スマ電のメリット・デメリット!本当に評判が悪いのか?

誰しもが生活する上で悩むことといえば、光熱費負担ではないでしょうか。燃料費高騰などで、既存の大手電力会社は値上げを行っている背景もあり、電力会社の乗り換えも検討しようと考える所です。

新電力と呼ばれる電力会社は、多数参入しており初めて乗り換える方にとっても、種類が多すぎて選びにくいです。しかし、それぞれ特徴があり、比較検討しやすいともいえます。

その中で特徴的な電力会社の1つが、スマ電と呼ばれる電力会社です。電力会社の中でも、スーパーと提携している点など、独自サービス展開が注目を集めている要因といえます。

しかしスマ電に限らず、評判の中にはあまり良くない意見もあり、検討している方にとって悩むポイントの1つになります。

そこで今回は、スマ電の乗り換えを検討している方に向けて、スマ電の概要や特徴からメリット・デメリットについてご紹介していきます。

評判を先に確認して悩んでいる方は、今回紹介するメリットとデメリットから客観的に判断してみるのもおすすめします。

スマ電とは元々店舗や工場向けに電力販売を行っている会社

電力自由化になっても、日が浅いことや新電力に関して知る機会が少ないため、初めて乗り換える方は分かりにくい側面があります。また、スマ電についても一般的に、誰もが知っている電力会社という訳ではありませんから、どのようなサービスなのか知らないでしょう。

そこで、まずはスマ電のサービス内容や基本概要、主な特徴について解説していきます。スマ電へ乗り換えを考えている方は、特に知っておくべきことですから覚えておきましょう。

スマ電は株式会社アイ・グリッド・ソリューションズが運営している

スマ電とは電力会社の名称で、運営会社は株式会社アイ・グリッド・ソリューションズです。

2016年の低圧向け電力自由化前から、株式会社アイ・グリッド・ソリューションズは店舗や工場向け(高圧)に電力の販売を行っていました。ですから、スマ電は低圧向けの小売電気事業者になっています。

スマ電は他の電力会社と異なり、スーパーマーケットから利用申し込みを行うことができまして、主に東名阪の中小スーパーマーケットと提携しています。ですから、利用できる世帯は東京電力や関西電力などに限られています。

また、提携スーパーマーケットから、お得な特典が貰えるため新しいセット割引プランといえます。

スマ電の料金プランは使用量が多い方向けとなっている

新電力のスマ電は、電気料金プランにも大きな特徴があります。それは、主に電気使用量が多い世帯向けに合わせたプランを提供している点です。

電気使用量は、約305kWh以上を毎月使用する世帯にとって、電気料金を安くできるプラントなっています。また、公式サイトではスマ電に乗り換えた場合の、シミュレーションもできますから検討している方は、利用してみるといいでしょう。

例えば以下の条件の場合は、スマ電に乗り換える事で年間5255円安くなるシミュレーション結果となります。
・東京電力にて契約中
・350kWh
・使用月8月
・40A

スマ電のメリットは提携スーパーとの特典

新電力の電力会社の1つであるスマ電に乗り換える場合は、メリットについても知っておくことが大切です。評判をチェックすることも大切ですが、スマ電の特徴でもあるメリットも把握すると評判では見えなかった側面が分かるからです。

スマ電は、既存の大手電力会社と方針が異なっており、スーパーマーケットとの提携やウェブと連携させた機能など新しいサービスが特徴的です。

それでは、スマ電へ乗り換えることで考えられるメリットを、いくつかご紹介していきます。

スマ電と提携したスーパーマーケットから特典サービスを受けられる

スマ電の特徴でありメリットといえば、東名阪の中小スーパーマーケットとの提携でしょう。スーパーマーケットと提携している電力会社は、スマ電が代表的でして多くの方はイメージしにくい所です。

スーパーマーケットとの提携によって、何がメリットかといいますと1つは申し込み手続きがスーパーマーケットでできることです。格安スマホなど通信業界では、量販店などに出店しているケースがありましたが、電力会社がスーパーマーケットに出店のような形で提携することは珍しいです。

提携しているスーパーマーケットで近くにある場合は、手軽に手続きが可能ですから身近なサービスになっています。

また、スマ電に乗り換えた方で、提携しているスーパーマーケットからお買物券がもらえたり、お店独自のポイントが貰えたりと特典サービスもあります。

電気使用量の多い世帯の場合は電気料金が安くなりやすい

スマ電は2019年1月時点で、30A以上の契約プランも用意していますから、必ずしも電気使用量の少ない世帯にメリットが少ない訳ではありません。

しかし、公式サイト内のシミュレーションで計算しても分かりますが、基本的に2人以上の世帯で、電気使用量が300kWh以上の場合は利用メリットがあるといえます。

既存の大手電力会社と比較して、年間で約5000円以上安くなる可能性がありますし、東京電力や関西電力から乗り換えた方で、40A以上の契約限定の割引も受けられます。

スマ電もウェブページから電気使用量を確認できる

スマ電に限らず電力会社の多くは、公式サイトのウェブページから毎月の電気使用量をチェックできるようになっています。もちろん、スマ電も同様のサービスを展開していますから、手軽に電気使用量を把握できます。

電気使用量は利用者にとって非常に大切なデータですから、毎月記録されていて尚且つウェブページから簡単にチェックできる点もメリットといえるでしょう。

40A以上の契約では割引が適用される

スマ電の電気料金プランは、何度か改定されており2019年1月時点では、既存の大手電力会社や新電力から乗り換えた方に対して、定額割引サービスを実施しています。

厳密には、以下の管轄地域にお住みの方で、40Aや50A以上の契約の場合は毎月500円の定額割引を適用しています。

・東京電力
・関西電力
・北陸電力
・中部電力
・中国電力
・四国電力
・九州電力

【中部電力(カテエネ)の評判と口コミ】切り替えする際のメリット・デメリット

スマ電のデメリットは全国対応していないなどが挙げられる

スマ電は電気使用量を多く使用する世帯や、40A以上の契約で乗り換える方にとっては電気料金を年間で5000円以上安くできるメリットがあります。30Aの契約も可能ですが、公式サイト内のシミュレーションでは、大きな差額は発生しにくくメリットは小さいでしょう。

また、他にもデメリットといえる部分がありまして、2点程ご紹介していきます。

スマ電は2019年1月時点で東北や北海道・沖縄などに対応していない

スマ電のデメリットといえる部分は、全国対応していない所です。事業開始から徐々にエリアを拡大させており、中国・四国地方も供給エリアに追加しましたが、全エリアには至っていません。

具体的には、以下のエリアが対象地域外となっています。
・北海道電力の管轄エリア
・東北電力の管轄エリア
・沖縄電力の管轄エリア
・九州電力や東京電力など管轄エリアだが、離島に住んでいる方
・賃貸マンションなどで高圧一括受電契約されている場合

従って検討する際は、スマ電が供給可能エリアとしている地域かどうか確認しましょう。

契約開始から6ヶ月の解約では解約金が発生する

大きなデメリットではありませんが、スマ電の契約内容には解約金の発生が明記されています。契約開始日から、6ヶ月を過ぎるまでに解約手続きを申し込んだ場合は、2160円の解約金が発生します。

ただし、6ヶ月以降の解約に関しては、解約金が発生しませんからデメリットにはなりません。

スマ電はスーパーマーケットの活用と電気使用量が合っているかがポイント

スマ電に限らず、新電力には様々な評判があることや新しいサービスのため、初めて乗り換える方にとっては悩んでしまうでしょう。しかし、今回ご紹介したスマ電の特徴やメリット・デメリットも理解すれば、客観的な判断ができます。

スマ電に乗り換える際のポイントは、提携しているスーパーマーケットの活用をいかに効率よく行えるかどうかといった点と、電気料金プランの見直しです。

電気使用量は約300kWh以上の場合ですと、年間で約5000円以上も電気代を安くできるケースもあります。

評判も参考にしつつ、現在契約しているプランに対してどれだけコストカットできるか、シミュレーションすることが大切です。

他の新電力会社については次の記事を参考にしてください
新電力会社おすすめ比較ランキング 【2019年8月最新版】