【一人暮らし】関西電力と大阪ガスでどっちにまとめるべき?メリットとデメリットを解説!

電力・ガスが自由化されたことで家族構成やライフスタイルを考えて最適な会社を選べるようになったはいいものの、たくさんの会社が様々なサービスを提供しているので迷ってしまいますよね。

電気とガスは生きていくうえで欠かせないライフライン。いくら節約したいからといって全く電気を使わない、もしくはガスを使わないで生きていくことはできません。

なので、どうにか節約して光熱費を抑えたいと考えていると思います。

この記事では「光熱費を節約したいけど、電気とガスはどこでまとめるべきか?」と悩みをお持ちのあなたに向けて関西電力と大阪ガスでメリットとデメリットを比較してみました。

数社の電力会社・ガス会社を検討し切り替えた経験を元に、関西電力と大阪ガスのサービスを徹底的に調査しました。

この記事を読めば各社の違いを詳しく知ることができます。

関西電力と大阪ガスのセットメニューの違い

【前提】電力・ガス自由化について

2016年4月から電力の自由化が家庭にも拡大され、その1年後となる2017年4月からガスの自由化が始まりました。(厳密には家庭向けの都市ガス自由化)

それによって、電力・ガス会社が提供する様々なメニューを見比べながら、自身のライフスタイルに合ったサービスを選ぶことができます。

関西エリアであれば、電気は関西電力、ガスは大阪ガスしか選ぶことができませんでしたが、自由化によって関西電力が「ガス」の提供を始め、大阪ガスが「電気」の提供を始めています。

その結果、関西電力・大阪ガスともに「電気とガス」を提供しており、それぞれをセットメニューとして用意しています。

関西電力のセットメニューの特長

関西電力 なっトクパック

関西電力はガス自由化によって「なっトクパック」という電気とガスのセットメニューを展開しています。

「なっトクパック」は、電気料金メニュー「なっトクでんき」と関電ガス「なっトクプラン」を組み合わせたもので、それぞれ関西電力「従量電灯A」、大阪ガス「一般料金」と比べて誰でも料金がおトクになります。

なっトクでんきについて

なっトクでんきは関西電力の従量電灯Aに相当するメニューです。すべての料金単価が関西電力の従量電灯Aよりも安く設定されている(第一段階は同単価)ので切り替える(もしくはプランを変える)だけで電気代を節約することができます。

関西電力
「従量電灯A」
関西電力
「なっトクでんき」
最低料金341.01円/件285.00円/件
電力量料金第一段階20.31円/kWh20.31円/kWh
第二段階25.71円/kWh24.10円/kWh
第三段階28.70円/kWh27.80円/kWh

なっトクプランについて

なっトクプランは大阪ガスの一般料金に相当するメニューです。すべての料金単価が大阪ガスの一般料金よりも安く設定されているので切り替えるだけでガス代を節約することができます。

ガスご使用量料金区分大阪ガス
「一般料金」
関西電力
「なっトクプラン」
0m³から
20m³まで
基本料金759.00758.90
従量料金174.81158.77
20m³をこえ
50m³まで
基本料金1,364.811,262.33
従量料金144.52133.66
50m³をこえ
100m³まで
基本料金1,635.741,266.83
従量料金139.10133.53
100m³をこえ
200m³まで
基本料金2,074.721,683.41
従量料金134.71129.34
200m³をこえ
350m³まで
基本料金3,506.753,043.33
従量料金127.55122.52
350m³をこえ
500m³まで
基本料金3,834.723,353.47
従量料金126.62121.61
500m³をこえ
1,000m³まで
基本料金6,981.946,357.69
従量料金120.32115.58
1,000m³
超過分
基本料金7,307.876,673.44
従量料金120.00115.27
まとめるだけで今すぐお得に!

▷関西電力
公式サイトはこちら

大阪ガスセットメニューの特長

大阪ガス

大阪ガスは電力自由化によって「ベースプランA-G」という電気プランを提供しています。

「ベースプランA-G」は関西電力の従量電灯A相当のプランです。24時間同一の段階制料金で関西電力「従量電灯A」と比べて最低料金は割安。電力量料金は120kWhまで同額、121kWh以降は割安な設定になっています。

関西電力
「従量電灯A」
大阪ガス
「ベースプランA-G」
最低料金341.01円/件285.00円/件
電力量料金第一段階20.31円/kWh20.31円/kWh
第二段階25.71円/kWh24.90円/kWh
第三段階28.70円/kWh27.83円/kWh

電気とガスをまとめるメリット・デメリット

関西電力も大阪ガスも若干の違いはあるものの、両社ともに電気とガスのセットメニューを提供しています。

では、具体的に電気とガスをまとめるメリットはなんでしょう?また、まとめることによるデメリットはあるのでしょうか?

メリット

電気とガスをまとめるメリットは3つあります。

  1. まとめることで割引が適用される
  2. 請求をまとめて管理できる
  3. 引越し時の手続きが楽チン

①まとめることで割引が適用される

一般的に同じ会社で色んなサービスを受けることで「セット割引」なるものがあることはご存知かと思います。これは電気やガスも同様です。

関西電力も大阪ガスもセットで電気とガスを契約することで限定のセット割引を受けることができます。これは契約をまとめるメリットと言えます。

しかし、割引が適用されるからといって必ずしもトータルでお得になるとは限りませんので、シミュレーションを必ず行いましょう。

②請求をまとめて管理できる

これまで「電気は電力会社、ガスはガス会社」のように別々の支払先でしたが、電気とガスの契約をまとめることで支払先を一本化することができます

さらに支払先が一本化されるだけでなく、請求がまとまることで「明細」がまとめて発行されるため、家計管理がかなりシンプルになります。

③引越し時の手続きが楽チン

前述の支払先と同じように引越しで契約を変更する、もしくは引越し先で新たに契約が必要な場合も別々の会社へ連絡する手間がなくなります。

電気とガスをまとめることで、ひとつの会社へ連絡するだけで電気とガスの契約手続きが完了する点もメリットですね。

まとめるだけで今すぐお得に!

▷関西電力
公式サイトはこちら

デメリット

電気とガスをまとめるデメリットは2つあります。

  1. 実は割高なケースがある
  2. LPガスは契約できない場合がある

①実は割高なケースがある

電気とガスをセットで契約することで限定割引を受けることができますが、「セット割引」というキーワードに騙されてしまってはいけません。

例えば、電気の場合は家族構成や電気の使う時間帯によってはセット契約の方が割高になる場合もあります

セット割引は魅力的ですが、光熱費全体で「お得になるか?」を確認することが重要です。

②LPガスは契約できない場合がある

ガス自由化によって色んな企業が「ガスの小売事業」を開始しましたが、都市ガスに比べてLPガスの方が参入障壁が高く、都市ガスは切替できますがLPガスは対応していない…といったケースがあります

ご自身が都市ガスかLPガスかを十分に確認したうえで、切り替え候補のガス会社が対応しているかを確認するようにしましょう。

さて、ここまで一般的な話を中心に紹介してきましたが、ここからは具体的に関西電力と大阪ガスの比較をしてみようと思います。

比較基準は「①電気料金 ②ガス料金 ③付帯サービス」です。

【比較基準①】電気料金

まずは各社のセットメニューを契約した場合の電気料金について比較してみました。

関西電力の電気プラン

なっトクでんきは関西電力の従量電灯Aよりも安く設定されている(第一段階は同単価)ので切り替える(もしくはプランを変える)だけで電気代を節約することができます。

実際にひとり暮らし(月間使用量200kWh)の場合、年間で約2,300円お得になります。

関西電力
「従量電灯A」
関西電力
「なっトクでんき」
節約額
ひとり暮らし54,364円/年52,147円/年2,218円(4%節約)

大阪ガスの電気プラン

「ベースプランA-G」は関西電力の従量電灯A相当のプランです。24時間同一の段階制料金で関西電力「従量電灯A」と比べて最低料金は割安。電力量料金は120kWhまで同額、121kWh以降は割安な設定になっています。

実際にひとり暮らし(月間使用量200kWh)の場合、年間で約1,450円お得になります。

関西電力
「従量電灯A」
大阪ガス
「ベースプランA-G」
節約額
ひとり暮らし54,364円/年52,915円/年1,450円(3%節約)

ひとり暮らし(月間使用量200kWh)では、電気料金は関西電力のなっトクでんきが安いことが分かりました。

では、続いてガス料金はどうでしょうか。

【比較基準②】ガス料金

関西電力のガスプラン

なっトクプランは、すべての料金単価が大阪ガスの一般料金よりも安く設定されているので切り替えるだけでガス代を節約することができます。

実際にひとり暮らし(25㎡)の場合、年間で約6,924円お得になります。

大阪ガス
「一般料金」
関西電力
「なっトクプラン」
節約額
ひとり暮らし54,612円/年47,688円/年6,924円(12%節約)

関西電力のなっトクプランの場合は、電気とガスをセットで契約することでガス料金(基本料金および従量料金の合計)から3%の割引が適用されます。

※上記シミュレーションは割引適用済み

大阪ガスのガスプラン

実際にひとり暮らし(25㎡)の場合、年間で約2,580円お得になります。

大阪がす
「一般料金」
大阪ガス
「GAS得プラン」
節約額
ひとり暮らし54,612円/年52,032円/年2,580円(5%節約)

大阪ガスの場合も同様に電気とガスをセットで契約することでガス料金(基本料金および従量料金の合計)から3%の割引が適用されます。

※上記シミュレーションは割引適用済み

ひとり暮らし(月間使用量25㎡)では、ガス料金は関西電力のなっトクプランが安いことが分かりました。

正直ここまでで答えは出てますが、念のためその他のサービスでも比較してみます。

安くなるのは断然こっち

▷関西電力
公式サイトはこちら

【比較基準③】その他のサービス

ポイントサービス

関西電力には独自ポイントサービスの「はぴeポイント」が貯まります。電気代1,000円につき8ポイント、ガス代1,000円につき5ポイントが自動で付与されます

貯まったポイントは電気・ガスの支払いにも使えますし、Tポイントを始めとする有名ポイントにも交換することができます。

駆けつけサービス

また、関西電力にはトラブルが起きた際の駆けつけサービスが無料で付いています。電気やガスは重要なライフラインでもありますので。何かあった際の駆けつけサービスは非常に安心ですね。

プランの豊富さ

大阪ガスは関西電力に比べて電気のプランが豊富です。

Amazonプライムが付いてくる「スタイルプランP」。再生可能エネルギーを使用した「スタイルプランE」など、自分のライフスタイルに合わせて電気プランを選ぶことができます。

【まとめ】関西電力か?大阪ガスか?

結論、関西電力で電気とガスをまとめるのがおすすめです

光熱費を節約する視点では、関西電力の電気・ガスセットの方が断然お得になります。

大阪ガス関西電力差額
合計104,947円/年99,835円/年5,112円/年
電気代52,915円/年52,147円/年768円/年
ガス代52,032円/年47,688円/年4,344円/年

※電気代は月間使用量200kWhで計算
※ガス代は20㎡で計算

また、その他の付帯サービスで考えても関西電力の方がサービスが充実しています。

現在ひとり暮らしをしている方、もしくはこれからひとり暮らしを始めようとしている方はぜひ関西電力で電気とガスをセットで契約して光熱費全体を節約してみてください!

まとめるだけで今すぐお得に!

▷関西電力
公式サイトはこちら