晴れの国岡山県で太陽光発電投資はおすすめなのかを調べてみた結果

太陽光発電は各自治体でスタンスが違いますし、発電事業の割合についても大きく異なります。そして、太陽光発電事業を県全体で推進している所があります。それは、晴れの国岡山県です。一見すると岡山県と太陽光発電事業に、関連性を見出すことが難しいですが太陽光発電に適した土地の1つです。

しかし、岡山県に住んでいる方や、土地付き太陽光発電の投資物件を探している方にとって、何が太陽光発電におすすめなのか認知していないこともあるでしょう。また、岡山県に限らず各都道府県の気候状況と、発電との相性について調べる機会は少ないです。

そこで今回は、晴れの国岡山と呼ばれている、岡山県で太陽光発電投資はおすすめなのか理由について説明していきます。また、岡山県の自治体が、どのような太陽光発電事業を進めているかについてもご紹介します。

土地付き太陽光発電の投資物件を探している方も、岡山県で販売されている物件について注目してみてはいかがでしょうか。

晴れの国岡山とは岡山県が推進している太陽光発電事業の概要とは

晴れの国岡山というテーマで、岡山県は太陽光発電事業などを推進しています。しかし、そもそも晴れの国岡山といっても、晴れの割合や太陽光発電に適した土地なのか分かりにくいです。

また、具体的にどのような太陽光発電事業を行っているのか、概要についても知らないことが多いです。

ここでは、岡山県が推進している太陽光発電事業や関連する再生可能エネルギー事業の概要、そして気候と発電環境との相性についてもご紹介していきます。

岡山県が主体となって太陽光発電事業を推進している

太陽光発電事業と聞いて、一般の方は住宅の屋根に取り付けるタイプや、出力10kw以上の野立て太陽光発電をイメージするでしょう。確かに、個人や企業が建物の屋根に太陽光パネルを取り付けることや、産業用太陽光発電を行うのは事業といえるでしょう。

しかし県や市、大手企業や自治体が行っている太陽光発電事業は、前述で紹介したケースだけではありません。太陽光発電事業には、メガソーラーと呼ばれる出力がMWクラスの大規模発電事業もあるのです。

太陽光発電事業は、国だけでなく各自治体も進めており、予算や気候の都合から独自の事業を進めているケースもあります。

そして岡山県の場合は、晴れの国岡山として太陽光発電・メガソーラーや水力発電など、様々な再生可能エネルギー事業を始めています。ですから、岡山県は特に太陽光発電を推し進めている自治体といえます。

日射量は全国14位だが全国平均を上回っている

晴れの国岡山というテーマを掲げて、自治体と企業が太陽光発電事業を進めているため、岡山県の日射量は全国1位とイメージするでしょう。しかし、20年間の月別日射量データを基に、各都道府県を順位付けしますと14位となります。

14位と聞くと、晴れの国というテーマにそぐわないと考える方もいるでしょう。日射量全国1位の都道府県が、太陽光発電事業を推進すると考えるのが一般的です。

ただし、岡山県の日射量を月別で見てみますと、全国平均を上回っており季節ごとの極端な差が出ていないことが分かります。

太陽光発電を始める上で日射量の多さは大変重要ですが、例えば1月と8月で大きな差がありますと赤字になる可能性があります。

岡山県の場合は1月~12月まで常に全国平均を上回っており、太陽光発電を比較的運用しやすい気候といえます。

岡山県の気候は雨や雪が少なく季節ごとの気温差は大きい

晴れの国岡山と聞きますと、何となく晴れが多いといった漠然としたイメージしか湧きません。従って、土地付き太陽光発電の物件探しや、岡山県内に住んでいる方が住宅用太陽光発電を始める時、大きなメリットを感じにくいでしょう。

しかし、岡山県の気候は、晴れ以外にも良い所があります。

岡山県は全国平均と比較して、雨や雪が少ないです。従って、雨や雪による発電ロスを抑えやすく、年間を通して発電環境を確保できます。

また、気温に関しては、夏は酷暑になりやすく冬場は寒くなるため、気温差は大きいと言えるでしょう。そして晴れの日に関してですが、全国平均を上回る日射量と時間を記録しており、晴れの国といえる恵まれた気候となっています。

