛知県で太陽光発電投資を行う場合のシュミレーションをご紹介したいと思います。利回りや発電量、売電収入などが知りたい方は下をご覧ください。

上記にあるように、愛知県は地域によって発電量に差があります。最大の地点と最小の地点では大きく差が生じますので、愛知県で太陽光発電をするとこうなるというよりは、あくまでそれぞれの都市に設置した場合の一例と捉えるのがよいです。

愛知県名古屋市で10kWの産業用太陽光発電を行う場合

<条件>

・愛知県名古屋市(尾張)
・10kW産業用太陽光発電
・全量売電
・年間最適傾斜角

3月〜5月(春)3ヶ月で発電量約4300kW/売電収入約60,000円
6月〜8月(夏)3ヶ月で発電量約4000kW/売電収入約55,000円
9月〜11月(秋)3ヶ月で発電量約3500kW/売電収入約49,600円
12月〜2月(冬)3ヶ月で発電量約3600kW/売電収入約50,500円

年間売電収入約215,100円になります

実質利回りは以下の計算式で計算します。

実質利回り = (年間売電総額ー年間メンテナンス費)÷ 初期投資 × 100

今回は初期投資額250万円・年間メンテナンス費5万円として計算します。

すると実質利回りは6.6%になります

愛知県田原市で10kWの産業用太陽光発電を行う場合

<条件>

・愛知県田原市伊良湖
・10kW産業用太陽光発電
・全量売電
・年間最適傾斜角

3月〜5月(春)3ヶ月で発電量約4250kW/売電収入約59,500円
6月〜8月(夏)3ヶ月で発電量約4100kW/売電収入約58,000円
9月〜11月(秋)3ヶ月で発電量約4100kW/売電収入約57,000円
12月〜2月(冬)3ヶ月で発電量約3550kW/売電収入約49,800円

年間売電収入約224,400円になります

実質利回りは7.0%になります

愛知県豊田市で10kWの産業用太陽光発電を行う場合

<条件>

・愛知県豊田市稲武
・10kW産業用太陽光発電
・全量売電
・年間最適傾斜角

3月〜5月(春)3ヶ月で発電量約3750kW/売電収入約52,400円
6月〜8月(夏)3ヶ月で発電量約3600kW/売電収入約50,700円
9月〜11月(秋)3ヶ月で発電量約3000kW/売電収入約42,400円
12月〜2月(冬)3ヶ月で発電量約2800kW/売電収入約39,100円

年間売電収入約184,580円になります

実質利回りは5.4%になります

愛知県愛西市で10kWの産業用太陽光発電を行う場合

<条件>

・愛知県愛西市
・10kW産業用太陽光発電
・全量売電
・年間最適傾斜角

3月〜5月(春)3ヶ月で発電量約4300kW/売電収入約60,000円
6月〜8月(夏)3ヶ月で発電量約4200kW/売電収入約58,500円
9月〜11月(秋)3ヶ月で発電量約3500kW/売電収入約49,000円
12月〜2月(冬)3ヶ月で発電量約3200kW/売電収入約45,200円

年間売電収入約213,000円になります

実質利回りは6.5%になります

愛知県岡崎市で10kWの産業用太陽光発電を行う場合

<条件>

・愛知県岡崎市
・10kW産業用太陽光発電
・全量売電
・年間最適傾斜角

3月〜5月(春)3ヶ月で発電量約4100kW/売電収入約57,800円
6月〜8月(夏)3ヶ月で発電量約4000kW/売電収入約55,900円
9月〜11月(秋)3ヶ月で発電量約3500kW/売電収入約48,700円
12月〜2月(冬)3ヶ月で発電量約3370kW/売電収入約47,000円

年間売電収入約20,9000円になります

実質利回りは6.3%になります

全てあくまで出力10kw時における、予想発電量と全て売電した場合の数値になります。また、その年の気候状況によって変化します

愛知県の太陽光発電で気をつけたい気温

記事の冒頭で述べましたが、太陽光発電において高温が発電効率を下げる大きな要因になります。

夏の最高気温は40度を超える日もあり、春秋でも30度を超える日があります。夏だけでなく、春や秋の気温にも気を配ることが必要です。

冬でも最低気温がマイナス4度ほどになることもあり、温度が低すぎる状態も故障の原因になることがあります。

まとめ

ここまで愛知県における太陽光発電の適性を検証しました。結果として、愛知県は太陽光発電投資に適している気候条件といえます

年間の発電量が全国平均を上回る傾向がありますし、春や冬など発電量が下がりやすい時期でも発電量が確保しやすい日射量・日射時間です。

これから太陽光発電投資を始める方は、愛知県の投資物件も候補に入れるとよいのではないでしょうか。また、愛知県に在住の方で太陽光発電投資を始める場合も、県内の投資物件から検討してみることをおすすめします。

 

太陽光発電物件を探している方は、愛知県以外の都道府県のシミュレーションも参考にしてみてくださいね。

鹿児島は太陽光発電を設置する場所に適しているのかを徹底検証

沖縄で太陽光発電投資は本当に儲かるのか? 利回りや初期費用回収までの期間

晴れの国岡山県で太陽光発電投資はおすすめなのかを調べてみた結果