太陽光発電(パネル)のメーカー保証比較と保証が無効になる3つのケース

太陽光発電の設置を検討したら、まず太陽光パネルをどこのメーカーで購入するかを決めていきます。その際、太陽光パネルの価格や発電効率は重視すると思いますが、案外忘れてしまうのが “メーカー保証” がどんな内容で何年間は無料なのかという確認です。

通常、太陽光発電の寿命は20〜30年間です。メーカー保証によっては、無償保証期間が10〜25年とかなり差があるので、保証期間外にパネルが故障・破損した場合は自己負担で修理しなければならなくなります。

パネルの交換費用は、一般的に1枚あたり10〜15万円程度なので、数枚のパネルが一気に故障してしまうことを考えると、それだけでゾっとする額になります……。

だからこそ太陽光パネルを選ぶ際には、パネルのメーカー保証までしっかりとチェックしておく必要があるのです!

この記事では、メーカーごとの保証期間や保証内容の比較はもちろん、保証が適用されない悲しいパターンも紹介します……。
万が一の事態に備えて、メーカー保証がきちんと受けられるように準備しておきましょう!

太陽光発電のメーカー保証比較一覧【2020年最新版】

メーカー名 区分 メーカー保証 自然災害
補償
その他の保証
システム
保証
出力
保証
長州産業 無料 15年 25年 施工保証:10年
(雨漏り保証も含む)
パナソニック 無料 15年 25年 10年
(補償加盟店
から購入)
シャープ 無料
(BLACK SOLAR)
15年 20年
無料
(標準)
10年 10年
有料
(まるごと15年保証)
15年 15年
Qセルズ 無料 15年 25年 10年 日照補償制度:1年
京セラ 無料 10年 20年 10年
有料
(トリプル保証)
15年 20年 15年
カナディアンソーラー 無料 10年 25年 10年
有料
(エクストラ保証)
10年 25年 15年
三菱電機 無料 10年 25年
有料 15年 25年
東芝 無料 10年 10年
有料
(20年パワフル制度)
15年 20年
有料
(15年パワフル制度)
15年 15年
ソーラーフロンティア 無料 10年 20年
有料 15年 20年

長州産業やパナソニック、Qセルズは他のメーカーと比較すると保証期間が長く、自然災害補償などが付帯しているため、追加で保険に加入する必要がなく、ランニングコストを抑えることができます。

太陽光発電のメーカー保証期間と保証内容

保証期間

太陽光パネルは、大抵システム保証は10〜15年、出力保証は15〜25年間は無料で保証を受けることができます

一般的にパネルの寿命は20〜30年(耐用年数は17年)なので、寿命のうち半分の期間はパネルのメーカー保証が対象になります。

また、上記に記載したようにメーカー保証は10〜15年ですが、これは無料の場合の保証期間となり、メーカーによっては、有料で保証期間を延長できることもあります

システム保証とは

太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの太陽光発電設備が、製造上の問題で故障したり、メーカーの説明書通りに使用していたのにも関わらず故障してしまった場合に、メーカーの保証を受けることができます

修理はもちろん、パネル自体に問題がある場合は取り替えなども行ってくれます。

パネルや設備を設置する際には、あらかじめメーカー保証の内容を確認しておくようにしましょう。

出力保証とは

モジュール(太陽光パネル)の出力値が、メーカーが規定している最大出力値よりも低くなったときにメーカーが保証するのが出力保証です。

出力保証の対象となった場合は、パネルの交換や修理をし、モジュール(太陽光パネル)の出力をメーカー規定値の最大出力値まで戻してくれます。

出力保証を受ける場合は、規定値を下回っていることを証明しなければならないので、設置後は毎日発電量を記録しておきましょう

メーカーごとの出力保証の保証期間と保証内容は以下の通りです。

メーカー名 保証期間 保証内容
長州産業 25年 公称最大出力の90%に対して、1年~10年目で81%未満、11年~25年目で72%未満
パナソニック 25年 公称最大出力の90%に対して、10年で81%未満、25年で72%未満
シャープ 20年 公称最大出力の90%に対して、1年~10年間で90%、11年~15年目で85%、16年~25年目で80%を下回る場合
Qセルズ 25年 公称最大出力の90%に対して、1年目で97%未満、2年目から毎年0.6%の出力低下がある場合
京セラ 20年 公称最大出力の90%に対して、1年~10年目で81%、11年~20年目で72%未満
カナディアンソーラー 25年 ・単結晶
公称最大出力の90%に対して、1年目で97%未満、2年~25年目で実出力の年次の低下が0.7%を下回る場合また、25年目で80.2%未満の場合
・多結晶
公称最大出力の90%に対して、1年目で97.5%未満、2年~25年目で実出力の年次の低下が0.7%を下回る場合また、25年目で80.7%未満
三菱電機 25年 公称最大出力の90%に対して、1年~20年目で80%、21年~25年目で72%を下回る場合
東芝 10年 公称最大出力の90%に対して、10年間で90%未満
ソーラーフロンティア 20年 公称最大出力の95%に対して、1年~10年目で90%未満、1年~20年目で80%未満

自然災害補償

台風や地震などで、太陽光パネルが故障・破損したり、破損したパネルが人にあたって怪我をさせてしまったりという場合に、修理費や治療費を補償してくれるのが自然災害補償です。

通常、メーカー保証には自然災害補償が付帯していないことが多く、自然災害における補償を対象にしている任意保険に加入する必要があります。

メーカーごとの珍しい保証

外的要因による太陽光パネルの傷

メーカーによっては、特殊な保証を付帯しているケースもあります。

例えば、Qセルズの場合、『日照補償制度』という制度があり、気象庁が公表する年間日射時間が基準値よりも下回った場合に、不足した発電量を補償してくれます。

悪天候が続いたり、大型台風が頻発している近年は、このような制度はあると安心して太陽光発電を始めることができます。

他にも、工事後の雨漏りなどの不具合や破損を保証してくれるメーカーもあります。

パネルを選択する際は、パネルの価格や発電効率はもちろんのこと、保証内容もしっかりと確認しておきましょう

メーカー保証が無効・適応外になるケース

通常太陽光パネルを購入するのは、個人ではなく施工会社です。なので、きちんとした施工会社に設置を依頼すれば、メーカー保証の対象となります。

しかし、中にはメーカー保証が受けられないケースもあるんです…。

①メーカーが認定していない会社から購入した

太陽光発電システムにおける販売店(施工会社)とは、そのメーカー(例えばパナソニック)の施工研修を受講して、IDと呼ばれるメーカー認定の免許を取得した業者のことをいいます。

近所で長年やっている工務店でも設置工事はできるかもしれませんが、メーカーの認定を受けていなければ “太陽光発電の販売店” ではありません

ただし、設置をしてはいけないという決まりはないので、自分で太陽光パネルなど一式を独自に購入したあと、知り合いの工務店や電気工事士などを手配して設置してもらうことはできます。

また、しかるべき手続き等を行い、自分で太陽光発電システムを作ってしまうことも違法ではありません。

しかしながら、以上のような方法で太陽光発電システムを作った場合、メーカー保証は無効となります。

なぜなら太陽光パネルの販売店がメーカー基準を満たした住宅や発電所に、正しい工事と手続きを行ってはじめて、メーカー保証の対象となるからです。

したがって、メーカー認定を受けていない施工は、製品個々の部分的な保証は有効かもしれませんが、システム全般としてみた場合の保証はないので注意しましょう。

なぜこのような話をするかというと、実際に(ごく稀にですが)太陽光発電を自作される方がいるのです。このような場合、せっかく太陽光発電所を作ったのに、後々システムに異常が起こったときに責任の有無や保証問題などに直面してしまうという声が多く聞かれます。

太陽光発電は、大切に使えば20~30年と長期間使用できます。上記のようなトラブルを避けるためにも、メーカー認定を受けたプロ(太陽光発電の販売店)に設置を依頼してくださいね。

②メーカー保証では保証適応外になるのはこんなケース!

先ほども説明しましたが、

台風や地震などの自然災害の場合、メーカー保証では保証の対象外となるパターンが多いです。

メーカー保証で対応できない範囲については保険に加入してカバーしておきましょう。保険は任意なので、絶対に入らなければいけないわけではありませんが、もしもの時の備えがあるのはとても心強いです。

他にも、パネルが破損して発電できない場合に、稼働できるまでの間の売電収入を補償してくれる保険もあります。

当然ですが、太陽光発電所が稼働できない間の売電収入はゼロです。融資を受けていて売電収入で返済している場合は、返済が滞ってしまうかもしれません。

そんなときに売電収入を補償してくれる売電利益補償の保険に加入していれば、返済も問題ありません!

時々、「メーカー保証があるからうちの発電所は大丈夫!」だと思っている方がいますが、メーカー保証だけではカバーできない内容もあるので注意しましょう

まとめ

太陽光パネルは、寿命が長く大切に使えば20年以上も持ちます。

何事もなく20年が経過すればいいですが、20年間のうちに何が起こるかは予測できません。太陽光パネルが寿命を全うするまで安心・安全に使用するためには、メーカー保証の対象期間や保証内容を事前に把握しておくことが大切です。

保証の内容を知らなければ、

「もしかしたら故障かもしれないけど、修理のお金がもったいないし、発電はしているから様子を見よう……」

このように、逆に損をするもったいないケースに直面してしまうかもしれません。

また、「メーカー保証があるから大丈夫!」と、保険に加入してなければ、災害時などの破損に対応できず、思わぬ出費に苦しんでしまう可能性もあります。

太陽光発電を安心・安全に稼働し、より多くの利益を生み出すためには、メーカー保証と保険の組み合わせがベストです!

とは言え、メーカー保証の内容を知らなければ意味がありません。購入前に忘れずに確認するようにしてくださいね!

ソーラーパネルの寿命に関する記事はこちら
太陽光パネル(ソーラーパネル)の寿命太陽光パネルの寿命は何年?長く使えるパネルの選び方とメンテナンス方法
台風で太陽光パネルが破損したときの対処法について
台風で太陽光パネルが飛ばされて壊れたときの保証や対処方法
太陽光発電業者とのトラブルについて詳しく見る
太陽光発電における訪問販売でのトラブル太陽光発電の訪問販売によるトラブル事例と失敗しない優良会社の見分け方