新電力への大掛かりな切り替え工事は必要ないがスマートメーターへの交換工事が必要

電力自由化によって多数誕生している新電力ですが、最近新電力への切り替えを検討している方もいるのではないでしょうか。

誰でも切り替えられるようになっていますが、具体的にどのような切り替え手続きがあり、工事が伴うのか分からず悩んでいる場合もあります。

そして、初めて新電力へ切り替える方の多くが、特に工事の必要性やスマートメーターとの関係について分かりにくいと感じるところです。

新電力への切り替えに伴って、大掛かりな電気工事はありません。しかし、場合によってはスマートメーターの交換工事が伴うことがあります。

これから新電力へ切り替えたいけれど工事関係が気になるあなたへ向けて、大掛かりな工事が必要ない理由と、一部工事の流れやスマートメーターについて解説します。

新電力へ切り替える際に大掛かりな工事はなし

新電力へ切り替えると聞くと、大掛かりな手続きや電気工事が必要なのではないかと考えるのではないでしょうか。

実際は大掛かりな電気工事などは不要ですので、一定期間電気が使えないといったことはありません。

しかし、新電力へ切り替える際に、交換工事が必要な場合もあるため切り替え手続きと工事について正しく覚えておきましょう。

利用者が行う手続きは申し込み手続きと契約だけ

電気利用者が大手電力会社から新電力へ切り替える時に、大掛かりな電気工事などは必要ありません。

新電力の切り替えとは、電力小売事業者との契約を切り替えることを指します。つまり送電システムを切り替えるということではなく、電力の販売サービスを変更するということです。

そのため実際は、主に紙書面や電子書面にて、新電力切り替えの契約手続きを進めます。

スマートメーターの取り付けが行われていない場合は交換工事が必要

新電力へ切り替える際に、大掛かりな電気工事などは必要ありませんが、スマートメーターの交換工事が必要になることはあります。

メーターとは住宅の外に取り付けられている、電力使用量を測定する機械のことで、新電力へ切り替える時にスマートメーターが取り付けられていない場合は、切り替えに伴って交換工事が行われます。

つまり新電力への切り替えとは、配線や送電に関する大掛かりな電気工事を行うことではなく契約手続きが主な内容です。

そして新電力に伴い、新しいメーターであるスマートメーターの交換工事を行うようになります。

新電力へ切り替える際は、まずは上記2点を押さえておくことが必要ですよ。

スマートメーターの交換工事に伴う費用や契約などはない

新電力への切り替え手続きを行う際は、書類などで契約や変更手続きを行いますが、それと同時に契約対象となる自宅のメーターを、スマートメーターへ切り替えるのが必要です。

そのため、従来の主流であった機械式メーターを、新しい仕組みが組み込まれたスマートメーターへ交換する工事を行います。

しかし、初めて新電力切り替え・スマートメーター交換工事を行う人にとって、工事に伴う費用や具体的な内容について、分かりにくい所が多いでしょう。

まずスマートメーター交換工事に伴う費用ですが、本体費用や交換作業を含む全ての工事について、利用者は負担しません。

また、スマートメーター交換に伴う契約書類の提出や手続きなど、細かな書類手続きなどもないので、手軽に交換作業を進めることができます。

スマートメーターの仕組みや交換理由

新電力の切り替え時に、機械式メーターのままであればスマートメーターの交換工事も伴います。しかし、勘違いしやすい部分が、新電力にスマートメーターが必須のため交換すると考えることです。

スマートメーターに交換することで、新電力など電力使用時にメリットを得られますが、直接的な関係性があるということではありません。

ですので、スマートメーターの仕組みと交換理由についてご説明します。

スマートメーターとはデジタル式のメーター

スマートメーターとは、自宅の外に設置している電力使用量を測定するメーターのことで、デジタル式メーターです。

従来、各家庭に設置されていたメーターは、機械式メーター(アナログ式)で電気を使用すると内部に組み込まれた円盤が回転し、メーター内の数値が加算されます。

そして毎月電力会社の検針員が、機械式メーターに記録された電力使用量を確認して、検針票を発行していました。

しかし、従来の方法ではリアルタイムで電力使用量を計測できないなど、デメリットも多かったためスマートメーターへの切り替えが進んでいるのです。

新電力の切り替えに関係なくスマートメーターの交換工事は進んでいる

日本の建物は、スマートメーターの切り替えが完了していません。そして、今後も普及率100%を目指して、大手電力会社を中心に交換工事を進めていきます。

ここでポイントとなるのが、スマートメーターの交換は新電力の切り替え時と関係なく、交換工事をしている点です。

スマートメーターがなければ、新電力に切り替えることができないということではなく、あくまで電力に関する手続きと合わせて、工事を進めているだけになります。

ですので、新電力に切り替えていない家庭でも、スマートメーターの交換工事が行われているケースがありますし、1度交換していれば2回・3回と交換する必要はありません。

また、スマートメーターの交換が完了していれば、新電力への切り替え時にスマートメーターを新たに交換する工事はないので、契約手続きのみとなります。

遠隔検針が可能になる
機械式メーターとスマートメーターの大きな違いは、電力使用量の測定方法です。機械式メーターは、通信機能などはなく内部に組み込まれた機械的な仕組みで計測しています。

具体的には以下の仕組みです。

1.電気を使用するごとに機械式メーター内の円盤が回る
2.円盤と数字付きメーターは連動
3.円盤が回るごとに数字付きメーターも動き電気使用量が記録される
4.月に1回検針員が数字付きメーターを確認し、検針票を作成

一方スマートメーターは、通信機能が付いた高性能な計測機器です。30分ごとに電力使用量を、送配電会社に送信するため検針員による、毎月の検針作業が不要になります。

また、30分単位で電力使用量を測定でき、利用者は更に節約へ向けて電気使用量や電気料金プランを考えることが可能です。

新電力に伴うスマートメーターの交換工事や交換後に気を付けること

まだスマートメーターに切り替えていないご家庭で、新電力へ切り替える場合はスマートメーターの交換工事もセットで行われます。

費用負担や別途契約手続きの準備は不要ですが、数点気を付けるポイントがあるので、切り替え前に確認しておきましょう。

停電を伴う交換工事の場合もある

スマートメーターの交換工事で気を付けるポイントの1つが、立ち合いの必要性です。地域によって異なりますが、スマートメーターの交換工事を行う際にブレーカーを落とし停電状態で行う場合があります。

その場合は、ブレーカーを入れ直した後に、スマートメーターの交換工事が正しく行われたか確認する必要があります。しかし、工事後に確認し、異常が発覚すると再度電力会社へ問い合わせしなければいけません。

そのため、ブレーカーを落として交換工事が行われる場合は、立ち合いしつつ工事直後に家電製品などで正常に電力供給されてるか確認するのがおすすめです。

電力会社関係者のいる間に、不良などを発見できれば早い段階で再交換工事してもらえます。

スマートメーターのメリットとデメリット

新電力の切り替え時にスマートメーターの交換工事を行うことが多いですが、スマートメーターを利用するメリットやデメリットがあるのか、分かりにくいところです。

そこで、スマートメーターのメリットとデメリットについて、ポイントに分けて解説します。

スマートメーターのメリット

スマートメーターへ交換工事することで、いくつかメリットを得られます。特に新電力に切り替える方が気になる、電気料金を抑える節約に関係しているので注目です。

30分ごとに電力使用量を確認できる

スマートメーターのメリットは、30分単位で電力使用量を記録できるところです。新電力を含む電力会社の多くは、公式サイト内で契約家庭の電力使用量を詳細に確認できます。そのため、節約時に情報を細かく整理可能です。

停電時の復旧が早い

スマートメーターに交換工事することで得られるメリットは、電力供給の安定さに関係している点です。

たとえば、契約A数以上の電気を使用してしまって、停電が発生した際は1分後に電気が復旧するようになっています。また、リアルタイムで電力会社と通信しているので、通電状況をスピーディにチェックしてもらうことが可能です。

ブレーカー交換無しでA数を変更できる

スマートメーターに交換工事してもらうことで、契約A数の切り替え時にもメリットを得ることができます。

一見すると無関係に見えますが、スマートメーターの機能には遠隔で契約A数を変更する機能が備わっています。

そのため従来の契約A数の変更に必要な、ブレーカーの交換・取付工事が不要になり、スマートな変更が可能です。

スマートメーターのデメリット

スマートメーターや関連するデメリットは少ないですが、無い訳ではありません。そこで、主なデメリットとして挙げられる点を、1つご紹介します。

デジタル式になったことでハッキングリスクも生じる

スマートメーターは従来の機械式メーターと違い、常に通信を行うため、リアルタイムで電力使用量の情報を送信したり、利用状況のチェックに使用したりといった機能も含まれています。

そのため電力使用量に関する情報が、ハッキングなどによって漏れた場合に生活状況を把握されるリスクもあるでしょう。

新電力のメリット・デメリットについて詳しくはこちら
新電力に乗り換える?乗り換えない?新電力のメリット・デメリット

新電力へ切り替える際にスマートメーターの交換工事が発生する場合もある

新電力へ切り替える際は、大掛かりな電気工事不要ですので契約手続き関係を主に進めることになります。

しかし、スマートメーターの交換工事が完了していない場合は、新電力切り替え時に交換工事も伴うため、場合によっては数時間ブレーカーを落とすこともあるでしょう。

しかし、スマートメーターの交換工事に関する、費用負担や契約手続きなどはありませんので安心してください。

あくまで新電力の切り替え時に工事は伴いませんので、スマートメーターの交換工事を完了しているかいないかで、小規模な工事があるだけですよ。

こちらの記事もおすすめです
新電力会社の切り替え手順と手続きに必要な書類!乗り換えにかかる費用も紹介