エネワンでんきは電気を使うほど単価が安い!ポンタポイントも貯まってお得

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電気代が高くて悩んでいませんか?

電気代が高くてお悩みの方に、使えば使うほどお得になるエネワンでんきについて紹介します。

本記事では、エネワンでんきの特徴や料金プラン、メリット・デメリットをまとめています。

とくに電気を多く使うご家庭は、エネワンでんきに切り替えることで、電気代をかなり節約することが可能です。ぜひ最後までご覧ください!

エネワンでんきとは?

スポンサーリンク

 

運営会社株式会社サイサン
供給エリア東北・東京・北陸・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄・北海道エリア(北海道のみグループ内別会社が供給)

エネワンでんきは、株式会社サイサンが運営する電力会社。

サイサンは、1945年に創業された老舗企業です。創業の当初は、プロパンガス(LPガス)の販売を手掛けていました。その後は国内だけでなく、世界にもプロパンガスの事業を拡大させていき、サイサンはLPガス業界でトップの位置になりました。

2016年4月の家庭への電力自由化が始まると、サイサンは”エネワン”という新たな電力ブランドを立ち上げ、ガス業界の他にも、電力業界へ市場を広げています。

そんなエネワンでんきには、3つの大きな特徴があります。

①全国のエリアで契約できる
②電気代の支払いでポンタポイントが貯まる
③ウォーターサーバーやプロパンガスとセットで安くなる

1つずつ詳しくご紹介していきます!

①全国のエリアで契約できる

エネワンでんきの1つ目の特徴は、全国のエリアで契約できる点です。

エネワンでんきは、北海道から沖縄まで全国で電力供給を行っており、他の電力会社と比べても幅広い地域をサポートしています。※

料金については、地域によって基本料金や従量料金が変わります。一般的に、各地域電力会社に比べても、エネワンでんきの基本料金や従量料金は安くなっています。

エネワンでんきは幅広い地域をサポートし、料金も安く設定されているので、切り替え先の電力会社の候補としてエネワンでんきへの加入を検討していきましょう。

※一部エリアは対象外です。

②電気代の支払いでポンタポイントが貯まる

エネワンでんきの2つ目の特徴は、電気代のお支払いでポンタポイントが貯まる点です。

電気料金200円(税抜)ごとに、ポンタポイントが貯まるシステムとなっています。ポンタポイントは、コンビニやガソリンスタンド、宿泊などで使えます。電気料金を支払いながらポイントもゲットできるので、非常にお得です

また、お持ちのポンタカードをWebに初回登録するだけで、自動で毎月ポイントが貯まります。

対象料金ポイント加算率
エネワンでんき(低圧)基本料金・従量料金・燃料費調整額200(税抜)円ごとに1ポンタポイント

ポンタカードをお持ちの方は、エネワンでんきでポイントを効率的に貯められます。

③ウォーターサーバーやプロパンガスとセットで安くなる

エネワンでんきの3つ目の特徴は、サイサンのウォーターサーバーやプロパンガスとセットで契約すると電気料金が安くなる点です。

エネワンでんきの運営会社であるサイサンは、電力以外にも、ウォーターサーバーやプロパンガスの販売を行っています。

とくにサイサンはプロパンガス事業に強い会社で、プロパンガスの契約をしているご家庭も多いでしょう。

サイサンでウォーターサーバーやプロパンガスを利用している方は、電気もまとめて契約することで、セット割引を受けられます(詳しくは下のメリットの項目で解説します)。

エネワンでんき料金プラン

エネワンBプラン

エネワンBプランは、基本料金と従量料金から構成されるベーシックなプラン。

エネワンBプランは、電気使用量が多いご家庭にお得なプランです。

東京エリアで比較すると、エネワンBプランは30~60Aの契約で、東京電力より基本料金が4%も安くなります。さらに301kWh以上の電気を使うご家庭だと、従量料金がかなり安くなっています。

基本料金従量料金
30A825.00円
(-4.0%)
~120kWh19.88円
(±0%)
121~300kWh26.48円
(+0.1%)
301kWh~26.91円
(-13.6%)
40A1,100.00円
(-4.0%)
~120kWh19.88円
(±0%)
121~300kWh26.48円
(+0.1%)
301kWh~26.91円
(-13.6%)
50A1,375.00円
(-4.0%)
~120kWh19.88円
(±0%)
121~300kWh26.48円
(+0.1%)
301kWh~26.91円
(-13.6%)
60A1,650.00円
(-4.0%)
~120kWh19.88円
(±0%)
121~300kWh26.48円
(+0.1%)
301kWh~26.91円
(-13.6%)

*かっこ内は東京電力と比べた際の割引額

地域電力会社と契約しているけどさらに電気料金を安くしたい方や、電気をたくさん使うご家庭には、この「エネワンBプラン」がおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エネワンでんきのデメリット

支払いはクレジットカードのみ

エネワンでんきの支払方法は、クレジットカードのみです。

他の電力会社では口座振替や振込用紙で電気代を支払えますが、エネワンでんきはクレジットカードしか使えません。

普段クレジットカードを使わない方や、カードを持っていない方には、エネワンでんきは不便です。

電気使用量が少ないとお得にならない

「エネワンBプラン」は電気を使えば使うほどお得になりますが、逆にあまり電気を使わない方はお得になりません

30A契約で毎月150kWhの電気を使用しているとしましょう。この方が東京電力供給エリアに住んでいる場合、エネワンでんきに切り替えても、年間でたったの396円しか安くなりません。※

1人暮らしで電気をたくさん使わない方や、そもそも家にあまりいないという方は、シン・エナジーやエルピオでんきが適しています。

※東京電力の従量電灯BからエネワンBプランへの切り替えでシミュレーションしています。また簡易的なシミュレーションですので、実際の金額は異なる可能性があります。

エネワンでんきのメリット

電気使用量が多いほど電気料金が安くなる

エネワンBプランは、電気使用量が多いほど電気料金が安くなります

4人家族で40Aを契約し、毎月400kWhを使っているとしましょう。この家庭の電気料金は、東京電力と比べて、年間約5,184円も安くなります。※とくに301kWh以上使うご家庭だと、東京電力エリアでは、従量料金だけで東京電力よりも3.66円/kWh安くなっています。

電気使用量が多く、電気代が高くて悩んでいるご家庭は、使えば使うほどお得になるエネワンでんきがおすすめです。

※東京電力の従量電灯BからエネワンBプランへの切り替えでシミュレーションしています。また簡易的なシミュレーションですので、実際の金額は異なる可能性があります。

ガスやウォーターサーバーとセットで契約すると安くなる

サイサンのプロパンガスやウォーターサーバーとセットで契約すると、セット割引で電気料金を安くすることが可能です

サイサンのプロパンガスやウォーターサーバーと、電気をセットで契約すると、電気料金の割引を受けられます!

割引額は以下の通りです。

セット内容割引額
電気+ウォーターサーバー年1,800円(月150円)
電気+プロパンガス年2,400円(月200円)
電気+ウォーターサーバー+プロパンガス年3,000円(月250円)

<口コミ>

サイサンとガスやウォーターサーバーなどの契約をしていたので、新電力の導入に伴って乗り換えをすることにしました。

電気使用量が多いご家庭ほどお得になるようにプランが作られているので、家族が多くて毎月の電気料金が高い我が家には合っていると思っています。

電力会社Hackより引用

セットで契約すると月150~250円、年間だと1,800~3,000円の割引が可能です。すでにサイサンでガスやウォーターサーバーと契約している方、これから契約する予定の方は、セット割引になるエネワンでんきがお得です。

Webで電力の使用量を確認できる

エネワンでんきは、Webから日々の電気の使用量を確認できます。

確認の方法は、エネワンでんきマイページからID・パスワードを入力してログインします。ログイン後、トップページの「電力量照会」から、時間帯別・日別・月別のそれぞれの項目で、電気をどれだけ使っているか確認が可能です。

また契約している同一料金プランの、平均電気使用量も確認できます。自分が使っている料金プランで、他の人がどれくらい使っているか一目で比較できます。

<口コミ>

前日の電力使用量からWebで確認できますので、「昼にたくさん電気を使っているな…」というように自分の電気の使い方がわかれば、節約のための対策も立てやすくなります。

エネワンでんき最新キャンペーン情報!

エネワンでんきのキャンペーン

エネワンでんきでは、9月30日までの期間限定でデビュー割キャンペーンを実施中!

2020年3月16日~9月30日の間に新規申込すると、申し込みから6ヶ月の基本料金が半額になります

基本料金(割引前)基本料金(申し込み後6ヶ月)
30A825.00円
(-4.0%)
412.50円
(-48.1%)
40A1,100.00円
(-4.0%)
550.00円
(-48.1%)
50A1,375.00円
(-4.0%)
687.50円
(-48.1%)
60A1,650.00円
(-4.0%)
825.00円
(-48.1%)

*かっこ内は東京電力と比べた際の割引額

キャンペーンの条件は、

・2020年9月末までに新規契約

・東北・東京・中部・四国電力供給エリアで契約

以上の2点です。

キャンペーン適用期間中は、東京電力で30Aのスタンダードプランより基本料金が445.5円安くなります。ただしキャンペーン対象のエリアは、「東北」「東京」「中部」「四国」の4つのエリアのみです。

上記の対象エリアの方はエネワンでんきサイトから簡単に申し込みできます。これからエネワンでんきを契約する方は、ぜひキャンペーンを利用しましょう!

まとめ

エネワンでんきの特徴や料金プラン、メリット・デメリットについて紹介しました。

使えば使うほどお得になる料金プランが、エネワンでんきの特徴です。またサイサンのウォーターサーバーやプロパンガスと、電気をセットで契約すると、セット割引で電気料金が安くなります。

電気をたくさん使うため料金が高くてお悩みのご家庭は、ぜひエネワンでんきを検討してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク