太陽光発電システムの設置費用と2019年以降の売電価格予想

スポンサーリンク

世界中でエコや省エネが叫ばれている中で、電気代の節約や防災対策を意識して、太陽光発電システムの設置を検討している方も多いのではないでしょうか?

しかし、太陽光発電システムの設置には、太陽光パネルだけでなく、周辺機器や工事の費用が必要なので、初期費用が高くなってしまう傾向にあります。

当然ですが、少しでも設置費用を抑えたいですよね。

また、初期費用を抑えることで、売電収入を得ているという実感が強まることでしょう。

太陽光発電の設置を考えている方は、設置費用を抑えるコツや実際に設置した方の声を参考に、設置費用のシミュレーションをしていきましょう。

また、今後の太陽光発電の価格相場の推移や、初期費用を抑えるために大切な補助金制度・ローンについても紹介してきます。

太陽光発電システム設置の目的は?

最近、屋根に太陽光パネルがついている住宅が多くなってきましたよね。

太陽光発電を設置することで、発電した電気を自家消費できるので、電気代をグッと抑えられますさらに、自家消費で余った電気を売る(売電)ことによって、副収入を得ることもできます。また、自然災害が年々増えている中で、災害対策としての役割も担っており、太陽光発電は家庭にも環境にもやさしいエネルギーとなっています。

しかし、電気エネルギーは、性質的に発電した電気をそのままの貯めておくことができません。そのため、災害対策として設置する場合、太陽光発電設備に加えて蓄電池を設置する必要があります。

住宅用太陽光発電を設置する場合、費用は約100〜200万円です。

一緒に蓄電池を設置するとなると、さらに100〜150万円の費用がかかってしまいますが、蓄電池の設置費用を補うだけのメリットはたくさんあります。

蓄電池があれば、災害や停電などの非常事態に備えることができます。特に、日本は災害の多い国です。もし、災害が起こってしまっても、普段から電気を貯めておくことで不安な気持ちや不便さを軽減することができますよね。

また、太陽光発電と蓄電池は非常に相性がいいのです日中に発電した電気を蓄電池に貯めて、夜間に蓄電池から電気を使うことことで、太陽光発電単体よりもさらに電気代を節約することができます。

蓄電池を設置する時には、国や都道府県が行なっている補助金制度を利用できるので、思ったよりも安く設置できますよ
※補助金が出ると言っても、太陽光発電の設置費用分の資金を用意しておくことは必須です。

なお、お住まいの地域の補助金を調べるのが面倒だという方は一括見積もりの際に補助金のことを聞くのも手です。

見積もりで補助金のことをきいてみる

太陽光発電設置費用相場について詳しくはこちら
太陽光発電の設置にかかる初期費用の相場はいくら?
蓄電池の設置を検討している方はこちら
太陽光発電と蓄電池は一緒に設置するのがおすすめ太陽光発電保有者に蓄電池をすすめる理由とメリット【2019年問題解決策】

太陽光発電システムを設置した成功例

太陽光発電の設置を考えていても、高額の買い物なので、設置した後に後悔したくないですよね。そこで、実際に設置した方の声を集めました。実際に太陽光発電を導入してどれくらいの節約効果・収益があるのか、どれくらいで元を取れるのか、ぜひ参考にしてみてください。

【奈良県Sさん宅の場合】

普段の生活の電気代は全て太陽光発電で
  • 設置容量 4.8kW
  • 家族構成 4人
  • 余剰買取
太陽光発電前の電気代5,000円~8,000円/月
太陽光発電後の電気代(買電額)5,000円~8,000円/月
売電額約1万円最高2.4万円/月
設置総費用300万円弱
元がとれる時期10年のローン返済

神戸出身で震災を経験した奥様は、もともと節電の意識は強かったといいます。

普段の電気代は全て売電でまかなえており、10年で組んだローンは、これまで支払ってきた電気代に相当するので、全く負担はないそうです。

また、設置をお願いした業者さんも嘘偽りなく太陽光について説明してくれたおかかげで設置に踏みきれたそうです。そう考えると業者選びは本当に大切だということがわかります。

業者の選び方はこちら
太陽光発電業者の選び方と評判の悪い悪徳業者を見極める方法

【東京都のHさん宅の場合】

補助金50万円!オール電化で10年で元をとる
  • 設置容量 3.6kW
  • 家族構成 3人
  • 余剰買取
太陽光発電前の電気代9,000円/月
太陽光発電後の電気代(買電額)5,500円/月
売電額約1万円〜1万3千円/月
設置総費用200万円
元がとれる時期10年のローン返済

節電したいけれど、2歳の乳幼児がいるためエアコンに頼らざるを得ないHさん。思い切って地球に優しい太陽光発電、オール電化に。補助金は国・都・市で総額50万円つき、10年〜で元がとれることを想定しています!

太陽光発電システムの設置費用の総額費用シミュレーション

実際に、太陽光発電システムはどこにどのくらい費用がかかるのか見ていきましょう。

住宅用太陽光発電の一般的な出力は、3〜5kWです。

また、太陽光発電は、太陽光パネルだけではなく、パワー・コンディショナや接続箱を組み合わせたシステムで成り立っています

最近では、防災対策や節約効果を狙い、蓄電池を一緒に設置する方が増えてきているので、その費用も合わせて、シミュレーションします。

メーカー京セラシャープ
太陽光パネル2,191,200円(3.98kW)1,692,000円(3.94kW)
パワー・コンディショナ290,000円257,800円
接続箱66,000円47,500円
蓄電池1,500,000円(3.2kWh)1,800,000円(4,2kWh)
補助金(東京都)ー320,000円ー420,000円
総額4,127,200円3,377,300円
+工事費・諸経費・消費税

このように、同じくらいの出力でも、メーカーによって価格が異なります。また、蓄電池も一緒に設置する場合、太陽光発電の設置費用に加えて、150〜200万円用意する必要があります。

しかし、国や都道府県が実施している補助金制度を利用すると、お得に設置することができます。今回は、東京都が実施している、1kWh当たり10万円(上限60万円)の支給がされる補助金制度を利用した場合です

当然ですが、太陽光発電を設置する際には工事が必要です。工事費用は業者によって大きく異なるため、複数の業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします中には、悪質な業者もあるので、見積もりサイトを利用するもがいいでしょう。

補助金制度について疑問点や手続きの方法も業者に問い合わせすることもできます。

無料一括見積もりはこちら

太陽光発電は何年で元がとれるのか?損なのか?得なのか?
スポンサーリンク

初期費用はできるだけ抑えるのが得策!

太陽光発電で売電収入を得られても、初期費用が高ければ設置するメリットをあまり感じられないかもしれません。

「楽に稼げている!」と実感するには、どれだけ初期費用を抑えることができるかが肝心です。

初期費用を抑えるコツは、施工業者に支払う工事費用を抑えること

そのためには、複数の業者に見積もりを出してもらう必要があります。初期費用を抑えたいのに1社だけの見積もりで設置を決めてしまうと、他に比較対象がなく、かなり危険です。

複数の業者に見積もりを依頼するのは面倒に感じるかもしれませんが、太陽光発電本体の設置費用や工事費用などの相場価格を知ることができると同時に、悪質な業者を見極めることもできます

残念ながら、太陽光発電の普及が進むにつれて、悪徳訪問販売も増えています。悪徳訪問販売は、モニターと称して極端に安い価格で設置を進めてきたり、一方的な説明だけで強引に契約を迫ってきます。

そうなると、見積もり金額が比較できません。そのため、最適な選択ができないと同時に、わからないところを確認できず、不安な気持ちで太陽光発電を設置してしまうのです。

さらには、施工不良やアフターサービスがしっかりしていないケースもあり、

「太陽光発電なんてやらなければよかった…」

と、後悔してしまう可能性があります。

必ず複数の業者に見積もりを依頼し、しっかり見極め、気になる箇所はその都度確認することが大切です。そうすることで初期費用を抑えることができ、業者との信頼関係も築くことができます。

納得して太陽光発電を導入できれば、さらにお得感を感じることができるでしょう。

お得に設置!お見積もりサイトはどれがいい?

先ほど、売電収入を得るためには、初期費用を抑えることが大切だと説明しましたが、設置工事やその後のアフターサービスも同じくらい大切です。

住宅の立地条件や屋根の形に合わせた太陽光パネルの提案や、親身に相談に乗ってくれる業者を探しましょう。

とはいえ、それぞれの業者に見積もりを出すのは、時間がかかり面倒ですよね。でも、見積もりサイトを使うと余計な労力を使うことなく、一括見積もりができます!

一括お見積もりサイトの見積もり数や取り扱い業者数など、扱う内容はサイトによってさまざまなので、よく利用されているサイトを紹介します。

タイナビ

タイナビは、全国350社以上の優良企業から、一度に最大5社まで無料で一括見積もりをしてくれます。

また、見積もりに要する時間は30秒〜1分で、入力フォームに沿って入力するだけなので手間がかかりません。

また、太陽光発電と一緒に蓄電池の見積もりを依頼することができるので、蓄電池の設置を検討している方には特におすすめです。

全国各地に対応していることや業者の対応が親切なことから、顧客満足度98%と非常に高い評価がつけられています。

また、太陽光発電に詳しい専門スタッフが多数在籍しているので、疑問や不安点があれば親身になって相談にのってもらえます。

さらに、見積もり依頼をしても、しつこい勧誘は一切ないので、提示価格や内容に納得しなければ、きっぱりと断ることができます

安心して太陽光発電の導入するために、クレームの多い企業を排除するペナルティー制度というものがあるのも魅力です。

 タイナビ無料一括見積もりサイトはこちら見積り後に納得がいかなければサクッと断ってください。
それ以降営業などは一切ありません。

ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズは、全国約280社の中から、最大3社まで無料で一括見積もりをしてくれます。太陽光発電の見積もりサイト依頼件数が4年連続No.1で、メディア掲載が多く、信頼度の高いサイトです

他サイトにはない、ソーラーパートナーズ専属業者が多いのが一番の魅力です。

業者の加盟審査が厳しく、お客様対応が良く、施工・アフターサービスを大切にする業者だけが加盟しているため、安心して見積もりをお願いすることができます。

しかも、ソーラーパートナーズも一緒に契約内容や価格を見極めてくれるので、さらに安心感が増しますよね!

面倒な現地調査の日程調整・断りはソーラーパートナーズが全て請け負ってくれます

本郡スタッフによる業者の工事監視での指摘・指示や、設置後の発電量チェックまで対応しています。

また、質問や困りごとがある場合、専門のソーラーアドバイザーにアドバイスをもらうことができます(土日も対応可)見積もり・工事・アフターサービス全てにおいて手厚いサポートが受けられるのが魅力です。

 ソーラーパートナーズ無料一括見積もりサイトはこちら

グリエネ

グリエネは、全国約450社の中から、最大5社まで無料で一括見積もりをしてくれます。

グリエネでは見積もりを依頼をした方に、まずカスタマーサポートから連絡がきて、そこでお客様の要望や条件を確認してから、紹介する業者をグリエネが選択・提案し、失敗のない導入をサポートしてくれます。

 グリエネの一番の魅力は、口コミが多いこと。契約した業者だけではなく、見積もりだけの業者も口コミの対象となっています。なぜ契約しなかったのかも聞けるので、選択の幅が広がります。

また、グリエネの業者審査は業界の中でも特に厳しく、

・工事保険に加入していること
・過去2年間法的処置を受けていないこと
・財務状況が健全であること

など、条件を満たした業者だけを紹介してくれます。安心して太陽光発電を設置することができると言えます。

グリエネ無料一括見積もりサイトはこちら

サイト名タイナビソーラーパートナーズグリエネ
企業数約350社約280社約450社
一括見積もり数最大5社最大3社最大5社
サイト利用者数100万人137万人10万人

見積もりサイトにはそれぞれ特徴があるので、ご家庭に合うものを選びましょう。また各ホームページには”お客様の声”が掲載されているので、そちらも参考にしてみてください。

見積もり価格をギリギリまで落とす裏技
太陽光発電一括見積もりからさらに値下げをして最安値にする方法
一括見積もりサイトを比較してみました
太陽光発電の見積もりはどのサイトがおすすめ?太陽光発電見積もりサイト徹底分析!比較するだけで100万円安くなるって本当?

太陽光発電システムを設置するなら補助金・給付金の確認を忘れずに

太陽光発電を設置する際に、補助金制度を使うと初期費用を安く済ませられる場合があります。

平成26年3月31日をもって、国が実施していた『住宅用太陽光発電導入支援補助金』は終了しましたが、地方自治体によっては、太陽光発電の補助金制度を実施しているところもあるので、ぜひこちらから確認してみてください。

また、蓄電池を一緒に設置する場合や、ZEH住宅を新築・購入・回収する場合も、国や都道府県などの地方自治体から補助金を受けることができます。 

ZEH(ゼッチ)とは何かを簡単にわかりやすく解説

国が実施している蓄電池の補助金制度は、『災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金』というもので、60万円または費用の1/3のどちらか金額の少ない方を補助してもらえます。

詳しくはこちらをご覧ください。(受付期間:2019年11月29日(金)12:00まで)

また、地方自治体でもさまざまな補助金制度を実施しています。東京都や埼玉県など首都圏でも補助を受けることができます。

こちらのサイトでは、全国の補助金制度を見ることができるのでぜひチェックしてみてください。

太陽光発電・蓄電池どちらの補助金制度でも、申請方法や流れが異なり、申請のタイミングも、自治体により設置前申請設置後申請の2種類あります。申請に関する情報については、直接地方自治体に確認するか、施工業者に確認するのがおすすめです。

また、補助金の早期募集終了になる可能性があります

各地方自治体で補助金制度の予算を組んでいるため、予算を使い切ってしまうと予定より早く申請を締め切ってしまうので注意が必要です。

補助金制度はほとんどの場合、申請から補助金を受け取るまでに数ヶ月かかるので事前に確認しておきましょう。

太陽光発電システムを設置するのにローンは組める?

太陽光発電を設置する際、ソーラーローンを組むことができます。

ソーラーローンは、太陽光発電を設置するときに組めるローンです。また、蓄電池を設置するときにもソーラーローンの利用が可能です。

住宅ローンの金利は、0.4〜1.5%とかなり低いですが、ソーラーローンの金利も住宅ローンほど低金利ではないものの、相場は2.5%と低く設定されています。(カードローンの金利はだいたい4%〜18%)

また、金融機関によって異なりますが、多くの場合返済期間が15年と長く、月々の返済額を少額にでき、契約・支払いを継続しやすくなります。さらに言うと、ソーラーローンを利用することで自己負担金をほぼゼロ円にすることができるのです。
なぜなら、FIT制度を利用して、売電収入を得ることができるからです。

しかし、太陽光発電が10kW未満の設備で売電する場合、FIT期間は10年なので、固定価格買取が終わっても5年間は太陽光発電のローン返済をしないといけないので注意が必要になります

費用返済期間金利利息額総支払額
2,000,000円15年2.5%750,000円2,750,000円

上の表でまとめたように、設置費用が200万円の場合、利息が75万円になります。太陽光発電で節約・副収入を得られたとしても、金利が高く利息額が高額になってしまうと、ハイリターンではなくなってしまいます……。

もし、ソーラーローンを組むときは、できるだけ金利の低い金融機関を選択して、少しでも余計な費用を抑えましょう

売電価格の推移と2019年以降の価格相場予想

経済産業省が定めた売電価格の推移を下のグラフで確認すると、毎年価格が下落していることがわかります。さらに、FIT開始直後の買取価格は48円/kWh(10kW未満)だったのが、2019年度では半分の24円/kWhまで下がってしまいました。

出典:ソーラーパートナーズ

また、太陽光発電システムの価格はこれ以上大幅な下落はないと言われています。

家庭用太陽光発電が始まった1990年代の、太陽光発電システムの費用相場は370万円/kWでした。3kWの太陽光発電を設置する場合、総費用は1,110万円だったのです。

しかし、現在では大量生産が可能になり、費用相場が30万円/kWでまで下がりました。これ以上相場が下がることはなくても、太陽光発電システムの性能がさらに向上することで、売電収入が増えて、よりお得になる可能性は十分にあるでしょう

まとめ

太陽光発電システムの設置費用は、メーカーの技術開発によって大幅に減ったものの、決して安い買い物でないのは確かです。

国が実施していた太陽光発電への補助金は廃止されてしまったので、これから新たな補助金制度ができることは考えにくいです。売電価格もFIT開始当時から毎年下がり続けており、今後さらに下がると予想されています。

しかし、太陽光発電は節約に大きく貢献し、蓄電池も一緒に設置することで心強い防災対策にもなるのです。

また、太陽光発電システムの価格は昔と比べると格段と安くなり、性能も確実に上がっています。そして、費用が高くて手を出しづらいという方でも、ソーラーローンを利用することで、初期費用を抑えて無理なく返済できるのです。さらに、自治体によっては補助金制度をまだ実施しているところがあるので、今が初期費用を抑えて設置できるチャンスです。

 業界最大級タイナビ無料一括見積もりサイトはこちら見積り後に納得がいかなければサクッと断ってください。
それ以降営業などは一切ありません。

太陽光発電のメリット・デメリットも確認する
太陽光発電を2019年から始めるのは得なのか?太陽光発電メリットとデメリット!2020年以降の設置は“得”になる?
スポンサーリンク