晴れの国岡山で太陽光発電を設置するメリットとは

ここでは、晴れの国岡山で太陽光発電投資を始めるメリットを、いくつかご紹介していきます。岡山県は全国平均と比べて、晴れの時間が約10時間多いため太陽光発電事業を始める良い環境となっています。

また、それ以外にもメリットがありますから、この機会に岡山県の気候について詳しく調べてみるのいいでしょう。

日射量や日射時間が全国平均を上回っている

晴れの国岡山県というだけあって、過去20年間の日射量と日射時間を全国平均と比較しますと、どの月も岡山県が上回っています。初めて太陽光発電を始める方は、どの地域でも晴れの日はあるから、どこでもいいのではないかと考えます。

しかし、各地域によって日射量や時間、気温や積雪量など様々な気候条件が異なっており、太陽光発電を始めにくい場合もあります。

そんな中で、岡山県は年間通して全国平均を上回っていますから、太陽光発電に適した土地といえます。また、積雪量も少ないため、雪の重みによる破損リスクも抑えられます。

太陽光発電量と積雪の関係は以下の記事で解説しています
雪国での太陽光発電発電量は減る?積雪がもたらす被害と対策

岡山県内のどの地域でも太陽光発電を始めやすい

場所によっては、ある地域では太陽光発電を始めやすいけれど、こっちでは適さないといったケースがあります。しかし、岡山県の場合は、県南と県北やどの地域でも日射量が全国平均を上回っています。更に、どの自治体も太陽光発電を推し進めていますから、太陽光発電投資を始めやすい状況といえます。

また、人口10万人辺りの太陽光発電事業登録割合が、全国4位を記録しています。つまり、太陽光発電事業を行いやすい土地や気候を表しています。

岡山県ではメガソーラーなどの事業も積極的に展開している

人口10万人辺りの太陽光発電事業登録割合が、4位を記録している理由の1つにメガソーラーといった企業が設置している大規模発電施設があることも考えられます。

メガソーラーとは、出力1000kwを超える大規模太陽光発電システムのことです。1枚当たりの太陽光パネルは大きく、枚数も10kwクラスとは比較にならない程多いです。このような大規模を施設は、コスト面も非常に大きいため立地条件などが良好でないと、採算がとれません。

ですから、それだけ岡山県の土地や気候条件が、太陽光発電事業者から見ても優れているということを表しています。

晴れの国岡山では出力1000kw以上の太陽光発電システムが稼働している

太陽光発電システムには、10kw未満の住宅用太陽光発電システムと10kw以上の産業太陽光発電システム、そして1000kwを超えるメガソーラーがあります。

このうち、メガソーラーは大規模な設備となるため、設置場所や気候条件などが合う場所が限られてきます。そして、岡山県では、メガソーラー施設も建設・稼働しており、相性の良さが分かります。

ここでは、その1例をご紹介します。

235MWのメガソーラーが岡山に完成

岡山県では、自治体と企業が共同で出力1000kwを超える、メガソーラー事業にも着手しています。そのうちの1つ、235MWクラスのメガソーラーが、2018年2月25日に建設工事完了となりました。

岡山県瀬戸内市に本社を構える瀬戸内Kirei未来創り合同会社が手掛けており、設備の大きさは東京ドーム56個分にも及びます。太陽光パネルは約90万枚設置し、8万世帯分の消費電力を賄うことができる予定です。

晴れの国岡山で太陽光発電の設置や投資はおすすめ

岡山県に住んでいて、太陽光発電を設置しようか悩んでいる方や、土地付き太陽光発電の投資物件をどこにしようか検討している方は、岡山県で始めてみるのもおすすめです。

年間の日射量と日射時間は、全国平均を上回っており雨や積雪が少ない好条件です。また、岡山県内の自治体が太陽光発電を推進していますから、比較的始めやすい環境といえます。

近年では複数のメガソーラーが建設や稼働を始めており、本格的な太陽光発電事業を展開しています。自治体としては、太陽光発電も活用して環境保全や動植物の共生など、様々な環境保護も考えており、利益重視でないことが分かります。

岡山県内にお済の方や太陽光発電投資を検討している方は、岡山県で太陽光発電事業を始めてみてはいかがでしょうか。

他県の太陽光発電について詳しくはこちら
太陽光発電は沖縄のような暑い夏が有利?北海道の寒い冬には発電量が激減するのか鹿児島は太陽光発電を設置する場所に適しているのかを徹底検証