愛知県は太陽光発電投資に適しているのかを徹底検証

省エネや再生可能エネルギーについて、関心が高まってきていますが太陽光発電投資を導入検討しているかたもいるのではないでしょうか。副業としても太陽光発電投資は注目されていますし、事業として始めるケースもあります。

そして、愛知県に住んでいる方は、同地域で太陽光発電投資を始めることでしょうし、県外の方でも愛知県の太陽光発電投資物件を探すことがあるでしょう。太陽光発電投資は、場所に限らず始められるのが魅力といえます。

しかし、愛知県に住んでいない方にとっては、どのような気候や土地か分からないため、太陽光発電投資に適しているか悩みます。また、住んでいる方でも、具体的な日射量や日照時間などについて把握していないことが多いです。

そこで今回は、愛知県で太陽光発電投資を始めるにあたって、疑問に感じる部分である発電に適している環境かお伝えしていきます。また、気候や土地だけでなく、愛知県が太陽光発電や省エネに対して、どのような取り組み方をしているかについてもご紹介していきます。

これから愛知県で太陽光発電投資を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてください。

愛知県の太陽光発電投資の普及状況と気候について

愛知県が太陽光発電投資に適しているか確認するためには、まず気候や太陽光発電の設置状況について知る必要があります。

一般的に太陽光発電といえば、単純に太陽光が当たる土地であれば、どこでもよいと考えるでしょう。しかし、その考え方をしている場合は、気を付けた方がいいです。

太陽光を電気に換える太陽電池は、温度によって発電効率が変わります。従って、日射量が全国平均より少なくても、温度変化が小さい土地であれば効率よく発電できるということです。

そこでここからは、愛知県の気候と人口密度、太陽光発電設備に必要な土地の大きさ、どのようなタイプの太陽光発電が普及しているか解説します。

愛知県は太陽光発電投資よりも住宅用太陽光発電の普及率が高い

愛知県では、太陽光発電投資よりも住宅用太陽光発電設備の普及率が高い傾向にあります。太陽光発電について導入経験がある方なら、この傾向が意味することが分かるでしょう。逆に、初心者の場合ですと、太陽光発電投資には適していないと感じてしまいがちです。

実際は、太陽光発電投資物件も勿論販売されていますし、稼働していますから勘違いしてはいけません。住宅用太陽光発電の件数が、都道府県別で比較した場合に特に多いということは、太陽光発電に適した環境といえます。

太陽光発電投資は10kw以上の中規模・大規模施設で、住宅用太陽光発電は10kw未満の小規模なシステムです。住宅用太陽光発電の設置件数は、1位を記録することもあり、太陽光発電を設置しようと考えられる土台ができていることがうかがえます。

また、設置件数が多いということは、太陽光発電の販売業者や設置業者も愛知県内で数多く運営しているといえるのではないでしょうか。愛知県に住んでいる方で、太陽光発電投資を検討している方にとっては、業者を見つけやすいです。

ここで、愛知県内に拠点を置く主な太陽光発電業者を紹介します。

愛知県内の太陽光発電業者

愛知県内に太陽光発電業者は多数ありますから、太陽光発電投資を始める上で覚えておくべきです。

・SKC
・サンワハウス
・京セラソーラーFC名古屋西
・東海住宅サービス
・エコスマイル
・日本瓦ユニオン
・発電マン
・ユニバーサルエコロジー
・国際電氣工業
・中部テラーサービス

愛知県は人口が多く土地が広いため太陽光発電設備設置も適している

愛知県で太陽光発電投資が適しているか知るためには、土地と人口密度について確認するべきです。

人口が多い都道府県は、東京都、神奈川県、大阪府、埼玉、そして愛知県です。愛知県は、都道府県別で4位を記録している人口が多い県です。また、上位4都府県は、土地面積に対して人口密度が高い傾向にありますが、上位に入る愛知県は人口密度が少なく土地を広く利用できるといえます。

人口密度が土地面積に対して少ないと、住宅の密集に繋がりにくいため、屋根に太陽光パネルを設置しやすいです。また、愛知県の太陽光発電投資物件は比較的多く、野立て太陽光発電設備を建てやすい土地を確保できます。

また、愛知県は県や市が主体となって、太陽光発電や省エネ事業に力を入れているため、元々太陽光発電を設置しやすい環境下で更に普及が進んでいます。

愛知県は太平洋側気候に属している

愛知県は主に3地方に分けることができます。
・尾張地方
・西三河地方
・東三河地方

尾張地方の人口比率が比較的高い傾向といえます。そして、愛知県全体の気候についてですが、太平洋側気候に属しています。太平洋側気候の特徴は、夏場は高温多湿で冬場は三河の山間部などで気温が低い傾向にあります。

また、夏場に降水量が多く、冬場は降水量が少ない傾向も太平洋側気候の特徴です。8月などは湿気のある暑さが続き、12月など冬になると乾燥した寒さになりますが、愛知県の場合は地域差があります。

雨の多い梅雨の時期は、6月から7月に発生していますが、日射量で見てみますと全国平均を上回り年間を通して一定の発電量が期待できます。

ただし愛知県の場合は、地域ごとに発電量の差があるため太陽光発電投資物件を購入する際は、県全体の日射量ではなく設置場所周辺の気候を確認しましょう。

愛知県の太陽光発電の年間発電量は全国平均よりも高く物件数も多い

愛知県は晴れの日が多く、年間を通して日射量も多い傾向にあります。従って、太陽光発電の年間発電量は、全国平均と比較して上回っています。また、人口数が多い県ですが、土地面積が広いため野立て太陽光発電も始めやすいといえます。

更に、もう1つポイントがあります。それは、太陽光発電投資の物件数が比較的多いことです。

日射量が多く、年間発電量が多く見込めたとしても、そこに太陽光発電業者が力を入れなければ、導入が難しい状況になります。

太陽光発電投資や土地付き太陽光発電で調べますと、愛知県の物件数は比較的多いことが分かります。また、土地が広いことから、出力が大きなタイプも見受けられます。

名古屋市は都市部であることから、地価が高い傾向にありますが他の地域ですと地価の安い投資物件も販売されています。

愛知県で太陽光発電投資を始めた場合に売電収入はいくらになるのか

これから太陽光発電投資を始めるにあたって、売電収入は特に気になるところです。

例えば愛知県豊川市で販売されている投資物件を参考に、売電収入を算出します。

・物件価格1500万円
・出力100kw
・発電量1360kwh/kw
・売電単価18円

年間の想定売電収入:244万8000円

1ヶ月に直しますと、毎月約20万4000円の売電収入が入る見込みとなります。実際は、物件購入費用などに掛かった融資に対する返済や、気候条件によって違いはあります。

しかし、全国平均を上回る日射量で考えますと、シミュレーション通りとはいわずとも、比較的良好な稼働条件といえるのではないでしょうか。

愛知県は気候以外でも太陽光発電投資にも適しているといえる

愛知県の日射量は、全国平均と比較して上回る傾向にあるだけでなく、春・秋・冬の発電量が特に多いため、太陽光発電投資に適した日当たりといえます。

しかし、気候だけでは太陽光発電投資を始めるための情報量としては、不十分な点があります。県や市などが太陽光発電事業に対して、どのような認識で捉えているのか、そしてどのような取り組みを行っているか知る必要があります。

愛知県は太陽光発電投資に対して、積極的な姿勢となっています。県と市が積極的に省エネや太陽光発電などに力を入れており、太陽光発電投資を始めやすいからです。

それでは、愛知県がどのように太陽光発電を推進しているか解説していきます。

補助金制度を設けており導入しやすい環境が魅力

愛知県は地球温暖化の観点などから、省エネや太陽光発電システムの導入や支援、補助金制度など様々な取り組みを行っています。全国で見ても、県と市が一体となって太陽光発電導入支援や事業を進めているケースは、珍しいといえるでしょう。

また、国主導による太陽光発電の補助金制度は、2019年時点で終了していますから、愛知県独自で補助金制度を設けている点は大きなメリットです。

ただし、愛知県で実施している太陽光発電の補助金制度は、住宅向け太陽光発電設備に限定されており、住宅以外に設置する野立て太陽光発電の場合は対象外となります。

他の補助金制度は以下にご紹介します。

愛知県と市が実施している補助金制度

・住宅用太陽光発電設置に関する補助金
・HEMS住宅に対する補助金
・蓄電池単体に対する補助金

太陽光発電投資(野立て太陽光発電、出力10kw以上)の設置時に活用できる補助金制度は、蓄電池単体に対する補助金となります。

蓄電池の補助金額は各市町村によって異なりますから、投資物件を購入する前や住宅に設置する前に確認しましょう。

例えば、名古屋市では蓄電池容量1kwh辺り、20万円の補助金を設けています。また、補助金額の上限は6kwhと定められています。

省エネ化に積極的で自治体や企業が太陽光発電事業を進めている

愛知県は、地球温暖化対策などの観点として、様々な省エネ化に取り組んでいます。その1つが、太陽光発電事業で愛知県が主導となって、県内に大規模太陽光発電施設を設置、稼働しています。

例えば、木曽岬干拓地の整備事業では、過去に農林水産省が干拓地を陸地化した土地で、新たな事業を計画しています。同土地の南側では、メガソーラー事業の建設を始めました。

他には、大手通信会社として有名な、NTTグループのNTTファシリティーズが愛知県内でメガソーラー事業を開始しました。2018円9月10日に発表された情報では、愛知県瀬戸市に最大出力2MWのメガソーラー建設を発表し、2019年1月の稼働をめどに計画が立てられています。

このように太陽光発電投資は、個人だけでなく自治体や企業が参入してきており、それだけ愛知県の土地や気候などの条件も良いことがうかがえます。

愛知県に限らず太陽光発電投資を始める上で注意しておくべきポイント

愛知県が太陽光発電投資に適していることが理解できたら、太陽光発電投資を始める前に気を付けておくべきポイントについても覚えておきましょう。

太陽光発電投資は、大きな費用が掛かる投資及び設備運営となりますから、分からない所を放置したまま購入することだけはしていけません。

夏場の気温上昇は発電ロスに繋がるため年間の気温を調べておく

太陽光パネルに実装されている太陽電池は、温度変化によって発電効率が変わります。従って、愛知県のように太平洋側気候の場合は、夏場の稼働に注意する必要があります。

太陽電池は気温及び表面温度が上昇するほど、発電効率が下がる反面、気温が下がると効率が規格に近い水準まで戻ります。

2018年の夏は気温40度を超える地域が続出したことも記憶に新しいですが、このような気候条件ですと日射量が良好でも、太陽電池にとって好ましくない環境です。

また、愛知県も夏場の気温が40度を超える日を記録していますから、夏場の発電効率低下については事前に対策を施す必要があります。

冬場の気温についても事前に調べておくことが故障防止に繋がる

太陽電池は気温上昇に伴い、発電効率が下がりますが気温が低下する程、規格に近い水準まで効率が良くなります。

しかし、-5度以下の気温で稼働させていますと、パワーコンディショナの故障に繋がる可能性があります。太陽電池は、温度が低下する程過電圧のリスクが高まり、パワーコンディショナに流れる電圧も規格を超える可能性があります。

パワーコンディショナには、電圧の規格があり過電圧が流れますと、故障する危険があります。従って、気温差が激しい日の稼働や、冬場の発電には気を付けなければいけません。

太陽光発電の発電量は日照時間や日陰など気候条件が発電量を左右する

愛知県は比較的太陽光発電投資に適していて省エネ化にも積極

愛知県は太陽光発電投資に適している気候条件、土地、自治体といえるでしょう。年間の発電量が全国平均を上回る傾向ですし、春や冬など発電量が下がりやすい時期でも発電量が確保しやすい日射量・日射時間です。

また、愛知県と各市町村は、地球温暖化対策の観点から太陽光発電事業を含む、省エネ事業に取り組んでいます。従って、住宅用太陽光発電の設置件数を都道府県別で見ますと、上位に入っており太陽光発電の普及が進んでいます。

このような背景から、太陽光発電業者・メーカーが、愛知県に多数あり、導入しやすい環境が整っているといえます。

これから太陽光発電投資を始める方は、愛知県の投資物件も候補に入れるといいでしょう。また、愛知県に在住の方で太陽光発電投資を始める場合も、県内の投資物件から検討してみることをおすすめします。

太陽光発電メーカー別発電量の比較については次の記事が参考になります
太陽光発電を変換効率・コスト・発電量で比較したおすすめランキング