CDエナジーダイレクトはガス料金も安い!電気とガスをセットで契約するメリット

スポンサーリンク

CDエナジーダイレクトで電気代を節約しようと考えているなら、ガスも一緒に乗り換えるのがおすすめ。

電気と一緒にガスも乗り換えると、追加で料金の割引を受けられます!さらに、ガスの料金は東京ガスよりも安く設定されています。

つまり、

・ガス料金は今までより安く
・電気とガスのセットでさらに割引に

という2つの大きなメリットがあるのです!

今回の記事ではCDエナジーダイレクトのガスプランをご紹介してきます。実際にどの程度安くなるのかもシミュレーションしたので参考にしてみてください。

CDエナジーダイレクトはガスも安くてお得!

電気代が安いと評判のCDエナジーダイレクトですが、実はガスの料金も安く設定されています!

その理由は、大阪ガスと中部電力によって運営されている会社という点にあります。つまり、ガス会社と電力会社によって生まれた会社なので、電気だけでなくガスまでもお得な値段で提供することができるのです。

電気だけでなく、光熱費全体を節約したいとお考えなら、CDエナジーダイレクトでガスも一緒に乗り換える方ががとってもお得。早速CDエナジーダイレクトのガスプランをご紹介します。

CDエナジーダイレクトの3つのガスプラン

①ベーシックガス

こちらは最もオーソドックスな料金プランになります。東京ガスの一般料金プランでご契約されている幅広いご家庭でガス料金が安くなる他、湯ったりエコぷらんで契約されている方にもおすすめです。

東京ガスCDエナジー
基本料金従量料金基本料金従量料金
~20m3759円145.31円735.46円140.76円
21~80m31,056円130.46円1,022.38円126.42円
81~200m31,232円128.26円1,193.39円124.28円
201~500m31,892円124.96円1,833.02円121.08円
501~800m36,292円116.16円6,100.61円112.54円
801m3~12,452円108.46円12,065.05円105.09円

料金表はこのようになっています。

料金表を見比べると、すべての項目でCDエナジーダイレクトの方が安い価格に設定されていますつまり、CDエナジーダイレクトにガスを乗り換えることで確実にガス料金を安くすることができるということ!

実際どれほどガス料金が安くなるのか、一般的な4人家族でシミュレーションをしていきます。

家族構成4人
月間使用量28m3(11月)
年間割引額-2,254円

シミュレーションの結果、年間で2,254円の割引となりました。大幅な割引とはなりませんが、確実に光熱費を安くすることが可能です。

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

②ゆたぽかガス

こちらは東京ガスの暖らんぷらんにご契約中の方におすすめの料金プラン。具体的には床暖部(ガス温水床暖房)を設置しているご家庭の方向けのプランとなっています。

こちらのプランでは床暖房を使う機会が増える、12月~4月までの従量料金が安く設定されているので、ガス料金を割安にすることが可能です。

東京ガスCDエナジー
基本料金従量料金基本料金従量料金
冬季
(12~4月)
~20m3759円145.31円759円145.2円
21~80m31,265円120.01円1,265円119.9円
81m3~2,145円109.01円2,145円108.9円
その他
(5~11月)
~20m3759円145.31円759円145.2円
21~80m31,056円130.46円1,056円130.35円
81~200m31,232円128.26円1,232円128.15円
201~500m31,892円124.96円1,892円124.85円
501~800m36,292円116.16円6,292円116.05円
801m3~12,452円108.46円12,452円108.35円

料金表はこのようになっています。

基本料金は東京ガスと同じ価格ですが、従量料金がCDエナジーの方が安くなっているので、乗り換えることで確実にガス料金を安くすることができます

一般的なご家庭でシミュレーションをすると、このような結果になりました。

家族構成4人
月間使用量28m3(11月)
年間割引額-40円

年間での割引額はわずかの40円ですので、乗り換えによるメリットはあまりありません。

しかし、電気をCDエナジーダイレクトに乗り換える予定の方にとってはメリットがあります。なぜなら、電気とガスを両方CDエナジーにすることで、ガスの料金が0.5%割引されるからです

0.5%ガス料金から割引されるとなると、上のご家庭であれば約3,000円弱の割引となります!

