【ソフトバンクおうちでんきの評判・口コミ】一人暮らしにあえておすすめする理由

この記事をご覧の方は「ソフトバンクで機種変更する際に、電力会社の乗り換えも案内されたが料金が分からない」といった不安があるのではないでしょうか?

実際に当サイトが行ったアンケートによると、携帯電話を乗り換える際に電力会社もソフトバンクのおうちでんきに切り替えたという声が非常に多かったです。

そんな「おうちでんき」は確実に電気代を節約できたりソフトバンク・ワイモバイルユーザーはさらに電気代がお得になるなど特徴がたくさん!さらに10月1日からは、電気代が初月無料になるキャンペーンも実施されています

そこでこの記事では「おうちでんき」のデメリット・メリットを評判と口コミから暴いていきます!

おうちでんきは電気代が高すぎるという気になる噂や、一人暮らしでもおうちでんきに乗り換えて電気代が安くなるかどうかについても検証しているのでぜひ最後まで目を通してみて下さい。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

 

当サイトで
申し込み数の多い新電力TOP3!

電力会社 おすすめポイント
エルピオでんき ロゴ 1位 エルピオでんき

・業界最安値の電気料金単価
・最大22,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
・都市ガス・LPガスとのセットで電気もガスもお得に

▷公式サイト

looopでんき ロゴ 2位 Looopでんき

・120kWh以上なら使う分だけお得に
・太陽光発電や蓄電池とのセットで電気料金が驚きの価格に
・オール電化でも電気代が安くなる!

▷公式サイト

CDエナジーダイレクトの評判や口コミ 3位 CDエナジーダイレクト

・関東限定で電気もガスもお得に
・1人暮らしの電気代が安くなったと評判
・豊富な料金プランでどんな家庭でも安くなる

▷公式サイト

ソフトバンク「おうちでんき」とは?

提供会社 ソフトバンク株式会社
供給エリア 北海道・東北・東京(関東)・中部・関西・中国・四国・沖縄
電気料金 基本料金:各地域の電力会社と同額
電力量料金:各地域の電力会社の料金から1%引き

ソフトバンクでんきは、お父さん犬でもお馴染みの大手通信会社ソフトバンクが開始した電力事業です。

基本的に全国での電力供給を行なっていますが、北陸エリアと九州エリアでは行なっていないので注意が必要です。この2エリアでおすすめの電力会社をお探しの方は以下の記事をチェック。

【九州電力よりも安いおすすめ新電力ランキング7選】割引額から特典まで徹底比較

【北陸エリア】おすすめ新電力ランキングTOP7!電気代がいくら安くなるか大公開!

ソフトバンクでんきでは、「おうちでんき」と「自然でんき」の2種類のプランを用意。今回はその中でも「おうちでんき」に焦点を当ててご紹介していきます。自然でんきはコチラからチェックしてみてください。

ソフトバンク「おうちでんき」特徴は以下の4つ。

  1. 従量料金が1%割引
  2. ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは電気代がお得に!
  3. おうちのトラブルに無料で対応!
  4. WEBで毎月の使用状況を可視化

それでは1つずつソフトバンク「おうちでんき」の特徴を見ていきましょう!

特徴①おうちでんきの料金プラン

おうちでんきが提供しているプランは1つで、基本料金が大手電力会社と同額、電気使用量に応じる従量料金が大手電力会社よりも1%安くなるという料金プランになっています。

提供エリア 基本料金 従量料金
北海道電力エリア 10Aにつき:341円 0~120kWh:23円73銭/kWh
121~280kWh:29円95銭/kWh
281kWh〜:33円64銭/kWh
東北電力エリア 10Aにつき:330円 0~120kWh:18円39銭/kWh
121~300kWh:25円07銭/kWh
301kWh〜:28円98銭/kWh
東京電力エリア 10Aにつき:286円 0~120kWh:19円68銭/kWh
121~300kWh:26円21銭/kWh
301kWh〜:30円26銭/kWh
中部電力エリア 10Aにつき:286円 0~120kWh:20円82銭/kWh
121~300kWh:25円25銭/kWh
301kWh〜:28円17銭/kWh
関西電力エリア 最初の15kWhまで:285円 0~120kWh:20円30銭/kWh
121~300kWh:24円10銭/kWh
301kWh〜:27円80銭/kWh
中国電力エリア 最初の15kWhまで:336.87円 0~120kWh:20円55銭/kWh
121~300kWh:27円16銭/kWh
301kWh〜:29円26銭/kWh
四国電力エリア 最初の15kWhまで:411.40円 0~120kWh:20円16銭/kWh
121~300kWh:26円72銭/kWh
301kWh〜:30円19銭/kWh
沖縄電力エリア 最初の10kWhまで:402.40円 0~120kWh:22円72銭/kWh
121~300kWh:28円20銭/kWh
301kWh〜:30円16銭/kWh

おうちでんきの電気料金は、契約アンペア数に応じた基本料金に電気使用量によって変動する従量料金をかける形で決まります。

これは電気代の算出方法として一般的で、各大手電力会社とも同じなので単純比較しやすい計算方式です。

特徴②ソフトバンク・ワイモバイルユーザーは電気代がお得に!

ソフトバンク「おうちでんき」は大手通信会社ソフトバンクが経営する電力事業です。そのため、ソフトバンクワイモバイルユーザーは電気代がとっても安くなる特典つき

具体的には、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーはスマホ1回線ごとに電気代が毎月100円引きされます。なので、仮に4人家族で全員がソフトバンクのスマホを持っていた場合、4回線というカウントになり毎月400円も電気代が割引されるのです!

しかも、この回線はスマホに限ったことではありません。タブレットやネットの回線もソフトバンクを利用している場合は、その分の回線も合わせて100円引きされます。つまり、家族4人でスマホ4台とネット1台分の回線を契約している場合、毎月500円分の割引になり、年間では6,000円分も電気代を節約することが可能です

特徴③おうちのトラブルに無料で対応!

電気料金が安くなるだけではなく、安心のアフターフォローも充実!

「おうちでんき」では水漏れや鍵の紛失といった、通常であれば1万円ほどかかるトラブルに無料で対応してくれます。さらに24時間365日トラブルに対応してくれるので、緊急の時も安心して任せることができますよ。

特徴④WEBで毎月の使用状況を可視化

WEBで毎月の電気使用量をチェックできるのも「おうちでんき」の特徴。

これまでは、1ヶ月単位での電気使用量をチェックすることはできても、1日単位での使用量はチェックすることができませんでした。

しかし、「おうちでんき」ではWEBで30分単位の電気使用状況を確認することができます。この使用状況をグラフで分かりやすく確認することができるので、電気の使いすぎを未然に防げたり、節約に繋げることができると多くの方から支持を集めています。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

おうちでんきの評判・口コミから分かるメリット・デメリット

ここからはおうちでんきのメリットとデメリットを口コミや評判から考察していきます。

悪い評判・デメリット編

おうちでんきのデメリットとしては、安さを実感できなかったという口コミが多いです。

それもそのはず、おうちでんきは契約する時期や条件を選ばないとその恩恵を受けることができません。一つずつ確認していきましょう。

安さをあまり実感できない

電気使用量が少なくても多かったとしても電気代は毎月1%しか安くならないのであまりお得感がなかったです。

またスマホはソフトバンクだったこともあり、おうち割でんきセットで加入できたので恩恵は受けていましたが、もともとソフトバンクのスマホ料金自体が高いのでトータルでのコストはそこまで安さを感じませんでした。

ソフトバンクユーザーでないと安さを実感できないという点もデメリットといえます。キャンペーンやソフトバンクユーザー向けの割引を除くと、おうちでんきが行っている割引は「従量料金の1%割引」しかありません。

普段よりも少し電気を利用するだけでこの1%分の割引というのは打ち消されてしまうので、割引を受けているという実感が得にくいのかもしれません。

電気代が2か月分まとめて請求された

契約する時期によっては、2か月分の請求がまとめて送られる可能性があります。契約を始めた月の検針日などによって、このような事態が起きてしまうこともあるのですが、消費者としてみれば大きな出費となるためデメリットと言えます。

解約金が発生する

おうちでんきでは解約をする際に手数料が発生します。契約する際に1年間の契約期間が設けられており、1年間の契約期間を満たさずに解約する場合には550円の契約解除料が発生します

多くの電力会社が解約手数料0円でプランを提供しているのでこの点は大きなデメリットです。

良い評判・メリット編

電気と携帯の支払いを一つにまとめられたので、管理が簡単になった

家族が多いと割引される額も大きくなるのでお得になります。

さらに従量料金部分が、関西電力などの電気会社よりも必ず毎月1%安くなるのでいつも使っている電気代より安く電気を使うことができます。支払いも1つにまとめることができます。
携帯代ネット代電気代が1つにまとまり、まとめて請求が来るのでバラバラで請求が来るより管理が楽になります。
メリットが大きいので変えて良かったです。

ソフトバンクユーザーはお得

2年間ですが100円安くなるのは嬉しく感じます。

しかも1回線ごとのため、家族の分も考えたら更に得になる可能性があるのも良いです。大抵家族であれば同じ携帯電話の会社なことが多いと思います。その場合はその分100円安くなるので節約にも役立ちそうです。

