新電力の仕組みとは?新電力に切り替えると電気料金が安くなるって本当?

スポンサーリンク

電力会社との契約を新電力に切り替えることで電気が安くなったり生活スタイルに合った電気料金に変更できたりします。

でも、中には
新電力ってそもそも何?」
東京電力などの大手10社との違いは?」
新電力だと停電しやすいんじゃないの?」

といった疑問がある方もいると思います。

今回は、そんな方に向けて、“新電力の仕組み” や “電力自由化”などの基本的な解説と、新電力が注目を集めている理由をご紹介いたします。

「月々の電気代が高くて困っている……」という方は必見です。

新電力とは?

新電力とは、2016年の電力自由化によって、新たに電気事業に参入してきた電力会社を指します

これまでは、東京電力や関西電力といった、大手電力会社しか電力の販売は許されていませんでした。しかし、電力自由化によって電力の販売が広く認められるように。その結果として、楽天や東京ガスといった、これまで電気事業をしてこなかった企業が電力の販売をするようになったのです。

この新しく電力販売に参入した企業を、大手電力会社と比較して新電力と呼んでいるのです。

【Point!】

新電力=大手電力会社以外の新しい電力会社

新電力は電力自由化によって生み出された!

新電力を説明する上で最も重要なキーワードが電力自由化。この電力自由化によって新電力が生まれたのですが、電力自由化とはそもそもどのようなものなのでしょうか?ここからは、電力自由化とは何か、詳しくご紹介していきます。

電力自由化とは何か?

電力自由化について説明する前に、まずは日本の電力供給の仕組みを理解しましょう。日本では、電力に関する事業が部門ごとに以下の3つに分かれています。

・発電部門
・送配電部門
・小売部門

発電部門はその名の通り、電気を発電する部門。火力発電所や原子力発電所が該当します。

送配電部門は、電気を各地域に送電する電気のインフラを担う部門です。

小売部門は、発電された電気を私たちや企業に販売する部門です。料金の設定から、必要となる電力の調達などを行っています。

そして、今回のキーワードである電力自由化に密接にかかわるのが、小売部門となります。これまで、電力の販売は東京電力や関西電力といった大手電力会社のみが行うことのできる独占市場でした。

しかしこのような独占的な市場を是正しようと2000年から2004年2016年と3段階に分けて、徐々に電気の売買の規模が広げられまし。その結果として、東京電力などの大手電力会社以外の企業でも電気の売買を自由に行えることに。この電気の売買を自由に行えるようにした仕組みが、電力自由化なのです

つまり、
電力自由化=電力の小売自由化 と言っていいでしょう。

そのため、私たちは2016年から、電気を売っている会社を自由に選べるようになったのです

電力の小売自由化とは何か?

電力の小売自由化とは、東京電力や関西電力などの大手電力会社10社以外でも、電力会社を設立でき、自由に電気を売れることを意味しています

そのため、日常で電気を利用している私たちは、大手10社以外の様々な電力会社から電気を買うことができるようになりました。

出典:経済産業省「電力の小売全面自由化って何?」

小売自由化は、2000年・2004年・2016年と3回に分けられ、2000年には消費電力が大きい大型工場や大型ビル2004年には消費電力がそこそこ大きい中小企業のビルや小さい工場、の電力購入が自由になりました。

そして、2016年には、一般家庭やアパート、小型店舗でも自由に電気を買えるようになりました

なぜ、小売自由化が進められたかと言うと、

1.電気の安定供給

2.電気料金の低下

3.電力会社の選択肢を増やす

ことを目的としていたからです。

これら3つの目的があったからこそ、新電力が注目されることになりました。

有名な新電力会社だとソフトバンクやKDDI、東急を始め、2019年10月時点で630社が新電力会社として政府から認可を受けて活動しています

【Point!】

①電力自由化=電力売買の自由化

②電力自由化によって、電気を販売する企業が急増。私たちは、それらの企業から自由に選択して電力を購入できるようになった。

スポンサーリンク

新電力が注目された3つの理由

電気料金が安くなる

全面的な小売自由化が決定する以前は、一般家庭の私たちは大手10社以外から電気を買うことはできませんでした。

しかし、2016年からは小売自由化に伴い、新電力会社が登場してきたことで価格競争が行われることになりました。

政府はこの価格競争により、電気料金を低下させることが可能になったのです

例えば、新電力分野に進出したJ:com電力は、4人家族や2人家族など様々な家庭に対応して電気代を軽減しています。

また、電気を使い過ぎた月や、電力消費が少ない月ごとに割引率を変えたり、ガストのセット割を実施したりと幅広いプランがあるので、自分に合った電気代の節約方法を探すことができます

電力会社の選択肢が増える

大手10社の独占的な市場から一転、様々な新電力会社から電気を買えることになったので、電気料金が安いプランのものを選んだり、クリーンなエネルギーで生み出されている電力会社を選べるようになりました

様々な選択肢があることによって、電力会社の競争を促して、健全な市場を形作るために、小売自由化は実現されました。

これによって私たちも、任意の電力会社を選べるようになったのです

福井にある新電力会社「クリーンガス福井電気」は、クリーンなエネルギーで電気代を最大15%も節約できるプランがあり、「せっかく新電力に切り替えるなら、エコに貢献したい!」と考える方におすすめと言えます。

電気の安定供給ができる

災害の多い日本では、地震や台風で被災地が電気を使えなくなる事態が度々ありました。

2011年の東日本大震災で停電の復旧に時間が掛かっていましたが、それは大手10社の内、被災地に近い電力会社のみが、その地域に電気を供給していたからです

電力会社も災害によってダメージを受けると電気を生み出せなくなるので、その電力会社を利用している地域は停電してしまいます

そんな事態をこれから減らすために、電力の小売自由化が実現しました。

電力の小売自由化で、遠くにある電力会社から電気を買えることもできるため、日本全体で電気の安定的な供給ができるように整備されたのです

【Point!】

電力自由化によって、

①電気料金が安くなる
②電力会社の選択の幅が広がる
③災害などにも強い、電力供給の基盤を確立

新電力に関する4つの不安

1.新電力だと停電しやすいの?

