一人暮らしには中部電力のカテエネがお得?評判からメリット・デメリット赤裸々公開

スポンサーリンク

中部電力の提供するカテエネ。一人暮らし向けのプランがあるなど豊富な料金体制が人気ですが、実際の評判はどうなのか気になりますよね。

今回はそんなカテエネの特徴から、実際のリアルな評判をまとめてみました。メリットやデメリットまで赤裸々にご紹介するので、カテエネに興味がある方はぜひ最後までチェックしてみてください!

カテエネとは

カテエネ(中部電力)

基本情報

電力会社中部電力
供給エリア中部・関東・関西エリア
料金プランポイントプラン:電気使用量が少ない方向け

おとくプラン:一般家庭向け

とくとくプラン:電力使用量が多い方向け

forAPプラン:Amazonプライムをつけたい方向け

暮らしサポートセット:ご家庭の困りごとサポートがついたプラン

スマートライフプラン:夜間の電気代を安くしたい方向け

カテエネならではの特徴

①電気の見える化

カテエネでは、電気の使用量をグラフで一目で確認することができる、電気の見える化サービスを提供しています。そのため電気の使いすぎにすぐに気づけるほか、目標使用量を超えるとメールで警告をしてくれます

②ポイントがさくさく貯まる

電気料金のお支払い額に応じてポイントが貯まるのもカテエネの特徴。電気料金のお支払いによってポイントが貯まるサービスは、楽天でんきでも提供していますが、カテエネでは貯める手段が豊富に存在します!

家族でご契約するだけでポイントが貯まったり、コラムを読むことでもポイントを貯めることができるなど、その方法は10種類以上。簡単にサクサクポイントを貯めることができます。

③貯めたポイントでお支払い&他のポイントへ交換

カテエネで貯めたポイントは1ポイント=1円として使用可能!さらに、Tポイントpontananacoなどのポイントにも交換可能なので、ポイントを余すことなく使い切ることができます。

カテエネがおすすめな人

電力会社をカテエネに変えることでお得になるのは、

・一人暮らしや電力使用量が少ない方

・夜間の電気代を安くしたい方

・様々なプランから自分の生活スタイルに最適なプランを選びたい方

上記に当てはまる方たちです!

カテエネでは、電気使用量が少ない方から多い方、さらには夜間に電気代を安くしたい方向けのプランを展開するなど、プランを豊富に展開しています。そのため、自分のご家庭の生活スタイルに合わせて電力プランを選びたい方にカテエネはおすすめです

公式サイトはこちら

カテエネのリアルな評判は…?

良い評判
①一人暮らし向けのプランはなかなかないけどカテエネでは用意されていて助かった

②夜間の電気代を安くしたいから大納得!

③解約金がかからないのでお試し感覚で始められた

④中部電力なので安心して契約できた

⑤もしものトラブルにも対応してくれたので安心

悪い評判
⑥供給エリアが全国展開されていないので契約できなかった

⑦関西エリアは電力使用量が多いと契約できなかった

⑧カテエネ会員にならなければいけないので面倒

カテエネの評判には良いものも多い一方で、悪いものも一定数ありました。これらの評判に関して詳しく分析していきましょう。

①一人暮らし向けのプランはなかなかないけどカテエネでは用意されていて助かった

一人暮らし向けのプランが展開されていることが多くの方から支持されているようです。電力自由化によって多くの新電力が電気業に参入しましたが、ENEOSでんきなどのように電気使用量が多いご家庭向けのプランが多く展開されていました。

そのため、一人暮らしや電力使用量が少ない方にとっては電力会社を変更するメリットがなかったのです。しかし、カテエネでは一人暮らしや電力使用量が少ない方向けにポイントプランを提供

このプランでは契約電流が10〜30Aの方限定のプランで、電気代のお支払いにカテエネポイントを使用することができます。これまでの中部電力の料金プランではカテエネポイントの使用ができなかったので嬉しい特典と言えます。

また、東京電力エリアのプランでは基本料金が6.4%もお得!さらに、電気の使用量で変動する従量料金もこんなにお得!

カテエネの電気代シミュレーション表

一人暮らしや電力使用量が少ない方でも電気代をしっかり節約することができますよ。

②夜間の電気代を安くしたいから大納得!

夜間の間の電気使用量だけ安くしたい方から大きな支持を集めているのが、カテエネのスマートライフプラン。夜型の生活をしている方や、夜にゲームなどをして電気を多く使う方にとってもお得なプランとなっています。

このプランでは夜の電気代が圧倒的にお得に通常では21〜30円ほどかかる従量料金がなんと16.30円に!夜に電気を使う方はかなり電気代を節約できます。

夜の時間から朝の9時までこの安い料金を適用することが可能なので、朝食作りやお弁当作りで朝の時間帯にたくさんの電気を使うご家庭や、夜間授乳をしている赤ちゃんがいるご家庭にとっても、嬉しいプランとなっています。

③解約金がかからないのでお試し感覚で始められた

解約金がかからない点も契約者からすると嬉しいポイントのようです。通常の契約では、2年間などと期限が決められているので、どうしても電力会社選びに慎重になってしまいました。

しかし、カテエネでは解約金がかからないのでお試し感覚で契約することができます。自分のご家庭の生活スタイルと合わなければいつでも解約できるので、一度カテエネを試してみるのもおすすめです。

④中部電力なので安心して契約できた

2016年の電力自由化により、電気の小売事業に新たに多くの企業が参入しました。この新規企業である新電力は多くがこれまで電気業とは無縁の存在。

そのため、「これまで電気を扱ってこなかった企業から電気を買うのは少し不安…」と感じる方も多く、契約まで踏み切れないという声も多くありました。

一方でカテエネの電力会社は東京電力のような、大手電力会社に属する中部電力。そのため、圧倒的なネームバリューや販売実績があり安心して契約することができたという声が多く寄せられています。

また、これまで中部電力を利用していた方にとっては、プランを変更するだけでお得になる可能性があるなど、お手軽な点も人気の秘密です。

⑤もしものトラブルにも対応してくれたので安心

急な電気トラブルにも対応してくれたので安心できたという声も寄せられています。これはカテエネの暮らしさサポートセットで契約している方からの評判で、なんとこのプランでは緊急時のトラブルに無料で対応してもらえます

普段の電気代にプラスして月額300円の追加料金がかかりますが、これさえ払えば、24時間365日緊急のトラブルに無料で対応してもらえます

同じようなトラブル対応は、通常1万円〜2万円かかります。そう考えると、月々のお金を支払ってでもお得ですよね!

さらに、このプランで対応してもらえるのは電気のトラブルだけではありません。

水回りのトラブルや鍵のトラブル、さらには在宅確認のサポートまで無料でできてしまう優れもの!
ホテルや旅館の優待サービスが受けられるといった特典も満載で多くの方から高い支持を集めています。

公式サイトはこちら

⑥供給エリアが全国展開されていないので契約できなかった

供給エリアが限られているため、契約することができなかったという不満の声も寄せられています。

カテエネの供給エリアは中部・東京・関西の3つ。そのため、東北や四国、九州などにお住まいの方はカテエネに契約することができません。全国展開していないとう点がカテエネのデメリットと言えます

一方、同じようなサービス内容の楽天でんきでは供給エリアを全国展開しています。カテエネの対象外の地域にお住まいの方は楽天でんきをチェックしてみてはいががでしょうか?

⑦関西エリアは電力使用量が多いと契約できなかった

供給エリアが全国展開されていないことに加え、関西エリアの電力使用量が多いご家庭でしか契約できないこともデメリットと言えます。

関西エリアもカテエネの供給エリアとなっていますが、注意すべきはその対象です。具体的には、契約内容が6kVA未満で、ひと月の使用電力量が50kw以上のご家庭となります。

6kVAとはおおよそ4人家族のご家庭の契約となります。そのため、2世帯のご家庭やペットを飼っていて電気使用量が多いご家庭では契約ができないということ。

そのため関西電力エリアにお住まいの方は注意が必要です。

⑧カテエネ会員にならなければいけないので面倒

カテエネの特徴として、電気料金やコラムを読むことでポイントが貯まるということを冒頭でお伝えしました。

しかし、このポイントを貯めるためにはカテエネ会員にならなければならないので注意が必要です。このポイントが得られないとカテエネのおいしさが半減してしまいます。

そのため、カテエネ会員にわざわざなることが面倒といった声も多く上がっています。

スポンサーリンク

カテエネのメリット・デメリット

カテエネには良い評判もある一方で、デメリットもあることがお分かりいただけたと思います。ご紹介した評判を元に、カテエネのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
・電気の見える化で使いすぎを未然に防止

・ポイントが貯まる&使える

・一人暮らしや電力使用量が少ない人もお得

・夜間の電気代を安くするプランでお得に

・解約金なし

・大手なので安心できる

・急なトラブルにも対応

デメリット
・供給エリアが全国展開していない

・関西電力は電気使用量が多いと契約できない可能性

・カテエネ会員にならなければならない

メリットとデメリットを慎重に比較し、自分のご家庭のライフスタイルと合致するかを見極めるようにしましょう。

まとめ

カテエネの評判からメリット・デメリットまでご紹介しました。カテエネは豊富な料金プランがあるため、それぞれのライフスタイルに合わせた電気プランを選択することが可能

一方で供給エリアが全国展開されていないなどのデメリットもあります。

しかし、自分のライフスタイルに合致したプランを選ぶことで大幅に電気代を節約できるチャンスです!この機会に興味を持った方は一度公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

【2020年3月】CDエナジーは電気代が安くなるのはホント?口コミや評判もご紹介

電力自由化の関連記事はこちら
【2020年3月】新電力おすすめランキングTOP8!外出自粛中の電気代をお安く! あしたんでんき【2020年3月】あしたでんき評判は?口コミから見えたメリット・デメリットとは エネチェンジの評判や口コミ電力比較サイト「エネチェンジ」の4つの特長やキャンペーンを大公開!
スポンサーリンク