「電気代が1ヶ月無料だからお得!!」

おうちでんきでは現在キャンペーンを行っており、利用開始初月の電気代が無料になります。いくら使っても無料という特典はとても太っ腹ですよね。

世帯人数によりますが、一人暮らしの方であれば1ヶ月で3,500円〜4,000円、お子様がいる3〜4人世帯の家庭などであれば1ヶ月で10,000円以上の割引になるはずです。

新電力各社が電気代がお得になるプランを提供していますが、特に1人暮らしでこれほど電気代が安くなる電力会社はありません。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

【電気代初月無料】ソフトバンクおうちでんきのキャンペーン

おうちでんき キャンペーン

ソフトバンクおうちでんきでは、新規の申し込みで初月の電気代がまるっと0円になるお得なキャンペーンを実施しています!

仮に月の電気代が1万円かかっていたご家庭であれば、1万円の節約になるのでこれだけでとてもお得に!

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/
おうちでんきのキャンペーンの詳細はこちらの記事で解説しています

【〜9/30】おうちでんきの最新キャンペーン情報|1ヶ月間電気代がタダに!

おうちでんきの割引額シュミレーション

おうちでんきはキャンペーンを考慮した場合、特に一人暮らしや二人暮らしの家庭におすすめです。

その削減額は年間6,000円〜7,000円という額になるのですが、これは一人暮らしで安くなると言われているHISでんきやCDエナジーダイレクトといった新電力会社の2倍ほどの削減額になります。

おうちでんきの特徴をご紹介してきましたが、一番気になるのはおうちでんきに乗り換えて本当に電気代が安くなるのかそこでこという疑問を抱く方向けに、ここでは料金表をもとに、エリア毎に実際に電気代を節約することができるのかシミュレーションしていきます。

キャンペーンが適用されて大幅に料金が安くなる初年度と、それ以降でそれぞれシュミレーションをしているのでぜひ参考にして下さい。

<シミュレーション条件>
1~2人家族:30A 150kWh
3人家族:40A 350kWh
4人家族:50A 450kWh

※携帯回線1回線につき110円/月の割引はシュミレーションに含まれていません。

北海道エリア

◼️キャンペーンを含めた初年度の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-3,917円 -8,907円 -11,745円

◼️2年目以降の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-444円 -1,176円 -1,568円

東北エリア

◼️キャンペーンを含めた初年度の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-3,640円 -8,603円  -11,430円

◼️2年目以降の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-398円 -1,099円 -1,471円

東京エリア(関東)

◼️キャンペーンを含めた初年度の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-4,056円 -9,881円 -13,304円

◼️2年目以降の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-437円 -1,198円 -1,610円

中部エリア

◼️キャンペーンを含めた初年度の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-4,207円 -9,867円 -13,096円

◼️2年目以降の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-450円 -1,156円 -1,534円

関西エリア

◼️キャンペーンを含めた初年度の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-4,995円 -13,838円 -17,974円

◼️2年目以降の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-1,609円 -5,158円 -6,361円

中国エリア

◼️キャンペーンを含めた初年度の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-3,262円 -8,825円 -11,759円

◼️2年目以降の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-404円 -1,148円 -1,534円

四国エリア

◼️キャンペーンを含めた初年度の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-3,557円 -9,289円 -12,467円

◼️2年目以降の割引額

1~2人家族
150kWh(月間)
3人家族
350kWh(月間)
4人家族
450kWh(月間)
-408円 -1,144円 -1,541円

これだけ安くなるという結果に。特徴としては基本料金と従量料金ともに高くなる要素がないため、確実に安くなるという点になります。

そのため電力使用量が少ない方から、多い方まで電気代を確実に安くできます

またこのシュミレーションには携帯回線やネット回線による割引を含んでいないため、最低限の割引額という認識で覚えておいて下さい。仮に、4人家族の全員がソフトバンクユーザーとして計算しなおすと、年間で+6,800円の割引に!この結果からも、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーであれば大幅に電気代を節約することができるといえます。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

【これが最前手!】おうちでんきをお得に利用する方法

上のシュミレーションを見ても分かる通り、おうちでんきでお得に電気を使えるのは最初の1年だけです。関西エリアであれば、その他の新電力にもひけを取りませんが、それ以外の7エリアではLooopでんきやエルピオでんきといった新電力会社の方が安くなります。

そのためここでは最大限電気代を安くする方法を2パターンに分けて紹介します。

①おうちでんきを1年利用し、他の電力会社と契約する(1人〜2人世帯向け)

世帯人数が少ない場合、おうちでんきを契約後1年間利用し、その後別の電力会社に乗り換えるのがおすすめです。シュミレーションの「2年目以降の割引額」を見ても分かるとおり、2年目以降のおうちでんきのメリットはほぼありません。