新電力に関する疑問で最も多いのが、「停電」についてです。

大手10社と比べると新電力は規模が小さいから停電しやすそう……

と、思うかもしれませんが、実は新電力であろうと大手10社であろうと停電の可能性は変わりません

それは、新電力を利用しても、大手10社を利用しても、電気を供給する部門である送配電部門が同じだからです。

2016年で「小売部門」と「発電部門」は全面的に電力自由化が実現しましたが、「送配電部門」は、電気の “質” と “量” を保証しなくてはならない大切な部門なので、2019年時点でも国や大手10社など許可された組織のみが担当しています

送配電部門が同じだからこそ、小売部門を担う新電力会社は大手10社の電力会社と比べて停電しやすいワケではないのです。

また停電の原因は、自宅の電気設備(内線)か、送配電設備(外線)のどちらかにあります。

自宅の電気設備の故障や不調による停電では、周りの住宅は電気が問題なく使えているでしょう

送配電設備の問題による停電は、周りの住宅も電気を使えていないケースが多いです

まず、突然の停電が起きたら、周りも停電被害を受けているか確認すると原因が把握できますよ

停電時での太陽光発電の詳しい活用方法はこちら

2.新電力会社が倒産したらどうなるの?

もし、契約している新電力会社が倒産しても、電力供給がストップすることはありません

なぜなら、送配電部門が代わりに電力供給を行うからです。

新電力会社が倒産した時点で、送配電部門が新しい電力会社と契約するまでは電気の供給を行ってくれるので、契約中の新電力会社が倒産することに対しては、恐れる必要はありません

新電力の詳しいメリット・デメリットに関する記事はこちら

3.電力会社を切り替えたら電線は新しく引くの?

別の電力会社と新しく契約しても、電線を新しく変える必要はありません

電力を買う会社を変えても送配電部門は同じだからこそ、電線を変える工事を必要としないので、別途で費用を請求されることもないです

必要な工事はスマートメーター設置工事だけなので、それ以外の工事は発生しないと言っていいでしょう

4.スマートメーターの切り換えはお金がかかるの?

新電力会社と契約するとスマートメーターの設置を求められます。

このスマートメーターとは、消費電力がどのくらいかチェックできる検針を遠隔でチェックできたり、通信機能を備えたりする新しいメーターです。

月々の電力使用量が分かり易く表示されるため、新電力会社によって使用量に応じたプランの提示や効率的な電力消費が可能になります

そして、このスマートメーター設置工事は原則、費用が掛かりません

ですが、工事によって費用が掛かってしまう場合があります。

1.設置時に外壁や配線などに問題があった場合

2.消費者の希望の設置場所がある場合

どちら1つでも該当すると、費用がかかるため注意が必要です。

【Point!】

①新電力でも停電は増えない
②倒産しても、電力供給はストップしない
③スマートメータの設置は無料

新電力導入の流れの仕組み

新電力への切り替えは思っているよりもかなり簡単です

お問い合わせと工事の2つの工程だけで導入できます。

1.切り替える予定の電力会社へお問い合わせ

新しく契約する電力会社・新電力へ、電話やホームページから申込みをします。

基本的に、以前の電力会社との契約は切り替え先の会社が手続きしてくれるので、契約期間や電気料金などの契約内容をしっかりと聞いておきましょう

また、契約する前に、

以前の電力会社名
以前の電力会社のお客様番号
③供給地点特定番号
④切り替え希望日
⑤本人確認書類(免許証など)

の5つの点を抑えておきましょう。

②と③は、月々の電気代の請求書、検針票、お問い合わせで確認できます

2.スマートメーターの設置工事

新電力会社と契約したら、従来のメーターを外して、通信機能を備えた新しいスマートメーターを設置します。

このスマートメーターは電力消費を分かりやすく表示したり生活スタイルに応じたプランを提案してくれる機能的なメーターです。

この設置工事は原則無料で行われますが、状況に応じて費用が追加されるかもしれません。

後ほど詳しく説明します

また、工事期間は1時間程度なので、すぐに交換できます

新電力でも昔の電力会社でも “供給” は変わらない!

新電力会社は、効率的な電力消費ができたり電気代が節約できたりする、小売部門の新しい仕組みです

だからこそ、様々な新電力会社が消費者のニーズに合った多くのプランを提示してくれています。

しかし、大手10社と比べて豊富なプランや電気代の安さがあって魅力的ですが、大手ではない分、不安もあると思います。

「もし倒産したら電気が使えなくなるかも……」
「停電しそうで信頼できない……」

と考えてしまいますよね。

ですが、新電力も大手10社も “電気の供給” は変わりません

新電力に切り替えたとしても、生活できるための電力量は同じです。

だからこそ、「新電力は停電しやすい」わけではないのです。

それどころか新電力で生活スタイルに合ったプランを活用すると、電気代を節約できます

「冬に暖房使いすぎて電気代が高い……」「夏にはクーラーを21度にしてしまって電力消費が多い……」などと、電気代についてお悩みなら、新電力への切り替えを検討してみては

 

新電力のメリット・デメリットとは?新電力から新電力への乗り換え方法もご紹介

次のページへ

スポンサーリンク