【ミツウロコでんきとは?】エコでお得な電力会社の電気料金から口コミまで大公開

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電力自由化で電力会社を自由に選ぶことができる現在、「安い電力会社を選んで電気代を節約したいけど、いったい自分はどこを選べば良いのだろう?」と迷っていませんか?

この記事では、ちびまる子ちゃんのCMでお馴染みのミツウロコグループ、ミツウロコでんきについて詳しくお伝えします!

ミツウロコでんきがどういう会社なのか、他の電力会社とどう違うのか、ミツウロコでんきを選ぶべき人はこんな人!といったことをまとめました。

ぜひ最後までチェックしてください!

ミツウロコでんきとは?

スポンサーリンク

運営会社株式会社ミツウロコヴェッセル
供給エリア北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州エリア

ミツウロコでんきは、株式会社ミツウロコヴェッセルが運営している電力会社です。沖縄や離島以外のエリアにおいて電力供給が可能で、今後も随時エリア拡大を予定しています。

株式会社ミツウロコヴェッセルは、100年近くエネルギーを取り扱ってきたミツウロコグループ傘下の企業です。取り扱うエネルギーは、石油、天然ガス、再生可能エネルギーの太陽光発電までおよび、幅広いエネルギー供給を行っています。

また、環境問題にも積極的に取り組んでいる会社であり、環境負荷の少ないエネルギー供給を意識しています。

そんなエネルギーの大御所といっても過言ではない会社が手掛ける電力供給事業が、ミツウロコでんき。長年の事業経歴と幅広いエネルギー事業から考えて、安定と安全性が期待できます。

そんなミツウロコでんきには、大きく3つの特徴があります。

・FIT電気の調達
・オンライン対応でコストカット
・24時間365日対応の無料トラブルサポート

1つずつ詳しくご紹介していきます!

①FIT電気の調達

1つ目の特徴は、FIT電気の調達に勤めていることです。

FIT電気とは太陽光・風力・バイオマスなどの再生可能エネルギーをもちいて発電された電気を、電力会社が一定の期間に一定価格で買い取った電気のことです。この買取を国が約束する制度のことを固定価格買取制度(FIT)といいます。詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。

固定価格買取制度イチから知りたい“固定価格買取制度”の仕組みとは?わかりやすく簡単に徹底解説!

再生可能エネルギーは環境に配慮しているといった半面、機材設置や管理にとてもコストがかかります。

そのため電力利用者全員から、再生可能エネルギー賦課金という料金を電気代と一緒に徴収され、再生可能エネルギーの増加や維持に充てられています。つまり、この再生可能エネルギー賦課金は私達の日々の電気代に含まれているんです!

電力会社がFIT電気を買い取る際には、この再生可能エネルギー賦課金を利用することができるので低価格で再生可能エネルギーを仕入れることができます

ミツウロコでんきは環境に優しいかつお得に仕入れることができる、FIT電気の調達に励んでいるのです。

このFIT電気のおかげで、安い料金での電力供給を実現できています!

②オンライン対応でコストカット

2つ目の特徴は、オンライン対応で運営費用のコストカットを実現していることです

ミツウロコでんきは主に二つの面でオンライン対応をしています。

  1. 請求書のオンライン化
  2. 申込みや契約内容変更のオンライン対応

請求書をオンライン化することでペーパーレスが実現し、書類作成および発送コストをカットすることができます。

また申込みや契約内容変更もオンライン上で完結することができ、人件費や電話代などのコストカットがなされています。運営費用をコストカットすることによって、電気代を安くすることに成功しているんですね

また、契約内容がオンライン上で完結できれば、わざわざ営業時間を気にして電話をかける必要もないので便利ですよ!

③24時間365日対応の無料トラブルサポート

3つ目の特徴は、24時間365日いつでも対応の無料サポートがあることです

突然電気がつかなくなったり、ブレーカーがよく落ちるようになったり、なんだかコンセントが焦げ臭い・・などなど、普段の生活でこんな電気のトラブルが発生した時とても困りますよね。

ミツウロコでんきは24時間365日いつトラブルが起きてもすぐに駆けつけ、60分以内の作業であれば無料で点検や応急処置をしてくれるサービスがあります。

ただし、沖縄・離島はエリア対象外であることと、部品の交換などが発生すると別途費用がかかる可能性があるのでお気をつけください。

ミツウロコでんきの口コミ

手数料や違約金が発生しないのが良い

(省略)

ミツウロコグリーンエネルギーについて詳しく調べていたところ、手数料や違約金というものをとっていなかったのです。解約をするときには手数料や違約金をとられる場合もあるのですが、この会社ではそういったものは一切とっていませんでした。

(省略)

出典:電力会社Hack

ミツウロコでんきでは、手数料や違約金といったものがありません。そのため乗り換えのハードルが低くて安心。多くの方から支持を集めています。

電気料金の割引額は標準的

ミツウロコでんきに乗り換えることで、多くの場合電気代を節約することができます。

しかし、その割引額は標準的という口コミも見受けられます。電力自由化によって多くの電力会社が誕生しましたが、中にはミツウロコでんきよりも割引額が大きい電力会社も。

ミツウロコでんきでは、環境に配慮しつつ電気代を節約できるというメリットがありますが、「少しでも電気代を安くしたい!」とお考えなら他の電力会社を選択する方がおすすめです。

電気料金が大幅に節約できた!

東電からミツウロコグリーンエネルギーに切り替えをした結果、電気料金の大幅な削減ができました。電気の使用量が少ない家庭ではこれまでよりも高くなることもあると聞きましたが、我が家の場合は6人家族なので削減ができ良かったです。

(省略)

出典:電力会社Hack

「電気代が大幅に節約できた!」という喜びの声も多く寄せられています。

ミツウロコでんきでは、FIT電気の調達や業務のオンライン化によって大幅なコストカットに成功しています。そこでコストカットした分を電気料金に還元しているので電気代を大幅に節約することができるのです。

4人以上の家族ですと、年間で1万円以上も電気代が節約できるケースも!少しでも電気代を安くしたい方にはおすすめの電力会社です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ミツウロコでんき】電気料金プラン

従量電灯Bプラン

従量電灯Bプランは、1番ベーシックなプランです。

基本料金プラス従量料金(電力使用量に対しての料金)が月々の電気代となり、一般家庭であれば、この従量電灯Bプランで良いところがほとんどでしょう。

ミツウロコでんき東京電力
基本料金10A286円(±0円)286円
15A429円(±0円)429円
20A572円(±0円)572円
30A858円(±0円)858円
40A1,144円(±0円)1,144円
50A1,430円(±0円)1,430円
60A1,716円(±0円)1,716円
従量料金~120kWh21.83円(+1.95円)19.88円
121~300kWh23.05円(-3.41円)26.46円
301kWh~25.71円(-4.86円)30.57円

*かっこ内はミツウロコでんきと比較した東京電力の料金増減

参考までに東京電力の同様プランと比較したところ、基本料金は全く同じですが、従量料金が異なります。東京電力の従量料金は〜120kWhで19.88円とミツウロコでんきより安いのですが、121〜300kWhで26.46円、301kWh〜30.57円とミツウロコでんきより高くなります。

そのため、電力使用量が少ない家庭は東京電力の方が、多い家庭はミツウロコでんきの方がお得になります

電力会社の見直しをされている方は、現在の電力使用量を確認するのも重要になります。

シングル応援プラン

シングル応援プランは、プラン名通り電気使用量が少ない単身世帯にぴったりなプランです。

こちらも基本料金プラス従量料金(電力使用量に対しての料金)が月々の電気代となるのですが、従量電灯Bプランと異なるのは、電気の使用量が少ないほどメリットが出る点です。

単身世帯しか契約できないといった制限はないので、一般家庭でも電力使用量が120kWh以下であればお得になります。

基本料金10A286円(±0円)
15A429円(±0円)
20A572円(±0円)
30A858円(±0円)
40A1,144円(±0円)
50A1,430円(±0円)
60A1,716円(±0円)
従量料金~120kWh19.88円
(-1.95円)
121~300kWh26.08円
(-3.03円)
301kWh~28.95円
(-3.24円)

*かっこ内はミツウロコでんきの従量電灯Bプランと比較した際の従量料金増減

基本料金はミツウロコでんきの従量電灯Bプランと全く同じですが、従量料金が〜120kWhの場合少しお安くなっていることから、電力使用量が少ない家庭にぴったりなプランと言えます。

一方121kWh以上の使用量であればミツウロコでんきの従量電灯Bプランの方がお得なので、単身世帯でも電力使用量をしっかり確認のうえ、プランを選びましょう。

とくとくナイトプラン

とくとくナイトというプランは、昼間より夜間に電気の使用が多い方におすすめのプランです。昼間の従量料金は割高ですが、夜間は割安に設定されているので夜型生活の方にはありがたいプランとなっています。

このとくとくナイトには「とくとくナイト」、「とくとくナイト8」、「とくとくナイト12」の3種類あり、夜間時間によって従量料金が異なります。

また、これらのプランに申込むには、夜間蓄熱式機器またはオフピーク蓄熱式電気温水器を持っているかつ、東京電力エナジーパートナーのスマートライフプランS・Lに加入していることが条件となります。

とくとくナイト

基本料金10Aあたり286円
(±0円)
従量料金デイ(午前6時~翌午前1時)25.03円
(+3.2円)
ナイト(午前1時~午前6時)17.78円
(-4.05円)

とくとくナイト8

基本料金10Aあたり214.5円
(-72円)
従量料金デイ(午前7時~午後11時)31.75円
(+9.92円)
ナイト(午後11時~翌午前7時)21.16円
(-0.67円)

とくとくナイト12

基本料金10Aあたり214.5円
(-72円)
従量料金デイ(午前9時~午後9時)33.35円
(+11.52円)
ナイト(午後9時~翌午前9時)22.97円
(+1.14円)

*かっこ内はミツウロコでんきの従量電灯Bプランと比較した際の基本料金と従量料金増減(従量料金は最低価格で比較)

このとくとくナイトプランシリーズは、従量料金が他のプランのように使用量によって異なるのではなく、夜間の時間帯によって異なります

とくとくナイトでは、基本料金はミツウロコでんきの従量電灯Bプランと変わりませんが、夜間の従量料金がとても安くなっているのが分かりますね。

一方とくとくナイト8以降のプランは、夜間の従量料金とミツウロコでんきの従量電灯Bプランの最安値従量料金と大差はありませんが、基本料金が大きく値下がりしているのが特徴です。

自分の生活スタイルに合わせてプランを選択できるのも良いポイントですよね。

ミツウロコでんきのデメリット

1年を通して電力使用量が安定しない人には向かない

ミツウロコでんきのプランの特徴として、電力使用量によって料金プランが異なるというポイントがあります。

「1年を通してずっと121kWh以上は電力を使用しているよ!」といったご家庭であれば従量電灯Bプランを、「120kWh以下までしか使用したことがないな」と言う方はシングル応援プランを、と分かりやすく選択できます。

しかし月によって使用量が極端にバラバラだと、お得なプランも異なってくるのでそれほどお得感を感じることができないでしょう

紙媒体の請求書は有料

ミツウロコでんきはペーパーレスを推進しているため、請求書はすべてオンラインでの確認になります。

紙媒体の請求書が良いと言う方は、110円の手数料がかかります。また口座振替用紙も必要である方は、こちらも110円の手数料がかかるので注意が必要です。

家計簿のためにレシートや請求書を保管している方にとっては手数料の面でデメリットになりますが、これを機にオンラインやアプリでの支払い管理に切り替えるのもおすすめです。

ミツウロコでんきのメリット

環境に優しいエネルギー

ミツウロコでんきは供給電気の約35%がFIT電気を含む再生可能エネルギーになっています。

買い物時のプラスチックバッグが有料になるなど、エコロジー思考が高まる現代で、環境に配慮したエネルギーを供給している電力会社を積極的に選択したいものですよね。

長年エネルギー供給に携わっている会社だからこそ、環境と向き合ったエネルギー供給を実現できています。

【電力使用量が多い家庭はお得に】シミュレーションで1万円以上安く!

安定して121kWh以上使っている家庭であれば、ミツウロコでんきはお得になりやすいです!

従量電灯Bプランの従量料金が121kWh以上となると東京電力よりも3円以上お安くなります

例えば3人家族、30Aで契約しているご家庭が、1ヶ月で300kWh電力を使用したとすると、東京電力であれば8,796円、ミツウロコでんきなら7,773円で1,023円も電気代が安くなるというシミュレーション結果に!

1年に換算すると、1万円以上の差が出るので数円の差は馬鹿にできないですよね。

無料のトラブルサポートがある

ミツウロコでんきの特徴である、24時間365日いつでも駆けつけてくれる無料のトラブルサポートがあるのも大きなメリットです。

通常このようなトラブル対応は1万円程度の料金が発生しますが、ミツウロコでんきの場合無料で行ってくれると言うのがとてもありがたいですね。突然の電気トラブルでも安心してお願いできます!

まとめ

まとめるとミツウロコでんきは、

・環境に優しい
・電力使用が多いとお得
・いつでも駆けつける無料のトラブルサポート

が特徴の電力会社ということがわかるかと思います。

「環境問題に積極的に取り組みたい!」
「家族が多いので電気代が高くて困っている・・。」

そういった方にはミツウロコでんきがおすすめです。

ミツウロコのHPで簡単に電気代のシミュレーションができますので、気になる方は直近の電気使用量を手元において、一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク