新電力に乗り換える?乗り換えない?新電力のメリット・デメリット

2016年の電力自由化によって、新電力が続々と参入してきました。また、新電力に乗り通うと考えている方もいるでしょう。新電力とは、既存の大手電力会社(一般電気事業者)以外の電力会社で、異業種から参入しているケースが多いです。

新電力といえば、電気料金が安いというイメージやセット割引など、多種多様なサービス展開が魅力的です。ガスや通信などの会社が小売電気事業者になっていることから、他にも乗り換えたい契約がある方にとって、メリットといえます。

しかし新電力について知られていない部分も多く、乗り換えた方が良いのか分からない方もいるでしょう。

今回は新電力に乗り換えるか検討している方に向けて、新電力のメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。また、新電力に乗り換える上で、気を付けるポイントについてもご紹介していきます。

新電力について分からない点が多い方は、今回の記事を読んで活用方法について今一度考えてみましょう。

新電力に乗り換えるメリットは電気料金が安くなるなど


新電力とは、小売電気事業を行っている企業のことを指します。ですから、電力事業を主力事業としている既存の大手電力会社と異なり、異業種から参入するケースが多いです。また、新電力は小売部門もしくは、小売部門と発電部門を担っているだけでして、送電網自体は変わりません。

新電力のメリットは、このような背景も含めて様々な内容があります。それでは、メリットについていくつか解説していきますから、覚えておきましょう。

新電力って何?という方はこちらの記事をお読みください
関連記事
新電力の仕組みとは?新電力から電気を買っても本当に大丈夫?

電気料金の見直しを行うことで安くなるケースもある

新電力に乗り換えることで得られるメリットは、既存の大手電力会社の契約時よりも電気料金が安くできることです。テレビやネットでも紹介されていますから、こちらのメリットについては、多くの方が1度は聞いたことのある内容です。

新電力の電気料金プランが、なぜ既存の大手電力会社よりも安いケースがあるかといいますと、様々な理由はあるものの1つは主力事業が他にあるからでしょう。

新電力の多くは異業種から参入した企業です。例えば、通信企業やガス会社・旅行代理店や石油関連企業など、電気とは直接関係ない企業があります。

そのような企業の多くは、元から進めている事業収益があるため、電気料金を抑えても影響が限定的だから安くできるといったことが考えられます。

選択肢が増えたことで生活スタイルに合わせたプランを選べる

既存の大手電力会社も多様な電気料金プランがありますが、新電力の場合は電力会社ごとに細かく選択肢が分かれています。これもメリットの1つです。

既存の大手電力会社は、事業者向けから一般向けの特別高圧から低圧まで、電力事業として展開しています。また、従量電灯制についても、いくつかプランが用意されています。

しかし新電力の場合は、電力会社ごとに様々なプランが用意されており、更に対象としている世帯も異なるため非常にプランが多いです。

ですから、各世帯の生活スタイルに合わせた、電気料金プランで契約できるメリットがあります。

新電力にはセット割引が付いている

既存の大手電力会社から新電力に乗り換えるメリットは、セット割引のサービスを受けられる点です。セット割引とは、異業種から参入してきた新電力ならではの、割引・特典の1つです。

例えば、ガス会社が運営している新電力に乗り換えたとします。ガス会社との契約も行うと、電気料金が更に割引されるなどのサービスが、セット割引の主な特徴です。

従って、ガス代やスマホ代など、別の契約についても安くしたいと考えている方にとっては、セット割引のついた電気料金プランのメリットを感じることでしょう。

電力供給の品質は変わらない

新電力に乗り換えるメリットやデメリットを知りたい方の中には、電力供給について不安に感じているため、なかなか踏み切れない場合があります。

新電力に乗り換えたとしても、電力供給システムの仕組みは物理的に変わりません。

電力自由化とは小売部門の自由化のことですから、送配電については既存の大手電力会社が全て管理・調整しています。

また、発電部門は元々自由化されていましたから、新電力の中には発電所を建設・稼働させているケースもあります。仮に発電所がストップすることや、新電力が倒産した場合は既存の大手電力会社から電力供給と臨時の手続きが交わされます。

あくまで電力の安定供給を優先させた上で、新電力が成り立っているということです。

関連記事
新電力に乗り換えても十分な電力は供給される?停電しない?

新電力に乗り換えるデメリットは選択肢が増えたこと

新電力に乗り換えることによって、電気料金が安くなったりセット割引の恩恵を受けたりすることもあります。しかし、メリットだけではありません。

既存の大手電力会社に乗り換え無い方が良かったというケースも、存在しますからデメリットについても知っておく必要があります。

それでは新電力へ乗り換えるデメリットについて、いくつかご紹介していきます。

選択肢が増えたことで電気料金プランの見直しが難しい

新電力へ乗り換えるデメリットとして挙げられるのは、選択肢が増えたことで利用者側にとって難しい判断が迫られるという点です。

何事も選択肢が増えると、かえって損するパターンもあります。

電力自由化の場合も同様でして、初めて乗り換える方にとって、数多くのプランから割高な電気料金プランを選ぶ可能性も考えられます。

従って、利用者側も電気料金や様々なサービス・プランについて、一定程度の知識が必要といえるでしょう。

必ずしも電気料金が安くなる訳ではない

新電力に関して勘違いしやすいポイントの1つが、乗り換えることで電気料金が必ず安くなると考えていることです。

既存の大手電力会社よりも、電気料金プランを安く設定している部分もあります。しかし、全ての世帯が乗り換える事で安くできる訳ではないですし、乗り換えない方が良いパターンもあります。

例えば、新電力の中には3人以上の世帯向けに販売している、電気料金プランもありまして1人暮らしの方や電気使用量の少ない方にとっては、メリットが少ないです。また、新電力が想定している生活スタイルとは、異なる場合ですと乗り換えても割高になってしまいます。

場合によっては新電力に乗り換えても、割高になるデメリットも押さえておきましょう。

関連記事
電力会社を新電力に乗り換えるだけで電気料金はいくらやすくなる?新電力が安いカラクリも紹介

解約金の支払い義務が課せられている契約もある

新電力のデメリットの中には、既存の大手電力会社にはない解約金や違約金制度も存在します。全ての新電力に当てはまりませんが、契約開始日から半年以内の解約で数1000円の解約金を支払うパターンもあります。

解約金自体は、1000円や2000円台が多いですが、中には1万円を超える契約もあるため乗り換え前に必ず解約についても確認しておきましょう。

新電力に乗り換える前に押さえておくべきポイント

新電力のメリットとデメリットを覚えると同時に、乗り換える際に気を付けておきたい共通ポイントについてもご紹介していきます。

今回は基本である2点をご紹介しますから、新電力のメリットとデメリットを覚えた方は更に知っておくのがおすすめです。

新電力に乗り換える手続きは最短で2ステップで完了する

新電力のメリットでもありますが、乗り換え手続きは最短2ステップで完了する内容となっています。具体的には、まず新電力に電話で問い合わせるか、公式サイト内で申し込み手続きを行います。

手続きを行いますと、後日契約切り替えに関する通知がメールや郵送にて送られますから、乗り換え手続きが完了します。

ポイントは、契約番号や名義人などが記載されている、検針票を用意しておくことが大切です。申し込み時に必要な情報が網羅されていますから、新電力へ乗り換える前に確認・用意します。

意外と簡単!新電力の切替方法
関連記事
新電力会社の切り替え手順と手続きに必要な書類!乗り換えにかかる費用も紹介

自身が住んでいる地域以外の新電力でも契約可能

新電力の基本の1つが、契約可能な地域や新電力が供給しているエリアについてです。

新電力の供給エリアによっても異なりますが、仮に全国エリアをカバーしていれば、自身の住んでいる地域外であっても契約可能となります。

また、反対に新電力がカバーしているエリアが、自身の住んでいる地域は含まれていないと契約できません。

従って電力供給・契約可能なエリアについても、乗り換え前に確認しておくことが必要です。

関連記事
持ち家だけ?賃貸マンション・アパートでも電力会社を乗り換えられる?

電気料金プランと電気使用量などから乗り換えるメリットを判断する

新電力のメリットとデメリットから読み取れることは、一概にお得になる訳はではありませんし、反対に必ず割高になる訳でもありません。

重要なことは、新電力ごとに特徴やサービスの方針が異なることを理解して、自身の生活スタイルに合ったプランを提供しているか見極めます。

新電力に乗り換えたからといって単純に電気料金は安くなりませんが、セット割引によって結果的にお得になる可能性もあります。

また、契約アンペア数や毎月の電気使用量によっても、世帯ごとにメリットやデメリットになる新電力は変わります。新電力のプランを一括見積もりで比較検討しつつ、電気使用量やアンペア数も確認した上で乗り換えを考えましょう。