太陽光発電業者の選び方と評判の悪い悪徳業者を見極める方法

皆さんは大きな買い物、例えば車の購入を考えるときに、店を訪れて即決即買しますか?

基本的にカタログをじっくり読み込んで、デザインや性能を確認しながら、比較検討するのではないでしょうか?

しかし、車と同じくらい大きな費用が掛かるにも関わらず、太陽光発電システムの設置の場合には様々な業者の比較検討を行わず、決めてしまう方もいるでしょう。

比較検討せず業者を決めてしまうと、初期投資が高額になるだけでなく、評判の悪い業者と契約してしまい、被害に遭ってしまう可能性があります。

では、そういった業者にはどのような共通点があるのか。
そのポイントは、訪問営業や電話営業、また太陽光発電の業者であるにも関わらず基礎的な知識が不足しているなどがあります。

そこで今回は、前述で触れた内容も含めて、評判の悪い業者の特徴や見分け方について、様々なポイントを項目別に分けて分かりやすく解説していきます。

今回の記事を読んで、比較検討することの大切さに気付きましょう。

太陽光発電の設置を依頼してはいけない悪徳業者の特徴

まず、太陽光発電設置の契約を行ってはいけない、悪徳業者の特徴・共通点について4項目解説していきます。

それぞれの項目をチェックしてみると、実際に悪徳業者が近づいてきた際に冷静に判断できる要因の1つとして役立つでしょう。

1.キャンペーンやモニターなど、期間限定であることを煽ってくる


悪徳業者は、本来期間限定のはずである、キャンペーンやモニター募集を毎日行っています。

理由は単純で、正当な営業をした場合、純粋に他社とサービスの質や価格などで競争することになりますが、様々なサービス面で劣っているので商売にならないためです。

従って「モニターとなる家を募集しているのでいつもより安い価格で!」とか、「今日契約してもらったら、エコキュートも無料で設置!」などの方法で煽ってきますが、悪徳業者の説明を聞いて契約をしても、他社よりお得になることはありません。

業者側からすると顧客が他社と比較をする前に、契約を成立したいだけなので、焦らずゆっくり比較検討をしましょう。

【太陽光発電が0円?】初期費用無料で設置できるカラクリ

2.電話営業や訪問営業を頑張っている


悪徳業者の得意技の1つが、電話営業や訪問営業で言葉に乗せられやすい人を捕まえることです。

悪徳業者には強みとなるようなサービスがないので、比較をされやすいインターネット上の広告はさしあたりのない内容でまとめ、「詳しくはお電話で」となるわけです。

電話営業や訪問営業であれば他社と比較されたとしても、1対1で言葉巧みに自社製品の良さを売り込めるわけです。また、電話となると受け手が焦ってしまい、冷静な判断が鈍る可能性もあります。

そうすると即決で申し込みをさせる確率が上がり、たとえサービスや品質が悪くても強引に売れるわけです。

ちなみにですが、優良な業者は口コミや紹介などで、お客の対応に追われています。

従って、忙しすぎて電話営業や訪問販売をしていると注文がすべて捌けなくなってしまい、そういった方法を取ることができないことが多いです。(もちろん例外はあります)。

基本的に太陽光発電の訪問営業と電話営業が来た場合、業者とは一歩引いて対応しましょう。

訪問販売に関する記事はこちら
太陽光発電の訪問業者によるトラブル事例と良い業者の見分け方

3.メンバーが新入社員で構成されている


悪徳業者=ブラック企業であることが多く、離職率が高いのが特徴です。

商品に自信がない会社ほど、営業マンを酷使する、質より量作戦を行うので“ブラック鬼業”化する傾向があります。また、マンパワーで押し切るともいえます。

“ブラック鬼業”化した悪徳業者は離職率が高くなるので、常に営業マンが入れ替わるので新入社員で構成されています。

会社が創業してから5年以上経っているのに、営業マンが入社1年以内の場合は警戒してください。

4.ほかの業者と太陽光発電の比較検討することに抵抗感を示してくる


悪徳業者は価格の安さやサービス、品質では勝負できないことを自分たちが一番理解しているので、他社と比較検討されることを極端に恐れます。

訪問販売や電話営業などはそれなりに人件費がかかりますから、良いところまで話が進んだにも関わらず、比較検討の結果他の業者に頼まれたのでは、業者にとって利益0です。

「もう少し他の業者と比較検討してから設置を決めたいんですけど…」と言った時に露骨に抵抗感を示す場合や、必死になって申込へ誘導するようであれば悪徳業者といえるでしょう。

悪質業者を見分ける7つのポイント

悪徳業者の共通点について、理解できたでしょうか。基本的に比較を避け、強引な営業方法が特徴なので、このような業者は警戒しましょう。

続いては、太陽光発電の悪徳業者の特徴についてさらに掘り下げ、「悪徳業者を見分ける」ポイント7つを紹介していきます。

悪徳業者に遭遇しても、冷静に見分け慌てず1人で抱え込まず、誰かに相談することが大切です。

1.名刺を渡さない


素性を表す一つのツールである名刺を渡さないということは、何かやましいことがあるに違いありません。

そもそも、太陽光発電業者以前の問題で、1企業としてまっとうな事業内容ではないことは明らかです。

業者から名刺を渡さないのであれば、問答無用で断ることが大切です。

2.即決即断を迫り、なかなか帰らない。

典型的な“押し売り”ですね。非常に危険な業者だと思われます。ここまでくると、業者ではなく迷惑行為になっているので、あまりにひどい場合は通報することも視野にいれましょう。

3.太陽光発電についての基本的な知識が乏しい。

これもありがちです。こちらの質問に言葉を濁すようであれば、疑ってください。

太陽光発電業者にも関わらず、自社の事業内容を説明できないことと同じですので、検討する必要はありません。

4.見積もりに項目別費用が書かれていない。

いわゆる“一式見積もり”です。書かれていない場合は、必ず項目別見積もりを要求しましょう。

見積もりを曖昧にして、手続きを進めるということは、知られたくない項目が存在する可能性が高いです。こちらの対応をされた場合にも、不審な業者として疑いましょう。

5.見積もりの金額が“きり”の金額が多い。

細かく見積もりをしていくと、端数の金額は必ず出てくるものです。普通は最後に金額調整として端数を割り引く形を取ります。各項目の金額があまりにもきれいにそろっているようであれば注意してください。

6.比較検討をさせず、「断るなら違約金を」と脅迫する

こうなれば悪質業者の域を通り越しています。詐欺ですね。

契約を断っても違約金は発生しませんし、通常違約金は手付金の放棄で補てんされます。もし、脅されるようなことがあれば、すぐに警察に連絡しましょう。

また、できれば1人で対応せず、家族など誰かがいる時に対応するよう心がける事も大切です。

7.施工法についての知識がない。

通常、太陽光発電システムを販売する業者は、施工まで担当します。施工についての知識がない業者は悪徳・詐欺業者です。

7つのポイント以外に覚えておいていただきたいことは、“なんとなくおかしい”と直感的に感じた際は、契約せず疑うことが必要です。

また、態度や問い合わせへの返答、そういった社会人として基本的なことがルーズな業者は、後々トラブルが発生する可能性が高くなるでしょう。一般的な企業の対応と違う“違和感”を感じる業者は避けてください。

訪問販売の悪徳業者にも注意


続いて紹介するのは、太陽光発電尾訪問販売を行う悪徳業者の特徴と注意点について紹介します。訪問販売となると、対面で話しているので、人によっては悪徳業者のペースに飲まれることもあります。

しかし、契約して被害に遭うのは自分や家族です。訪問販売の場合の注意点をしっかり覚えて、毅然とした態度で臨みましょう。また、訪問販売に対応しないのも1つの方法です。

過剰な説明で悪徳業者のことを信じ込ませる

優良業者があらゆるデータを駆使して、できる限り実際に近い発電量やそこから売電量をシミュレートした場合に、せいぜい年間で15万円程度しか売電収入がないと見込まれる家に対して、「お宅なら年間25万円の収入もいけますよ!」などと過剰な説明をして、お客様を引き付けるわけです。

多少怪しいなと思いながらでも、年間で10万円もの差が出るのであれば、話くらいは聞きたくなるのが心情ですよね。

確かに話は少し大きくなっているようですが、これが全くの出鱈目であると言うことができないところが、彼らの上手いところなのです。

太陽光発電の説明で一部うそをついてグレーな内容で契約に持ち込む

全くのウソをついて契約させた場合、民法上の詐欺、刑法上の詐欺罪が成立してしまいます。ですから、ウソをついて契約した場合、民法上、刑法上両方の責任を負うことになります。

これはいくらなんでもリスキー過ぎます。ですから彼らの手法としては、おそらく「お宅なら、(運がよく晴天の日がずっと続いて発電量が多くなって、なおかつ一生懸命節電に励んでほとんど電気を使わなければ)年間25万円の売電収入もいけますよ!」と言うべきところで、かっこの中を省略して説明しているというような形をとっているのでしょう。

しかし、誠実で真面目な業者から言わせれば、それは明らかにオーバートークです。

特にそういったいわゆる“悪質業者”のターゲットとなりやすい年配のお客様の多くは自分自身で情報収集をすることもあまりなさらず、業者の説明を鵜呑みにしてしまう場合がほとんどです。

太陽光発電設置後には連絡がとれなくなる

悪徳業者と契約し、太陽光発電システムを導入したとします、

たまたま曇天や雨の日が多く、それほど節電をたいして意識しなかった場合、とうてい年間25万円もの収入になる訳もなく、そのお客様は「だまされた」と感じてしまうことでしょう。

そして業者にクレームを入れようと思い連絡すると、悪質業者の場合、連絡がつかなかったり、そんなことは言ってないと押し問答になったりと、結局はお客様が泣き寝入りすることになります。

漫画やテレビドラマのような話ですが、実際にこのような業者はまだまだ存在しています。このような“悪質業者”の存在は健全な商習慣を崩壊させてしまうとともに、太陽光発電業界に対するイメージも悪くしてしまいます。

ただ、こればかりは業者側を指導しても改善されません。ですから消費者の側、お客様が自己防衛するしかないのです。

太陽光発電設置を依頼すべき業者は「一括見積もりサイト」で探す

ここまで「悪徳業者は・・・、悪徳業者が・・・」と悪徳業者の話ばかりしていると、形はどうであれ、どの業者も利益を上げようとして営業活動を行っていますので、ほとんどの業者が悪徳業者のくくりに入ってしまうかもしれません。

「いい業者なんて存在しないのだから、太陽光発電の設置は諦めよう。」

と思ってしまいそうです。しかし、大丈夫です!安心してください!

信頼して設置を任せることができる業者はここにいます。

ここ、それは「一括見積もりサイト」です。

見積もりをもっと安くしたいなら
太陽光発電一括見積もりからさらに値下げをして最安値にする方法太陽光発電見積もりサイトを徹底比較!一括見積もりは本当に得で安くなるのか

「一括見積もりサイト」は太陽光発電の同業数社へ同内容の見積もりを一括して依頼できるサイトです。優良業者にはそれぞれの強みがあるので比較検討されることを恐れません。

そういった信頼できる優良業者をお探しの場合は、以下の「一括見積もりサイト」を利用してみてください。

タイナビ


タイナビをおすすめする理由は以下のとおりです。

  1. 太陽光発電の設置実績が多い
  2. 評判や口コミも良い。
  3. 無料で専門アドバイザーのサポートが受けられる
  4. 厳選された優良業者のみ登録されてる
\1分で太陽光発電の設置費用がわかる/
タイナビのことをもっと詳しく調べました
非公開: 太陽光発電見積もりサイト「タイナビ」の評判と口コミ!運営会社を訪問して話を聞いてみた非公開: タイナビ発電所の評判!登録してある土地付き太陽光発電の投資物件は良い?悪い?