太陽光発電投資はそもそも儲かるの?【太陽光発電投資Q&A】

太陽光発電の設置を検討している方や興味のある方の中には、儲かるのかどうか気になっていることでしょう。太陽光発電で発電した電気を売電して、売電収入を得られる仕組みですが、どのような状況下でも儲かるのか疑問に感じる所です。

しかし、太陽光発電の設置が初めてですと、確かめようがありませんし調べることも簡単ではありません。また、太陽光発電システムには、住宅用太陽光発電からメガソーラーまで、出力によって違いがありますが、各方式の特徴などを理解しなければ確認しようがありません。

そこで、ここでは太陽光発電を始める方に向けて、儲かるのかどうかについて解説していきます。太陽光発電には、太陽光発電システムの設置のみや、土地を購入してから始めるパターンなど多種多様な稼働方法があります。今回の記事を見て、どの稼働方法にするかも考えてみましょう。

太陽光発電で儲かるケースもある

太陽光発電で儲かることができるのか、ということですが儲かるケースもあります。ですから、太陽光発電投資を行うメリットはあります。しかし、太陽光発電で儲かるためには、発電状況を巡る周辺環境や、各稼働方法への対策が必要となります。

何となく太陽光発電を設置しても、赤字になるケースもありますからシミュレーションなど、綿密な計画を立てた上で考えましょう。

太陽光発電投資物件の利回りが高い場合などは儲かる

野立て太陽光発電には、既に保有している土地を使って設置する方法と、土地を購入してから太陽光発電を設置する方法があります。

そして後者の方法には、更に他の方法がありまして、土地付き太陽光発電投資というものです。土地付き太陽光発電投資とは、土地と太陽光発電設備がセットになっている商品のことです。

年間の売電収入は約100万円前後で、土地を別途購入せず始められる便利さから人気の商品です。

そして土地付き太陽光発電投資では、物件の選び方が儲かるかどうかに関係あります。

つまり高利回りで日当たりが良いなど、発電状況が良好な優良物件を探すことがポイントです。しかし、優良物件は販売されてすぐ売れてしまうため、日頃から販売サイトをチェックすることが大切です。

中古の土地付き太陽光発電投資で稼働させる

太陽光発電投資で儲かるためには、売電価格も大きなポイントです。固定価格買取制度で、売電価格が毎年改定されており、近年では下落傾向となっています。従って、発電量が同じでも、後発組の売電収入は少なくなってしまいます。

そこで儲かるための方法として、中古の土地付き太陽光発電投資を行います。中古の土地付き太陽光発電投資とは、前オーナーが発電事業を行っていた土地と設備のことです。土地付き太陽光発電の販売サイトでは、中古も売り出しています。

何が儲かるポイントかといいますと、前オーナーが稼働させた年の売電価格が適用されるため、価格が現時点よりも高い状態で売電できます。

出力10kw以上の売電価格は、2019年時点で18円/kwhとなりますが、2012年は40円/kwhと22円もの差が発生しています。

しかし、売電価格の高かった年に設置された中古物件は少ないため、常日頃から物件のチェックが欠かせません。

出力や稼働方法によっても儲かるか変わる

太陽光発電が儲かるかどうかは、出力方式や稼働方式によって異なります。また、稼働させている自然環境によっても、売電収入に差が生まれます。

例えば出力10kw未満の住宅用太陽光発電は、余った電気のみしか売電できませんが産業用と比較して、初期費用が約1桁少ない額で設置できます。2019年時点では、約100万円台の初期費用ですから、コスト面で負担を抑えられるメリットがあります。

また、一方で産業太陽光発電は、出力10kw以上のため初期費用が掛かりますが、売電収入も大きくなります。発電した電気を全て売電できるため、売電効率が良いことも魅力です。

太陽光発電は蓄電池を導入するかによっても、儲かることができるか異なります。蓄電池を導入しますと、日中に蓄えた電気を夜間に回すことができ、支出を抑える効果が期待できます。

蓄電池については以下の記事で解説しています。
関連記事
太陽光発電保有者に蓄電池をすすめる理由とメリット・デメリット

太陽光発電で儲からないリスクも想定しておくこと

太陽光発電投資で儲からないケースやリスクについても、予め理解しておくことが大切です。儲かることができるのも事実ですが、儲からないケースに目をそらす方がリスクも高いでしょう。

ですから、太陽光発電のリスクや、儲からない可能性について覚えて対策を考えることが、儲かることへと繋がります。

固定買取価格の下落によって売電収入も減少傾向

太陽光発電が儲からない側面もある理由は、固定価格買取制度が関係しています。固定価格買取制度は、売電価格を国が定めて一定期間固定価格で売電できます。そのため、太陽光発電を始める方にとって、安定した売電計画を立てられるメリットがあります。

しかし、2012年に始まった固定価格買取制度は、年々売電価格が下落へと改定されており収支計画が難しい傾向となってきています。産業用太陽光発電では、2012年から2018年までに約22円/kwhも下落しました。

50kwの場合は、単純計算で年間約110万円の差が発生します。ですから、その分初期費用を抑える工夫や、利回りの良い物件を探すことが対策として考えられます。

固定価格買取制度は以下の記事で詳しく解説しています
関連記事
固定価格買取制度とは?問題点と解決策をわかりやすく紹介

土地付き太陽光発電投資の場合は物件によって大きく変わる

住宅や事務所の屋根に取り付ける、出力10kw未満の太陽光発電の場合は、売電収入に大きな差は発生しにくいでしょう。

しかし、土地付き太陽光発電投資では、各地の投資物件を探して購入します。何が変わるかといいますと、日当たりや日射量・日射時間、設備ごとの発電効率など様々な要素です。

特に日当たりに関しては、物件ごとに違っているため利回りが変わる理由でもあります。
ですから産業用太陽光発電で儲かるためには、日当たりなど周辺環境の現地調査は非常に重要です。

太陽光発電で儲かる部分とは別のメリットがある

太陽光発電で儲かることも大切ですが、それ以外のメリットにも目を通すことが必要です。儲かることを優先しすぎてしまいますと、ストレスになります。また、儲かるためだけの道具ではありません。

あくまで、環境と日本のエネルギー事情を考えた上での、発電システムでもあります。

災害時に代替エネルギーとして活用できる

太陽光発電システムは、災害時に代替エネルギーとして活用できる点は、儲かる以外の大きなメリットではないでしょうか。

近年では地震が頻発しており、停電に遭う可能性がありま、地震の規模が大きいと自治体や企業の復旧が行き届くまでに時間がかかります。そのような時、自分の身は自分で守らなくてはいけません。

そこで太陽光発電システムを住宅やオフィスに取り付けていれば、緊急時にポットや冷蔵庫、IHクッキングヒーターなどを稼働させることができます。冷蔵庫が稼働すれば、食品が長持ちしますし、IHクッキングヒーターで料理ができます。

また、スマホの充電やテレビで情報収集も可能となり、電気の有無によって避難生活が大きく変わります。

光熱費削減効果が期待できる

住宅用太陽光発電システムは、売電収入を得られるだけでなく光熱費削減効果も期待できます。最近では、ZEHや自家消費型太陽光発電システムといった、売電だけでなく光熱費削減を目的とした運用方法もあります。

ZEHについては以下の記事で解説しています。
関連記事
ZEH(ゼッチ)とは何かを簡単にわかりやすく解説!

自家消費型太陽光発電システムは、売電価格の下落と共に最近注目され始めた方法です。売電価格の下落傾向は続くと見られており、売電に頼ってばかりでは太陽光発電の運用ができません。

そこで、太陽光発電システムの有効利用として、自宅の消費電力をなるべく抑えるために運用する方法が人気となってきています。

また、ZEHの場合は更に突き詰めた考え方で、消費エネルギー0を目指すために太陽光発電システムを導入した住宅となっています。

売電収入だけが太陽光発電のメリットではありません。

太陽光発電を始める前に稼働方式や運用方法を慎重に検討することが大切

太陽光発電を始める時は、以下の要素を綿密に考えることが大切です。

・出力、10kw未満か10kw以上か
・稼働方式、屋根に取り付けるタイプか野立て太陽光発電
・購入方法、土地付き太陽光発電投資にするか設備のみを購入するのか
・運用方針、儲かることを最優先にするのかZEHなどを目指すのか
・収支計画、実質利回りで計算して何年で融資を返済できるか具体的な試算を行う

他にも大切なことはありますが、太陽光発電で儲かることを優先させなければいけないのか、それとも何となく儲かることを考えていたのか根本的な部分を整理しましょう。

何となくで始めてしまうと、どんなに好条件でも赤字経営になるリスクが高まります。

後発組ですと売電収入の黒字化は、難しいですが可能です。しかし、事前の準備と綿密な計画が伴ってできることですから、今回の記事を参考に再度検討してみることをおすすめします。