太陽光発電の雨漏りトラブルになる原因とメーカー保証・防止策

屋根に備え付けるタイプの住宅用太陽光発電システム。ただ、屋根に取り付けるものだけにまず心配になってくるのが雨漏りでしょう。

雨漏りなどのトラブルを避けるにはどうしたらよいのか。また、もし雨漏りが発生した場合には保障はついてくるのか。ハウスメーカーの事例や施工業者の事例を交えながら調べてみました。

屋根に設置するタイプの太陽光発電設置を検討している方は、今回の記事を読んで雨漏りトラブルやメーカー保証について知っておきましょう。

太陽光発電設置後の雨漏りは取り付け時のちょっとしたミスで起きる

一般住宅向けの屋根に取り付ける太陽光発電システムの工事では、発電用パネルを取り付けるために屋根部分に穴をあける必要があります。そして、屋根は一般的に瓦屋根とスレートタイプと呼ばれる、最近建てられた住宅のほとんどのタイプのどちらかになります。

雨漏りは取り付け時のミスで起きる

雨漏りのトラブルは、瓦屋根を外す際やスレート屋根に金具を取り付ける時に原因があります。

万が一、施工ミスがあった場合、パネルを設置する為に空けた穴に隙間あったり、瓦屋根を元に戻す際にずれていたりすると、雨水が漏れ出してしまいます。

信頼のおける施工業者さんに依頼することはもちろんですが、どのような施工工事が行われているのか施工主さんも把握しておく必要があります。

また、取り付けの施工はちゃんとしているのに、建物自体の構造に問題があり、台風などの強風で屋根自体が破損して雨漏りするというケースもたまに見受けられます。

このようなトラブルや災害に遭わないためには、施工業者の技術はもちろんですが、構造計算のできる専門家が在籍していて、取り付け工事の前に診断している業者へ依頼するようにしましょう。また、最近では気象条件が変わってきているため、今まで台風が来なかった地域にまで勢力を広げる場合もあります。ですので、あらゆる災害を想定して、太陽光発電設置をしましょう。

太陽光発電設備の施工業者の選び方

太陽光発電設備の施工をお願いする際は、実績があり評判のよい業者を選びたいですよね。そこで、施工業者の見分け方などについて紹介します。

太陽光発電設備の施工業者はIDを所持している

太陽光発電システムの取り付け工事は、各メーカーによって設置方法や取り付け金具などに違いがあります。

信頼できる施工業者は各メーカーが発行している施工IDを持っています。必ずこの施工ID(施工免許)を保持する業者に依頼しましょう。

また、施工IDを持つ施工業者に依頼することはもちろんですが、契約の際には、メーカーの営業スタッフと施工業者、そしてオーナーの三者で詳しく話しあいを行い、専門家から説明してもらって納得した上で契約書にサインするようにしてください。

良い施工業者を見分けるには?

良い施工業者かどうかを判断するために、口コミサイトを参考にするという方法があります。

特に大手メーカーや施工実績の高い業者の場合には、必ず口コミや評判がサイトにアップされているはずです。ある程度は参考になります。

また、反対に口コミや評判が少ない施工業者は、候補として入れておくようにしておき、他の施工業者を探すようにしましょう。評判がないといった業者は、どのようなサービス内容なのか判断することが難しいので、基本的に実績のある業者を選びましょう。

もしも施工に問題があった場合、保証してくれるの?

太陽光パネルを屋根に設置してもらって、他の設備の工事も完了して安心した矢先、屋根から雨漏りしてしまった場合など保証してもらえるのでしょうか?

続いてはメーカー保証の仕組みや、費用などについて紹介していきます。

メーカー保証について

最初から太陽光発電システムが取り付けられている建売住宅の場合には、ハウスメーカーの保証が受けられます。

例えば、長州産業やサンテック、シャープなどでは雨漏り保証があります。各ハウスメーカーによって保証内容は違うので、設置済みであれば保証内容を確認しておきましょう。

施工保証について

後付けで屋根に太陽光発電システムを取り付ける場合は、リフォーム瑕疵保険に入っている施工業者に依頼するようにしてください。

太陽光発電システムを取り付ける施工業者は、リフォーム瑕疵保険への加入が国土交通省によって義務付けられています。

この取り決めでは、雨漏りなどのトラブルがあった場合に、業者によって保証されることになっています。

ちなみにリフォーム瑕疵保険を取り扱っている保険法人には以下のようなものがあります。

これらの保険法人と契約を行っているかどうか、施工業者に契約を交わす段階で確認するようにしてください。

また、国土交通省による取り決めでは、太陽光発電システムの施工業者には以下のような基準が義務付けられています。

  1. 工事の前に調査を行い、劣化や不備がある場合には作業内容に補修を含めること。
  2. 屋根材を貫通して行う工事にともなう穴には、コーキング材やパッキン、シーリング剤等を用いて防水処置を行うこと。
  3. 外壁を貫通する工事の場合は、雨水などが侵入しないようにパネルに適切な勾配を付けて、コーキング材やパッキン、シーリング剤等の防水の処置を施すこと。

雨漏りを防止するための対策やメンテナンスについて

太陽光発電設備に何らかのトラブルが発生したら、メーカー保証が受けられることは理解できたでしょう。しかし、そもそもトラブルが起きるような管理をしていないか、気を付ける必要があります。

日々のちょっとしたチェックで、雨漏りトラブルを防止できるのなら、これほど費用対効果のある行動はありません。

そこで次は雨漏り防止に必要な対策などについて紹介します。

雨漏り防止には太陽光発電設備の定期チェックが必須

雨漏りを防止するためにはすべて業者任せにするのではなく、オーナー自身が普段からメンテナンスを行う必要があります。

日々の発電量のチェックを行うことはもちろんですが、ソーラーパネルが見える場所で、木の葉などのゴミがパネル周辺に溜まっていたりしないか、目視などでチェックすることが大切です。
木の葉が溜まって水をせき止め、そこから雨漏りが発生するケースがしばしば起きています。

ただし、オーナー自らが屋根に上ってチェックすることは危険なので、見える安全な位置で目視によるチェックを行い、異常がある場合には業者に任せるようにしてください。あくまで、木の葉などゴミを掃除するのは、安全な位置からだけにしておきましょう。

ちなみに、目視のチェックではソーラーパネルの汚れが気になることがありますが、雨水が洗い流してくれるので気にする必要はありません。

メンテナンスにかかる費用について

メンテナンスにかかる費用については、メーカー保証や施工保証などがあり、契約時に1年保証、2年保証、3年保証、10年保証などと、あらかじめ取り決めされている場合がほとんどです。契約時には必ず確認しておくようにしましょう。

定期メンテナンスの相場は1回で2万円なので、20年の場合は20万円がかかります。ただ、パワコンの点検費用は1回で20万円が相場なので、点検項目によって費用が変わることも覚えておきましょう。

また、施工業者によっては、施工費用とメンテナンスがセットになっている場合があり、トラブルがあった時にはいつでもメンテナンスが受けられるのでおすすめです。

いずれにしても、契約時には受けられるメンテナンスのサービス内容などをしっかり確認しておくとトラブルの際にすぐに対処できます。

太陽光発電設置後の雨漏りは日々のチェックと業者に任せましょう

太陽光発電設備設置後のトラブルとしてよくある、屋根から雨漏りしてくる問題の原因は、瓦屋根の場合パネル設置後の瓦を元に戻す際にズレることで起きやすいです。また、スレート屋根の場合は、取付穴の防水加工が不十分である場合に起きる可能性があります。

他にも木の葉やごみによって、雨水が屋根にたまって雨漏りする場合もあります。このような問題を対処するには、目視による日々の定期チェックや、メーカーによる定期点検、あるいはメーカー保証を利用することも考えましょう。

万が一雨漏りなどの問題が起こっても焦らず、対処することが太陽光発電の管理に必要な心構えです。

太陽光発電のメンテナンス料金と維持管理にかかる費用相場