一人暮らしこそ電気代を抑えたい!本当に安くなるおすすめの新電力・電力会社

毎月の光熱費はある程度固定されますよね。

しかし、「もう少し安くできたら娯楽費が増えるのに…」「給料が減ったから節約しないと…」

このように考えている一人暮らしの方も多いです。

とはいえ、一人暮らし向けの料金プランを取り扱っている電力会社は少なく、選び方に失敗するとかえって電気代が高くなって、損をする可能性があります。

この記事では、電力会社選びに失敗する方が少しでも減るように、一人暮らしの方向けにおすすめの新電力をご紹介していきます。

当サイトで申し込み数の多い
新電力BEST3!

第1位 looopでんき
とにかく安く!

第2位 エルピオでんき
とにかく安く!

第3位    ENEOSでんき
↑ガソリン代まで浮かせられる!

一人暮らしの電気代が安くなる本当におすすめの新電力・電力会社

①CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトの評判や口コミ

CDエナジーダイレクトは、東京電力エリアに電気を供給しているキャッチーなCMで有名になった新電力です。

CDエナジーダイレクトには新電力では珍しい一人暮らし向けのプランがあるのが特徴です。

CDエナジーダイレクトに切り替えるだけで、月々の電気代が100円引きされます!(※東京電力エナジーパートナー従量電灯Bの場合)

また、電気代に応じてポイントが付与され、貯めたポイントはTポイントやnanacoポイントに交換できるので、普段のお買い物に使えば、生活費も削減することができます

さらに電気だけではなく、ガスとのセット割も展開されているので、とにかく光熱費を削減したい、東京電力管轄にお住まいの方におすすめです!

\東京エリアで失敗したくないならコレ!/

<基本料金>

  CDエナジー
ダイレクト
東京電力
従量電灯B
割引価格
20A 535.32円 572.00円 -37円
30A 802.98円 858.00円 -55円
40A 1,070.64円 1,144.00円 -73円

<電力量料金>

  CDエナジー
ダイレクト
東京電力
従量電灯B
割引価格
~120kWh 19.78円 19.88円 -0.1円
121~300kWh 25.47円 26.48円 -1円
301kWh〜 26.38円 30.57円 -4円
\東京エリアで失敗したくないならコレ!/

 

CDエナジーダイレクトの評判や口コミ【CDエナジーダイレクトの評判・口コミ】一人暮らしでもガスとのセット割でさらに電気代が安くなる!

②シン・エナジー

シン・エナジーは北海道以外のエリアで電気供給を行なっている新電力です。

シン・エナジーの特徴は、電気使用量に関わらず確実に安くなるという点。

基本料金・電力量料金ともに割引されるので、なんとしてでも電気代を節約して、娯楽費や他の生活費に回したい!という方におすすめです!

ただし、電気代は安くなりますが、他の新電力のようにポイントが付与されたり、割引券がもらえたりといったことは残念ながらありません

また、最低契約アンペアは30Aなので、現在15A・20Aで契約されている方は切り替えで電気代が高くなる可能性があるので、申し込み前に検針票で確認するようにしましょう。

30A以上の契約で電気代を削りたい!という方にはぴったりです♪

\確実に電気代を安くしたい人向け!/

<基本料金>

  シン・エナジー 東京電力
従量電灯B
割引価格
30A 768.34円 858.00円 89.66円
40A 1024.45円 1,144.00円 119.55

 

<電力量料金>

  シン・エナジー 東京電力
従量電灯B
割引価格
~120kWh 19.67円 19.88円 -0.21円
121~300kWh 24.78円 26.48円 -1.7円
301kWh〜 27.71円 30.57円 2.86円
\確実に電気代を安くしたい人向け!/

③looopでんき

looopでんき

looopでんきの供給エリアは沖縄を除く全国エリアとなっています。

looopでんきの特徴は基本料金が一律0円なこと。

基本料金だけでも年間6,800円以上かかる(契約している電力会社により異なる)ので、looopでんきに切り替えると電気代を抑えることができます。

<東京都にお住まいの方の例>
東京電力従量電灯B、30Aで契約中。
月々の電気使用量が140kW。・基本料金:858.00円
・電力量料金:2,915.2円
・合計:3,773円looopでんきに切り替えると・・・・基本料金:0円
・電力量料金:3,696円
・合計:3,696円つまり、月の電気使用量が77円お得になります。
\電気もガスも安くなる/

ただしlooopでんきを契約する前に、2点知っておいてほしいことがあります。

1点目は、looopでんきは基本料金はかかりませんが、電気使用量に応じてかかる電力量料金が使用量に関わらず26円です。

そのため、普段の電気使用量が120kW以下の方は電気量料金が高くなる可能性があります

契約前に、毎月送られてくる検針票でどのくらいの電力を消費しているのかを確認して、1〜3ヶ月分の電気代のシミュレーションをして本当に安くなるのかを確認しておきましょう。

2点目は、電力量料金が一定価格であるため、電気使用量が少ない1人暮らしの場合、「すごく電気代が安くなった!!!」と実感するのは難しいということ。

一方、一人暮らしでペットを飼っている、友達がよく家に遊びに来る、恋人と半同棲中、という方であれば、電気代を抑えることができるはずです。

つまり、少しでも安く抑えたいという方は、基本料金がかからないためlooopでんきもおすすめですが、がっつり削減したいという方は先ほど説明した、シン・エナジーかCDエナジーダイレクトの方がおすすめです。

looopでんき概要Looopでんきの評判|悪評の真実からキャンペーン情報まで大公開
\電気もガスも安くなる/

知らないと損する!一人暮らしの電力会社の選び方

新電力に乗り換えると必ず電気代が安くなると勘違いしている方もいますが、実は、プラン選びに失敗するとかえって電気代が高くなってしまうケースもよくあります。

「基本料金0円」につられて、普段電気使用量が少ない方が乗り換えると電力量料金が今までよりも高くなり、電気代自体変わらないということもあります。

このように、失敗すると乗り換えのメリットを実感することができなくなるので、乗り換え前には複数のプランを比較し、実際に検針票に記載されている使用量でシミュレーションをしてから電力会社・プランを決めるようにしましょう。

ご自身で複数の電力会社の比較をするのは面倒・時間がないという方は、無料の比較サイトもあるので利用してみてください。

\無料でおすすめの新電力を選んでくれる/

また、新電力によっては、お住まいの地域は供給対象外であるケースもあります。特に、北海道・沖縄・北陸エリア、離島は供給対象外なことが多いので要注意です。

電気代を節約するために最低限したいこと

電気の契約プランや電力会社の見直し以外にも電気代を節約するためには様々な方法があります。

例えば、電球をLED電球に変更したり、古い家電を買い換えれば、電気代を削減することができます。

また、エアコンの設定温度を冷房運転で28度、暖房運転は20度に設定し、扇風機やサーキュレーターと併用することでも余計な電気代がかからないため、電気代が安くなります。

しかしこれらは、日常的に行なっているはずなので、“いまさら” と思ってしまうのではないでしょうか。

これら以外の方法で電気代を削減するには、直接的な方法ではありませんが、支払い方法を変えることをおすすめします

新電力に乗り換えると支払い方法がクレジットカードのみ、というケースがほとんどですが、支払い時に利用するクレジットカードで、さらに電気代をお得にすることができるのです!

電気の支払い額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントで支払いできたり、電気料金の支払い以外にもマイルやTポイント、nanacoポイントなどのポイントに交換して、普段のお買い物や旅行で使用することができます。

それぞれの新電力によって提携しているクレジットカードが異なるので、新しくクレジットカードの見直しをした方がお得になるのか、確認してみましょう。

クレジットカード見直しの参考に!
電気代の支払いにおすすめのクレジットカード10選|コンビニや口座振替より便利でお得!

まとめ

1人暮らし向けの電気料金プランを提供している新電力は少なく、選び方を失敗してしまうとかえって高くなる恐れがあります。

「新電力に乗り換えると安くなるらしい!」「特典がたくさんある電力会社にしよう!」というように、聞いたり見たりした情報だけで判断するのは危険です。

手元に検針票を用意して、現在契約しているプランと毎月の使用量を確認しながら、本当に最適な新電力・料金プランはどれかを検討するようにしましょう。

また、電気だけではなくガスも一緒に乗り換えたり、クレジットカードの見直しでも、どのくらい得するかに差がつきます。せっかく乗り換えるなら、存分に得する方法を選択してくださいね!

\一人暮らしの方からの申し込み数No1/