【メガソーラーとは?】投資先としてのメガソーラーのメリットと注意点

スポンサーリンク

投資先として注目を集めているメガソーラーをご存知ですか?「太陽光発電もメガソーラーも変わらないでしょ?」と考えている方も多いかもしれませんが、メガソーラーには設置費用のコストの安さや、国の制度を利用して安定した売電収入が見込めるなど、投資先としてとても魅力的です。今回はそんなメガソーラーの魅力やデメリットもお伝えしていきます。ぜひ投資を考える際の参考にしてみてください!

メガソーラーとは

メガソーラーは普通のソーラーパネルとどのように違うのでしょうか?その答えはズバリ出力の違いです。具体的に見ていくと、1,000kW以上の出力能力を持つ太陽光発電設備のことをメガソーラーと言います。

1,000kW以上の出力を要するソーラーパネルが並べられている土地面積を想像してもイメージしにくいですが、分かりやすい例えとして野球場やサッカーグラウンドの約2倍の敷地面積と考えれば規模が分かるでしょう。ちなみに2ヘクタール(2万㎡)ほどの土地面積を指します。

近頃では、地球温暖化への関心の高まりに伴う再生可能エネルギーへの注目や、余った土地の有効活用法としてメガソーラーの設置が広がっています。

メガソーラーの発電の仕組み

メガソーラーの発電の仕組みは、一般的な太陽光パネルの発電の仕組みと変わりません。

太陽光パネルの太陽電池に光エネルギーが当たることによって、太陽電池を構成する半導体の電子が移動。その電子の運動によって発電が行われます。

スポンサーリンク

投資で注目を集めるメガソーラー

冒頭でも触れた通り、メガソーラーとは1,000kW以上の出力を持つ、大規模な太陽光発電設備です。そのため、資金面や土地確保の問題などもあり、個人ではなく企業が導入することが一般的です

このように、メガソーラーとは企業が導入する太陽光発電ですが、投資の対象として現在とても注目を集めています。次の章からは投資で注目を集めるメガソーラー導入のメリットとデメリットをお伝えしていきます。

\しつこい営業は一切なし!高利回り物件多数ご紹介可能/
太陽光発電投資に関する詳しい記事はこちら
太陽光発電投資は失敗するリスクが低い!安定して稼げる仕組みとより利益を増やす裏技太陽光発電投資は失敗するリスクが低い!安定して稼げる仕組みとより利益を増やす裏技

メガソーラーの5つのメリット

①高い売電収益

メガソーラーとは1,000kW以上の出力を持つ、大規模な発電設備です。このように大規模なため、その発電量も豊富で、高い売電収益を期待することができます

仮に、1,000kWのメガソーラーで年間の予想発電量が120万kWh、買取価格を1kWあたり14円の売電収益を考えていきます。売電収入=発電量(kWh)× 買取価格(14円)なので、このケースでは年間1,680万円もの売電収益が見込まれます。

②固定買取価格(FIT)によって収益も安定的

メガソーラーの大きなメリットの1つが、固定買取価格(FIT)によって20年間固定した値段で発電した電気を買い取ってもらえる点です。住宅用の10kW以下の太陽光発電では固定買取期間が10年間なので、メガソーラーがいかに売電収入・期間が優遇されているか分かるでしょう。

この固定買取価格によって、20年先まで安定して発電した電気を買い取ってもらえるので、売電予測も立てやすく安定した収益を期待することができます

固定買取価格(FIT)についてはこちら
固定価格買取制度イチから知りたい“固定価格買取制度”の仕組みとは?わかりやすく簡単に徹底解説!

③初期費用が安い

太陽光発電の特徴として、設備が大けれは大きいほど、初期費用が安くなるという点があります。つまり、住宅用の太陽光発電などと比べて規模の大きいメガソーラーは、その分だけ初期費用を安くすませることができます

初期費用を安くできることによって、初期投資回収も早い段階で見込めることができるので、投資のリスクも少なくなります

④税金対策にも

メガソーラーのような売電収入が目的の太陽光発電の場合、減価償却という節税対策をすることができます。減価償却とは簡単にいうと、経年劣化によって下がるメガソーラーの価値の分だけ、毎年一定額を経費として計上できる制度です。

この減価償却以外にも、特別償却税額控除が適用される場合もあるなど、メガソーラーを導入することで節税対策になります。

⑤企業のイメージUP

メガソーラーは二酸化炭素を排出しない、再生可能エネルギーです。二酸化炭素の増加による地球温温暖化問題などが深刻化する現代において、この再生可能エネルギーというクリーンなエネルギー事業を行なっていることは企業のイメージUPにも繋がります

しつこい営業一切なし!無料相見積もりサイトはこちら

メガソーラーのデメリット

①高圧連系の契約に関するコスト

メガソーラーのような大規模発電の場合、管轄している電力会社などと高圧連係という契約を結ばなくてはなりません。

また、高圧連係の契約にはキュービクル(高圧受電設備)という設備も必要になるので、この設置費用として発電容量100kWあたり100万円~150万円のコストがかかります

また、電気主任技術者を置いて定期的に保守点検を行うことが義務付けられているので、年間50万円から100万円ほどのコストが上乗せされます。

さらに、高圧連係の契約にも20万円ほどの設置協議費や手数料などといったコストが必要になってきますので、メガソーラーに関する支出は事前に確認しておく必要があります。

自然災害による被害

メガソーラーは太陽からの光エネルギーによって発電します。そのため、光エネルギーを十分に吸収するために野外にそのまま設置されている場合がほとんどです。

そのため、台風や地震といった突発的な自然災害の被害にとても弱、保証などに入る必要性があると言えます。

太陽光パネルの自然災害に関する記事はこちら
太陽光パネルが破損する原因は?【太陽光パネル破損の原因とは?】台風や災害時の対応策まで徹底解説

③固定買取価格制度(FIT)の見直し

メリットの章で、固定買取価格があるため安定した収益が見込めると記載しましたが、この固定買取価格制度には注意が必要です。

固定買取制度は定期的に見直しが行われ、買取価格は年々下落しています。2014年には32円であった買取価格も、2019年ではなんと14円となるなど18円も下落しています。今後もこの固定価格は下落して行くことが予想され、最終的には制度そのももなくなる可能性すらあります。

買取価格は20年間固定となるなので、メガソーラーを考えている場合は早めの投資が重要になります

④電力会社との高圧連係の兼ね合い

最近では九州電力が、完成したばかりのメガソーラー発電所の電気を購入しない(電力の買い取りを抑制する)というニュースが話題になりました。発電及び売電収入を目的とする事業者にとっては、非常にデメリットとなります。

メガソーラー発電所も、このような事態に陥らないために、電力会社との連系が大変重要になってきます

多くの電力会社で24時間連続して発電し続ける発電所の電気を優先的に購入する方針になっているので、電気が余った状態で後回しにされるとメガソーラーにとって抑制という形でしわよせがきてしまうのです。

特にメガソーラー含む太陽光発電は、太陽が出ている昼間だけの発電という制約があるため、火力発電所や原子力発電所などのように24時間発電して送電し続けることは不可能です。従って、抑制される可能性があります。

対策としては、メガソーラー発電所を設置する場合、電力会社との高圧連係を行うことはもちろんのこと、電気が余ってしまうような状況が起こらないように、施工会社や収支バランスの計算を行う業者と綿密な打ち合わせが必要になってきます。

しつこい営業一切なし!無料相見積もりサイトはこちら

メガソーラーの事例

メガソーラーには主に陸上、屋根、水上の3つの設置場所があります。ここではそれぞれの設置場所の事例をご紹介していきます。

【陸上】扇島太陽光発電所

陸上の事例としては、東京電力が導入した扇島太陽光発電所があります。神奈川県の川崎市に設置されたメガソーラーで最大出力は13,000kWとなっています。

こちらのメガソーラーだけで、年間に約1,370万kWhの発電が可能。仮に、一般的な4人家族の年間電力消費量が5,000kWhだと仮定すると、2,700世帯以上の電力を補うことができる計算になります。

【屋根】不二サッシ株式会社 千葉事業所

こちらは工場の屋上にメガソーラーを導入して事例となります。1,375kWの発電量を誇り、一般家庭360戸分の電力を発電することが可能です。

屋根にメガソーラーを設置する場合、耐久性などの問題から設置ができないケースもありますが、不二サッシ株式会社では屋根の改修工事のタイミングでメガソーラーを導入。太陽光発電による利益から、屋根の改修費負担を最小限に抑えることに成功しています。

【水上】ソーラーオンザウォーター桶川

韓国の技術を利用して設置された、日本初の水上メガソーラーになります。こちらのパネルは完全浮体構造をとっており、水位の変化にも対応することが可能。

発電出力は1,180kWで、一般家庭400世帯分の電力を発電することが可能です。

投資先としてメガソーラーは魅力アリ!

メガソーラー事業の検討を考えている方の中で、メリットが分からなかった方は今回の記事でメリットや気を付けるべき点について理解できたのではないでしょうか?

原子力発電や火力発電の方が、発電効率が高いので主力発電として用いられていますが、メガソーラーのように、ソーラーパネルの枚数を増やすなどの対策を施せば、1年間の発電で300世帯の電力を賄うことができます。

また、日本では再生可能エネルギーの普及促進に繋がる制度を設けており、メガソーラー含む産業用太陽光発電では20年間固定価格による買取が保証され、安定した売電収入が可能な点が魅力的です。

さらに、メガソーラーの設置によって節税効果があるなど、デメリットを踏まえても導入するだけの価値は大いにあるといえるでしょう。

固定買取価格が年々減少しているという状況もあるので、メガソーラーの導入を考えている事業者の方は、メリットとデメリットをしっかり押さえた上で、施工会社と設計・工事・運用について早めのすり合わせを行うことをおすすめします。

しつこい営業一切なし!無料相見積もりサイトはこちら
スポンサーリンク