【ニチデン(HTBエナジー)の評判と口コミ】切り替えする際のメリット・デメリット

電気料金は不定期に値上がりするので、家計の負担を圧迫する要素ですよね。また、できれば電気料金を安くしたいと考えているのではないでしょうか?

一般家庭向けの電気料金プランは2016年4月の電力自由化によって、新電力とよばれる新しい電力小売事業者からも選べるようになりました。

しかし電力自由化から日が浅いこともあるため、新電力に対する不安や疑問点などが残り、切り替えハードルを高くしています。

そんな中でも最近新電力の1つである、ニチデンへ切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

ニチデンと聞いても多くの方は、聞いたことのない電力会社と感じやすいといえます。しかし大手旅行代理店H.I.S.グループも運営に携わっている、比較的規模の大きい新電力なのです。

そんな別業種から参入してきたニチデンに興味が出てきたあなたに向け、サービス概要や特徴をはじめ、切り替える際のメリットやデメリットまでまとめました。

ニチデンへ切り替えてみようか悩んでいる方も、是非参考にしてみてください。

ニチデンの評判や口コミの傾向

ニチデンに限らず、新電力へ乗り換え検討している場合は、まず評判や口コミがどのような傾向になっているか確認することです。

電力小売事業者は年々増加しているだけでなく、サービスの質や対応などに大きな違いがあります。
そのため、公式サイトでは掴めない利用者の評価を確認することが、自分に合った新電力を見つけるために重要なポイントですよ。

それではニチデンの評判や口コミの傾向を3つ程ご紹介します。

料金プランがシンプルでサービスが分かりやすい評価も多い

ニチデンの評判や口コミで目立つ内容が、サービス概要や料金プランがシンプルで分かりやすいということです。

これまで電気料金プランは、基本料金と3段階の従量料金が基本でしたので、ややこしいと感じやすい要因でした。

ニチデンも含む新電力の多くは、大手電力会社とは異なる電気料金プランを用意しているため、分かりにくさを感じていた方にも優しい内容といえます。

また、ニチデンの場合は、基本料金と1段階の従量料金を組み合わせたシンプルなプラン構成です。

評判や口コミの傾向として、分かりやすいプランとして評価されているのは、乗り換えに重要なポイントといえますね。

電気使用量が少ない場合は電気料金が高くなった口コミもある

ニチデンの評判や口コミの傾向の中には、満足できなかったと考えられる内容もあります。その1つが、電気料金を安くできなかったという趣旨の評判や口コミです。

初めてニチデンに切り替えるか考えている方の多くは、当たり前ですが電気料金を安くできると予想して契約します。

しかし、ニチデンの電気料金プランが、自身の生活スタイルと合わない場合や電気使用量の少ない状況の場合、安くすることが難しいケースもあるのです。

これはニチデンに限らず新電力や大手電力会社に共通していることで、世帯人数や電気使用量、使用時間帯やオール電化など様々な条件で割安・割高に変化します。

基本的なことですが、新電力=安いというイメージで何となく契約してしまったり、事前に比較やシミュレーションをしたりしないよう注意が必要です。

対応については様々な評判や口コミとなっている

ニチデンを利用した方達の評判の中に、担当者の対応に関する内容もあります。ある評判や口コミでは、比較的丁寧で分かりやすい説明だったのでスムーズに契約できたといった傾向の評価です。

しかし一方で、ニチデンの代理店からの営業対応に不満があったり、しつこかったりと代理店に関する評判や口コミも時々あります。

こちらの場合は、ニチデンの対応や営業に問題があるということではなく、代理店契約をしている別の事業者に関する問題です。

ただ、こういった評判や口コミもあるので、ニチデンに直接申し込みや相談を行うのが余計なトラブルを避けるポイントといえます。

基本サービスや料金プランと特徴

ニチデンの評判や口コミでもありましたが、料金プランが分かりやすくシンプルな点が大きな特徴です。

初めて新電力に切り替えたい方や、3段階の従量料金ではなく1段階の固定単価にしたい方は、ニチデンを検討してみるのがおすすめです。

また、各種特典付きのプランを探している方にもおすすめですので、この機会に確認してみてはいかがでしょうか。

基本料金と従量料金を組み合わせたプラン

ニチデンの電気料金プランは、以下の料金を組み合わせたプランで構成は大手電力会社と大きな違いはありません。また既存の電気料金プランに慣れている方にも、なじみやすい内容といえます。

・基本料金
・従量料金
・燃料調整額
・再生可能エネルギー発電促進賦課金

ちなみに燃料調整額とは、火力発電に必要な燃料費の価格変動に関する費用です。また、再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、再生可能エネルギーで発電された電気を買取りした際のコストを負担してもらうものです。

そして大手電力会社との主な違いは、従量料金が3段階から1段階に設定されている点といえます。

そのようなプランということもあり、公式サイトでは最大で20%ものコストカットができると計算されているのです。

電力供給エリアは9エリアに対応

新電力の電気料金プランを確認する上で、電力供給エリアの確認は不可欠です。新電力に区分される電力小売事業者は、電力供給エリアについてばらつきがあります。

新電力によっては、2~3エリアに供給しているところもあり、契約しようと準備していてもエリア外であれば、契約できません。

ニチデンの電力供給エリアは、10エリア中9エリアに供給しているので、新電力の中でもカバーしているエリアが多いといえるでしょう。

以下に電力供給エリアを挙げています。
・北海道電力エリア
・東北電力エリア
・東京電力エリア
・北陸電力エリア
・中部電力エリア
・関西電力エリア
・中国電力エリア
・四国電力エリア
・九州電力エリア

