auでんきは電気料金が高い?実際の評判は?【アプリで電気使用量が確認できて便利】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

auでんきは、大手通信会社KDDIから提供されている新電力です。

auショップで説明を受けたり、インターネットで見かけたりしたことがある方もいるかもしれませんね。

auでんきは他の新電力と比べて電気代自体が特別安くなるというわけではなく、使用料金に応じてポイント還元があるので、お得にポイントが貯められます。

その他にもいくつかのメリットがあります。auユーザーの方であれば、お得感を感じることができるのではないでしょうか!

この記事では、auでんきのメリットやデメリット、実際の評判、申し込み方法まで解説していきます。

auでんきとは?

スポンサーリンク

auでんき

auでんきは、KDDIから提供されている新電力です。auでんきは全国で電気供給をしている(一部離島は除く)ので、引っ越しをした際でも引き続き使用することができるのが特徴です。

auでスマホや携帯電話、ネット回線を契約している方であれば、誰でも申し込みをすることができます

しかし逆に言うと、auユーザーでなければ申し込むことはできません

auではなく、ソフトバンクに契約されている方にはソフトバンクが提供する「おうちでんき」という電力会社が存在します。ソフトバンクユーザーの方はそちらを確認してみてください。

ソフトバンクの回線が多いほど電気代が安くなる「おうちでんき」はコチラからチェック!
ソフトバンクおうちでんきの評判は?リアルな口コミから最新キャンペーン情報もご紹介

【auでんきの料金体制】電気料金は安くならないって本当?

新電力と言えば、電気代が安くなるので、光熱費がお得になるというイメージがあると思いますが、残念ながらauでんきに乗り換えても電気代は安くなりません

東京電力と比較すると、

基本料金は同じ、電力量料金は各使用量の設定金額から0.1銭安くなるだけです。

「電気代だけをとにかく安くしたい!!」という方にはauでんきよりも「あしたでんき」がおすすめです。auでんきが合わないと感じた方はそちらをチェックしてみてください。

特典は何もないけど電気代がとにかく安い!あしたでんきはコチラからチェック
あしたんでんき【2020年10月】あしたでんき評判は?口コミから見えたメリット・デメリットとは

<基本料金>

東京電力auでんき
10A286円286円
15A429円429円
20A572円572円
30A858円858円
40A1,144円1,144円
50A1,430円1,430円
60A1,716円1,716円

<電力量料金>

東京電力auでんき
〜120kWh未満19.88円19.87円
120〜300kWh未満26.48円26.47円
300kWh〜30.57円30.56円

電気料金は変わらない分、ポイント還元やスマホや携帯料金、auひかりと一緒に申し込みができたり支払いをまとめられるという利便性が評価されています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

auでんきの2つのデメリット

①ポイント還元率がイマイチ

auでんきのポイント還元率は以下の通りです。

電気料金ポイント還元率
5,000円未満1%
5,000円以上〜8,000円未満3%
8,000円以上5%

ポイントはauWalletに付与されるので、お持ちのauWalletプリペイドカードやクレジットカードにチャージして、利用することができます。

しかし、

月の電気代は8,000円以上になるのは、2人暮らし以上のご家庭です。

1人暮らしの場合、月の電気代は3,000〜5,000円程度なので、上記のポイント還元率では、お得だと感じられるほどポイントが付与されないかもしれません。

②解約の際には違約金がかかるケースもある

auでんきは、契約1年未満で解約すると2,000円の違約金がかかります

料金体制が、大手電力会社(東京電力、関西電力など)と変わらないので、電気代を安くすることを目的として契約したい方は、auでんきではメリットを感じづらいでしょう。

電気代を削減したいのであれば、エルピオでんきやCDエナジーダイレクトが断然おすすめです!

純粋に電気代を安くしたいならエルピオでんき!
エルピオでんきの評判や口コミエルピオでんきはとにかく安いと評判!【10月の最新キャンペーン情報!】
ポイントをサクサク貯めたいならCDエナジー!
CDエナジーダイレクトの評判や口コミCDエナジーダイレクトの評判|電気代1万円を節約するために知るべき全情報

auでんきの評判は?3つのメリット

①auアプリがあるので使いすぎを防ぐことができる

アプリでは、毎日の電気料金が確認できるのはもちろん、他のご家庭の平均的な電気使用量と比較できたりと省エネについてより考えられるようになっています。

さらに、プッシュ通知をONにしておくと電気の使いすぎについてお知らせしてくれたり、月末の電気料金を予測してくれたりします

これまで月に1回しか知れなかった電気使用量や電気料金を毎日確認できるので、節電意識がより芽生えますよね。

②スマホや携帯電話と支払いがまとめられる

①で説明したアプリで毎月の電気使用料金を確認することができます。

また、毎月の支払いはスマホや携帯料金と一緒に請求されるので、支払いを一括にまとめられます

③人気・満足度での堂々ランキング入り!

auでんきは、

2020年2月にウーマンリサーチによって調査された「電力会社のアンケート」にて、

・関東エリアの女性が選ぶ新電力総合満足度でNo3

・関東エリアの女性が選ぶ新電力利用率No3

・関東エリアの女性が選ぶ新電力価格満足度No3

に選ばれました。

利用者が多いのは満足度が高いことにあるんですね!

(参考:PRTIME

auでんき公式サイトはこちら

申し込み方法

①auIDでログイン

②お客様情報の確認と現在使用中の電力会社を選択

(北海道・東北・四国・九州にお住まいの方は検針票に記載の番号の入力が必要)

①②で申し込み完了です!なんと所要時間は約30秒!

あっという間に終わるので、忙しい方でも隙間時間にサクッと申し込みができます。

今まで手続きの煩わしさから新電力の乗り換えを躊躇していた方でも、これなら簡単に手間もかからずに申し込みができますね!

auでんき公式サイトはこちら

auでんきに関するQ&A

①オール電化向けのプランはあるの?

auでんきは、一般家庭向けのプランと法人企業向けのプランの2種類しかありません。

通常、オール電化の場合は深夜電力が安くなるプランに加入することで節約できますが、auでんきには深夜電力の安くなるプランは用意されていないので、オール電化のご家庭がauでんきに契約するとかえって電気料金が高くなってしまう可能性があるので注意してください。

一旦契約してしまうと違約金がかかってしまいます。

オール電化におすすめ電力会社はこちらの記事で紹介しています
【深夜電力とは?】電気料金の安い深夜電力の活用法からおすすめの電力会社もご紹介

②引っ越しの際はauでんきは使えなくなる?

文頭で説明いた通り、auでんきは一部の離島を覗き全国で電気供給をしています。そのため、引っ越し先が供給地域に該当しているのであれば引き続き利用することができます

ご利用いただけない地域の一覧がまとめられていますので、一度確認してみることがおすすめです。

au公式HP ご利用いただけない地域一覧

③乗り換えに初期費用はかかる?

電力会社の乗り換えに伴う費用は一切かかりません

④スマートメーターって何?

スマートメーターは、電力使用量を計算するデジタルメーターのことです。

これまでのアナログ式メーターは、毎月検針員が月々の電力使用量を確認して検針表を発行していたので、月に1回しかどのくらい電気を使用しているかの確認ができませんでした。

この弱点を補うのがスマートメーターで、30分単位のリアルタイムで電気使用量を確認することができたり、万が一ブレーカーが落ちてしまっても自動で電気を復旧してくれるというメリットがあります。

全国でアナログ式のメーターからスマートメーターへの切り替えが順次行われており、現在アナログ式を使用しているご家庭でもいずれはスマートメーターに切り替えなければなりません。

新築物件の場合は、最初からスマートメーターが設置されているケースがほとんどですが、まだアナログ式を使っているご家庭やマンションでは、新電力への切り替えと共にスマートメーターに交換します。

スマートメーターへの切り替えは無料で、立会いも不要です。

スマートメーターには健康被害の危険性?詳しい内容はこちらの記事をチェック!
スマートメータとは?新電力切り替えとの関係やメリット・デメリット大公開

auでんき公式サイトはこちら

まとめ

auでんきは、電気料金が安くなったり、ポイント還元率がかなりいいというわけではありませんが、アプリで電気使用量が確認できたり、使いすぎを知らせてくれるので、節約思考の方にとてもおすすめできます。

実際、満足度が高く利用しているユーザーが多いのも、安心できるポイントになりますよね。

auユーザーでポイントを貯めたい方は、ぜひご検討してみてください!

auでんき公式サイトはこちら

ソフトバンクユーザーの方は、ソフトバンクの「おうちでんき」がおすすめ。次のページではおうちでんきに関してご紹介していきます。

ソフトバンクおうちでんきの評判は?リアルな口コミから最新キャンペーン情報もご紹介

次のページへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク