【自然電力の評判・口コミは?】地球と財布に優しい電力会社にしよう!

2016年の電力自由化によって電力会社を自由に選べるようになりましたが、選択肢が多いとどこが自分にあっているのか選ぶのが大変ですよね。

電力会社を選ぶ基準は色々あると思いますが、月々の電気代を安くする以外にも環境問題に焦点を当てて選んでみるのはどうでしょうか?

経済の発展と同時にCO2の排出量は年々増加、地球温暖化も深刻化し、私たち一人ひとりが環境問題に関して真剣に考えることが大切になっています。そんな中、私たちの電力会社選びによって環境問題へ良い影響を与えることができるのであれば、ぜひともチェックしておきたい電力会社があります!

それが、CO2削減に尽力している自然電力です。

この記事では自然電力の特徴やメリット・デメリット、自然電力が向いている人などを解説していますので、是非電力会社選びの参考にしてください!

自然電力とは?

 

運営会社自然電力株式会社
供給エリア北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州エリア

自然電力は自然電力株式会社が運営している電力供給サービスです。供給エリアは、沖縄・離島を除く全国です。

自然電力株式会社は、太陽光・風力・小水力など再生可能エネルギーの発電事業をメインに行っており、本社は福岡県にあります。「自然エネルギー100%の世界」を目指すことをVISIONに掲げ、環境に配慮した電力作りを行っています。

ヨーロッパ各国では再生可能エネルギーによる発電はメジャーになっていますが、日本ではまだまだ広まっていないのが現状です。

「自分たちの未来は自分たちで作る」という思いを胸に、再生可能エネルギーをさらに普及するべく立ち上がった会社ですので、環境問題に関心がある方はこの記事を読んで自然電力について是非知ってください。

自然電力ではこの再生可能エネルギーを自然エネルギーと表現しているので、この記事では自然エネルギーとして紹介していきますね。

そんな自然電力は、大きく3つの特徴があります。

・自然エネルギー100%のプラン
・全国に70箇所以上の自然エネルギー発電所
・市場価格連動型の料金体制

1つずつ詳しくご紹介していきます。

①自然エネルギー100%のプラン

特徴の1つ目は、自然エネルギー100%の「SE100」プランがあることです。

自然電力の「SE100」プランは、発電の際にCO2の排出量が0であるとてもエコなエネルギーなんですつまり「SE100」プランは、CO2を一切出さない環境に優しい電力プランということになります。

「自然エネルギー100%の世界」を目指す創業者たちの思いが詰まったプランです。

例えば、4人家族がこの自然エネルギー100%のプランを選択すると、年間で2,761kgのCO2が削減される想定になっており、この量は杉の木198本分だとされています。1家族でこれだけの量のCO2を削減できるのはすごいと思う反面、私たちの生活でどれだけCO2が排出されているのかがわかりますね。

②全国に70箇所以上の自然エネルギー発電所

2つ目の特徴は、自然電力が全国に70箇所以上の自然エネルギー発電所を設立していることです

完工した発電所の種類は太陽光・風力・小水力とあり、日本だけではなく海外の自然エネルギー発電所設立にも携わっています。これらの自然エネルギー発電所によるCO2削減量は、年間で約26万トンにものぼります。

「自然エネルギーって天候に左右されそうだし、ちゃんと電力供給ができるのかな?」といった不安を持っている方もいると思いますが、このように全国に自然エネルギー発電所をもっていますし、自然エネルギーで補えない分は電力卸調達所より賄っているので安定して電力を供給できます

また、今後も自然エネルギー発電所は増設をしていくとのことです!

③市場価格連動型の料金体制

3つ目の特徴は、市場価格連動型の料金体制という点です。

自然電力の従量料金の一部は、日本卸電力取引所(JPEX)の市場価格に連動しています。そのため他社のように従量料金が使用量に対して~円とは決まっておらず、この市場価格に左右されるため、30分ごとに従量料金が変わるのが特徴です

夏・冬など空調をよく使用する季節に高く、春・秋などは安くなる傾向にあります。また、1日のうち夕方から夜にかけて料金が高くなる時間帯になります。

電気料金が変動すると不安になるかもしれませんが、高くなる時間帯や季節を把握していれば、自分で上手に電気代のコントロールができるシステムでもあります。

自然電力料金プラン

自然電力の料金プランをご紹介する前に、自然電力の料金構成についてご説明します。他社と異なる部分があるので、契約時にお気をつけください。

自然電力の料金構成は、基本料金・従量料金(電力使用量に対する料金)・再生可能エネルギー賦課金の3つで構成されています。

基本料金電気を送る費用
(契約したアンペアに応じた金額)
従量料金電気を送る費用
(エリアごとの単価×使用量)
事業を行う費用
(プランごとの単価×使用量)
電気を買う費用
(30分ごとの市場価格×30分ごとの使用量)
再生可能エネルギー賦課金再生可能エネルギー発電促進賦課金
(年度ごとの単価×使用量)

この中でご注意いただきたいのが、従量料金の中にある「電気を買う費用」です。

この電気を買う費用は、30分ごとの市場価格によって変動するので一定ではなく、数円の時もあれば100円を超える時もあるので、契約時にはこの点についてきちんと把握しておきましょう。

ちなみに、2016年4月1日~2019年2月10日までの1日の30分ごとの電気の市場価格の単純平均は1番高くて14円程度でした。

SE Debut (Shizen Energy Debut)

自然電力の料金プランは3つあります。

供給電力の自然エネルギーの割合によって3種類に分かれており、このSE Debutプランは自然エネルギーの割合約3%と1番少ないプランとなっています。

基本料金は東京電力の半分ですが、従量料金は変動費を伴うので東京電力より安い時もあれば高い時もあります。しかし自然電力の電気代シミュレーションによると、東京電力の従量電灯Bプランと比較して約82%の人が年間の電気代が安くなるとされています

また、4人家族での年間想定CO2削減量は66.3 kgと試算されています。

自然電力に興味はあるけど、変動費もあるし安くなるか心配という方は、こちらのプランでお試しすることをおすすめします。

自然電力東京電力
基本料金10Aあたり143円(-143円)286円
従量料金~120kWh電気を送る費用:7.45円

     +

事業を行う費用:4円

     +

電気を買う費用:数円〜数百円

19.88円
121~300kWh26.46円
301kWh~30.57円

*かっこ内は東京電力の従量電灯Bプランと比較した自然電力の差額

SE30 (Shizen Energy 30%)

自然電力2つ目のプランはSE30で、供給される電力の30%が自然エネルギーとなるプランです

こちらも基本料金はSE Debutプランと変わらず、自然電力のシミュレーションによると東京電力の従量電灯Bプランと比較して約82%の人が年間の電気代が安くなるとされています。

また、4人家族での年間想定CO2削減量は663 kgで、SE Debutプランよりもさらにエコになりました!料金内容もSE Debutプランより事業を行う費用が0.4円値上がりするだけなので、お得かつエコな電気プランということが言えますね。

自然電力東京電力
基本料金10Aあたり143円(-143円)286円
従量料金~120kWh電気を送る費用:7.45円

     +

事業を行う費用:4.4円

     +

電気を買う費用:数円〜数十円程度

19.88円
121~300kWh26.46円
301kWh~30.57円

*かっこ内は東京電力の従量電灯Bプランと比較した自然電力の差額

SE100 (Shizen Energy 100%)

自然電力3つ目のプランは、自然エネルギー100%のプランとなっています。

賃貸で太陽光発電などの設置ができなくても、このプランに申し込めば自然エネルギーを100%の電力で生活できる1番エコなプランです。環境問題に関心が高く、CO2排出0にこだわる方にはおすすめのプランです。

こちらも4人家族での自然電力のシミュレーションを記載しておくと、東京電力の従量電灯Bのプランと比較して約47%の方の年間電気代が安くなる試算が出ています。

料金は他の2つのプランよりも事業を行う費用が1円以上高くなってる点が異なります。

自然電力東京電力
基本料金10Aあたり143円(-143円)286円
従量料金~120kWh電気を送る費用:7.45円

     +

事業を行う費用:5.4円

     +

電気を買う費用:数円〜数百円

19.88円
121~300kWh26.46円
301kWh~30.57円

*かっこ内は東京電力の従量電灯Bプランと比較した自然電力の差額

自然電力の評判・口コミ

悪い口コミ

悪い口コミ数自体あまり多くはない印象ですが、流動的な電力料金を不安に思う方がいるようです

確かに、無意識に高い時間帯に電力をたくさん使用してしまって電気代が高くなった、なんていうのは誰でも心配ですよね。あらかじめ高い時間帯や季節を把握しておくことをおすすめします。

良い口コミ

良い口コミを見ると、電気代が安くなったという声が!

環境にも良く電気代もお得になるのであれば、一石二鳥ですね。環境問題に興味がある、オーガニック思考が強い方は「少しでも環境に良いのであれば!」と自然電力を選んでいるようです。

自然電力のデメリット

従量料金の一部が30分ごとに変動

従量料金の中の「電気を買う費用」が、日本卸電力取引所(JPEX)の市場価格に連動しているので、価格が30分ごとに変動します。

一般的に年間でみると、夏・冬の価格は高く、春・秋の価格は安い傾向が見られるようです年間を通して数十円程度の料金になるようですが、過去には2018年の夏に100円台に上がった時もあると、公式サイトにて公表しています。

変動料金があるのは心配ですが、このような突発的な値上がりに備えるため、自然電力では「明日のでんき速報」を発信しています。

明日のでんき速報URL
https://shizendenryoku.jp/price.html

変動料金は高くなることも心配ですが、「明日のでんき速報」を利用すれば安い時間帯に電力を使用することもできるので、使い方によっては電気代を抑えることも可能です。

電力使用量が少ないと節約できない

自然電力の場合、電力使用量が少ないと節約効果はあまり期待できません

例えば1人暮らしで30Aで契約し、月120kWhを使用したとします。

東京電力の従量電灯Bプランの場合、その月の電気代は2,671円となり、自然電力のSE30の場合で変動料金を仮に10円とすると、2,765円と東京電力より94円高くなります。

自然電力は変動料金が含まれているため、確実な電気料金シミュレーションは難しいですが、一人暮らしなどで電力使用量が少ない方には不向きな電力会社と言えるでしょう。

自然電力のメリット

環境にやさしいエネルギー

自然電力の一番のメリットは、やはり環境にやさしい自然エネルギーを積極的に供給していることです。SE100のプランにすると、太陽光や風力などの自然エネルギー100%での電力供給となります。

環境問題に関心が高く、CO2排出量0にこだわりたいという方は、電力会社の中でもかなりおすすめな企業です。

国内外問わず自然エネルギー発電所の増設・拡大を行っている企業を応援することによって、私たちも環境問題に取り組むことができますね。

変動料金を利用して電気代をお得に

変動料金は値上がりすることももちろんあるのでデメリットともなりますが、時としてメリットにもなり得るシステムです。

自然電力が発信している「明日のでんき速報」をこまめにチェックし、電気代が高い時は電気の使用を抑え、反対に電気代が安い時に集中して電気を使用すれば月々の電気代を安く抑えることができます。

2016年4月1日~2019年2月10日までの1日の30分ごとの電気の市場価格の単純平均の中で一番安い金額は8円程度なので、その時間帯のSE30の従量料金は19.85円となり東京電力の1番安い19.88円よりもお得になります。

例えば4人家族40Aで月に300kWh使用したとしましょう。

東京電力の場合、月の電気代は8,291円となりますが、自然電力は仮に変動料金が最低金額の8円の時に利用したとして6,527円となり東京電力より1,764円もお得に!

もちろんずっと8円というわけではないので、多少の増減はあるかもしれませんが、でんき速報を気にしていればエコでお得に電力を利用できるのです!

まとめ

まとめると自然電力は、

・環境に優しい自然エネルギーを推進
・市場価格に連動した変動料金がある
・「明日のでんき速報」で電気代を抑えられる

そんな地球に優しい電力会社です。

「CO2排出量はなるべく少なくしたい・・」
「環境にも配慮して電気代もお得にしたい!」

そういった方にはおすすめの電力会社と言えますので、公式サイトで電気代のシミュレーションや創業者の思いが詰まったブログやストーリーをチェックしてみてくださいね!