【電気の引っ越し手続き】使用停止から使用開始までの流れやおすすめの新電力ご紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

引っ越しの作業に夢中になるあまり、電気の手続きを忘れてはいませんか?

この電気の手続きを忘れてしまうと引っ越し当日から電気が使えないということも…。そのようなリスクを回避するためにも、ここでは引っ越しの際の電気の手続きについて徹底的に解説。

この記事を読んで引っ越し前の電気の手続きをしっかりとおさらいしましょう。

引っ越し時の電気の手続き

スポンサーリンク

引っ越しの際には電気の手続きが必要不可欠。手続きをしないと、きちんと電気が止まっていなかったり、使用できないこともあります。

この手続きには、大きく分けて電気の使用を停止する手続きと、新しい住居での使用手続きという2つのステップがあります。ここからはそれぞれのステップに関して詳しく見ていきましょう。

使用停止の手続き

引っ越しをする際は、まず電気の使用停止手続きを行う必要があります。この手続きを行わないと、引っ越しの当日ではスムーズに電気の使用停止を行うことができない可能性があります。引っ越しの日にちが確定したら早めに電力会社に手続きをするようにしましょう。

具体的にいつ頃手続きすればいい?当日は大丈夫?

引っ越し前から余裕をもって使用停止の手続きをすることが大切ですが、具体的にはいつ頃から手続きをするのがベストなのでしょうか?

答えは、1〜2週間前です。1ヶ月以上前だと電力会社によっては対応をしてくれない場合があるので注意が必要。

中には「当日まで電気の使用停止手続きを忘れていた!」という方もいるかもしれませんが、最悪当日の連絡で大丈夫な場合もあります。ただし、使用停止が間に合わない場合もあるので早めに使用停止の手続きをしてください。もし当日になってしまった場合は、引っ越し作業の終了後にブレーカーを落とすことを忘れないようにしましょう

手続きの手順

電気使用停止の手続きには、電話WEBの2種類の方法があります。

年末年始や3月4月などの引っ越しの繁忙期には、電話での手続きが混雑することも考えられるので、WEBでの手続きがおすすめです

手続きをする際は、電話でもWEBでも手続きの際に必要となる情報があるので事前に準備をしましょう。

・現在の住所

・新居の住所

・引っ越し日時

・契約者の名義

・お客様番号

最後のお客様番号がイマイチわからない方もいるかもしれませんが、こちらの番号は使用を停止する上で必須となります。お客様番号そのものは毎月の検針票に載っているので、手続きの際はお手元に用意しておきましょう。

また、同じ電力会社に再度契約する場合は、引っ越し先での利用開始日も伝えることになります。下にそれぞれの電力会社の電話番号とWEBサイトを記載しておきますので確認してみてください。

電力会社WEBサイト電話番号
北海道電力北海道電力公式HP0120-12-6565
東北電力東北電力公式HP0120-175-266
東京電力東京電力公式HP0120-995-005
北陸電力北陸電力公式HP0120-77-6453
中部電力中部電力公式HP0120-921-697
関西電力関西電力公式HP0800-777-7109
中国電力中国電力公式HPコチラのHPから確認
四国電力四国電力公式HPコチラのHPから確認
九州電力九州電力公式HPコチラのHPから確認
沖縄電力沖縄電力公式HP0120-586-390

使用停止当日の流れ

当日には電力会社の方が訪問して、その日までの電力料金を計算してくれます。そちらの料金を払って使用停止の手続きは完了です。

また、当日に料金を支払うことができない場合や、職員の方がこれない場合は、クレジットカードや口座振替などでも対応可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使用開始手続き

この使用停止手続きと平行して行わなければならないのが使用開始手続きです。

こちらも使用停止の手続きと同じように、引っ越しの前段階から手続きをすることが大切。実際、「当日まで使用開始の手続きをするのを忘れていたのに、新居でも問題なく電気が使えた」という経験をした方も多いかもしれません。

ただし、スマートメーターがすでに設置された家に引っ越しをされる方は事前に申し込みをしないと電気を使うことができないので注意が必要。スマートメーターが設置されていれていれば電力の使用状況をデジタルで計測することができるので、遠隔の場合でも電力供給の管理が可能になります。

そのため、スマートメーターの設置された家では、新規で電力会社との契約をしない限り電力供給がオフされているので電気を使うことができません。

使用停止と同じタイミングで電力会社への使用開始手続きを進めるようにしましょう。

具体的にいつまでに手続きが必要?

明確にいつまでという期間はありませんが「引っ越しの日程が決まったらすぐ!」申し込みましょう。

というのも、先ほども説明したように、事前に申し込みをしていなければ、当日に電気を使用できないとう最悪の事態になりかねません。仮に「手続きを忘れていた!」という場合でも、当日の午前中に連絡をすれば午後までには電気が開通するというケースもあるようです。

しかし、電力会社の営業外の日程や、引っ越しの繁忙期になると当日までの開通が難しくなってしまいます。

「当日がダメなら数日前までにしとけばいいか」と考えがちですが、こちらもあまりおすすめできません。なぜなら、使用開始日ギリギリの申し込みでは契約できる電力会社が限られてしまうからです

2016年の電力自由化によって、私たちは様々な電力会社から自分たちのライフスタイルに合わせて、好きな電力会社と契約できるようになりました。つまり、この引っ越しのタイミングとは新しく電力会社を乗り換える絶好の機会とも言えます!

ただし、ギリギリのお申し込みだと、これまでの電力会社しか対応してくれないということにもなりかねません。早めにお申し込み手続きをして、自分のご家庭に最適な電力会社を選ぶことがおすすめです。

電力自由化に関する詳しい記事はこちら
電力自由化のメリット・デメリット!新電力の乗り換えは損か得か

引越し後に電力会社に乗り換えたい場合は?

引っ越し後に電力会社を乗り換えることも可能です。その場合は、引っ越し先でまずは大手電力会社と電気の契約をしましょう

このとき、大手電力会社との契約を忘れると電気を使えなくなる可能性があるので注意が必要です。大手電力会社との契約ができたら、あとはご家庭で新しく乗り換える電力会社を探して見つかり次第乗り換え手続きを行えば完了です。

電力会社の選び方は?

引っ越しのタイミングで新しい電力会社に乗り換えることがおすすめと言うことはわかったけど、どの電力会社を選べばいいのか迷われる方も多いのではないでしょうか?

実際、電力自由化によってこれまで電気業を行なってこなかった多くの企業が、新電力として電気業に参入しています。そのため電力を供給する企業は500社以上にまで膨れ上がっています。

さらに、これらの企業はそれぞれ違いを生み出すため、様々なプランを提供して差別化を図っています。電気使用量が多いご家庭向けや夜間の電気使用量が多い方向けなど、その種類は数え切れません。

しかし、このようにプランが多いということは、自分のライフスタイルにぴったりの電力会社があるという一方で、ライフスタイルに合わない電力会社を選ぶと電気代がむしろ高くなってしまうこともあるということです…。

そのため、自分のライフスタイルを考えて、最適な電力会社を選ぶことが大切です

一つだけ電力会社を選ぶ際にアドバイスをするならば、自分の優先したい軸を決めるということです。電力料金をシンプルに安くしたいのか、それとも電力料金よりも特典やポイントを重視したいのかなどと、それぞれのご家庭によって軸は異なってくるかと思います。この軸を元に自分のご家庭に最適な電力会社を選ぶようにしましょう。

それでも決めきれない方は、比較サイトを使用してみるのもおすすめです。無料の比較サイトを使えば、電気のプロがそれぞれのご家庭に最適な電力会社を紹介してくれます

時間がなくて、ひとつひとつの電力会社を調べる時間がない方なども上手く活用してみてはいかがでしょうか?

新電力比較サイトはこちら

おすすめの新電力ランキングもチェック!
【2020年10月】新電力おすすめランキング10選!割引額から特典まで徹底比較

引っ越し時におすすめな新電力

ここでは、数々の電力会社を見てきた私がおすすめの新電力をご紹介。どれも引っ越しのタイミングで乗り換えのできる電力会社なので、参考にしてみてください。

ENEOSでんき

ENEOSでんきは電気使用量が多いご家庭向けのプランを提供する新電力です。大家族や、ペットを飼っていて電力使用量の多いご家庭であれば、電気代を大幅に節約できるかもしれません。

また、このENEOSでんきは事前の申し込みで引っ越し当日から電気を使うことができるだけでなく、他の電力会社の電気を使用したあとからでも切り替えることができます。

仮に、引っ越し当日から数日は他の電力会社からの電気を使用していたとします。そして、その後ENEOSでんきに切り替えた場合、引っ越しをしてからENEOSでんきに切り替えるまでの期間をさかのぼって電気料金を適用してくれます

つまり、お申し込みを忘れていても後から契約することが可能。新電力乗り換えたかったけど忘れていた…という方にもおすすめです。

公式サイトはこちら

ENEOSでんきについてはこちら
ENEOSでんき【ENEOSでんき評判】デメリットから見る本当に得する家庭&最新キャンペーン情報

エルピオでんき

エルピオでんきはとにかく電気代を安くしたい方におすすめな新電力。業界最安値の電気代に加え、ガスとセットで申し込むことで光熱費を大幅に節約することが可能です。

エルピオでんきは引っ越し当日の5営業日前までに申し込みをすれば当日から電気を使用することができます。エルピオでんきもすぐに使用を開始することができるので、ギリギリまで悩んで決めるのもありかもしれません。

公式サイトはこちら

エルピオでんきについてはこちら
エルピオでんきの評判や口コミエルピオでんきはとにかく安いと評判!【10月の最新キャンペーン情報!】

Looopでんき

Looopでんきも電気代がとにかく安くなると話題の新電力。基本料金0円で業界でもトップクラスで電気代が安いことが特徴です。

このLooopでんきも事前の申し込みで当日から使用可能なので、引っ越しをする方は一度検討してみることをおすすめします。

公式サイトはこちら

Looopでんきについてはこちら
looop電気の評判【2020年10月】Looopでんきの評判|悪評の真実からキャンペーン情報まで大公開

CDエナジーダイレクト

こちらは電気だけでなくガスの料金も安くなるお得な電力会社。東京電力と東京ガスよりも確実に安くなるのがおすすめポイントです

さらに、電気料金100円ごとにポイントが貯まるのでとってもお得。光熱費全体を大幅に値下げしたい方はCDエナジーの検討がおすすめです。

公式サイトはこちら

CDエナジーについてはこちら
CDエナジーダイレクトの評判や口コミCDエナジーダイレクトの評判|電気代1万円を節約するために知るべき全情報

東京ガス

ガスとセットで電気料金が安くなるプランが評判の東京ガス。こちらは、一人暮らし向けのプランも展開しているので電気使用量が少ない方におすすめの電力会社です。

公式サイトはこちら

東京ガスについてはこちら
東京ガスの電気は一人暮らしにもおすすめ?評判から見えたメリット・デメリット

まとめ

今回は引っ越しの際の電気の手続きをご紹介しました。

引っ越しの際は何かと忙しいですが早めに電気の手続きをすることが重要です。早めに手続きをすることで、引っ越し当日から電気が使えないと行ったリスクを回避できます。

さらに、より電気代を安くできるかもしれない新電力への乗り換えも行いやすくなります。

引っ越しは電力会社を乗り換える絶好のチャンス!

この機会にご自分のご家庭に最適な電力会社を探してみてはいかがでしょうか?

新電力比較サイトはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク