どっちが得?オール電化とオールガスのメリットとデメリット

太陽光発電に興味をお持ちの方であれば、おそらくオール電化という言葉にも興味をお持ちのことと思います。

数年前からテレビCMなどでもオール電化という言葉がよく聞かれるようになりました。

オール電化とは、言葉の通り、生活で消費するエネルギーを全て電気でまかないます。また、現在の主なオール電化システムには、太陽光発電を組み合わせるタイプが一般的です。太陽光発電を組み合わせる事によって、自家消費が可能となり光熱費を安く抑えることができます。

一方でオールガスはガスの燃焼を利用して発電し、また排熱を利用して給湯や床暖房なども行うことができます。

つまり、オール電化+太陽光発電で消費する全てのエネルギーを電力で賄うのに対し、オールガスでは家庭で消費する電力を全てガスや太陽光で発電できるというわけではありません。

ガスの力で使う電気を最小限に抑えるという、ガスと電気を併用して光熱費を抑えるという形になります。

そこで今回は、意外と知られていないオール電化とオールガスを比較した場合に、見えてくるメリット・デメリットを紹介していきます。

オール電化vsオールガス

オール電化とオールガス。それぞれメリット・デメリットを持っています。それでは、様々な側面からそれぞれのメリット・デメリットを比較検証してみたいと思います。

オール電化とオールガスの安全面による比較

安全面から見たメリットは、オール電化の圧勝でしょう。

オール電化では火事の直接的な原因となる火を使用した使用法ではありません。一方、オールガスでは、言うまでもなくガスを燃焼(燃やす)します。

言い換えれば、火力を利用するということです。もちろん電気にも漏電による出火という可能性もなくはないですが、常時“火”を利用するオールガスと比較すれば、オール電気による火事の可能性は大幅に減少します。

家庭に幼児や高齢者がいる場合、安全面を最大限考慮するのであれば、オール電化という選択になることは大きなメリットとなるでしょう。

オール電化とオールガスの家族構成による比較

意外と比較しにくい部分が、家族構成によるオール電化とオールガスの比較及び、メリット・デメリットです。

まず就学児童と共働き夫婦からなる家族では、日中家を空けていることがほとんどでしょうから、深夜割引のあるオール電化が光熱費削減に有効なのではないかと思います。つまり、この場合はオール電化がメリットといえ、オールガスを利用することがデメリットといえます。

しかし二世帯や三世帯が同居している大人数の家庭では、高齢者や誰かが日中家にいる時間が増えるので、それに伴い日中の電力消費量も多くなります。その場合、基本的に日中の電気代が高いオール電化よりも、オールガスを利用した方がよいでしょう。

ただ、何の根拠もなく紹介しても「本当に?」となりますので、以下にガスが持つ“熱エネルギー”を電気で作り出した場合にどれくらいの電力量が必要となるかという視点から計算し、単位をkWhに統一して比較しています。

LPガス約21円/kWh
都市ガス約12円/kWh
オール電化(昼)約32円/kWh
オール電化(夜)約12円/kWh

これを見ていただくと、先ほどのお話も理解して頂けると思います。

オール電化とオールガスの給湯システムによる比較

オール電化では電気温水器という機器を使用します。この電気温水器を代表する“エコキュート”は「ヒートポンプ」方式でお湯を沸かします。

電気を利用するため二酸化炭素を排出せず、非常に“環境に優しいシステムがヒートポンプ方式です。エコキュートは料金の安い深夜電力を使ってお湯を沸かし、貯湯タンクにお湯を貯める形を取ります。

しかし、お湯を貯めるタンクのサイズが大きいので、設置工事の際にはスペースを確保しなければなりません。300ℓクラスが平均ですので、基本的に2~3メートル四方のスペースは確保する必要があります。

一方、ガスによる給湯は、ガス湯沸かし器を使用します。ガス湯沸かし器は別名“瞬間湯沸かし器”とも言われ、ガスの炎で瞬間的にお湯を沸かす。

従って、エコキュートのようにタンクスペースを確保しなければならないということはなく、機器自体もコンパクトであまり場所を取りません。

ただし、ガス湯沸かし器はガスを燃焼させる=火を使うので、多くの二酸化炭素を排出してしまうため、環境にとっては問題を抱えることになります。また、ガス湯沸かし機器の価格もエコキュートに比べると機器は低価格ですが、ランニングコストは高くなる傾向にあるようです。

オール電化とオールガスどちらがお得かはプランや使用頻度などによって変わる

オール電化にするか。オールガスにするか。

最終的な判断材料は各家庭の利用状況を含む経済性にあります。どちらにしてもシステムを導入するために、ある程度まとまったお金が必要となりますし、かかった費用がどれくらいの期間で償還されるかなどがポイントとなります。

オール電化は、文字通り全てのエネルギー消費を電気で賄います。お風呂を沸かすのも電気、食事を作るのも電気、部屋を暖めるのも電気です。

ですから、ガスを使うことはなく、ガスの料金がゼロになります。

一方オールガスの場合は、ガスを燃焼・排熱を利用して給湯器や暖房機器を稼働させます。ただ、オールという言葉が付いているので勘違いしやすいですが、実際にはガスで賄いきれない部分もあるので、電力会社と契約して電気の利用も同時に行います。

従って、オールガスの場合は、ガスを活用して電気の使用をできるだけ抑えて全体のコストを下げます。

オール電化は消費するエネルギーを電気に特化するため、ガスの基本料金はかかりません。しかしながら、オールガスの場合は電気も併用するため、ガス、電気両方の基本料金がかかることになります。一見すると、オール電化の方がお得に感じるでしょうが、日中の電気料金は、オール電化の方が高い傾向にあります。従って、使用する時間や頻度によって、オール電化を導入する方がデメリットになる場合もあります。

ただし電力自由化などによって電力会社、そしてガス会社も利用者を増やす努力の一環として、さまざまな割引料金を設定していますし、設備設置にかかる費用も様々になるので、一概には比較できません。

ですが、太陽光発電と直結する“オール電化”の方が経済的にはお得となる可能性があります。

まとめますと、オール電化は太陽光発電の効率的な利用がポイントで、オールガスは電気の利用をどれだけ抑えられるかがお得に利用できるかポイントとなりますよ。