J:COM電力は違約金が高すぎる?口コミから見えた本当の評判とメリデメ

スポンサーリンク

違約金が高すぎると悪評も多いJ:COM電力。

しかし、J:COM加入者や電力使用量の多い方からは電気代が安くなったという声も寄せられているなど評価が二分化しています。実際のところJ:COM電力の評判は良いのか悪いのか、多くの新電力を見てきた私が公平な立場から解説していきます。

J:COM電力の概要から実際の評判・口コミまで丁寧のご紹介していくので電力会社選びの参考にしてみてください。

J:COM電力とは?

J:COM電力ロゴ

J:COM電力とは、KDDIの子会社でケーブルテレビ事業を展開するJ:COMが始めた電力供給サービスのことです。

J:COMの本業である、ケーブルテレビやインターネット、電話などのサービスと電気を組み合わせたお得なセットプランを提供しています。

そんなJ:COM電力には大きく分けて2つの特徴があります。

①セット割が充実
②オール電化向けのプランを提供

ここからはこの2点の特徴を重点的に見ていきたいと思います!

①セット割が充実

J:COM電力の最大の特徴は、J:COMのバックグラウンドを最大限に活かしたセット割のプランが充実している点

J:COM電力では、J:COMのケーブルテレビやインターネット、電話とのセットで電力の契約をすると12ヶ月、もしくは24ヶ月連続で300円割引される「スマートお得プラン」を提供しています。

以前は500円の割引だったのですが、300円の割引に変更されました。割引は減ってしまいましたが、J:COMに加入をしているご家庭であれば十分にお得になるでしょう。

また、J:COMのテレビやインターネットの他に、ガスとのセット割も提供しています。こちらはJ:COMの電気にガスをセットで申し込むと毎月の料金から100円引きされるプランです。

このようにJ:COM電力では、様々なセット割プランを展開している点が特徴と言えます。

②オール電化向けのプランを提供

オール電化向けのプランを提供している点も特徴的。

オール電化向けのプランでは、深夜の電力料金を割安にすることで電気代を節約することが可能です。

J:COM電力では、オール電化向けのプランを豊富基本的には東京電力などの大手電力会社のオール電化プランと同じ形のプランを提供しています。

しかしJ:COM電力では、すでに大手電力会社が提供を終了したプランも取り扱っているので、より多くのオール電化のプランを選ぶことができます

さらに、大手電力会社の料金よりも0.5〜3%ほど割安に価格が設定されています!
オール電化の家庭の方や夜間の電力使用量の多いご家庭は、J:COM電力に乗り換えることで大幅に節約できるので、とてもおすすめなのです。

J:COM公式サイトはこちら

オール電化向けのプランならCDエナジーもおすすめ
CDエナジーダイレクトの評判や口コミCDエナジーダイレクトの評判|電気代1万円を節約するために知るべき全情報

料金プラン

従量メニュー

このメニューは、大手電力会社の通常の電気料金と同じく、基本料金と従量料金から電気代が算出されます。

基本料金は地域の大手電力会社と変わりませんが、従量料金の価格設定が異なっています。従量料金とは、使用した電力量によって価格が変化し、〜120kwh、121kwh〜300kwh、301kwh〜の3つ段階に分けられています。電気使用量が多くなればなるほど電気代が割高になるという仕組みです。

J:COM電力では、従量料金が従来の大手電力会社に比べて割引されるので電気代が安く抑えられます!

~120kwh0.5%割引
121kwh~300kwh1%割引
301kwh~10%割引

上の表の通り、どの段階でもJ:COM電力の方が安くなるという結果に。

特に、301kwh~の段階では-10%と大きな割引率に設定されているので、電力使用量が多いご家庭であれば電気代をかなり節約することができるでしょう。

この割引率はどこのエリアでも一律で変わらないので安心してください。

オール電化向けメニュー

こちらはオール電化のご家庭向けの、夜間の電気代が割安に設定されているメニューです。

大手電力会社のオール電化プランに則して作成されています。しかし、J:COM電力では大手電力会社がすでに提供を中止したプランも提供しているので、様々なプランから最適な選択することが可能です。

おおよそ、大手電力会社が提供する価格の2%割引された価格を提供しているので電気代を確実に節約することができます。

J:COM公式サイトはこちら

スポンサーリンク

J:COM電力は本当にお得?料金シミュレーション

関東エリア

1~2人家族
30A
150kWh
3人家族
30A
350kWh
4人家族
40A
450kWh
-181円-1,717円-4,183円

関西エリア

1~2人家族
30A
150kWh
3人家族
30A
350kWh
4人家族
40A
450kWh
-166円-1,644円-4,007円

九州エリア

1~2人家族
30A
150kWh
3人家族
30A
350kWh
4人家族
40A
450kWh
-159円-1,475円-3,578円

下関エリア

1~2人家族
30A
150kWh
3人家族
30A
350kWh
4人家族
40A
450kWh
-172円-1,687円-4,078円

札幌エリア

1~2人家族
30A
150kWh
3人家族
30A
350kWh
4人家族
40A
450kWh
-215円-2,310円-5,354円

仙台エリア

1~2人家族
30A
150kWh
3人家族
30A
350kWh
4人家族
40A
450kWh
-170円-1,641円-4,002円

地域ごとにシミュレーションした結果が上の表のとおりです。どの地域でも一貫して電気代が安くなるとう結果になりました。

電力使用量が多いご家庭では、最大で5,000円以上も電気代を節約できるケースもあるので、乗り換えによるメリットが大きいといえます。

J:COM電力の評判・口コミから見えたデメリット

加入手数料が3,000円かかる

J:COM電力のデメリットしてまずあげられるのが、加入手数料3,000円がかかる点。

通常、他の新電力では加入の際に手数料は発生しないため少し損をしているように感じるかもしれません。

(一部省略)

かなりお得に感じますが、電力セットに加入する際には、3,000円の手数料がかかります。つまり、プランによっては割引の半分も手数料で相殺されてしますのです。

他社の電力会社は手数料が不必要な所が多いので、J:COM電力の大きなデメリットだと思います。さらに、違約金のリスクもあります。電力セットの契約期間は戸建てで2年、

集合住宅で1年ですが、3,500円~20,000円の違約金がかかります。

(一部省略)

2018年12月26日

電力会社Hack

違約金がとにかく高い!

さらに、違約金がとにかく高いという点もデメリットとしてあげられます。

J:COM電力には上でご紹介した電力プランに、J:COMのテレビやネットのサービスを追加するセットプランが存在します。こちらを利用することでさらに電気代を節約することができるのですが、これらのプランには契約期間があり、その期間を満たさずに解約すると違約金が発生するため注意が必要です。

<スマートお得プラン>
・一戸建て
→2年未満での解約で20,000円

・集合住宅
→1年未満での解約で10,000円

<スマートもっとお得プラン>
・一戸建て
→13ヵ月未満での解約で35,000円
→13カ月以上25カ月未満の解約で25,000円
→25カ月以上36カ月未満の解約で15,000円

・集合住宅
→2年未満での解約で25,000円

<スマートお得プランミニ>
・一戸建て
→2年未満での解約で8,500円

・集合住宅
→1年未満での解約で3,500円

<スマートお得セレクト>
・一戸建て
→2年未満での解約で
①テレビ・ネット・電話 or テレビ・ネットで契約15,000円
②テレビ・電話で契約4,500円

・集合住宅
→1年未満での解約で
①テレビ・ネット・電話 or テレビ・ネットで契約10,000円
②テレビ・電話で契約3,500円

<NETパック>
・一戸建て
→2年未満での解約で8,500円

・集合住宅
→1年未満での解約で8,500円

<NET特別パック>
・一戸建て
→2年未満での解約で8,500円

・集合住宅
→1年未満での解約で8,500円

<スマートお得オンデマンド>
・一戸建て
→2年未満での解約で
①テレビ・ネット・電話 or テレビ・ネットで契約15,000円
②テレビ・電話で契約4,500円

・集合住宅
→1年未満での解約で
①テレビ・ネット・電話 or テレビ・ネットで契約10,000円
②テレビ・電話で契約3,500円

このように、解約金としては最低でも3,500円、最大で350,00円かかります。多くの新電力では、解約金が発生しないので、この点は大きなデメリットと言えます。

違約金がかからない電力会社ならエルピオでんきがおすすめ
エルピオでんきの評判や口コミ【2020年8月】エルピオでんきはとにかく安い?評判や最新キャンペーン情報ご紹介

電気使用量が少ないとメリットが少ない

J:COMのネットやテレビもまとめて加入するセット割を適用しないと電気代はそれほどお得にならないという声も寄せられています。

J:COM電力はネットやテレビをまとめるセット割を大きな売りにしています。一方で電気代そのものは、大手電力会社の料金から0.5~3%ほど割引に留まるなど、それほど電気代自体を節約することはできません

そのため、これからJ:COMでネットを繋ごうとしている方や、すでにJ:COMのサービスを利用している方にとってはお得かもしれませんが、それ以外の方にはメリットが少ないようです。

(一部省略)

電気料金をお得にするためには、電力セット割を申し込む必要があります。

しかし、ネット回線やケーブルテレビなど我が家にとって不要なサービスも入っているため、我が家では電力セット割は不要です。とすると、電気料金が少し安くなるとしても、そんなに大きなメリットを感じません。

(一部省略)

2018年9月4日

電力会社Hack

J:COM電力の評判・口コミから見えたメリット

J:COMに加入しているのであればセット割でお得に

セットにすることで電気代を節約することができたという声が寄せられています。

セット割を適用することで電気代を節約できる上、インターネットや電話の料金まで節約できます節約。また、インターネットや電話をJ:COMにまとめることで管理がしやすくなったという点も評価されています。

「ネットが繋がらない…」「電気がつかない…」といったトラブルが起きた時も「とりあえずJ:COMに連絡すればOK!」という気軽さもおすすめポイントと言えるでしょう。

私は一戸建てに住んでいるのですが、今まではインターネット、電話、テレビ、電気とそれぞれ別々の会社で契約をしていました。けれどもそれをまとめると月額の料金がかなり安くなるとJ:COMの営業マンから教えてもらったんです。

毎月の電気代、確かに安くなりました。これには本当に満足ですね。

2019年9月10日

電力会社Hack

・電力使用量が多いと電気代を大幅に節約可能

電気使用量が多いご家庭では電気代を大幅に節約することが可能です。J:COMの従量プランでは301kwh以上だと10%も割引されるので、電気を多く使うご家庭にとってはうれしいメニューとなっています。

~120kwh0.5%割引
121kwh~300kwh1%割引
301kwh~10%割引

まとめ

J:COM電力はJ:COMに加入をしている方、そして電力使用量が多い方にとっては魅力的と言えます。しかし、それ以外の方からすると手数料や違約金がかかるなど、メリットが少ないのが現実です。

この記事を参考に、J:COM電力が自分のご家庭にフィットするのか検討してみてください。また、他の電力会社でも乗り換えることで電気代を節約することができるかもしれません。この機会に一度他の電力会社を比較してみることもおすすめです。

J:COM公式サイトはこちら

おすすめの新電力ランキングについてはこちら
【2020年8月】新電力おすすめランキング10選!割引額から特典まで徹底比較
スポンサーリンク