そのため、電気も一緒に乗り換える予定のある方は、ゆたぽたガスへの乗り換えがおすすめです。

③はつでんガス

こちらは、東京ガスのエネファームで発電エコぷらんに契約されている方向けのプラン。具体的には、お湯を沸かしつつ発電もすることができるエネファームを設置しているご家庭向けです

こちらのプランでは暖房を使う機会の増える冬季のガス料金が割安に設定されています。

東京ガスCDエナジー
基本料金従量料金基本料金従量料金
冬季
(12~4月)
~20m3759円145.31円759円145.2円
21~80m31,485円109.01円1,485円108.9円
81m3~1,925円103.51円1,925円103.4円
その他
(5~12月)
~20m3759円145.31円759円145.2円
21m3~1,485円109.01円1,485円108.9円

料金表は上の通りです。

基本料金は東京ガスと同じ価格ですが、従量料金がCDエナジーの方が安く設定されています。そのため、東京ガスよりも価格を抑えることが可能です。

家族構成4人
月間使用量28m3(11月)
年間割引額-41円

一般的なご家庭でシミュレーションをすると、年間で41円の割引となりました。

こちらも先程のゆたぽかガスと同じく、電気と一緒に乗り換えないとメリットが少ないといえます。逆に電気と一緒にガスも乗り換えることで、0.5%のガス料金割引が適用されるので約2,700円ほどの割引になります

電気とガスをまとめてCDエナジーに乗り換える予定の方にとってはとてもおすすめのプランとなっています。

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

スポンサーリンク

CDエナジーダイレクトにガスと電気を乗り換えるメリット

ご紹介したように、CDエナジーダイレクトにガスを乗り換えることで、東京ガスよりも料金を確実に安くすることが可能です

さらに、CDエナジーダイレクトにガスを乗り換えると、

・電気とガスの料金がさらに0.5%割引される
・支払い先を統一することで家計の管理が楽になる

といったメリットも生まれます。

①電気とガスの料金がさらに0.5%割引される

CDエナジーダイレクトにガスと電気両方乗り換えれば、ガスと電気の料金が0.5%割引されます。仮に毎月電気代で1万円かかっているとすると、0.5%の割引で毎月500円の節約になります。

つまり、年間だと6,000円もの節約につながるということ!

CDエナジーのガス料金は東京ガスよりも安い価格設定ですし、両方契約することで0.5%も追加で割引されるので、ガスと電気をセットで乗り換えないのはむしろ損ですよ。

②支払い先を統一することで家計の管理が楽になる

支払い先をCDエナジーダイレクトにまとめることで、家計の管理が楽になるのもメリットです。

別々に料金の請求されるよりも、支払いをまとめた方が管理が楽になります。また、CDエナジーダイレクトのカテエネというサービスを使えば、電気とガスの使用状況を細かくWEBで確認することができます

使用状況を確認しながら電気とガスの使用量を調整できるのも大きなメリットです。

電気と一緒にガスを乗り換えて光熱費を節約しよう!

CDエナジーダイレクトにガスを乗り換えれば、東京ガスよりも確実に光熱費を安くすることができます

特に、東京ガスの一般料金プラン湯ったりエコぷらんでご契約中の方はガス代をかなり節約できるのでおすすめです。また、それ以外のプランに契約中の方も電気と一緒にガスもCDエナジーに乗り換えることで、料金が追加で0.5%安くなります!

光熱費全体を節約したい方は、CDエナジーでガスと電気を一緒に乗り換えるのがおすすめです

CDエナジーダイレクトの評判や口コミCDエナジーダイレクトの評判|電気代1万円を節約するために知るべき全情報

CDエナジーダイレクト公式サイトはこちら

スポンサーリンク