沖縄電力エリア及び離島は、2019年時点で対応していません。

様々な特典やサポートが付いている

ニチデンの大きな特徴の1つが、特典やサポートが付いている点になります。

例えば家電修理サポートという特典です。つながるサポートと呼ばれるサービスで、自宅の家電製品や設備機器が故障した場合に修理してもらえます。

コールセンターに電話しますと、担当者が修理や交換まで対応しまして一部修理費用については、別途必要です。ただし、送料については無料でサポートされます。

他にも特典があり、運営企業の1つである旅行代理店HISグループの割引特典です。ニチデンの特典専用ダイヤルから予約しますと、国内・海外旅行問わず最大3000円割引されます。

初期費用や解約手数料0円

ニチデンの基本サービスであり特徴でもあるのが、初期費用と解約手数料0円という部分です。

初期費用については、どの電力会社も掛かりませんが解約手数料については、電力会社によって掛かる可能性があり気を付けるべきポイントです。

そのため、新電力に契約してみたけれど、合わないため解約しようとしたら解約手数料負担が必要と後から気付くこともあります。

ニチデンは解約手数料0円ですので、気軽に乗り換えしやすいといえますね。

ニチデンのメリットとデメリット

ニチデンにもメリットとデメリットがあるので、切り替える前にどちらも確認しておく必要があります。

特に電気料金が安くなるケースについては、新電力によって大きく違う部分のため気を付けましょう。

また、ニチデンならではの特徴もメリットになっているので、特典や割引を優先したい方も参考にしてみてください。

ニチデンに切り替えるメリット

まずはニチデンに切り替えるメリットについて、ご紹介していきます。電気料金プランや特典についていくつかメリットがあるので、

電気使用量が多い場合は電気料金が安くなる

ニチデンの電気料金プランは、基本料金と従量料金を組み合わせた内容で、一見しますと大手電力会社のプラント同じように見えます。

しかし大きな違いがあり、従量料金を3段階から1段階に定めた点が特徴的です。

従量料金の3段階制とは、電気使用量に応じて料金単価が変動するシステムで、大手電力会社で用いられています。

一方ニチデンの従量料金は、電気使用量に応じて単価を変動させず、常に固定単価で計算されるようになっているのです。

そして、3段階制と比較して、2段階目と3段階目の単価よりも安い傾向にあるため、電気使用量の多い方や家庭にとってメリットといえます。

具体的には、1段階目の120kWhを超える使用量の場合に電気料金を安くできる計算です。

家電修理サポートや旅行割引特典が便利

ニチデンに切り替えるメリットとして、電気料金プラン以外に家電修理サポートや旅行代金の割引特典などを挙げることができます。

家電修理サポートは、以下の家電製品について最大50万円分まで無償サポートしてくれます。
・エアコン
・洗濯機
・冷蔵庫

そして旅行代金の割引特典は、HISから申し込みした場合に最大3000円割引されるサービスとなります。なぜHISグループかといいますと、運営に携わっているからです。

支払い方法が複数用意されている

ニチデンに切り替えるメリットとして、支払い方法にも注目です。新電力の中には、電気料金の支払い方法を1~2つしか用意していないこともあり、不便に感じます。

しかしニチデンの場合は、コンビニや口座振替、クレジット払いの3種類から選ぶことができるため、支払い方法で悩まずに済みます。

ニチデンに切り替えるデメリット

ニチデンに切り替える方の全てが、メリットを得られるということではありません。電気料金プランは、お得になりやすいケースとそうでないケースがあるので、どちらに当てはまるのか確認しておくのが大切です。

それでは、ニチデンに切り替えることで生じるデメリットをご紹介します。

電気使用量が少ない場合は割高になる可能性がある

ニチデンに切り替えるとデメリットになるケースとしては、電気使用量が少ないと割高になる傾向といった点です。

ニチデンの電気料金プランは、主に電気使用量が多い2人以上の世帯向けのため、1人暮らしや従量料金が1段階目を超えない場合は、切り替えても安くなりにくいといえます。

オール電化向けや夜間向けのプランがない

ニチデンを切り替える際のデメリットには、夜間やオール電化向けプランがないことが挙げられます。

大手電力会社は夜間に電気を使用する方に向けた、電気料金プランを用意していますしオール電化住宅に合わせた特殊なプランも提供しています。

しかし、こういった電気料金プランは、用意されていないので2つに当てはまる方は切り替えについて慎重に考えることが必要です。

ニチデンは20A以上で電気使用量が多いと安くなりやすい

ニチデンの電気料金プランは、基本料金と従量料金を組み合わせた従来の方式を残しつつ、3段階から1段階の固定単価に直した点が大きく異なります。

また、従量料金を1段階に統一しただけではありません。基本料金についても最大20%安くなる方も出るように調整されているのです。

もちろん電気使用量や現在契約しているプランによって、電気料金がどれだけ安くなるかは変わります。しかし、20A以上のアンペア数で120kWhを超える使用量であれば、年間で数100円から7000円前後は安くなるでしょう。

これからニチデンに切り替える予定の方や、興味のある方は電気料金の比較シミュレーションから始めてみるのがおすすめです。

新電力会社比較ランキング2019年はこちら
新電力会社おすすめ比較ランキング 【2019年7月最新版】