【東邦ガスの電気】電気料金のシミュレーションからプランまでご紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年の電力自由化で自由に電力会社を選べるようになり、様々な企業が電力供給事業に参入しました。

電気代を安くするためにどこの会社にしようか悩んでいる方はガス会社の電気も要チェックです!ガス会社の電気の場合、ガスとのセット割を契約することで光熱費全体を大幅に節約することができます。

この記事では、浅田真央さんがイメージキャラクターを務める、東邦ガスの電気についてまとめました。

「供給エリアってどこまで?」
「ガスと電気でどれくらい安くなる?」

このような疑問にお答えしますので、是非最後までお読みください!

東邦ガスとは?

スポンサーリンク

運営会社東邦ガス株式会社
供給エリア愛知県・岐阜県・三重県およびその周辺エリア

東邦ガスは東邦ガス株式会社が運営しているガス供給会社です。

供給エリアは、愛知県・岐阜県・三重県およびその周辺エリアと限定されています。

東邦ガス株式会社は、社名の通りガス供給事業をメインに行っており、本社は愛知県にあります。電力自由化にあわせて電力供給事業に参入し、現在は電気の販売も開始しました。

東邦ガスは東京ガス・大阪ガス・西部ガスと共に日本の4大都市ガスの1つであり、中部地方のガス供給を支えているとても有名な会社です。

そんな東邦ガスの電気ですが、特徴は大きく3つあります。

・ガスと電気のセット割
・ガスと電気をまとめて支払い
・安定した電力供給

1つずつご紹介していきます!

①ガスと電気のセット割

1つ目の特徴は、ガスと電気のセット割があることです

東邦ガスは電気のみの販売も行っていますが、ガスとセットで契約した方がお得になります。

ガスとのセット契約の場合、月の基本料金で約200円~300円程度安くなるので、年間で換算すると2,400円~3,600円程度安くなることに!

電気代をなるべく抑えたいという方は、ガスとセットで契約することをおすすめします。

②ガスと電気をまとめて支払い

2つ目の特徴は、ガスと電気の月々の支払をまとめることができる点です。

ガス会社と電力会社が別だと、家計管理が面倒だし、一方の支払いを忘れてしまうといったリスクがありますよね。

東邦ガスの場合、ガスと電気をまとめると、一括して支払いをすることができます。

また、東邦ガスが運営している無料会員Webサービス「Club TOHOGus」に登録しておくと、ひと月のガス代と電気代をまとめて確認することが出来るので大変便利です。

ガスと電気をセットにするとお得になり、さらに光熱費をまとめて管理できるのも嬉しいシステムですね。

③安定した電力供給

3つ目の特徴は、ガス会社ですが安定した電力供給ができる点です。

「電気って生活の中で大切なライフラインなのに、ガス会社の電気ってやっぱりおまけなサービスな気がする・・。ちゃんと供給されるのかな?」

ガス会社の電気となると、そういった不安はあると思います。

しかし東邦ガスの電気の場合、既存の電力会社である中部電力の配電ネットワークを利用するため、停電が頻発するといったような心配はありません

安定性は従来とまったく変わらないと公言していますので、安心して使用できます。

東邦ガス電気料金プラン

シンプルプランⅠ

シンプルプランⅠは、東邦ガスの電気のみを契約したいご家庭向けのプラン。中部電力の従量電灯Bに相当するプランとされています。

対象の契約電流は10A~60Aで、月々の電気代は基本料金と従量料金から構成されるシンプルなプランです。

シンプルプランⅡもありますが、そちらは電力使用の多い商店や施設向けのため、この記事では一般家庭向けのシンプルプランⅠについて詳しくご紹介していきます。

東邦ガス中部電力
基本料金10A1,144円
(+858円)
286円
15A1,144円
(+715円)
429円
20A1,144円
(+572円)
572円
30A1,144円
(+286円)
858円
40A1,144円
(±0円)
1,144円
50A1,430円
(±0円)
1,430円
60A1,716円
(±0円)
1,716円
従量料金~120kWh21.05円
(-0.02円)
21.07円
121~200kWh25.49円
(-0.05円)
25.54円
201~250kWh25.51円
(-0.03円)
251~300kWh26.53円
(+0.99円)
301~350kWh26.46円
(-2.03円)
28.49円
351~400kWh26.99円
(-1.50円)
401~500kWh27.60円
(-0.89円)
501~700kWh28.43円
(-0.06円)
701~1000kWh28.45円
(-0.04円)
1001kWh~28.47円
(-0.02円)

*かっこ内は中部電力のポイントプランおよびおとくプランと比較したときの東邦ガスの電気料金差額

30A以下の契約を契約したい場合は、中部電力の方が基本料金がかなり安くなります。

一方で40A以上は基本料金に差がありませんので、従量料金で比較をすると、東邦ガスの電気の方が全体的に少し安く設定されています。

そのため、40A以上で契約をされている方は乗り換えることで電気代を確実に安くすることができるのでおすすめ。

電力使用量がかなり細分化されて従量料金が設定されているのも特徴ですね。

ファミリープラン

ファミリープランは、東邦ガスのガスと電気をセットでまとめて契約する家庭向けのプランです。

対象の契約電流は30A以上で、月々の電気代は基本料金と従量料金に3種類の割引で構成されるプランです。

3種類の割引は以下です。

・暖房割引
電気利用と同一の場所で、ガス暖房機器を使用している場合に適用

・床暖割引
電気利用と同一の場所で、ガス温水床暖房を使用している場合に適用

・家庭用燃料電池割引
電気利用と同一の場所で、家庭用燃料電池システム(エネファーム)を使用している場合に適用

暖房割引基本料金5%割引
床暖割引基本料金8%割引
家庭用燃料電池割引基本料金10%割引

割引は併用できず、どれか1つを選択する形となります。

また、料金表は以下の通りです。

東邦ガス中部電力
基本料金30A803円
(-55円)
858円
40A936円
(-208円)
1,144円
50A1,222円
(-208円)
1,430円
60A1,508円
(-208円)
1,716円
従量料金40A以上30A以下
~120kWh21.05円
(-0.02円)
21.05円
(-0.02円)
21.07円
121~200kWh25.49円
(-0.05円)
25.19円
(-0.35円)
25.54円
201~250kWh25.51円
(-0.03円)
25.21円
(-0.33円)
251~300kWh26.53円
(+0.99円)
25.23円
(-0.31円)
301~350kWh26.46円
(-2.03円)
26.46円
(-2.03円)
28.49円
351~400kWh26.99円
(-1.50円)
26.99円
(-1.50円)
401~500kWh27.60円
(-0.89円)
27.60円
(-0.89円)
501~700kWh28.43円
(-0.06円)
28.43円
(-0.06円)
701~1000kWh28.45円
(-0.04円)
28.45円
(-0.04円)
1001kWh~28.47円
(-0.02円)
28.47円
(-0.02円)

*かっこ内は中部電力のおとくプランと比較したときの東邦ガスの電気料金差額

シンプルプランに比べると、ファミリープランの方がかなりお得な料金設定なのかがわかると思います

基本料金も中部電力と比較して約200円はお得になるうえ最大10%の割引が受けられます。

また、従量料金も全体的に見て中部電力より安くなるので、3つの割引条件のいずれかに当てはまる方は検討して損はないプランです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東邦ガスのデメリット

30A未満の場合電気代が高くなる

東邦ガスのデメリットとしてまず挙げられるのが、30A未満で契約したい場合、電気代が高くなる可能性がかなり高いことです。

一般家庭向けで30A以下を契約できるのはシンプルプランⅠのみですが、基本料金が中部電力より500円以上高いことから、少ないアンペア数での契約を希望している方には不向きと言えます。

東邦ガスも「30A以上の契約を希望する方にメリットを与える電気料金」と公式に言っているので、30A未満で事足りている方は、無理して東邦ガスの電気に切り替える必要はないでしょう。

割引を受けられる範囲が狭い

デメリットの2つ目は、割引を受けられる範囲が狭い点です。

ガスと電気をセットで契約すると基本料金などが安くなる点はありがたいのですが、追加の割引を受けるには、ガスタイプの暖房などを利用していないと受けられません。

供給エリアは特段寒い地域ではないので、電気より暖かくなるガス暖房を使用している家庭がそれほど多くないはずです。

そのため、ガスと電気のセット割の条件の幅や種類を増やしてくれると、割引が利用できる家庭が増えてありがたいですね。

東邦ガスのメリット

ファミリープランで中部電力よりお得に【料金シミュレーション】

ガスと電気をまとめて契約するファミリープランの場合、中部電力よりお得になります。

東邦ガスのファミリープランと中部電力のおとくプランの月々の電気代を、世帯人数別に見てみましょう。

ファミリープラン
(東邦ガス)
おとくプラン
(中部電力)
1〜2人世帯4,084円
(-68円)
4,152円
3人世帯9,425円
(-268円)
9,693円
4人世帯11,218円
(-1,610円)
12,828円

*かっこ内は中部電力のおとくプランと比較したときの東邦ガスの電気料金差額
*各世帯平均使用量で試算。1〜2人世帯=30A 150kWh、3人世帯=40A 350kWh、4人世帯=50A 450kWh

例えば4人家族で50Aを契約し、450kWh使用したとすると中部電力の場合月の電気代は12,828円、東邦ガスの場合11,218円となり1,610円東邦ガスの方が安くなります

年間で計算すると20,000円近く安くなるので、かなりお得ですよね。

また、ファミリープランの3種類の割引条件に当てはまる方は、基本料金から更に5%~10%の割引を受けることができます!

割引を受けられなくても、年間で換算すると東邦ガスの方がお得になるので、東邦ガスでガスを契約しているご家庭は、思い切って電気もまとめてしまうと、中部電力より電気代を節約できるのでおすすめです。

光熱費をまとめて支払いができる

東邦ガスでガスと電気をまとめて契約すると、両方の料金を一括で支払うことができます。

ガスと電気の料金支払日というと、ひと月の間で結構間が空いたりして家計管理や支払い管理が大変だったりしますよね。でも、ガスと電気で光熱費支払いの日と一括りにしておけば、管理も楽になります。

またそれぞれの内訳は、無料の会員Webサービス「Club TOHOGus」にて確認ができるので安心です。

解約料・違約金がない

東邦ガスは解約料や違約金がありません

最低利用期間1年など、契約から1年以内に解約した場合に解約料や違約金を支払う必要のあるシステムを取り入れている電力会社はいくつかあります。

しかし、東邦ガスは1年以内に解約したとしても、解約料・違約金を支払う必要はないので、お試し感覚で電気を購入する事が出来ます。

「うちに合わないな・・」と思ったら、終了希望の2営業日前までに連絡すれば解約手続きをしてくれますし、乗り換えたい場合は新しい電力会社への連絡のみなので安心です。

まとめ

まとめると東邦ガスの電気は、

・30A以上ならメリットがある料金設定
・ガスとまとめて中部電力よりお得
・光熱費のまとめて支払いが可能

そんな中部地方のインフラを支えている企業です。

「電気会社中部電力のままでよいのかな・・」
「うちにはガス暖房があるよ!」

そういった方にはおすすめの電力会社と言えますので、公式サイトで電気代のシミュレーションをしてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク