賃貸マンション・アパートでも電力会社を乗り換えられる?電気代を削減したい人必見!

スポンサーリンク

電力自由化が始まり、自由に電力会社を選べるようになりました。

実際に一戸建て住宅にお住まいの方の中には、電気代をより安くするために電力会社の乗り換えをした方も多いようです。

ところで、みなさん。

電力会社の乗り換えは、一戸建て住宅だけではなく、賃貸マンションやアパートでもできることを知っていますか?

ただし、賃貸マンションやアパートの場合、電力会社の乗り換えのためにいくつか条件をクリアしなければいけません。条件がクリアできれば、新電力に乗り換えて電気代を今よりももっと節約することができます

この記事では、賃貸マンションやアパートで新電力に乗り換えるための条件やおすすめの新電力をご紹介します。

賃貸マンションやアパートでも新電力に乗り換えられる?

2016年より電力自由化が始まり、電力会社を乗り換える家庭が多くなりましたよね。

電力自由化により、電気事業に多くの企業が参入し、それぞれのオリジナルのプラン内容や特典を設け、ユーザーの獲得に奮闘しています。
新電力に乗り換える一番のメリットは、電気代が安くなること。

電気代が安くなれば支出が減るので、その分節約や貯金ができると注目されています。

一戸建て住宅の場合、ご自身で電力会社と契約を結んでいるため、「電気代を安くするために新電力にしよう」と思ったら、

賃貸マンション・アパートで電力会社を選べないケース

①一括受電契約の賃貸マンションに住んでいる

賃貸マンション・アパートに住んでいる方で、電力会社の乗り換えができないのは、居住のマンションやアパートで一括受電契約(高圧一括受電契約)が結ばれている場合です。

一括受電契約(高圧一括受電契約)とは、マンションやアパートなど一棟まるまる電力会社の高圧契約の範囲内にすることです。

マンションの廊下やエントランスの照明などの共用部の電気代には、高圧の安い電気料金が設定されます。

また、マンション内への各部屋には、マンション内の高圧受電設備で一般家庭で使用できる電圧に変圧して各部屋へ送り込むという仕組みになります。

一括受電契約は、オーナーである大家さんだけではなく、入居者にとっても電気料金を安く抑えられるメリットがあるプランなのですが、一括受電契約は10年ごとの契約になるので、入居者側が電力会社を乗り換えたいと思っても一括受電契約期間中は乗り換えが難しいです

②大家さんによる一括支払いがされている

古いアパートやシェアハウスでは、大家さんが電気料金を徴収するケースもあるようです。

この場合、大家さんが契約している電力会社のプランが適応されるので、入居者自身が電力会社を選んで変更することはできません

スポンサーリンク

電力切り替え時のスマートメーター工事には許可がいる?

スマートメーターは、電力使用量を測定するデジタル式メーターです。

従来のアナログ形式メーターは、リアルタイムで電気使用量を確認できず、月に1回検針員が電気使用量をチェックし、検針票を発行して初めてその月の使用量がわかるという点がデメリットでした。

しかし、スマートメーターの場合は、30分に1回どのくらい電気を使用しているかがわかるので、電気代の削減や省エネへの意識づけができるようになります。

そもそもスマートメーターは、各地域の電力会社が設置を行っているのですが、全国への普及はまだまだ追いついていません。しかし、2024年までには全国の住宅やマンションなどのメーターをスマートメーターに切り替えることを目標としているので、電力自由化が始まったタイミングでスマートメーターの設置をより加速させているのです。

そのため、アナログ式のメーターが設置されているマンションや一般住宅が新電力に乗り替えるときは、スマートメーターへの切り替えが必要です。
設置費用は無料です)

となると、スマートメーターを設置する際に管理会社や大家さんに許可をとる必要があるのか、という疑問がでてきますよね。

答えは、「NO」です。

なぜなら、先ほども説明した通り、いずれはすべてのご家庭やマンションのアナログメーターがスマートメーターに切り替わるのです。

お住まいの賃貸マンションやアパートがまだアナログ式であっても、いずれはスマートメーターになります。

そのため、特に許可をとって設置しなくても、管理会社に何かを言われたり、お金を請求されることはありません

もちろん退去時には原状回復をする必要もないです。

それでも「やっぱり無断でやるのは嫌だな」という方は、管理会社に一報しておいてもいいでしょう。

賃貸でも電気代が安くなるおすすめの新電力【1人暮らし・2人暮らし・ファミリー】

1人暮らしの方におすすめ『カテエネ』

カテエネ

カテエネには、新電力には珍しい一人暮らし用の電気料金のプランがあります

さらに、電気の見える化サービスを提供しており、電気を使いすぎたときにメールで警告してくれるので、より節約することができ電気代を安く抑えることができます。

カテエネは、支払い額に応じてポイントが付与されるので、ポイントがどんどん貯まるという特徴もあります

貯まったポイントをTポイントやnanacoポイントに交換すれば、ポイントを利用して食材や日用品を買うことができます。

電気代だけではなく、生活費の節約にも繋がる嬉しい特徴です。

カテエネ公式サイトはこちら

一人暮らしには中部電力のカテエネがお得?評判からメリット・デメリット赤裸々公開

2人暮らしの方におすすめ『looopでんき』

looop電気の評判

looopでんきは、どれだけ電気を使っても1kWhあたり26.4円の一律料金です

一般的に、2人暮らしの電気使用量は200〜250kWhと言われています。東京電力でこのくらいの電気を使うとすると、1kWhあたり26.46円です。

となると、全然変わらないじゃないか!と思うかもしれませんが、looopでんきは基本料金が0円なので、毎月1,000円程度安く抑えることができます。年間にすると12,000円となるので、かなり節約できますよね。

さらに、looopでんきはガスとセットで申し込むことでさらに電気代が安くなるプランがあります。

光熱費を節約して、貯金に回したり、旅行資金を貯めたりするのもいいですね。

looopでんき公式サイトはこちら

【2020年2月】Looopでんきは悪評が多い?評判やキャンペーン情報まで大公開

ファミリーにおすすめ『エルピオでんき』

エルピオでんきの評判や口コミ

とにかく電気代を安くしたいならエルピオでんき!

エルピオでんきは、多くの新電力がしているような特典やポイントサービスが一切ありません。

特典やポイントを重視する方には向いていませんが、ただただ電気代を安くするという点には他の新電力では勝てません…。

なぜなら、エルピオでんきはサービスや広告・宣伝を大々的にしないことで余計なコストを削減し、電気料金を安くしているからです。

宣伝をしない分、カテエネやlooopでんきなどの他の新電力に比べると認知度は低いですが、業界トップクラスの低価格だということが口コミで広まり、徐々に有名になってきています。

しかも、エルピオでんきもガスとのセットプランがあり、セットプランに申し込みをすることでさらに電気代が安くなります。

電気使用量の多いファミリーはもちろん、徹底的に光熱費を削りたい人にもおすすめの新電力です

エルピオでんき公式サイトはこちら

【2020年2月】エルピオでんきはとにかく安い?評判や最新キャンペーン情報ご紹介

まとめ

賃貸マンションやアパートに住んでいる方が電力会社を乗り換えられるかどうかは、一括受電契約が結ばれているかどうかが関係しています。

一括受電契約が結ばれていて、専有部(各部屋)も契約の対象であれば、電力会社の乗り換えはできません。

しかし、電気代の節約のために電力会社の乗り換えたいと思っているのに、「賃貸マンション・アパートだからできない」と諦めるのはまだ早いです!

マンションが一括受電契約をしていたとしても、専有部は契約対象外である場合は、電力会社の乗り換えや電気料金プランの変更が可能です。
管理会社に聞けば教えてくれるので、気になる方は確認してみてください。

新電力の一括無料見積もり
公式サイトはこちら

新電力切り替え時に必要なスマートメータへの交換とは?メリット・デメリット公開
スポンサーリンク