そのため契約期間の1年がすぎるタイミングで、解約金を払わずに別の電力会社に乗り換えるのをおすすめします。

乗り換え先としてはエルピオでんきやCDエナジーダイレクトがおすすめです。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

②おうちでんきの2ヶ月無料キャンペーンを適用後すぐに別の電力会社と契約する(3人以上世帯向け)

3人以上の世帯の場合、おうちでんきの2ヶ月無料キャンペーンが終わったと同時に解約し、別の電力会社と契約することをおすすめします

なぜかというと、キャンペーンが適用されないと削減できる額は月に100円前後になるためです。

1年未満に解約する場合、キャンペーンの違約金として3,000円と解約金の550円が発生しますが、それまでに1万円ほどの電気代が無料になっているため、トータルは大幅にプラスになります。

エルピオでんきやLooopでんきに乗り換えればこの3,550円以上節約できるため、総合的に見てこちらの方がお得になるという判断です。

難点は乗り換え手続きが2度必要になってしまい、手間がかかる点のみです。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

おうちでんきと暮らしでんきの違い

おうちでんきと暮らしでんきの違いは電気使用量に応じた割引額の違いです。

おうちでんきの場合、電気使用量が少ないご家庭ほど割引率が高くよりお得になります。一方で電気使用量が多いご家庭の場合、おうちでんきでは割引率が低くなってしまいます。

電気をたくさん使うご家庭の場合は、おうちでんきより暮らしでんきの方が割引率が高くなり、より電気代の節約が可能です。

また、時々ソフトバンクのおうちでんきまたは暮らしでんきに乗り換えると電気代が高くなったという口コミを見かけることがありますが、この場合契約しているプランが「自然でんき」の可能性があります。

自然でんきのプランでは、再生可能エネルギーが全体の8割を占めるとてもクリーンなエネルギーを活用しています。そのため料金は少し高めの設定となっています

クリーンな電気を活用したい方にはおすすめですが、純粋に電気代のみを安くしたい方にはあまりおすすめできません。

ただし、「おうちでんき」でしたら電気代が今までよりも高くなるという可能性は絶対にありません(当然安くなるからと言って、使いすぎたら高くはなりますよ…)

確実に電気代を安くしたいのであれば、「自然でんき」ではなく「おうちでんき」を選ぶことをおすすめします。

自然でんきの評判からメリット・デメリットに関する記事もあるので、興味のある方はチェックしてみてください。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

おうちでんきは解約金がかかる!解約方法について

おうちでんきは契約の際に1年間の契約が義務付けられ、1年を満たさずに解約する場合には550円の解約手数料がかかってしまいます。

解約金0円の新電力がたくさんある中で、解約金がかかるおうちでんきは微妙だと思ってしまうかもしれませんが、キャンペーンや毎月の割引額から考慮すると解約金を支払ったとしても節約できる金額の方が多くなることに違いはありません。

解約方法は、乗り換え先の新しい電力会社に契約手続きをするだけ!

おうちでんき(ソフトバンク)に解約手続きをする必要はないので、簡単に契約解除できます。

おうちでんきの申し込み方法

おうちでんきの申し込み方法は以下の3つの方法です

  • web申し込み
  • 電話申し込み
  • 店頭申し込み

申し込みの際は検針票に書いているお客様番号などが必要となりますので、検針票をあらかじめ準備しておきましょう。

店頭申し込みの場合、本人確認書類や印鑑が必要になります。やや手続きが面倒なので、webの使い方がわかる方であればweb申し込みがおすすめです。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/

まとめ

今回はソフトバンク「おうちでんき」についてご紹介していきました。

様々な口コミや評判がありますが、この「おうちでんき」に関しては電気代がこれまでよりも高くなるということは絶対にありませんそのため、電気代を確実に安くしたいソフトバンク・ワイモバイルユーザーの方は一度検討してみることをおすすめします。

しかし、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外の方であれば電気代は安くなるものの、節約額はあまり大きくはありません。限界まで安くしたいという方は、あしたでんきエルピオでんきといった電力会社の方が電気代を安くすることができる可能性があります。

このようにご自分のご家庭の状況次第でお得になる電力会社は大きく変わってきます。しかし、最適な電力会社をご自身で見つけるのは時間もかかるし労力も使います。そのため、最適な電力会社をお探しの方には見積もりサイトを使うことをおすすめします。見積もりサイトを使うことで、簡単に各ご家庭に最適な電力会社を紹介してもらうことが可能です。

見積もりサイトなども活用して、ご自身のご家庭に1番最適な電力会社を見つけて電気代を上手に節約しましょう。

\電気使用量に関係なく確実に安くなる/