太陽光発電システムの設置費用と2019年の価格相場予想

世間ではエコが叫ばれ、電化製品なども省電力のものが主流となってきている昨今、「そろそろうちも太陽光発電システムを設置しようかな?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

ただし、太陽光発電システムの設置費用、設置後のメンテナンス費用、太陽光発電システムの設置にはとにかく費用がかかります。

そこで今回は、「太陽光発電の費用と2019年の相場予測」について、費用総額や太陽光発電の設置費用を安くコツなどを紹介していきます。

太陽光発電の設置のハードルを上げる要因の1つである、費用の類について今回の記事で色々とポイントを押さえて、設置を検討してみましょう。

太陽光発電システムの設置費用総額

太陽光発電の設置や運営は、日常の買い物や支出と比較して大きな支出となります。そこでまずは、太陽光発電設置に掛かる費用の総額について詳しく説明していきます。

太陽光発電設置に掛かる費用は100~250万円程


太陽光発電発電設置に掛かる費用は、2019年時点でおおむね100万円~250万円と考えると良いでしょう。

この金額について、様々な考え方がありますが一般的に高いと感じますよね。軽自動車を1台購入する費用と同等と考えると、その費用相場が分かります。

ただ自家用車と異なるのは、自家用車が買ったことの“効果”がすぐに実感できるのに対し、太陽光発電システムは“効果”が実感しづらいのです。

自家用車が産み出すもの、ドライブや買い物といったものは目に見えて、太陽光発電が産み出すもの、電気は目に見えないからです。ある意味、それが普及を妨げているということができるかもしれません。

しかし、太陽光発電が世に出始めの頃から比べると、設置費用が安くなりました。

なぜなら、普及のために政府や地方自治体が設置費用の一部を援助したり、余った電力の買い取りを電力会社に義務づけたりと、いろいろな手を講じてきました。この地道な努力により、設置費用が100万円~250万円台まで下がったので、現在では導入のハードルが低くなったと考えるのが一般的です。

しかし、太陽光発電の普及がみられたことと財源不足から、2014年で政府からの援助は打ち切りとなってしまいました。ただ、地方自治体によっては現在も継続して補助を行っているようです。

従って、太陽光発電を設置しようと思ったら、どの太陽光発電システムにするか選ぶだけでなく、お住まいの地方自治体に補助金制度があるか、あるのであればどれくらいでるのかを確認しておきましょう。
※補助金が出ると言っても、太陽光発電の設置費用分の資金を用意しておくことは必須です。

なお、お住まいの地域の補助金を調べるのが面倒だという方は一括見積もりの際に補助金のことを聞くのも手です。

見積もりで補助金のことをきいてみる

太陽光発電設置費用相場について詳しくはこちら
太陽光発電の設置にかかる初期費用の相場はいくら?

太陽光発電設置後の費用・収入のバランスの成功事例


太陽光発電のシミュレーションだけではなく、実際に設慨した家庭の様子を見てみましょう。いずれも3kW〜5kWの一般的な家庭用規模です。どんなエコ・省エネ・電気代節約ができるかに注目です

奈良県のSさん宅の場合

普段の生活の電気代は全て太陽光発電で
  • 設置容量 4.8kW
  • 家族構成 4人
  • 余剰買取
太陽光発電前の電気代5,000円~8,000円/月
太陽光発電後の電気代(買電額)5,000円~8,000円/月
売電額約1万円最高2.4万円/月
設置総費用300万円弱
元がとれる時期10年のローン返済

神戸出身で震災を経験した奥様は、もともと節電の意識は強かったといいます。

普段の電気代は全て売電でまかなえており、10年で組んだローンは、これまで支払ってきた電気代に相当するので、全く負担はないそうです。

また、設置をお願いした業者さんも嘘偽りなく太陽光について説明してくれたおかかげで設置に踏みきれたそうです。そう考えると業者選びは本当に大切だということがわかります。

業者の選び方はこちら
太陽光発電業者の選び方と評判の悪い悪徳業者を見極める方法

東京都のHさん宅の場合

補助金50万円!オール電化で10年で元をとる
  • 設置容量 3.6kW
  • 家族構成 3人
  • 余剰買取
太陽光発電前の電気代9,000円/月
太陽光発電後の電気代(買電額)5,500円/月
売電額約1万円〜1万3千円/月
設置総費用200万円
元がとれる時期10年のローン返済

節電したいけれど、2歳の乳幼児がいるためエアコンに頼らざるを得ないHさん。思い切って地球に優しい太陽光発電、オール電化に。補助金は国・都・市で総額50万円つき、10年〜で元がとれることを想定しています!

あなたの太陽光発電設置の目的は何でしょうか?エコを推進するためでしょうか?

もちろんそういう理由から設置を考える方も少なくないと思いますが、やはり一番の理由はそれが産み出す経済的効果にあるのではないでしょうか。

電気代がかからなくなることはもちろん、更に売電による収入が毎月入ってくることは大きな魅力ではありませんか。

太陽光発電を利用して、利益を生むためにはシュミレーションをしっかりと行った上での計画的な設置が必要です。

例えば、太陽光発電システムの設置費用が200万円だったとするならば、8年で元を取って、その後の8年で100万円の利益を出すくらいが理想のラインと言えるでしょう。

しかし、もちろんの事ですが設置費用が高くなればなるほど、設置後20年間で得られる利益というのは少なくなってしまいます。

太陽光発電は設置費用を安くする事が一番大切


20年間で太陽光発電による収入が300万円入ったとしても、設置費用が300万円であればあまり設置するメリットを感じることはできませんよね。

つまり、太陽光発電で利益を実感できるかどうかというのは、設置費用をどれだけ安く抑えることができるかどうかということにかかってきます。

一般家庭にお住まいの皆さんの中で太陽光発電を商売として考えている人はあまりいないと思いますが、計画的に発電、そして売電を行えば、年間を通じての収入は結構なものになります。

そうです。これも一つの小さな商売と同じです。そのためには家の屋根に発電所を設置して、それを経営するという感覚を持つということが重要になります。

大切な感覚ですが、太陽光発電は何年で元がとれるのか?損なのか?得なのか?ということを意識しましょう。

太陽光発電は何年で元がとれるのか?損なのか?得なのか?

太陽光発電の費用を抑えるには「初期投資をできるだけ抑え安く設置して高く売る」

太陽光発電を設置するにあたって、設置費用が高くなってしまうということが、収支バランスを維持する上で問題となります。

ネットを見てみると、

太陽光発電を設置しましたが元を取るのに20年かかるみたいです・・・

というような書き込みをたまに見ますが、これははっきり言って、太陽光発電システムを高く買ってしまっているだけです。

設置をする時点で失敗しているとしか言いようがありません。

つまり、初期投資費用を抑える事に失敗してしまっているわけですね。

何度も繰り返すことになりますが、できるだけ早く利益を出せるようになるためには最初の設置費用を安く抑える必要なのです。

極論すると、これさえできれば後はもう何も心配する必要はなく、太陽光発電システムをさっさと設置するだけなのです。

設置費用とサービスは、施工店同士の競争で高まりますので、一括見積もりで、実際にかかる設置費用や10年後の電気の使い方をぜひご相談してください。

一括見積もりはこちらがおすすめです

どうすれば設置費用を安くする事ができるのか


設置費用を安くするためにやるべきこと。それは単純に安い業者を探すだけです。

「なんだあたりまえじゃん」と言う人もおられると思いますが、これがなかなか難しいのです。

大抵の方は、最初に見積もりを依頼したところに購入も施工も頼んでしまいます。おそらく日本人の特徴でもあるのでしょうが、「こうなったのも、ご縁があったから・・・」的な発想からそうなってしまうのです。

しかしながら1社の見積もりだけで決めてしまうというのは、太陽光発電の設置費用を抑える上で、非常にハイリスクな判断といえます。

なぜなら、他で比較検討することなく、1社で決めてくれる人に対しては「相場なんてわからないだろうから、少々高く売っても良いや」とされてしまうなどの可能性があるからです。

もちろん良心的な業者さんもたくさんおられるのは確かなのですが、中にはこれみよがしに高額で売りつけ、アフターフォローもろくにしない悪質業者もいることも確かなのです。

相見積もりの重要性

そういった業者につかまってしまわないためにも、“相見積もり(あいみつもり)”は必要不可欠です。

相見積もりというのは、複数の業者に費用を算出・提案してもらう作業のことです。

相見積もりをすることで、相場を知ったり、システム機器と施工費のバランスを確認できたりもします。さらに見積もりを高く出していた業者が再度金額を低く提示してくる場合もあります。

見積もり価格をギリギリまで落とす裏技
太陽光発電一括見積もりからさらに値下げをして最安値にする方法

相見積りは一括見積もりサイトがおすすめ

さて、相見積もりが必要なことはお分かり頂けたと思います。

しかしネットなどで1件1件業者を吟味して、そして見積もり依頼までを個人で行うと大変な時間と労力がかかります。

また、別々に依頼をかけると比較するポイントもぼやけてしまいます。

そこで、便利なのが太陽光発電の一括見積もりサイト「タイナビ」です。

タイナビで見積もりできる業者は500社以上で一括見積もりで100万円以上も安くなった事例もあります。

太陽光発電一括見積もりサイトはこちら見積り後に納得がいかなければサクッと断ってください。
それ以降営業などは一切ありません。

この手のサイトはいくつか存在するのですが、そこに登録されている業者はサイト側がしっかりと審査してくれていますし、何より一回の申込で最大5件の見積もりが一気に手に入ります。

また、サイト内には太陽光発電システムを導入した方々の体験談なども豊富に掲載されていますし、太陽光発電に関する最新の情報なども掲載されています。他人の体験談なども参考にして、失敗のない太陽光発電システム導入を実現させましょう。

太陽光発電の一括見積もりサイトを利用しないとしても、複数の業者で相見積もりをとることは絶対に欠かさないでください。

一括見積もりサイトを比較してみました
太陽光発電見積もりサイトを徹底比較!一括見積もりは本当に得で安くなるのか

太陽光発電システム導入補助金・給付金


太陽光発電システムを導入する際に、その助けとなるのが補助金の存在です。以前国が行っていた“住宅用太陽光発電導入支援補助金”は平成26年3月31日をもって終了しました。

しかし、各都道府県、市町村といった各自治体によっては、現在も補助金を実施しているところもありますので、太陽光発電システムの導入を考えられている場合は、お住いの自治体へ確認をしましょう。

自治体への補助金申請については、地方自治体によって申請方法・様式・流れが異なりますし、申請のタイミングも、自治体により「設置前申請」の場合もありますし、「設置後申請」の場合もあります。

更に、売電の電力受給契約はどのタイミングで提出するのかが異なりますし、写真の提出を求める自治体や、同じ市区町村の施工業者での施工が条件になる自治体も多数あります。

申請に関する情報については、直接地方自治体に確認するか、施工を行う販売業者に確認するようにしてください。

太陽光発電の費用を抑える補助金制度の注意点

太陽光発電の補助金について一つ注意しておきたいのは、早期終了する可能性があるという点です。

補助金については、各自治体によって必ず予算が組まれています。そのため、申込締切日は必ず設定されるものの、それを待つことなく、予算を使い切ってしまった場合には早期終了となります。

さらに予算ではなく申込件数で上限が決まっている場合、つまり先着順の場合もあります。たとえば、2014年度の東京都足立区が実施したものでは、先着500件でした。

また、補助金額の確定・実際の支払いは申請後数ヶ月かかる自治体がほとんどですので、その点にも注意しておかなければなりません。

補助金について詳しく知りたい方はこちら
太陽光発電の国による補助金制度はなくなったが各自治体で続いている

最近の太陽光発電の買取価格動向


ここで、2017年~2019年の太陽光発電システムの価格相場をみてみましょう。

公共機関である経済産業省が正式にまとめた「再生可能エネルギーの2019年度の買取価格・賦課金単価等」から、住宅用太陽光発電の買取価格を紹介します。

(出力制御対応機器設置義務なし)の場合
2017年28円
2018年26円
2019年24円
(出力制御対応機器設置義務あり)の場合
2017年30円
2018年28円
2019年26円
(出力制御対応機器設置義務なし、ダブル発電)の場合
2017年25円
2018年25円
2019年24円
(出力制御対応機器設置義務あり、ダブル発電)の場合
2017年27円
2018年27円
2019年26円
参考 太陽光発電経済産業省・資源エネルギー庁

上記の買取価格を見ると分かりますが、住宅用太陽光発電の買取価格は下落傾向ということが確認できます。

従って、2019年現在の太陽光発電の買取価格、すなわち売電収入は20円台中盤から後半となっており、収支バランスで考えると電力会社によっては買電価格の方が高いこともあります。

そこで、次の項目で2019年に太陽光発電を導入する方へ向けて、価格相場や市場の動向について紹介します。

現在でも太陽光発電の費用を抑える事は可能ですよ。

2019年の太陽光発電の価格相場の動向


出典:solar-partners.jp
では、今後の気になる太陽光発電システム価格相場の動向についてですが、様々な情報から考えると、太陽電池モジュールについては、今後大きく値を下げることはないと思われます。

太陽光発電システムが世に出始めの1993年、太陽光発電システムの費用の総額は370万円/kWもしていました。現在の10倍です。

4kWのシステムを設置すると、1480万円です。

翌1994年に大きく価格が下がったとはいえ、それでもまだ1kWあたり200万円もかかっていました。

それが今では当初の1/10ほどの金額になっています。

このことから考えると、システム機器での価格に関して、これ以上安くなることは期待できないと感じます。

しかしながら、太陽光発電の普及に伴って機器だけでなく、取り付けなどの技術も進化してきています。機器の進化は見た目の価格以上の価値を付加してくれますし、技術の進化は、材料費、人件費、流通費の下げとともに、発電量の向上にもつながります。

今後、太陽の動きに合わせて向きや角度を自動的に決定する架台など周辺材の進歩によって、発電量が大幅に向上し、太陽光発電システムの格安感が生まれてくるのではないかと予想しています。

今後の太陽光発電システムに関して

これまで述べてきたように、太陽光発電システム導入に関して、買取制度や補助金の面では厳しくなってきていることは確かですし、今後も利用者にとってよい方向への変更はないと思われます。

それはやはり“不況”の真っただ中に日本が置かれているのが原因だと考えます。政府の発表では景気は上向きとのことですが、一般生活者にとってはまだまだ実感できるレベルではないですし、国や地方自治体の税収も厳しい状況であることは想像に難くありません。

しかしながら、システム自体の価格は下がってきていますし、性能も格段に上がってきています。

ただ、システムに関して今以上の劇的な向上は考えにくいですので、補助金制度が残っている(自治体によりますが)今が買い時であると言えるかもしれません。

太陽光発電のメリット・デメリットも確認する
太陽光発電メリットとデメリット!売電価格は下がる一方で設置は損か得か